2018年4回中山5日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週は3日間開催だったが、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、月曜がマイナス1秒5からマイナス1秒3への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、先週は雨の影響もあって、数値が水準 方向に動いた。
 週初めに降った雨は木曜までには乾いたが、金曜夜から土曜朝にかけて雨が降った。また競馬開催中も少量の雨が降って、土曜は稍重発表。完全良馬場の開幕週よりは時計を要していたが、それでもマイナス1秒台には止まっている。土曜の馬場差は終日対象。日曜は土曜より回復した状態から始まって、レースを追う毎にさらに乾いて、高速寄りに近づいて北。月曜は日曜後半の馬場差、マイナス1秒5で進行していたが、12R直前に大粒の雨が降り出した。よって変動となり、12Rだけは2000m換算の数値でマイナス1秒3だった。
先々週と比較すると前に行った組の好走が多くなっていたが、これは主に展開面によるもので、脚質的な偏りや内・外の有利・不利はなかった。今週からの後半2週はCコースで行われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜と月曜はマイナス0秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜と月曜はマイナス0秒6だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値となっている。ただ、1800mは1週目より2週目の方が水準方向に動いたの対し、1200mはマイナス方向に動いた。
 金曜夜からの雨に加えて、開催中も少量の雨。土曜は稍重発表だったが、朝の含水率は良馬場時に近かった。路盤の更新などで、高速に近かった先々週同様に、速い時計の出やすい馬場。ただ、時計の出方自体は先々週よりも標準寄りだった点は注意が必要。1200mは逆に開幕週よりも速くなっていた。日曜と月曜は土曜よりも乾いて水準に近くなり、中・長距離はマイナス1秒台を割り、1200mも土曜よりも0秒2だけ掛かっていた。脚質の偏りはなくて、中山のダートにしては追い込みも良く決まってはいた。


  タイム分析
 2018/09/17 (日)  芝=-1.5 → -1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 メイスンハナフブキ    牝2 未勝利・牝 1:35.6 -0.6 -0.3 +0.3 -1.2 C D 9.27
3R T2000 セントウル    牡2 未勝利 2:02.7 -0.6 -0.5 +0.4 -1.5 D C 8.91
5R T1200 ケンデューク    牡2 新馬 1:09.8 -0.6 --- +0.3 -0.9 D C 10.27
9R T1800 フローレスマジック    牝4 白井特別1000 1:48.0 +0.1 -0.9 +0.6 -1.4 D C 6.20
11R T2200 ジェネラーレウーノ    牡3 セントラG2 2:12.1 -0.9 --- +0.8 -1.7 D B 6.27
12R T1800 ダイワギャバン    牡3 500万下 1:48.8 +0.2 -0.5 +0.9 -1.2 SL D 7.00
 2018/09/17 (日)  ダ=-0.8 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ダイシンインディー    牡2 未勝利 1:53.8 -2.6 --- -1.8 -0.8 A E 6.90
6R D1200 ホーカスポーカス    牡3 未勝利 1:11.7 -0.9 --- -0.3 -0.6 B D (10.00)
7R D2400 パガットケーブ    牡4 500万下 2:39.0 +3.1 -0.7 +3.5 -1.1 SL D 10.89
8R D1800 ノーブルスノー    牝5 500万下・牝 1:53.0 -1.0 --- -0.2 -0.8 C D 8.38
10R D1200 キタサンガンバ    牡5 浦安特別1000 1:10.4 -0.9 --- -0.3 -0.6 B C 8.00

中山1R 2歳未勝利 タイムA
 基準より1秒8も速い勝ちタイムだった。ダイシンインディーが先手を取って主導権を握り、直線に入った。オリオンパッチが2番手に上がって来たが、ダイシンインディーは余力があり、リードを広げ7馬身差をつけて逃げ切った。2着オリオンパッチからさらに9馬身差でミッキーポテトが3着だった。
1着 ダイシンインディー 勝ち馬注目
 1番人気ダイシンインディーの圧勝だった。その1着ダイシンインディー、新潟の新馬戦は7着。ダート戦を除外されて芝へ出走した経緯があった。負けはしたが、2番手を進んで一旦は先頭。見せ場は作っていた。父がゴールドアリュールで530キロの巨漢馬。圧倒的にダート適性が高いのは当然。見ての通りの大楽勝で、完全タイム差はマイナス1秒8ですから、こちらの想像さえ上回った感じがした。ダート中距離なら重賞級で、2日目にダート1800mの新馬戦をBランク勝ちのガルヴィハーラと当たっても時計じゃ負ける事は無いと思う。
2着 オリオンパッチ 番組注目馬
 2着オリオンパッチは札幌ダート1700mの新馬戦で1番人気。結果7着だったが、ロークアルルージュがBランク勝ちした鞍でハイペースの先行争いに巻き込まれていた。今回は勝ち馬と4着に沈んだアンジェリーブルを前に置いて、M.デムーロ騎手が折り合いをつけて進んで、7馬身離されたが3着馬には9馬身差をつけている。バンブーエール産駒、1800mもこなしたが東京1600mに短縮すればさらに良いはず。勝ち馬に離されたとは言え、この馬でも完全タイム差はマイナス0秒7。次は順番だと思う。
8着 キタサンルージュ 通信簿
 5番人気8着だった。新馬戦はダート除外で芝へ再投票。その経緯をダートで狙える推奨理由としたが、実質的な根拠に乏しかった点で反省の余地がある。
中山2R 2歳未勝利・牝 
5着 ベルクワイア 通信簿
 1番人気5着だった。やはり芝では追って伸びない。ダート向きだと思う。
中山6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ファルコンレイナが外から先手を取って直線に入った。2番手にいたアテンコールが並んで、追い比べとなるが、その外からホーカスポーカスが迫って行き、交わして1馬身半差で1着。2着争いは外のアテンコールが半馬身差で先着。ファルコンレイナ3着だった。
1着 ホーカスポーカス 
 ホーカスポーカスがダートに戻って初勝利を挙げた。1着ホーカスポーカス、2着馬と3着馬が前半600m33秒9。ハイペースで飛ばすのを見る形の好位。展開的にも絶好だったが、ゴール前で測ったように差した脚は力強かったと思う。これまで芝で2着2回、3着1回。ダートで2着3着が1回ずつあったが、今回のような速めのダートが一番合っている模様。父がオルフェーヴル、近親にアイビスSDを勝ったセイコーライコウ、長く活躍できる母系だけに、上に上がっても堅実に走れる。そんなタイプだと思う。
中山7R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山10R 浦安特別 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。差し・追い込み馬での決着となった。
1着 キタサンガンバ 
 1着キタサンガンバ。放牧先から早めに帰厩して乗り込んで好仕上がりだった。このクラスで2着4回と実績上位に加えて、揉まれにくい外枠。前半33秒7は速い事は速いが、馬場を考慮すれば超ハイペースでもない。中団につけたこの馬でドンピシャの位置取りだった。堅実ですし、東京1400mも守備範囲に入るが、昇級していきなり頭からの狙いは危険だと思う。
2着 ダイワスキャンプ 
 2着のダイワスキャンプ、後方から大外を追い込んで来た。ゴール前は完全に差していたが、ゴールのタイミングでほんの少しだけ負けていた。惜しい2着で、自分もちょっと悔しかった。詳しくは後で触れる。
2着 ダイワスキャンプ 解説推奨
 タイム分析でも触れた。手前味噌になるが、馬サブロー紙面でも推奨馬にしましたし、馬連で印通り流して7番人気で14倍つくから単勝も買った。それだけに勝ったと思っていてのハナ差負けは悔しかった。痛かった。それでも▲キタサンガンバと馬連48倍なら悪くはなかった。とにかくダートの短距離を使い出してから4戦して3着・2着・5着・2着。5着だった前走は残り400mで前が詰まって、外に持ち出すロスがあった。鋭い決め手が不発に終わった事は1度としてもない。東京もOK。次は単から3連系から全部獲りたいと思う。
3着 トウカイパシオン 
 3着トウカイパシオン、中山ダート1200mでデビューから連勝した馬。3戦目の福島は初芝ながら1番人気に推されたが、13着と大敗してしまった。これは芝の適性がなかった事以上に体重が30キロ増だった。16キロ絞れて今回は得意な条件。2番手から正攻法の競馬で、前の組では1頭だけ踏ん張ったのは立派。このクラスならいつ勝っても不思議はない。
4着 ミスパイロ 
 4着のミスパイロ、ダイワスキャンプよりさらに後方から直線は一番外。上がり推定最速の35秒6で突っ込んで来た。ただ、中山1200mはこの辺が限界でもある。クラスには目処を立てたので、東京1400mに出走した際は狙い撃ちしたい1頭。
16着 クラシコ 
 2番人気クラシコは16着。馬群の中で揉まれて、何とか進路ができた所を挟まれた。内容としては基準外だが、前2戦の5着・3着に好調時の切れが感じられなかったのも事実。馬体が重いせいなのか、集中力を欠いているのか、いずれにしても精神面を含めた状態面に疑問符がつくと思う。
中山11R セントライト記念 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはBだった。タニノフランケルが先手を取って後続を離し、4コーナーに入って行く。皐月賞・ダービーの3着馬にNHKマイルCの2着馬。さらには無敗の良血レイエンダと、素質馬が顔を揃えてメンバーランクはBと高かった。前半1000m1分0秒9。ここまでは遅く、離れた2番手以下はスローの追走だったが、5ハロン通過以降、逃げたタニノフランケルがラップを上げた。ラスト200mは12秒3-12秒6と掛かっていて、基本的には中団以降の差し馬に向いた展開だった。
1着 ジェネラーレウーノ 
 勝ったのはジェネラーレウーノ。1月の京成杯以来の勝利で、重賞2勝目となった。展開面を考慮に入れれば、2番手から抜け出して0秒2差。この馬の力が抜けていた事になる。ハイペースを1頭だけ踏ん張った皐月賞3着の内容が、同じ中山で再現できた。今度は前に1頭いて、皐月賞で言うならエポカドーロの競馬をしたのも勝因だと思う。体重が8キロ増えて、パドックではパッツンパッツンの馬体。一層の凄みを増していた。ダービーで掛かった事から、馬具を工夫するなど、陣営も折り合いに神経を使い、それが結果として出たのも見逃せない。菊花賞に行くかは未定とのことだが、田辺騎手は展開と折り合いだけで、距離は関係ないと語っている。淀の3000mで逃がしてみたい。参戦なら楽しみな馬。
2着 レイエンダ 
 その後1番人気のレイエンダが2着、3着はグレイル。ここまで3頭が菊花賞への優先出走権を獲得した。2着レイエンダは番組注目馬となっていた。馬体といい、雰囲気といい、全兄のレイデオロによく似ている。ルメール騎手はブレステイキングが動いた4コーナー手前でも手綱を持って、期を伺っていた。今回は相手が強くなった事を察知していたのだろう。負けはしたが、脚の持続力は見せた。菊花賞に出走するとしたら、今回の経験が糧になるはず。掛からないので、距離は保つと思う。
3着 グレイル 
 その後1番人気のレイエンダが2着、3着はグレイル。ここまで3頭が菊花賞への優先出走権を獲得した。3着のグレイル、ダービーのレース中に骨折。一頓挫あったが、仕上がりは良かったと思う。後方から進んで、上がりが掛かった事に乗じてよく伸びて来た。独特のズブさは菊花賞の距離延長で、プラスに働く可能性がある反面、その菊花賞が逆に超スローで上がりが速くなると心配もある。
4着 ブレステイキング 
 4着ブレステイキング、夏を境に飼い葉食いが良化して10キロ増。成長は伺えたが、全体にこじんまりとパドックで映るのは体系的なモノだろうか。中山だけに出して行って、それから抑える策。勝負所で手が動いたが、そこからレイエンダと並んで伸びかかったのは底力だと思う。権利は獲れなかったが、質上位には変わりなくて、背伸びをしなければオープン入りに時間は掛からないと思う。
7着 コズミックフォース 
 7着コズミックフォース、ダービー3着にプリンシパルS勝ちと東京コースが得意。中山で控えても強烈な決め手に欠けるような感じはする。菊花賞ではなくて、アルゼンチン共和国杯辺りを目標にすれば面白いと思う。
13着 ギベオン 
 3番人気ギベオンは13着だった。仕上がりは完璧に見えたが、馬が良すぎるぐらい良く見えるのはマイラーの証明なのかもしれない。ペースが速くなった時点で終了。1600mから1800mの馬だと思う。
14着 ダブルフラット 
 14着ダブルフラット、番組注目馬になっていた。以前も山吹賞2着注目馬にしたら、青葉賞に挑戦して大敗してしまった事がある。その時と同じ。今回は筋肉痛明け。余計に苦しかったと思う。
中山12R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
今年の京都新聞杯組
 今年の京都新聞杯はタイムランクがB、メンバーランクがC。完全タイム差はマイナス0秒7であと0秒2速ければAランクだった。賞金加算に成功した1着ステイフーリッシュと2着アドマイヤアルバは日本ダービーに駒を進めて10着と9着。敗れはしたが、高レベルで激走した後の反動があったとも考えられる。ここで注目したいのは、その他の上位組が次走でことごとく勝っている点。
今年の京都新聞杯組
 まず3着シャルドネゴールドは3回中京で1000万下を完勝。1600万に上がって先週土曜中山のレインボーSは2着だったが、スローペースで脚を余していた。
4着のグローリーヴェイズ、新潟の1600万下をBランクで快勝。無事なら菊花賞に直行の予定。
5着メイショウテッコンは3歳オープンの白百合Sを逃げ切った後、福島のG3ラジオNIKKEI賞も制した。
6着のユーキャンスマイル、新潟の1000万下をAランクで勝っている。
さらに17着のシンガリ負けを期したタニノフランケルまでもが、小倉の1000万下をBランクで楽勝した。
こうして見ると京都新聞杯組のレベルの高さに驚く。なお、月曜のセントライト記念にタニノフランケルを含めて3頭が出走して、全て着外だったが、これらは京都新聞杯でも着外で、今回人気もなかった。5着メイショウテッコンが既に重賞を勝った事に加えて、それぞれのレース内容に余裕があり、またランクも高かった事から取り上げた馬たちがオープンでも活躍できるのは確かだと思う。これらを今後につなげると共に、上位組ではステイフーリッシュ・アドマイヤアルバ・メイショウテッコンが今週の神戸新聞杯に登録がある。神戸新聞杯にはダービー1着馬・2着馬も登録があって、出走してくればさらにレベルは高くなるが、京都新聞杯組は1角崩しの穴馬として狙っていく価値はありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26