2018年2回小倉6日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は今開催で初めてマイナス1秒台の数値となった。
 先週から仮柵を設置したBコースに移って、なおかつ今開催では初めてのパンパンの良馬場だった。という事で、馬場差はマイナス1秒0と今開催で最も速い時計が出るコンディションになった。速い時計が出るコンディションではあっても、前残りばかりという事ではなくて、不公平感はなかった。最終週となる今週もBコース使用。それほど傷んではいないので、雨の影響がなければマイナス0秒9とか0秒8、比較的速い時計が出る馬場になると思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、初日・終盤からは水準レベルで推移していたが、先週は土日ともにプラス0秒7だった。
 今開催では初めての乾いた良馬場だった。2週目よりも大分時計の掛かる馬場になった。土曜は先行有利で日曜は差しが決まっていたように、結果だけを見ると見えるが、日曜は土曜よりもタイムランクが低いレースが多かった。小倉のダート、特に1700mでプラス0秒7という馬場差、このコンディションだとあまり強くないメンバーのレースはラスト400mが連続で13秒台まで落ち込んで、その結果全体の時計が掛かり、なおかつ差しが決まりやすい。日曜は土曜よりも差しが決まりやすい馬場だったという事ではない。


  タイム分析
 2018/02/25 (日)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 レオコックブルー    牝3 未勝利・牝 1:48.1 -0.2 -0.6 +0.1 -0.9 C D 7.64
4R T1200 コーラルリーフ    牝3 未勝利 1:09.0 -0.3 --- +0.3 -0.6 D D 11.24
5R T1800 アリストライン    牝3 未勝利 1:47.6 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 9.25
7R T2600 ムイトオブリガード    牡4 500万下 2:37.8 -2.0 -0.6 -1.3 -1.3 A D 10.00
8R T1200 オルロフ    牡6 500万下 1:07.9 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 7.94
10R T2000 レッドカイザー    セ7 小倉城特500 1:59.0 -0.9 -0.3 -0.2 -1.0 C D 7.70
11R T1800 レトロロック    牡6 関門橋S1600 1:45.2 -0.5 --- +0.4 -0.9 D D 7.00
12R T1200 ロイヤルメジャー    牝4 周防灘H1000 1:07.7 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C 7.67
 2018/02/25 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 サンライズナイト    牡3 未勝利 1:48.2 +1.4 --- +0.7 +0.7 D D 7.36
2R D1000 リガス    牡4 500万下 0:59.4 +1.0 --- +0.6 +0.4 D C 9.18
6R D1700 エキドナ    牝5 500万下・牝 1:46.6 +1.4 --- +0.7 +0.7 D D 7.85
9R D1700 ドルチェリア    セ5 500万下 1:46.8 +1.6 --- +0.9 +0.7 E D 8.33

小倉1R 3歳未勝利 注目
 2着だったスピリットワンベルについて。
2着 スピリットワンベル 
 2番手追走から3コーナー手前で一旦先頭に立つなど、前にプレッシャーをかけてここでペースアップさせて逃げたサンライズフルメンを失速させながら、自身はクビ差の2着に粘った。楽では無い展開に加えて、休み明け。しかも初ダートで初距離だった事を考慮すると、Dランクではあっても内容は上々と言える。能力は高く、次走はチャンスと見る。ただ、ロードカナロア産駒は今のところ1700mまでは問題ないけれども、1800mだと成績が下がって2000mは明らかに長いと。そういう傾向になっている。次走が1800mだと信頼度が下がるが、ダート1400mに使うと予想している。ただ、次走の距離に関しては注意が必要。
小倉4R 3歳未勝利 
1着 コーラルリーフ 通信簿
 日曜小倉4R、2番人気1着だった。前走が初ダートだったが、ダートは合っているのでスムーズならという推奨馬だったので、芝で勝たれたのは若干複雑な心境だが堅いフットワークでダート適性はあると思う。芝で勝てたのは小倉1200mという一本調子のスピードで押し切れるコースだったからで、芝の500万では厳しいように思う。どこかでダートに使ってきた時には注目したい。
小倉7R 4歳上500万下 タイムB
 基準より1秒3速い勝ちタイムだった。ムイトオブリガードが序盤から先手を取って主導権を握り、そのまま直線に入った。2番手には3頭並ぶ場面もあったが、ムイトオブリガードがリードを広げて逃げ切った。その後内からシャインブライトが単独2番手に上がったが、外から伸びたレレオーネ交わして2着。
1着 ムイトオブリガード 勝ち馬注目
 ムイトオブリガードがレコードを更新して勝ち上がった。レースの中盤がペースが緩んでいて、ペース補正マイナス0秒6だが、それを除いてもマイナス0秒7。逃げ切ったムイトオブリガードの完全タイム差マイナス1秒3という数値自体は割引が必要ではあるが、優秀である事に変わりは無い。また、中盤でペースが緩んでいるとは言え、残り1000mからペースアップしてゴールまで58秒1だった。長く脚を使っている。ラスト400mだけみたいな切れ味勝負が苦手なルーラーシップ産駒だが、こういうラスト1000mの持続力勝負で長所が引き出された。1000万の芝中距離はスローペースが多いが、それに付き合わず地力でスパートすれば1000万でも好勝負になるだろう。
2着 レレオーネ 
 2着のレレオーネは500万での2着が2回ともこの小倉芝2600m。この条件が合っているのは確かだが、全然安定感はなくて、次走で好走できるかどうかかなり疑問。
3着 シャインブライト 
 3着シャインブライトは内で上手く立ち回った。うまく運べずに4コーナーで後ろの方になってしまうと凡走。という結果になってしまうので、やってみないとわからないというタイプだが、この距離は合っている。今週の呼子特別、同じ距離だがここに登録があり、関東馬で小倉に滞在しているので恐らく使ってくるが、実は去年函館に滞在中にこの馬の体重が大きく変動していたので、連闘してきた場合は馬体重には注意したい。大幅に増えたり減ったりしていたら割引が必要だと思う。
小倉9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
阪神ダートは外枠有利
 このタイトルで結論を言ってしまっているが、阪神ダートはだいたい外枠が有利。その主な原因は全てのコーナーがキツいという事。おむすび型をしているので、1コーナーから2コーナーにかけては小さいコーナーが連続で続いて、さらに4コーナーで90度以上回るので、内が窮屈になりやすい。芝・ダート両方、コースが改修された2006年より前は、3コーナーが今より鋭角だったので、距離を問わずかなり外枠有利だったが、3コーナーが緩くなった2006年以降は1200mと1800mは極端に外枠有利では無くなった。
阪神ダートは外枠有利
しかし芝からのスタートでなおかつ最初のコーナーまでが長い1400mと2000mは依然として外枠有利。2000mに関してはサンプルがそう多くない上に先週の仁川Sが枠連1-1なので、枠順が最終決断の決め手になるという程ではないが、1400mはズーッと前からかなり外枠有利なので、枠順を気にすべきコース。かつてプロキオンSとかシリウスSが阪神ダート1400mで行われていたが、これがほとんど外枠同士の組み合わせになっていて、重賞23回やって1枠が1勝、2枠が2勝、3枠が1勝だった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26