2018年2回新潟8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がはマイナス1秒1。直線1000mは土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を見ると、全てマイナス1秒台だが、週単位では徐々に水準方向に近づいている。また、直線1000mは開幕週がマイナス0秒4、2週目以降は全てマイナス0秒3で安定している。
 木曜日にまとまった量の雨が降って、その影響が残って土曜は稍重でスタートしたが4R以降は良馬場。新潟の芝は少々湿っていてもレースの最中に雨が降っていなければ、極端に時計が掛かる事はなく、稍重から良へと変化しているが馬場差は変動でもなかった。日曜は土曜よりは乾いて、馬場差はマイナス方向へ戻った。残り2週もAコースが使用されるが、芝の傷みはそれほど進んでおらず、良馬場ならマイナス1秒程度の馬場差が維持されそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはないが、1800mは前半2週、全てプラス0秒4。3週目・4週目は少し水準寄りになった。一方1200mは全てマイナスの数値で、3週目・4週目はさらに少しマイナス方向に動いた。
 木曜日にまとまった量の雨が降り、その影響で土曜は稍重だった。1800m・1200mともにこの開催で最も速い時計が出る状態になったが、時計の出方は開催を通じて安定はしている。良馬場の日曜日は1週前と同じ馬場差に戻った。日曜日は全て逃げ切り勝ちで、土曜の勝ち馬も全て4コーナー3番手以内。っと言っても前が残りやすい馬場状態だった訳ではなく、新潟のダートはよほどのハイペースにならなければ、馬場状態を問わず前残りになる。


  タイム分析
 2018/08/19 (日)  芝=-1.1 / 直線=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 シャドウセッション    牡2 未勝利 1:21.8 -1.2 --- -0.4 -0.8 B C 8.50
2R T2400 アルビオリクス    牡3 未勝利 2:27.1 -0.5 --- +0.8 -1.3 D D 7.67
5R T1600 プロスペリティ    牝2 新馬・牝 1:35.8 +0.2 -0.3 +0.8 -0.9 D C 10.00
6R T1400 ダノンジャスティス    牡2 新馬 1:24.0 +0.8 -0.5 +1.1 -0.8 SL C 6.38
9R T1800 サトノキングダム    牡5 新発田城500 1:45.7 -0.8 -0.6 -0.4 -1.0 B D 7.88
10R T2200 ユーキャンスマイル    牡3 阿賀野川1000 2:10.9 -1.8 -0.4 -1.0 -1.2 A C 5.60
12R T1000 スノードーナツ    牝4 500万下・牝 0:55.3 ±0 --- +0.3 -0.3 D D 10.20
 2018/08/19 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 トニーハピネス    牝3 未勝利 1:56.1 +2.3 --- +2.0 +0.3 E D 8.63
7R D1200 ライゴッド    牝3 未勝利・牝 1:12.3 -0.3 --- +0.1 -0.4 C C 6.50
8R D1800 タイセイヴィクター    セ5 500万下 1:53.5 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 9.38
11R D1200 サイタスリーレッド    牡5 NST賞H 1:10.7 +0.5 --- +0.9 -0.4 E D 9.42

新潟1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。シャドウセッションが単勝1.9倍の支持に応えた。最初の600mが33秒8。新潟1400mのタイムは前半のペースに左右されやすく、このペースだと全体のタイムも速くなるので、タイムに関しては、少し割引が必要だと思う。
1着 シャドウセッション 
 勝ったシャドウセッションはストライドが大きくて、内回り向きではないが、馬群は縦長で4コーナーで外に出してもロスが大きくなかった事も幸いして外から豪快に差し切った。直線の長いコースで、なおかつペースが遅すぎないレースが最も合っているように見える。
2着 ウインレフィナード 
 2着のウインレフィナードは3番手追走から早めに先頭。ペースが速かった事を考えると好内容の2着で、次走も上位候補となる。
3着 マロリン 
 3着マロリンは少し出遅れてシャドウセッションよりも後ろから。4コーナーではシャドウセッションよりもさらに外を周り、そして伸びて来た。最後は疲れてしまったのか、頭を上げてフワフワとした走りになっていたが、差しやすいペースとは言え、上々の内容。ただ、目一杯に脚は使っているので、今回と同じだけ走って勝てる組み合わせになるかどうかが鍵となる。
10着 グリーンティー 
 それから2番人気のグリーンティーは10着だった。前走よりさらにペースが速く、その前走よりも位置が後ろになってしまって、その位置で追走に手一杯。そして直線で伸びなかった。
新潟3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟6R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟9R 新発田城特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。サトノキングダムが前走9着から変わり身を示した。
1着 サトノキングダム 勝ち馬注目
 サトノキングダムは昨年の夏から直線で伸びて来て前に並びかけたところで止まるというレースを繰り返して来たが、早めに先頭に立った今回は最後まで止まらなかった。これまでの経緯と今回のレースを見ると、馬体を合わせていると良くないのではないかという推測が成り立ちそうだが、それが正解なのかどうかはわからない。ただし、元々は1000万で好走していた馬でもあり、今回と同じだけ走れば1000万でも上位候補となる。
2着 スパイラルダイブ 
 2着スパイラルダイブはラスト200mで突き放されたが、タイムは水準級。新潟外回りの上がりの速いレースよりは、平均ペースのレースが合いそうで、その点では3月に500万を勝った中山がベストではないかと思う。
新潟10R 阿賀野川特別 タイムA
 このレースの勝ちタイムは古馬1000万下の基準タイムより1秒8速く、2200m対象の馬場差がマイナス1秒2になる事を踏まえても、 -1.8-(-1.2)=-0.6 さらにペース補正が0秒4入るため、 -0.6-0.4=-1.0 で基準より1秒0速い勝ちタイムだった。キークラッカーが先手を取ったが、2番手に居たレイリオンが4コーナーで先頭に立って行った。直線でダブルフラット、さらにユーキャンスマイルが外から上がって来て、ユーキャンスマイルが抜け出して1着。その後h半馬身差でダブルフラット2着。レイリオンは3着入線。
1着 ユーキャンスマイル 勝ち馬注目
 3ヶ月半ぶりの実戦だったユーキャンスマイルが制した。ユーキャンスマイルは3コーナーでペースが速くなった時に、ちょっと置かれそうになったが、仕掛けて差を詰めて行って直線でもしっかり伸びて差し切った。前が止まっている訳ではなく、力でねじ伏せたという差し切り。非常に強い内容だと思う。ペースが速くなった所で置かれそうになりながら、そこから長く脚を使っている辺りに、豊富なスタミナを感じるので、さらに距離が伸びるともっと走れそう。今年の夏は毎週のように菊花賞路線の伏兵候補が出てくるが、また出てきた感じ。
2着 ダブルフラット 番組注目馬
 ダブルフラットは同じ新潟2200mで前走より0秒2遅くなったが、馬場差が0秒3違いますし、ペースの違いも考慮すると前走より走っている。それで負けた訳ですから、相手が強かったという事で、今回も自身の完全タイム差はかなり優秀。次走も有力。
3着 レイリオン 
 ペース補正が入っているので、先行有利のスローペースだったように思えるが、前半が遅かったので、タイムをの価値を計るために補正が入っているという事で、残り1000mからゴールまで12秒0か11秒台のラップがずっと続いていましたから、前に行っただけで粘れるレースではなかった。という事で3着レイリオンも好内容で、次走も上位候補となる。
新潟11R NST賞 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
夏血統ノヴェリスト
 現3歳世代が初年度産駒のノヴェリストだが、2回前の放送で取り上げたオルフェーヴルと同じように、初年度産駒の新馬・未勝利戦の成績を月ごとに出してみると
夏血統ノヴェリスト
11月未勝利、12月1勝、1月・2月が未勝利と来て、3月に2勝、そして4月に5勝。この部分だけを見ると晩成タイプが多いように見えるが、恐らくそうではなくて、寒い時期が苦手という事だと思う。2歳6月から9月までの新馬戦では、芝に限らると4勝2着6回で、連対率は38.5%。晩成タイプが多い種牡馬の成績ではない。ここでさりげなく芝に限ればと言ったが、目立つ特徴としてダートが合わない馬が多いという事がある。軽い芝でスパッと切れる産駒が多くないので、ダートに使いたくなるようだが、この表の集計期間では全てのクラスを通じてダートではわずか6勝。その6勝は全て1番人気から3番人気の上位人気で、しかも1番人気の時の連対率が30.8%しかない。寒い時期が苦手と思われる上に、冬は下級条件のレースの多くがダートなので、1月から2月の勝ち上がりがゼロというのは、当然とも言える結果だと思う。芝なら2歳の初期から走るが、冬は不振なので、ダート、特に冬のダートでは軽視して、温かくなって来たら注目。また、ダートで凡走していても芝で一変する産駒がいるので、これも狙い目となる。一例として8/5の新潟4R芝1600mを勝ったアビームはダート12着の直後に芝で2着。その後にダート13着でその直後に芝で1着という、ノヴェリスト産駒のサンプルのような成績になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26