2018年3回京都4日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜以降以外はマイナス1秒2で、ほとんど動きはない。
 先週は火曜から水曜にかけて雨が降って、土曜は良馬場とは言え、影響が少し残って開幕週より若干時計は掛かっていた。そして日曜は乾いて開幕週のレベルに戻った。ただ、いずれにしても大きな動きはなくて、安定している。脚質的には土日で逃げ馬の連対は1頭のみで、先行馬は4頭が連絡みしたが、基本的には差し有利の傾向が続いている。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は水準、先週はプラスの数値となった。
 先週は開幕週と比較するとやや時計か掛かっていたが、大きな動きはなかった。脚質については、単純に流れが速くなれば差しが届いて、遅くなれば前が残る印象で、脚質に寄る有利不利は小さい感じだった。


  タイム分析
 2018/04/29 (日)  芝=-1.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 フェスタマドンナ    牝3 未勝利 1:34.1 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D 6.36
4R T2400 アフリカンゴールド    牡3 未勝利 2:27.1 -1.1 -1.1 -0.8 -1.4 B C 4.25
5R T1800 フォックスクリーク    牡3 500万下 1:46.8 -0.8 --- +0.3 -1.1 C C 3.60
8R T1400 ドルチャーリオ    牡5 鷹ケ峰特1000 1:20.8 -0.5 -0.2 +0.1 -0.8 C C 6.17
9R T1800 エマノン    牝5 糺の森特1000 1:46.6 -0.1 --- +1.0 -1.1 E C 4.56
11R T3200 レインボーライン    牡5 天皇賞春G1 3:16.2 -0.4 --- +1.5 -1.9 E D 8.20
 2018/04/29 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ナムラキヌ    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +1.7 -0.6 +0.8 +0.3 D D 8.91
2R D1200 パワーアッシュ    牡3 未勝利 1:13.7 +1.0 --- +0.8 +0.2 E D 7.36
6R D1400 ホウショウナウ    牡3 500万下 1:25.5 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D 5.71
7R D1800 カレンカカ    牡4 500万下 1:53.2 +0.6 --- +0.3 +0.3 C C 6.00
10R D1400 バイラ    牡3 端午S 1:25.1 +1.3 --- +1.1 +0.2 E C 9.89
12R D1400 アードラー    牡4 高瀬川S1600 1:24.3 +1.2 --- +1.0 +0.2 E C 6.36

京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。アンクルスターが早めに先頭へ立って、4コーナーを回って行く。1番人気メイケイゴールドが先団へ加わって来た。そして直線でメイケイゴールドが抜け出すが、ゴールが近づいてアフリカンゴールドが追い上げて来る。ほぼ並んで入線し、外のアフリカンゴールドがハナ差1着となった。
1着 アフリカンゴールド 
 アフリカンゴールドが前走6着から変わり身を示した。およそ2ヶ月半ぶりの実戦で、まだ歩様に力強さはないが、体はきっちりと仕上がっていた。レースでは前半脚を溜めて3・4コーナー中間の坂の下りで進出して、直線に向くと勝ちパターンに持ち込んだメイケイゴールドをゴール寸前で捕らえた。距離延長と休養の効果で、レースぶりが格段に良くなった。この内容なら昇級しても楽しみ。
2着 メイケイゴールド 番組注目馬
 そして番組注目馬メイケイゴールドは2着だった。序盤少し行きたがっていたが、途中から折り合いはついていた。ただ、勝負所の反応が良すぎて、早めに先頭に立つ形になって、最後の最後で差されてしまった。併せ馬の形になっていれば、もう少し粘りは増していたと思いますし、今回の内容を見ていると、距離はもしかしたらもう少し短い距離の方が良いのかもしれない。いずれにしろ、次も勝ち負けは必至ですし、単純に未勝利クラスなら能力は上。
3着 エリンズロマーネ 
 3着エリンズロマーネは最後の直線に向くともうフワフワした感じの走りになって、フォームがバラバラになってしまった。まだ若さは残るが、この馬エリンコートの子供という血統背景からも、距離は長い方が良さそう。次走牝馬限定の中距離戦に出走なら有力。
6着 セイウンフォーカス 
 2番人気のセイウンフォーカスは6着だった。内々でロスなく運んだが、ペースが上がった時の反応が悪くて伸びもなかった。控える形では味がなさそうで、次走は逃げた方が良いかなと思う。
京都9R 糺の森特別 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都10R 端午S タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
1着 バイラ 
 勝ったバイラだが、芝の部分でダッシュがつかずに後方のポジションになって、しかも勝負所での反応も悪くて早々にステッキが入っていたが、直線に向くと一気に伸びて差し切った。確かに見た目は鮮やかだが、今回は前崩れの展開に助けられた印象が強い。
2着 タイセイアベニール 
 2着タイセイアベニールはスタートが一息で、その後は後方のインで立ち回って4コーナーでもそのまま内めの進路を取って、直線に向くと開いたスペースを突いて伸びて来た。こちらももちろん、展開は向いたが、初ダートという事を考えれば上々の内容だった。次走も注意が必要。
3着 アスターソード 
 3着アスターソードは序盤無理せず末脚温存して、4コーナーで外めに持ち出すと、しっかりと脚を使った。距離短縮でレースぶりは良くなったが、こちらもやはり展開向いたのは事実。
4着 メイショウイサナ 
 4着メイショウイサナはダッシュがもう一つで最後方のポジションで、直線に向くと外から長く良い脚は使ったが、突き抜ける程の勢いはなかった。着順はまぁまぁ良かったが、やや物足りない内容だった。
5着 メイショウラビエ 
 上位人気の3頭は5着以下という結果になった。逆にここから下の方が見所と言うか、今後に巻き返しの可能性がある。メイショウラビエだが、3番人気で5着だった。直線半ばで伸び負けしたが、道中後方に位置していた馬が上位を占めたレースで、むしろよく頑張っていると見るべきだろう。
6着 メイショウオーパス 
 1番人気で6着だったメイショウオーパスも速い流れに完全に巻き込まれた。こちらも見直しが必要。
9着 ハヤブサマカオー 
 2番人気のハヤブサマカオーは9着だった。芝とダートの切れ目の部分で、他馬にちょっと寄られる場面があった事に加えて、先行馬には先ほどから言うように厳しい展開にもなりましたから、今回は休み明け初戦でしたし、まだまだ見限れない1頭。
京都11R 天皇賞・春 タイムE
 スタートだが、大方の予想通りヤマカツライデンがポンと飛び出してハナに立って行った。そして人気のシュヴァルグラン・ガンコも前めにつけて行く。だいたい大方の予想通りの展開になって、ヤマカツライデンがある程度飛ばした事によって、ペースが落ちずにずっと平均ラップで進んで行った。長距離戦らしく、非常に最後は消耗戦という競馬になったが、4コーナー回る辺りではガンコとシュヴァルグランが2頭並ぶような形で、粘るかなと思われたところ、ガンコが脱落してシュヴァルグランが先頭に立つ。その後クリンチャーが外から迫って来て、レインボーラインが進路を探しつつ伸びて来るような形で、最後内に潜り込んだ。最後は上位数頭の争いになったが、ゴール寸前でわずかにレインボーラインが抜け出してゴールインという決着になった。
 タイムランクがE・メンバーランクはDだった。そこそこペースが流れて、ペース補正なしでタイムランクEですから、これはこれで額面通り受け取って良いと思いますし、メンバーランク的には去年がBで今年がD。その辺りも額面通り受け取って良いなという印象はある。
1着 レインボーライン 
 レインボーラインが勝ってGI初制覇。これはホント上手く乗った。ズーッと脚を溜めて。それでいて前の人気どころも見ながらという形で、自身はスタミナと切れ味と両方兼ね備えている馬だが、それを最大限活かしきった勝ちっぷりだったと思う。入線後、ちょっと下馬するシーンがあって心配したが、幸い右前脚のハ行という診断が下って、大事には至らなかったですから、まだまだ活躍して良い走りを見せて欲しいなと思う。
岩田康誠騎手本当にちっちゃいですけど、走ってくれるという、凄い真面目な馬。最初の下り坂とメインスタンドだけ気をつけて、あとは流れに乗ってというレースだったが、ちょっと出入れが激しかったので、前に人気馬がいたので、それを見ながらレースができたと思う。直線は絶対良い脚で来てくれると信じていたので、我慢できるところまで我慢しようかなと思った。結構まだ脚が残っていましたし、内も外も行けるスペースがあったが、思い切って内を狙って行った。何とか届いてくれと信じて追った。ゴールまでわからなかったが、何とか馬の根性で勝ってくれたと思う。
2着 シュヴァルグラン 
 2着が1番人気のシュヴァルグラン、3着にクリンチャーが続いた。シュヴァルグランはホント早め早めの競馬で、この馬の良さを活かした騎乗だったと思うが、一緒に併せ馬の形になったガンコが早めにバテちゃって1頭になった。その分、フワフワした走りになって、差された。負けて強という内容だった。
ボウマン騎手前回より馬が悪かったとは思わないし、この馬らしいレースをしているんだけどね。早目に掴まえにいって、前も思ったより早く下がって先頭に立つ形になり、フワフワしているうちに差されてしまった。でもそれも競馬だから仕方ないし、この馬の能力は出せていると思う。
3着 クリンチャー 
 2着が1番人気のシュヴァルグラン、3着にクリンチャーが続いた。クリンチャーもそのシュヴァルグランをマークするような形で、この馬もしぶといタイプですから、それを活かす騎乗だったと思いますし、ピタリと折り合いついて能力は発揮したが、前2頭がわずかに強かったかなという感じ。
4着 ミッキーロケット 
 4着ミッキーロケットは見せ場十分だった。最内を引いた時点で、もたれる馬なのでちょっと怖いなと思っていたが、ほんと上手くエスコートしたと思う。前が開いた時は一瞬やったかと思ったが、それでも実力馬が復活してきたなという印象は強い。
5着 チェスナットコート 
 5着チェスナットコートはホント蛯名騎手らしく、坂の下りを上手く利用してスパートして、見せ場十分の5着ですから、キャリアを考えればまだまだ伸びしろありますし、今後楽しみな1頭。
14着 ガンコ 
 あと私の本命が3番人気のガンコ、14着に負けた。もちろん使い詰めで出来ももしかしたら落ちていた可能性もあると思うが、レースぶりを見ていると手応え良いのに急に失速するという競馬だったので、3200mの距離はちょっと長いのかなと個人的には思った。今後2500mまでの距離で力を発揮するタイプの馬に育ってくるかなと思った。
京都12R 高瀬川S タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
脚質傾向に変化なし
 これは東京・京都の芝のレースの事。開幕から2週間、週末は天候恵まれた事もあって、ずっと良馬場での開催。結果脚質傾向に、大きな変化はなくて、開幕週から差し馬有利の展開が続いている。東京の芝は先々週・先週で、22鞍行われて逃げ馬の連対は2頭だけ。先行馬の連対も3頭だけという状況。そして京都の芝は24鞍行われて、逃げ馬が3頭、先行馬が5頭という状況で、前に行く馬全滅とまでは言わないが、かなり苦しい戦いを強いられている。今週も引き続き東京はAコースで、京都はCコース使用。あくまで、先々週と先週と同じパンパンの良馬場で行われる事が前提にはなってくるが、差し有利の状況が急に変わるのはちょっと考えにくいというところ。少なくとも、軸馬選びという観点では差しタイプを選ぶことが正解だろうと思う。開催後半は、仮柵の位置が変わるので、この傾向が使えるのは実は今週だけ。ですから、このSummaryを役立てていただいて、馬券作戦に活かして欲しいなと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26