2018年1回札幌5日目

開催一覧
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒1からマイナス0秒3への変動だった。ここまで6日間の芝の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス1秒台の数値で、速い時計の出るコンディションだった。しかし先週は、雨の影響を受け、前半2週よりも時計が掛かった。
 金曜から土曜の朝にかけてまとまった雨が降り、土曜は稍重。さらに土曜のレース中にも小雨が降ったため、馬場差は変動だが、変動幅自体はそれほど大きくはない。土曜から日曜にかけても少し雨が降ったが、土曜と同じ稍重でも、日曜朝の含水率は土曜朝の含水率より低く、最初の1Rの時点で馬場差はプラス0秒1。良馬場に回復した8R以降はマイナス0秒3だった。土曜は稍重でも1週目・2週目と比べて2秒近く時計の出方が異なっていたのは、洋芝オンリーの芝コースらしさで、日曜の後半は良馬場発表でも1週目・2週目と比べて1秒以上掛かっている。タイム比較の際は十分に注意したい。湿った馬場でレースが行われた事もあって、かなり芝の傷みが進行したはずだが、今週からの2回開催はCコースが使用さ、内側の傷んだ部分がカバーされる。1週目や2週目のような高速馬場までは戻らなくても、良馬場ならマイナス1秒を超える馬場差になる事が予想される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒4、日曜がマイナス2秒0だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、4日目までは水準かやや速いレベルだったが、先週は雨の影響で土日ともにマイナス2秒台になった。
 金曜から土曜朝にかけてまとまった雨が降り、土曜は不良馬場だった。そこから乾いて行きそうだったが、土曜のレース中にも小雨が降った事で、馬場差は一定で収まった。で、マイナス2秒4というかなりの高速馬場になった。土曜から日曜にかけても少し雨は降ったが、土曜より含水率が下がって重馬場。馬場差はマイナス2秒0と高速馬場のままだった。小回りコースのダートなので、前有利だが、先週はハイペースになる事が多く、そういうレースでは差しが決まっていた。ダート、特に小回りのダートは良でも稍でも重でも不良でも前が有利だが、先週のような高速馬場になると、前有利という意識が強すぎて展開が前がかりになって、その結果として差しが決まるという事はよくある。


  タイム分析
 2018/08/11 (土)  芝=+0.3 → +0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1800 トゥアレグ    牡2 未勝利 1:52.4 +1.6 --- +1.3 +0.3 E C 9.50
5R T1500 トスアップ    牝2 新馬・牝 1:30.8 -0.3 --- -0.5 +0.2 B C 7.00
6R T2000 スズカノロッソ    牡3 未勝利 2:03.3 +0.3 --- -0.1 +0.4 C D 8.89
8R T1200 リノワールド    牝3 500万下 1:10.3 +0.5 --- +0.2 +0.3 C D 8.44
10R T1800 ナイママ    牡2 コスモス 1:50.2 +0.6 --- +0.1 +0.5 C D 5.00
11R T1500 ハッピーグリン    牡3 STV賞1000 1:29.3 +0.5 --- +0.1 +0.4 C C 7.55
12R T2000 バイオレントブロー    牡3 知床特別500 2:03.1 +1.0 --- +0.5 +0.5 D C 6.83
 2018/08/11 (土)  ダ=-2.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 チェルシーライオン    牡2 未勝利 1:46.7 -1.2 --- +1.2 -2.4 E D 6.43
3R D1000 キンゲショウ    牝3 未勝利 0:58.4 -1.2 --- +0.2 -1.4 C C 7.00
4R D1700 マコトキッショウ    牡3 未勝利 1:43.6 -3.2 --- -0.8 -2.4 B D 6.88
7R D1700 サンローレンス    牝3 500万下・牝 1:43.9 -1.8 --- +0.6 -2.4 D D 7.00
9R D1700 シンゼンガンプ    牡6 500万下 1:43.9 -1.8 --- +0.6 -2.4 D D 8.00

札幌1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
2着 モーンストルム 通信簿
 1番人気2着だった。ハイペースでレース運びがちょっと強気すぎたが、それでもEランクのレースで負ける馬ではないはず。となると、高速馬場が得意ではないのかもしれない。
札幌2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
札幌4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。ダートに戻って初めての1700mだったマコトキッショウが逃げ切った。
1着 マコトキッショウ 勝ち馬注目
 マコトキッショウは芝1200mからダート1700mという大幅な条件変更で一変した。今の時期の3歳未勝利戦では大幅に条件を変えてきた馬が一変する事は多く、先週もこんなようなパターン多かったが、それにしてもタイムは優秀。脚抜きの良いダートが合っていたという可能性もあるが、以前にダート短距離に使っていた時は良馬場の方が成績が良かった。ならば、良馬場のダート1700mでも走れる可能性はかなりあって、それなら500万でも通用するはず。
2着 アルマトップエンド 
 アルマトップエンドは初めての連対となった。この2着のアルマトップエンドは芝でもダートでも後方のままというレースがずっと続いていたが、初めての小回りダートでマクるレースが出来たことが大きい。ただ、こちらは良馬場で同じだけ走れるかどうかはちょっとわからない。
6着 クールリフレイン 
 1番人気のクールリフレインは1秒7差の6着だが、それでも自身の完全タイム差はプラス0秒9。前走の自身の完全タイム差はプラス1秒2。前々走はプラス1秒0なので、だいたい同じぐらい走って走っている。近2走とはタイムのレベルが違ったので、このような結果になったという事。
札幌5R 2歳新馬・牝 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。まずはスタートだが、バラけた形となってドロシーが先手を取って行った。そのまま4コーナーに入って行ったが、外からヴォルカン・トスアップが並びかけて行く。そして、直線ではトスアップが抜け出して行き、差を広げて1着。間を割ってフライソーハイが追い込んで来て2着。その後の3着争いでは、内のクィーンズウェイが3着先着となった。
1着 トスアップ 勝ち馬注目
 トスアップが2着馬に5馬身差をつけて勝った。トスアップはスタート直後、先行争いから一旦引いて4コーナーで外から追い上げて、直線入り口では先頭という横綱相撲で一気に突き放した。柔らかいフットワークでバネがありそうですし、追えばかなり伸びそうな印象。さらに先週のような、重い洋芝が合うタイプではなさそうなので、軽い芝ならもっと走れそう。将来性はかなりのモノだと思う。
2着 フライソーハイ 
 5馬身以上の差があった2着以下は好タイムではないが、2着フライソーハイは直線で止まった馬を交わして来た訳ではなくて、しっかり伸びていましたし、2番手に上がってからはもうほとんど追っていなかった。追えばもっと伸びたはずで、タイム短縮は可能であり、次走は上位候補となる。
札幌12R 知床特別 注目
 バイオレントブローとジャコマルが後続をかなり離していたので、ハイペースに見えたが実は1000m通過が62秒0。そして後半1000mが61秒1ですから、もちろん行った行ったの決着となった。
3着 チャロネグロ 
 クィーンスプマンテが勝った2009年のエリザベス女王杯を思い出すが、当時単勝1.6倍で3着だったブエナビスタに該当する存在が、今回で言う所で3着のチャロネグロ。そもそもズブさがある馬なので、直線の短いコースで単勝1倍台というのは、危険極まりなかったが、2着から7馬身も離れてしまったのは、変な展開の影響。普通の展開でも札幌では危なっかしい所はあるが、ここまで離されてしまったのには、理由があるということ。

  馬券Summary
大物種牡馬の2年目産駒
 ディープインパクトの初年度産駒、2008年生まれにはリアルインパクトやダノンシャークなど、ダービーの後高齢まで活躍した馬はいるが、ダービーまでの期間に重賞を勝ったのはダノンバラード・トーセンラー・マルセリーナの3頭だけ。それぞれダービーまでは重賞1勝ずつだった。しかし、2年目つまり2009年生まれの産駒からはダービーまでに重賞を勝った馬が9頭出ていて、その中には三冠牝馬ジェンティルドンナがいた。キングカメハメハの場合も同様で、2006年生まれの初年度産駒でダービーまでに重賞を勝ったのは、函館2歳Sのフィフスペトル1頭だけだったが、2年目の2007年生まれからはダービーまでに重賞を勝つ馬が4頭出て、その中には三冠牝馬アパパネがいた。他にも朝日杯FSを勝ったローズキングダムが出ている。
ダービーまでに活躍できるかどうかと言うのは、もちろん馬の素質も重要だが、その素質は早いうちに開花させられるかどうかという育成技術も重要で、産駒の数が多い種牡馬の場合、その産駒の育成ノウハウが2年目に確立されるのだと思われる。特にノーザンファームの生産・育成馬に関しては、その傾向が顕著。
これら2頭の種牡馬と同じ、社台スタリオンステーションにけい養されているオルフェーヴルの初年度産駒、全体の勝ち上がりが遅かったという事は前回紹介したが、それでもダービーまでに重賞を勝った馬が3頭出ている。育成ノウハウが確立されたであろう、2年目の産駒。つまり今の2歳馬は傾向が変わってくる可能性がある。現時点でオルフェーヴル産駒は晩成と決めつけない方が良いだろうと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26