2018年4回中山1日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒9だった。
 昨年の開幕週は今年と同じ良馬場発表で、馬場差が土日ともにマイナス1秒5だった。対して先週は、木曜以降に雨が降らなかった事もあって、昨年以上に高速化が進んでいる。ペース補正の入ったスローで、追い込み同士や差し・追い込みの決着も見られたが、これらは前に行った組を後ろの組が純粋な脚力で上回った結果。基本、内・外や脚質的な有利・不利はない。なお、今開催は野芝のみで行われ、3日間競馬の今週までがBコース。後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒4だった。
 春開催の後時間があり、砂の洗浄や路盤の更新などの作業が加えられて、この開催のダートは基本的に、冬開催・春開催と比較しても中距離の時計が速くなる傾向がある。今年もその例に漏れず、1800mの時計の出方が速くなっていた。それに比べると1200mは速いは速いなりに、水準寄りに止まっている。ただ、先週は土日ともに直線は追い風が強かった。特に土曜は日曜よりも風が強くて、向正面が向かい風で1200mは前半のペースが上がりにくい事から、日曜よりも0秒1だけ時計を要していた。上位馬に脚質的な偏りは特には無い。


  タイム分析
 2018/09/08 (土)  芝=-1.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 ミトロジー    牡2 未勝利 1:36.2 ±0 -0.7 +0.8 -1.5 D D 8.50
5R T2000 リバーシブルレーン    牡2 新馬 2:03.5 -0.1 -1.0 +0.8 -1.9 D C 6.82
6R T1600 ラティカ    牝3 未勝利 1:34.1 -1.5 --- ±0 -1.5 C C 6.33
9R T1600 グレイシア    牝2 アスター500 1:34.9 -0.6 -0.3 +0.6 -1.5 D C 7.71
11R T2000 ノームコア    牝3 紫苑SG3 1:58.0 -2.2 -0.5 -0.8 -1.9 B D 4.60
12R T1600 カリンバ    牝4 500万下 1:33.7 -1.2 -0.7 -0.4 -1.5 B D 7.50
 2018/09/08 (土)  ダ=-1.2 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 エコロディアマンテ    牡2 未勝利 1:13.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 7.83
3R D1200 ゴロンドリーナ    牝3 未勝利 1:13.2 +0.6 --- +0.9 -0.3 E D 10.67
7R D1200 アルマユディト    牝3 500万下 1:11.4 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D 7.17
8R D1800 エヴィエイション    牡3 500万下 1:53.0 -1.0 --- +0.2 -1.2 C D 8.50
10R D1800 デザートスネーク    セ4 鋸山特別1000 1:51.4 -1.8 --- -0.6 -1.2 B D 6.77

中山1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山7R 3歳上500万下 注目
 勝ちタイムはあと0秒1速ければBランクだった。
1着 アルマユディト 
 1着のアルマユディト、スタート後の向かい風が強い土曜日。この1200m戦も前半600mが35秒1とペースが上がらなかった。これに乗じた先行押し切りは確かだが、直線追い風と言っても、上がりを36秒2でまとめて、完全タイム差はあと一歩でBランクのマイナス0秒2。強かったと思う。休養明けの前走が入れ込んでゲートを失敗。使われて一転して落ち着いていた事と、外枠で揉まれなかったのも勝因だと思うが、牝馬限定の1000万下なら通用して良い勝ち方でもある。
2着 タイガーヴォーグ 
 2馬身半差の2着が1番人気のタイガーヴォーグだった。2着のタイガーヴォーグは、堅実な反面メンタル面で難しくて、人気になると危険なタイプ。今回は外めの枠も良かった模様。このぐらいはいつも走れるが、内枠を引くと危ない面もある。
3着 ランパク 
 あと3着のランパク。一番惜しかったのがこの馬。芝スタートで出ない事。そこから巻き返すと掛かる事。後方待機は折り込み済みだが、前半のペースが遅すぎた。これは狙い馬としたいと思う。
3着 ランパク 解説推奨
 タイム分析で触れたが、トモが甘いので芝スタートだとどうしても加速がつかない。ただ、今回は発馬は五分に近かったと思う。これは収穫として、2走前の東京ダート1400mで引っかかった事から、出して行くと折り合いを欠く。従って後方からの競馬になるが、経験馬相手の未勝利を勝った際は、次元の違う決め手だった。今回は向かい風の影響から、ペースが上がらなかった事。これに尽きると思う。上がり最速タイで2着とはハナ差まで追い上げて来た。今度のレースはこれほど遅くなる事は無いはずなので、次走こそ差し切れると見ている。
中山9R アスター賞 注目
1着 グレイシア 
 1着のグレイシア、新潟1400mの新馬勝ちがBランク。それもノーステッキで追わないまま1秒差という衝撃のデビューだった。1600mに延長しても負けないとは思っていたが、新馬当時よりもテンションが高くて、ゲートでも落ち着きを欠いて出遅れ。ただ、ここから折り合い重視で最後方を進んで、レース上がり600mを上回る、推定33秒5で差し切って見せた。相手が上がって、周囲が速いと連れて掛かりそうな気性が鍵になる。次走が一つの正念場なんだろうが、スピードと瞬発力は牝馬GIを狙えるモノがあると思う。
2着 ドラウプニル 
 2着ドラウプニル、グレイシアより先に仕掛けて0秒2差。完敗には違いないが、3着馬は0秒4離している。ルーラーシップの牡馬で、癖の無い良い馬。まだ伸びしろがありますし、自己条件はいつでも勝てると考える。
中山10R 鋸山特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。まずはスタート。デザートスネーク・ポルトドレーヴらが遅れた。一方タイセイヴィクターが先手を取ったが、2番手にいたアナザートゥルースが4コーナーで先頭に立った。直線に入ってもアナザートゥルースがスペリオルシチーを競り落として踏ん張っていたが、外からデザートスネークが伸び、ゴールでは差し切って1着となった。2着アナザートゥルース・3着がスペリオルシチーとなった。
1着 デザートスネーク 
 デザートスネークはダートに転じてこれで4勝目となった。その1着デザートスネーク。2走前の福島2着時がショームの0秒2差。そのショームが昇級してAランク相当の2着していて、ここでも上位の布石はあった。4コーナーの手応えは前の2頭に劣ったが、直線は一完歩ずつ差を詰めてきた。ラスト400mは12秒2-12秒3。前がバテていないのを差し切ったのですから、見事。これでダートは5戦4勝2着1回。上でも通用するでしょうし、ゆくゆくはオープンでも期待できる。
2着 アナザートゥルース 番組注目馬
 そして勝ち馬にアタマ差2着が1番人気のアナザートゥルース。3着がスペリオルシチーでここまで3頭は同タイムだった。2着のアナザートゥルース、1600万在籍時から4戦連続の2着。去勢して起動に乗ったのは、半兄のサウンドトゥルー・ルールソヴァールと同じだが、父が底力のあるフレンチデピュティから少し単調なアイルハヴアナザーに変わったせいか、少しジリっぽいところがある。とは言っても現級最上位の位置付けに変わりは無く、次はもう順番だと思う。
3着 スペリオルシチー 
 そして勝ち馬にアタマ差2着が1番人気のアナザートゥルース。3着がスペリオルシチーでここまで3頭は同タイムだった。3着のスペリオルシチー、4コーナーからアナザートゥルースに競りかけて勝ちに行き、最後に競り負けたものの、アタマ+クビ差の同タイムだった。左回り巧者だが、右回りでもここまで走れば文句は無い。こちらもチャンスは近く、得意の左回りなら確勝級。
4着 バトルスピリッツ 
 4着バトルスピリッツ、ここまでがBランク。函館の前走勝ちが強かったが、相手に恵まれた面もあった。ここに入ってどこまで…というのがレース前の評価。そんな中、前の決着を1頭だけ大外から伸びて来て、0秒2差は悪くない。芝・ダート兼用馬だが、鋭さはダートが上だと思う。次は重い印を考えて望みたいと思う。
中山11R 紫苑S タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳オープンの基準タイムより2秒2速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒9だった事を踏まえると、 -2.2-(-1.9)=-0.3 となる。しかし、ペース補正が0秒5入るため、 -0.3-0.5=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムとなる。メンバーランクはDだった。ランドネが先手を取って4コーナーに入って行く。2番手に上がったカレンシリエージョは一杯となり、変わってノームコアが伸びていく。そしてノームコアが抜けだし、リードを広げて3馬身差で1着。そしてインコースにいたマウレアがやや外に出されて2番手に上がっての入線。その後はパイオニアバイオが追い上げたが、ランドネがクビ差で抜かせず3着だった。
1着 ノームコア 勝ち馬注目
 4ヶ月半ぶりの実戦だったノームコアが重賞初制覇。昨年のディアドラに続いてハービンジャー産駒の連覇。そのディアドラは秋華賞も制した。3歳秋には成長力でハービンジャー産駒がディープインパクト産駒を上回る傾向も見えてきた。外枠から好位を進んで、4コーナーは内めに入れて、直線は外へ。ルメール騎手の騎乗もソツが無かったが、終いの伸びは強烈で春までのワンペースが嘘のよう。この辺りが血統から来る成長力、そんな気がする。秋華賞に向かうかは、詳しくは未定とのことだが、アーモンドアイがいてもこの時計で楽勝したのですから、1強とは言わせない可能性も僅かながら出てきた。本番も内回り2000m。立ち回りの上手さでギリギリ封じ込む事も頭の隅には想定しておきたい。
2着 マウレア 
 そして2着はマウレア、3着はランドネ。ここまで3頭が秋華賞への優先出走権を得た。2着マウレアは追い切りの段階から、体が細く映った。成長力が乏しくても、ディープインパクト産駒の牝馬はこのぐらい細くても能力が発揮できる。今回は内枠のスローにハマってしまって、4コーナーも中団。外へ出すのに手間取った分が大きかったと思う。それでも勝ち馬には敵わなかったのかもしれないが、この馬でもBランク一歩手前の走りができていた。前哨戦としては上々だと思う。ただ、レース後にハ行が判明した。これが大事に至らない事を祈る。
3着 ランドネ 
 そして2着はマウレア、3着はランドネ。ここまで3頭が秋華賞への優先出走権を得た。3着のランドネ、落ち着きがあってパドックの気配が目立っていた。春のスイートピーSと同様に、折り合いのついた逃げた打てた。忘れな草賞で掛かって失速した事もあるが、気分良く運べると強い馬。本番もこの形になれば、軽視は出来ない。
4着 パイオニアバイオ 
 4着パイオニアバイオ、フローラS2着時に0秒1先着したノームコアに逆に0秒6離されたのは、成長力の違いだが、4コーナーはマウレアのさらに後方のインにいて、直線もマウレアが外に出すのを待ってから追い出すロスがあった。ゴール前の伸びは鋭くて、少し惜しい競馬になってしまった。権利は取れなかったが、持ち賞金1450万。何とか滑り込む事も考えられる。乱戦向きの1頭で、母のアニメイトバイオはアパパネの勝った秋華賞で2着している。
5着 ハーレムライン 
 5着のハーレムライン、体重が26キロ増だった。余裕があったのは確かだが、筋力がついて馬体に迫力が出てきた。2000mはそれでも長いが、控えても折り合いが付いたのは進境だと思う。牡馬相手でも1600mから1800mなら一発があっておかしくない。
中山12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。カリンバが最内枠から逃げた。後続を離して4コーナーを回って行ったが、ペースはキツくなく直線に入っても余力があり、そのままリードを保って逃げ切り。2番手グループは伸びを欠き、外からスピリットソウル・テンワールドレイナが上がって来る。ゴールではテンワールドレイナが半馬身差で先着を果たしている。
1着 カリンバ 
 カリンバが初めて先手を取る競馬でデビュー戦以来の勝利を挙げた。そのカリンバ、逃げ候補のシセイヒテンが大外枠を引いた事もあって、中山1600mの1番枠からハナを叩いた丸山騎手の判断が功を奏した。とは言っても、0秒3差の完勝で、スローとは言え強い逃げ切りなのは確か。小さな牝馬が8キロ増えて、良化していたのも見逃せない。1000万に上がるとこうは行かないはずだが、逃げて新境地を開いた点は記憶にとどめて置くべきだろう。いつか再び穴を出す。
2着 テンワールドレイナ 
 2着以下は2馬身以上離された。2着テンワールドレイナは、未勝利勝ちが中山1600mでAランクだった。1400mの新潟戦7着を叩いて、条件が好転していて、今回が狙い頃でもあった。外枠でも中を捌いて差して来た好騎乗も見逃せないが、次走も中山1600mを使えばチャンスもあると思う。
3着 スピリットソウル 
 3着のスピリットソウル、中山1600mで500万を勝ってはいるが、メンバーに恵まれていた。自分の力はいつも出しているが、この辺りが限界でもある。
3着 スピリットソウル 解説危険
 今回2番人気だった。武豊騎手でそつなく流れに乗れていて、直線も逃げ切ったカリンバを追って伸びて来ながら最後はテンワールドレイナに差されて、大出遅れのアルミレーナにも肉薄されていた。500万勝ちがDランクで、当時押し出された形で2着だったワンショットキラーに本命を打った記憶があるぐらい、低調なメンバーだった。今回は一応水準のランクで走っているので、次走も人気必至と見る。ただ、人気ほど中身は強くない。そんな感じもする。
4着 アルミレーナ 
 あと4着アルミレーナ、これは出遅れが癖になってしまった感じがある。あの位置から大外追い上げては厳しい。それでも500万上位の能力は示しているが、東京に変わらないと安心はできない。

  馬券Summary
新種牡馬ダンカーク
 夏競馬が終了した段階の新種牡馬ランキング首位はジャスタウェイ。産駒はJRAで9勝を挙げて、2歳戦の総合ランキングでもロードカナロアに次ぐ2位につけている。ジャスタウェイは産駒数も多くて、競走馬としても一度は世界ランキング1位になるなど、今年の新種牡馬の中では卓越した存在ですから、これは当然と言えば当然。また、これに続く新種牡馬が今年少し低調なだけに、余計にジャスタウェイが際立っている。そんな中、離されてはいるが、夏開催終了時点で産駒3頭が3勝を挙げて、新種牡馬としては勝ち鞍で2位いるのが、アメリカ産のダンカーク。今回はそのダンカーク産駒の傾向に触れてみたいと思う。
新種牡馬ダンカーク
 3勝は芝1200mで2勝、1600mが1勝。新馬勝ちはなくて、全て2戦目から3戦目のもの。この中でガトンは、ダート1800mの新馬戦で1番人気となったが、3秒6差の8着と大敗。次走新潟芝1600mでは6番人気と人気を落としていたが逃げ切り。芝で一変した。同様に福島ダート1150mの新馬戦で1番人気のマイネルアルケミーは2秒3差の7着に敗れたが、2戦目は芝1200mで8番人気ながらタイム差なしの3着に踏ん張った。そして秋開催に入って、先週の日曜中山1R芝1200m戦を逃げ切った。
 ダンカークはアメリカのダートでGI2着2回、芝の経験は1度もなくて父がUnbridled's Song、母の父がA.P. Indy、祖母の父がAlydarと血統もダート寄り。それだけにダート戦で人気になるのもうなずけるが、これまでの産駒の特徴から芝向きは確かで、ダートから芝に変わって馬券の旨みがあるのを記憶しておきたいと思う。距離は短距離から中距離まで万能。東京芝1800mの新馬戦でアガラスの2着だったシークレットランという馬もいた。短距離に限ることはない。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26