2018年5回阪神8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナス1秒台だったが、先週は一転してプラスの数値になった。
 先週からBコースに移ったが、仮柵移動よりも雨で稍重になった影響の方がかなり大きくて、1週前と比べると一気に時計が掛かるようになった。とは言え、時計の出方はまだ水準に近いが、力のいる馬場だったという印象。土曜はまだ内の芝の状態が良く、外を通った差し馬は力のいる馬場で切れ味を発揮できず、前残りが頻発したが、全体が傷んで土曜よりさらに時計が掛かるようになった日曜は前に行った馬の失速具合が土曜より激しく、結果的に差し馬の好走が多くなった。なお、土日ともに雨が降っているんが、馬場差は1日を通した数値。で、次の開催まで中4日しかないので、28日は仮に良馬場でも3週目までのようなマイナス1秒クラスの馬場差にはならないと予想する。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス2秒8だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが先週だけはマイナス2秒8で、3週目までとはかなりコンディションが異なった。
 雨の影響で土日とも稍重だったが、馬場差がなんとマイナス2秒8。極限に近い高速馬場だった。稍重程度の含水率ながら、超高速馬場というのは最も走りやすいんだと思われ、重や不良の高速馬場の時以上に前残り傾向だったが、それでも所謂行った行ったの決着はそう多くはなかった。なお、土日ともに雨は降っているが、馬場差は1日を通した数値。


  タイム分析
 2018/12/23 (日)  芝=+0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 グッドレイズ    牡2 未勝利 1:36.5 +0.7 --- +0.5 +0.2 D B 6.67
4R T2000 アールコンセンサス    牡2 未勝利 2:03.9 +1.4 --- +1.1 +0.3 E C 7.50
6R T1400 エイシンオズ    牝2 新馬 1:23.8 +0.5 --- +0.3 +0.2 D C 9.39
9R T1600 マイネルフラップ    牡2 千両賞500 1:35.8 +0.7 --- +0.5 +0.2 D C 6.11
10R T1600 ペルソナリテ    牝5 クリスH1000 1:35.3 +1.3 -0.6 +0.5 +0.2 D D 6.50
11R T2000 クリノヤマトノオー    牡4 サンタク1600 2:01.3 +1.8 --- +1.5 +0.3 E C 7.64
 2018/12/23 (日)  ダ=-2.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 カモンスプリング    牡2 未勝利 1:11.8 -1.6 --- +0.3 -1.9 D C 8.07
2R D1800 マスターフェンサー    牡2 未勝利 1:51.1 -3.9 --- -1.1 -2.8 A D 7.40
7R D1400 グロワールシチー    牡4 500万下 1:23.2 -1.7 --- +0.5 -2.2 D D 7.58
8R D1800 エイシンセラード    牝3 1000万下 1:50.9 -1.4 -0.6 +0.8 -2.8 D C 7.07
12R D1400 ゴールドクイーン    牝3 ギャラク 1:21.5 -1.5 --- +0.7 -2.2 D C 9.23

阪神2R 2歳未勝利 タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。直線に入って逃げていたトップデンティストを交わしてマスターフェンサーが先頭に立つ。そして後続との差を広げて3馬身半差で1着。その後1番人気のテーオーポシブルが上がって来たが、外からサンレイファイトが伸びて来て、2番手に上がっての入線。
1着 マスターフェンサー 勝ち馬注目
 マスターフェンサーが初めてのダートで勝ち上がった。初ダートのマスターフェンサーが圧勝した訳だが、半兄にトップディーヴォ・エポックともダートのオープン馬がいて、こちらもダート向きだった。差が開いてからもビッシリ追っていたが、止まりかけているので追っていたということではなくて、追えば追うだけ伸びるという印象。ならばタイム短縮は可能でしょうし、仮にタイム短縮できなくても同じだけ走れば500万で好勝負になる。
2着 サンレイファイト 
 2着のサンレイファイトはいつも確実に脚を使うが、いつも後ろからになってしまうのがネック。このままで勝ち切るには、展開の助けが必要になる。
3着 テーオーポシブル 
 そして3着のテーオーポシブルは連闘した後に3回連続で中1週。まぁそれでも最後までしっかり走っていたが、そろそろ蓄積疲労が心配になって来る。また間隔を詰めて来るようだと危うさはある。
4着 ボナセーラ 
 4着のボナセーラは芝でジリジリとした伸びだったので、ダートへ転じたのだと思われるが、ダートでもジリジリとした伸びだった。大崩れはしなくても勝ち切るのにはちょっと苦労しそう。
阪神4R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神10R クリスマスキャロル賞 注目
 7着だったエアアルマスについて。
7着 エアアルマス 
 超スローペースで前半は行きたがって、ジョッキーの膝が伸びていたが、直線でいざ追ったら全くストライドが伸びなかった。前半でエネルギーを浪費した影響もあるが、直線に坂のあるコースで、なおかつ緩い馬場状態というのは全く合わないんだと思われる。トモが緩いと言うか、まだ甘いので渋った馬場でストライドを伸ばそうとしも踏ん張れないんだと思う。そこに坂が加わると、今回のような結果になってしまうということ。ちなみに、これまで阪神で好走したのは良馬場で馬場差がマイナス1秒以上の軽い芝だった。次走は恐らく京都なので、極端に悪い馬場状態にならなければ、巻き返せると思う。
阪神11R サンタクロースS タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ノヴェリスト再び
 今年8月にノヴェリスト産駒の傾向を取り上げた。初年度産駒である現3歳世代の1勝目の月別成績が11月0勝、12月1勝、1月0勝、2月0勝となっており、寒い時期が苦手としたが、初年度産駒の1勝目に絞った傾向にすぎないので、本当に寒い時期が苦手なのかを追跡調査した。
ノヴェリスト再び
先週終了時点での何ら条件をつけてない、ノヴェリスト産駒の月別成績は11月から12月にかけて一気に落ち込んでいる。昨年の11月は未勝利だったんですが、今年の11月は3勝していて、もしかして寒い時期が苦手ということはないのかと若干不安になったが、12月になって昨年同様の落ち込みを見せている。年が明けて1月・2月も不振が続きそうだと思う。
ノヴェリスト再び
また、ノヴェリスト産駒はダートが得意ではなくて、ただでさえ寒い時期が苦手なのに、そこにダートのレースが増えるので、ますます成績が低下するとした。その後も相変わらずダートでは不振で、ダートでは203戦して8勝2着14回。連対率10.8%あるが、ダートの次に芝に出走すると35回やって2勝2着4回で連対率が17.1%。ダートから芝に変わった時が、一つの狙い所となる。最後にちょっとある馬だが、9月に札幌の未勝利戦はAランクで圧勝したノヴェリスト産駒のライデンシャフト。10月の重賞アルテミスステークスでハイペースの逃げながら、0秒9差だったが、12月の500万では2秒5も負けてしまった。この大敗の原因が、もう冬が苦手なノヴェリストに由来するものだとすると、春に暖かくなった頃に復活することがありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26