2018年2回札幌4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒8、日曜がプラス1秒5だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、前の開催3週目以降は終日良馬場だった日を除いて、プラスの数値になる事が多くなっている。
 金曜日の夜から土曜の朝9時半ごろまで雨が降り、稍重でもかなり時計が掛かる状態だった。日曜は土曜よりは少しだけ速い時計が出るようになったが、それでもかなり時計の掛かる状態だった。差しも効くが、トップスピードに限界がある馬場なので、瞬発力タイプの差し馬では厳しかった。逆にトップスピードは速くなくても、長く脚を使えるタイプはペースが遅くても、マクリ気味に上がって、差し切れていた。ペースや展開に左右されたというよりも、個々の馬の馬場適性が問われていたと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒2、日曜がマイナス1秒4からマイナス0秒8への変動だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、特に前の開催5日目・6日目そして先週土曜はマイナス2秒台になった。
 雨の影響を受けて土曜は不良馬場で超高速馬場。日曜は1日を通して、重馬場だが徐々に乾いては行ったので、馬場差は変動だった。純粋な逃げ切り勝ちは1頭もいなかったが、だいたい先行馬が好走していた。とは言え、雨で高速馬場になっていたから前残りが多かった訳ではなく、札幌ダートはこれが普通。ただ、高速馬場のダートでよく見られる、高速馬場を意識して展開が前がかりになり、乱ペースになって差しが決まるというレースが少なかった。これは、ワールドジョッキーズが開催されて、トップジョッキーが揃っていたことが、乱ペースになりにくかった要因の1つだと思う。


  タイム分析
 2018/08/26 (日)  芝=+1.5  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 アドマイヤリーブラ    牡2 未勝利 1:53.4 +2.6 -0.8 +0.4 +1.4 D C 5.20
5R T1200 ナムラボーナス    牡2 新馬 1:14.8 +3.8 -0.6 +2.3 +0.9 SL D 12.33
6R T2600 ポンデザール    牝3 未勝利 2:46.2 +2.6 -0.6 ±0 +2.0 C C 7.29
8R T2000 シスターフラッグ    牝3 500万下 2:04.2 +2.1 --- +0.6 +1.5 D D 8.00
9R T1500 ライラックカラー    牡3 千歳特別500 1:30.3 +0.9 --- -0.2 +1.1 C C 5.00
11R T1200 ナックビーナス    牝5 キーンラG3 1:09.4 +0.8 --- -0.1 +0.9 C C 7.88
12R T1800 スマートエレメンツ    牡4 ワールド1000 1:50.3 +1.8 --- +0.4 +1.4 D C 6.46
 2018/08/26 (日)  ダ=-1.4 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 アルマアノン    牝3 未勝利・牝 1:46.1 -0.7 --- +0.7 -1.4 D C 7.29
3R D1000 レッドランサー    牡3 未勝利 0:59.4 -0.2 --- +0.6 -0.8 D C 7.20
4R D1700 ネオテスタメント    牡3 未勝利 1:45.0 -1.8 --- -0.6 -1.2 B C 7.30
7R D1700 スズカロング    牡4 500万下 1:45.7 ±0 --- +1.0 -1.0 E C 7.36
10R D1700 エンクエントロス    牡6 ワールド1000 1:44.9 ±0 --- +0.8 -0.8 D D 8.79

札幌4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。11番人気ネオテスタメントが7馬身差をつけて勝った。
1着 ネオテスタメント 勝ち馬注目
 ネオテスタメントは初めてのダート。しかも1200mからの一気の距離延長だったが、全くの楽勝だった。3コーナー手前まで2番手で我慢させているような感じだったが、特に仕掛ける事もなく先頭に立つとどんどん引き離して行って、最後はもう流していた。なぜ芝1200mに何度も使っていたのかと、考え込んでしまう程のダート適性の高さで、タイムもまだまだ短縮可能。500万でもすぐに好勝負になると思う。
2着 サンシャイアン 
 7馬身差の2着サンシャイアンは完全タイム差がプラス0秒5で、これはDランクに相当するが、今の未勝利戦の普通のレベルの組み合わせなら、上位可能。逃げなくても問題なく運べた事は収穫だと思う。
札幌5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
2着 ゼルター 解説危険
 ぶっちゃけて言うと、調教でまともに動いている馬がいなくて、メンバーランクはEに近いD。タイムランクも新馬戦なのでSLとしたが、重い洋芝とは言え前半38秒6という歩いているようなペースからのレース上がり36秒2。ゼルター自身も上がり36秒3では、普通のレベルの未勝利戦だと勝負にならないと思う。このレースを予想した人は、本命に出来る馬がいなくて困ったはずで、そういう経緯をわかっている人なら、次走でゼルターに本命をつけたりしないので、人気にならないかもしれないが、新馬戦で1番人気で2着という記録が残る訳ですから、上位人気になる可能性があると思う。
札幌7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
札幌11R キーランドC 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。ナックビーナスが先頭に立って、直線に入って行く。ナックビーナスが好スタートから一気に逃げて、600mが33秒7。時計の掛かる馬場、そして3コーナーまでが短いコース形態を考えると速かったが、パワフルな走りで逃げ切った。内の3番手にいたダノンスマッシュは手応えは良く、進路もあったが、差を広げられてしまい、なおかつ内のペイシャフェリシタにも一旦前に出られレ多感じだったが、何とか競り勝って2着は確保した。
1着 ナックビーナス 
 ナックビーナスはこれで重賞初制覇。ハイペースだったが、切れ味を活かせる馬場では無く、パワフルな大型馬ナックビーナスが押し切ったという一戦だった。芝1200mで勝った時の最速タイムが、京都での1分7秒9。時計が速いと厳しいので、今後も馬場状態によって取捨が決まってきそう。
2着 ダノンスマッシュ 
 2着争いは接戦だったが、外のダノンスマッシュが内のペイシャフェリシタに先着。2着のダノンスマッシュは良い手応えだったのに、突き放されて2着も危なくなったが、恐らく先週の様な重い洋芝は全く合っていない。軽い芝ならもっと走れると思う。
3着 ペイシャフェリシタ 
 3着のペイシャフェリシタは勝ち馬と同様に時計が掛かったことでの好走。3コーナーで前が詰まって少し下がったりしていたが、内の好位にいれば多少の不利があるのは仕方ありませんし、その後はスムーズだった。2着とクビ差ですから、あの不利がなければ…と言えなくはないが、それほど大きな不利ではなかったと思う。
5着 スターオブペルシャ 
 そのペイシャフェリシタよりも不利が大きかったのは5着同着のスターオブペルシャで、4コーナー手前でかなりジョッキーが手綱を引いていた。直線に入ってからも進路を探している状態で追い出せたのは、残り200mから。既に手遅れだったが、よく伸びてはいる。
9着 ムーンクエイク 
 3番人気のムーンクエイクが9着だった。着いて行くのに精一杯で、1200mは忙しすぎる。勝った京王杯SCのような平均ペースの1400mがベスト。

  馬券Summary
代表産駒は例外
 代表産駒は例外ですという話。アーモンドアイがオークスを勝った事でロードカナロア産駒は2000m以上もOKと思われているのか、まだ2000m以上でロードカナロア産駒が人気になる事が結構ある。産駒デビュー以来のロードカナロア産駒の2000m以上での成績というのは、先週まで54回走って3勝2着6回3着5回。これだけ。
代表産駒は例外
 特に2000m以上で上位人気に推された時の成績がよろしくなくて、1番人気から3番人気の合計で連対率が31.6%しかない。ちなみに、1番人気での1着1勝と言うのは、実はアーモンドアイのオークスで、これを除けば1番人気で負けまくっている。いきなり古い話が出てくるが、ダンシングキャップ産駒なので芝で強かったオグリキャップ、Devil's Bag産駒なのに芝で強かったタイキシャトル、エンドスウィープ産駒なのに2000m以上で強かったアドマイヤムーンなど、代表産駒と言うのは父の産駒の全体的な特徴から外れている事が多い。アーモンドアイもそう言う歴代の飛び抜けた名馬だと思われるので、アーモンドアイがロードカナロア産駒全般の特徴からは外れていると考えるべきで、アーモンドアイがオークスを勝ったからと言って、ロードカナロア産駒は距離が保つというようには考えない方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26