2018年2回小倉1日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒4からプラス0秒8への変動だった。
 朝の含水率は土曜はゴール前6.3%、4コーナー8.6%。日曜はゴール前が7.1%で、4コーナーが7.5%。全体としてはほぼ同じで、馬場差も土曜と日曜の雨が降る前の馬場差は同じだった。日曜は台風の影響で雨が降ったので、馬場差が変動になった。特に雨が強くなった後半は一気に時計が掛かるようになって、1Rと12Rでは2000mに換算して2秒2も時計の出方が違った。なお、この開催は4週目までAコースが使用され、後半の2週はBコース使用となる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒1からマイナス0秒7への変動だった。
 朝の含水率だが、土曜がゴール前は2.6%、4コーナーは5.4%。そして日曜はゴール前が1.8%で4コーナーが2.6%だった。土曜日の4コーナーだけ含水率が少し高かったが、全体としては朝一の含水率は土日ほぼ同じで、土曜の馬場差と日曜の雨が降る前の馬場差は同じ。そして日曜は雨が降ったので、馬場差が変動となったが、2Rがマイナス0秒1で9Rがマイナス0秒7。芝と比べて変動の幅が小さいのは、雨が強くなる前にダートのレースが終了したため。3コーナーからマクって勝った馬はいるが、直線で差して来て勝った馬はいない。小回りコースのダートらしい結果になった。


  タイム分析
 2018/07/28 (土)  芝=-1.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ディアンドル    牝2 未勝利 1:08.7 -0.9 --- -0.1 -0.8 C D 9.67
3R T1200 ピースフルウィーク    牝3 未勝利 1:08.5 -0.6 --- +0.2 -0.8 C D 7.27
4R T1800 ミーティアトレイル    牡3 未勝利 1:46.1 -1.8 --- -0.5 -1.3 B D 6.33
5R T1200 ブルベアオーロ    牡2 新馬 1:09.4 -0.4 -0.4 ±0 -0.8 C D 7.67
7R T1200 キラーコンテンツ    牡4 500万下 1:07.8 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 10.18
9R T2000 ミスディレクション    セ4 国東特別500 1:59.1 -0.8 -0.4 +0.2 -1.4 C C 7.33
10R T1200 エイシンデネブ    牝3 由布院特1000 1:06.9 -1.2 --- -0.4 -0.8 B D 8.10
 2018/07/28 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 ウインインペリアル    牡3 未勝利 1:46.3 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 9.40
6R D1700 グアン    牝3 500万下・牝 1:44.8 -0.4 --- -0.3 -0.1 C D 7.62
11R D1700 ウェスタールンド    セ6 薩摩S1600 1:43.6 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 4.00
12R D1000 スターペスマリア    牝4 500万下 0:59.0 +0.6 --- +0.7 -0.1 D D 6.38

小倉4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。まずはスタートだが、1番人気のサトノエターナルらが遅れた。サンディーが先手を取って行くが、2番手のナリタブルーが並びかけて、直線に入って行く。これら先行2頭の間を割ってメラナイト、外からソールライト、さらに外からミーティアトレイルが伸び、3頭の首位争いとなった。ゴールでは3頭がほぼ並んで入線したが、外のミーティアトレイルが差し切って1着。2着ソールライト、3着メラナイトだった。
1着 ミーティアトレイル 
 3ヶ月ぶりの実戦で13番人気だったミーティアトレイルが勝った。ミーティアトレイルはこれまでの成績からすると、ビックリするような走りだった。3コーナーから4コーナーまで馬群の中で動かず、脚を溜め、これで前が塞がったら仕方ないという構えだったが、直線入り口で全くロスなく進路があったとは言え、直線で内にもたれながらこのタイム。スムーズで上手く行ったという事は確かなので、昇級してすぐに通用するとは思えないが、とにかくタイムが優秀なのは事実。
2着 ソールライト 
 2着ソールライト、3着メラナイトがクビ・クビ差で続いた。2着のソールライトはこういう小回りコースが合っているという立ち回りの良さだった。次走も小倉なら有力。
3着 メラナイト 
 2着ソールライト、3着メラナイトがクビ・クビ差で続いた。3着メラナイトは休み明けの前走で18キロ増えていた体重が、12キロ減って動ける体になっていたが、4コーナーでの手応えの割に伸びなかった。距離が長いのかもしれない。
10着 サトノエターナル 
 それから1番人気のサトノエターナルは10着だった。出遅れも敗因だが、これまで直線の長いコースで差して好走していたディープインパクト産駒。4コーナーでズブさを見せていたのも、恐らく小さいコーナーが苦手なためで、次走も小倉ならあまり期待できないと思う。
10着 サトノエターナル 解説危険
 デビューからズーッと4着以内で、今回の10着も出遅れが原因とされて次走も人気は下がらないはずだが、根本的に小回りコースは向いていない。これまでも京都や阪神の外周り、そして中京では2着か3着だったが、阪神の内周りでは4着だった。その4着の時にも瞬間的な加速力のなさを見せていて、直線の短いコースではエンジンが掛かる前にレースが終わってしまう。新潟外周りに使えれば良いが、夏の新潟芝の外周りに未勝利クラスの関西馬が出走できる可能性はほぼゼロですので、次走もやむを得ず小倉に出走するんじゃないかと思う。
小倉10R 由布院特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。昇級3走目のエイシンデネブが3馬身半差で勝った。
1着 エイシンデネブ 
 エイシンデネブは前走出負けして最後方からになっていたが、今回はほぼ互角のスタートを切ってスムーズなレース運びだった。1200m向きのスピードを遺憾なく発揮。小倉滞在で落ち着きがあった事も良かったのだろう。今回と同じだけ走れば、1600万下でも通用するという、そういうタイムでは無いが、余力もあった。負担重量の軽い夏のうちなら上のクラスでも面白そう。
2着 ピースマインド 
 2着のピースマインドは初めての1200mで後ろからになったが、ついて行けないという感じでは無く、脚は溜まっていた。直線ではどこを捌いてくるかというだけで、上手く捌いて鋭く伸びた。ただ、この馬距離短縮で臨むと良い感じで脚を溜められるが、続けて同じ距離を使っているとダラダラとした走りになりがち。次走も1200mだと思うが、今回と同じだけ走れるという保証はないと思う。
3着 ノーブルルージュ 
 3着のノーブルルージュは上手く折り合ってよく伸びたが、時々ハマって好走する差し馬で、次走の好走確率は高くないと思う。
13着 ミスエルテ 
 そして1番人気のミスエルテは13着に終わった。私は、極めて個人的な話だが、ミスエルテがファンタジーSを勝った頃からこれは全然強くないと言い続けているので、そんなもんだろうという感想だが、この馬、特に苦手なのはハイペース。スローのファンタジーSを差し切った事で強いと思われているようだが、スローが得意なだけだと思う。従って、こういう普通のペースの1200mは合わない。好走する可能性があるとすると、スローペースの1400mだと思う。

  馬券Summary
札幌のモレイラ
 J.モレイラ騎手が先週から短期免許で騎乗して、土日で7勝2着2回3着2回4着以下6回。特に土曜日はほとんど何でも来ちゃうという状態だったが、得意とか不得意はある模様。これまでも日本では札幌での騎乗が多くて、今年も主に札幌で乗るはずなので、先週までの札幌のコース別の成績を出すと、このようになっている。
札幌のモレイラ
連対率50%を超えるのがダート1700m・ダート2400m、そして芝1500m・芝1800m・芝2600m。距離が長い方が成績が良いとも取れるが、私はコーナーが多いコースが得意なのだと推測する。勝つときのレース運びを見ると、4コーナーの手前からスーッと上がって来て、直線入り口で先頭というパターンが多い。直線入り口で先頭というのが勝ちパターンなのは当たり前と言えば当たり前だが、これはいつも最初から先行している訳ではなくて、コーナーで上がって来る事が多い。コーナーでロス無く馬に負担をかけずに加速するのが上手いので、コーナーが多いコースで成績が良いのだと思う。ただし、コーナーが4つあるコース形態でも、芝の2000mはあまり良くない。っと言っても普通の基準ならすごい連対率だが、芝2000mはスタートから最初のコーナーまでが長くて、全体に占めるコーナーの割合が多くない。得意箇所が少ないという事、それが原因じゃないかと思う。今週以降もまぁモレイラさんが乗っているというだけの理由で、全て人気になりそうだが、信頼度が極めて高いコースと、信頼度が普通になるコースがあるという事は知っておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26