2018年5回東京1日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた開催日もあったが、全てマイナス1秒台となっている。
 先週は土日ともに良馬場で、土曜はマイナス1秒8で連続開催の後半になったが、高速馬場が続いている。日曜はBコース使用4日目で、土曜よりかはいくらか掛かったが、ほとんど違いはなかった。また、日曜日の雨はほとんど影響なかったと推察できる。あと、スローペースのレースが非常に多くて、12鞍全てにペース補正を施した。それでも前残りかと言うと、そうではなくて、好位・中団からの差し馬が幅を利かせていた点は大きな特徴。あと、今週もう1週Bコースが使用されて、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けて重や稍重だった前の開催5日目を除けば水準レベルの数値となっている。
 2日ともに良馬場で乾いたコンディションだった。時計の出方は水準レベルだった。日曜は雨の影響でマイナス方向に動いたが、コンディションそのものはほとんど変わらなかった。あと、連対馬についてだが、ダートは土日で12鞍あったが、逃げ馬が7連対。そして先行馬が5連対した。基本的には前に行く馬が有利だった。ペースが速くなった時のみ、差し馬が台頭していた。


  タイム分析
 2018/11/03 (土)  芝=-1.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 マードレヴォイス    牡2 未勝利 1:34.8 -1.3 -0.2 -0.1 -1.4 C C 4.63
4R T2000 エトワール    牝2 未勝利 2:01.3 -1.2 -0.7 -0.1 -1.8 C C 5.45
6R T1400 アゴベイ    牝2 新馬・牝 1:23.7 +0.1 -0.8 +0.6 -1.3 D D 10.50
9R T2400 オジュウチョウサン    牡7 南武特別1000 2:25.0 -1.2 -0.6 +0.4 -2.2 C C 5.67
10R T2000 ランガディア    牡4 ノベンH1600 1:58.8 -0.6 -0.4 +0.8 -1.8 D C 5.78
11R T1400 ファンタジスト    牡2 京王杯2G2 1:24.7 +2.3 -1.1 +2.5 -1.3 SL C 6.00
 2018/11/03 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 ラティーンセイル    牝2 未勝利 1:39.9 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 7.33
2R D1400 グランソヴァール    牡2 未勝利 1:26.2 -0.2 -0.3 -0.5 ±0 B D 10.30
5R D1300 エヴァキュアン    牡2 新馬 1:20.3 +0.4 -0.4 ±0 ±0 C D 11.13
7R D1600 トーホウフライト    牡3 500万下 1:37.2 -0.8 --- -0.8 ±0 B C 8.36
8R D1600 アポロレイア    牝3 500万下・牝 1:38.2 +0.2 --- +0.2 ±0 C C 9.89
12R D2100 タガノボンバー    セ3 1000万下 2:11.3 ±0 --- ±0 ±0 C C 7.55

東京2R 2歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催2歳未勝利クラスの基準タイムより 0秒2速く、馬場差はプラスマイナスゼロだったが、ペース補正が0秒3入るため、 -0.2-0.3=-0.5 で基準より0秒5速い勝ちタイムだった。グランソヴァールが2走目で良化を示した。
1着 グランソヴァール 勝ち馬注目
 グランソヴァールは好スタートを決めて楽な手応えで2番手を追走した。そして、最後の直線に向くとほぼ馬也のまま、ここから2着馬を5馬身突き放した。デビュー戦は内に包まれて全く力を発揮できなかったが、2戦目でスムーズに運んでレースぶりが一変した。時計も大幅に短縮して来ましたし、この内容を見る限り昇級しても上位争いにはなる。
2着 ファムファタル 
 2着以下は5馬身以上離された。2着ファムファタルはスタートが良くて、その後の加速もスムーズだった。ですから、良い形でハナに立ってよく頑張っているが、今回はもうとにかく相手が強すぎた。3着馬を8馬身も離していますし、初勝利は時間の問題。
3着 ブレーンクロー 
 あと3着ブレーンクローは距離短縮でレースぶりが良くなったが、勝ち馬からは2秒1も離されている。勝ち切るためにはもう少し決め手が欲しい。
5着 トゥルボー 
 5着トゥルボーは3コーナーで他馬に寄られる場面があったとは言え、自身の反応も一息だった。チークピーシーズの効果はあまりこう感じられなかった。少し物足りない内容だった。
東京4R 2歳未勝利 
3着 キタノインパクト 解説危険
 この馬1度実戦を使われた分、3・4コーナーでの反応は良かったが、直線向いてからはジョッキーが盛んにステッキを持ち替えたりとかして、何とかエンジンをかけようとして頑張ったが、初戦と同様加速がつくのが非常に遅い。で、初戦は最後伸びたが、今回は結果最後までグンと伸びる感じがなかった点に物足りなさが残る。まだ子供っぽさが残っている印象が強い。この馬、もうデビュー前から注目度の高い馬なので、次走も人気になるのは確実ですから、まだそこまでの信頼は置けないと見て危険馬に選んだ。
東京5R 2歳新馬 注目
 出走馬の実力差が大きかったので、メンバーランクはDとした。加えて短距離戦にしてはペースが遅かった分勝ち時計は水準レベルに止まったが、上位馬には見所があったので、ここで取り上げておく。
1着 エヴァキュアン 勝ち馬注目
 勝ったエヴァキュアンは最内からスタートをまず決める。結果無理する事なくハナに立った。その後は他馬に並びかけられても動じる事なく、自分のペースを守って、最後の直線に向くとアッサリと後続を突き放して行った。スピードの持続力と折り合い面を考えれば、もう少し距離が伸びても対応できそうですし、昇級しても上位争いになる。
2着 セクシオンドール 
 あと2着セクシオンドールは強い勝ち馬に真っ向勝負を挑む競馬になった。結果ラストは突き放されてしまったが、失速しなかった点は評価できますし、こちらは次走勝ち負けになる。
3着 ステイホット 
 3着ステイホットは15番枠に入って、しかもちょっと出負けした。その分レースを組み立てにくかったのは事実だと思う。その割にはラストまでよく粘っていますし、まだ重めだった事を考えれば前進は見込める。次走相手次第でチャンスはある。
4着 クリュサネル 
 あと4着クリュサネルは大型馬でまだ明らかに太め残りの馬体だった。それでも見せ場は作りましたから、次走上積みは見込める。
東京7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。トーホウフライトが昇級3走目で勝ち上がった。
1着 トーホウフライト 
 トーホウフライト、パドック段階では体重が12キロ増えていて太めに映った。ただ、レースに行くとスタートを決めて2番手につけて、この辺り追い出しをギリギリまで我慢して、残り300m辺りから軽く仕掛けられると、アッサリと後続を突き放して行った。常にゲートに課題のある馬なので、次走上位候補とはしないが、単純に能力だけならクラスが上がってモ十分に通用する。
2着 サンチェサピーク 番組注目馬
 2着以下は3馬身半以上離された。2着サンチェサピークだが、骨折でおよそ1年4ヶ月ぶりの実戦だったが、太め感のない仕上がりだった。レースでは勝ち馬に突き放されたが、その後も踏ん張って最後までバッタリとは止まっていなかった点は評価できる。前走は実はBランクの時計でもう現級を既に勝っている馬。やはり力がありますし、次走も勝ち負けになる。
3着 ミッキーボニータ 
 3着ミッキーボニータは休み明けで昇級で、距離延長に対応できた。今後に目処の立つ内容だった。
9着 ブロードアリュール 
 3番人気のブロードアリュールは9着に敗れた。この馬は好位のインにつけたが、早々に手応えが怪しくなって、直線に向くと後退した。今回は休み明け初戦でしたから、まだ本調子にないのかなという雰囲気だった。
東京11R 京王杯2歳S 重賞
 タイムランクはSL・メンバーランクはCだった。スタートはややバラけたスタート。メイショウオニテが先手を取って行くが、かなり緩やかなペースだった。前半の600mが38秒0ですから、ちょっと1400mでは考えられないぐらいペースが遅かった。直線は内・外分かれての追い比べで、結局1着・2着馬は外に持ち出したかったと思うが、馬群が結構横並びになっていて、持ち出せずにインで叩き合いになったが、ファンタジストが抜け出すところ、アウィルアウェイが内から詰め寄って、ホント馬体を並べたところがゴールインという決着になった。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ファンタジスト 勝ち馬注目
 ファンタジストとその内から迫ったアウィルアウェイの争いは、ファンタジストがハナ差先着1着となった。ファンタジストは内々で凄く上手く折り合って、直線に向いてから抜け出すタイミングも絶妙だった。最後もバテている訳じゃなくて、伸びてはいるが、ちょっとフワフワした感じだった。この内容なら距離がもう200m伸びても大丈夫だと思いますし、次に向けては、次につながったし、なおかつ勝ったという意味の大きいレースになったと思う。
2着 アウィルアウェイ 
 2着アウィルアウェイは惜しかった。ただ、レースぶりがファンタジストと比べると、凄く荒削りな感じ。道中も頭高いですし。逆にその分伸びしろもあるとは思いますし、この2頭の対決というのは、今後もかなり楽しみな対決になってくると思う。
3着 カルリーノ 
 カルリーノも3着に頑張ったが、やっぱり上位2頭とは少し切れ負けした印象。ただ、この馬自身脚は使っていますし、悪くない内容だった。
5着 アスターペガサス 
 5着アスターペガサスだが、これは序盤からかなり引っかかっていた。休み明けで体重増えてちょっと太かったですし、初めての距離で掛かったというところで、大型馬なので次変わってくる可能性は高いと思う。

  馬券Summary
今週の馬券作戦
 先週終わって、もうすぐに今週の馬券作戦を考える。ばっちり当てたいと思う。
タイム分析のコーナーでも触れたが、東京のダートを除く東京芝・京都芝・京都ダートは結構差し馬が幅を利かせている。まず、芝について言えば、東京・京都とも今週は引き続きBコースが使用される。加えて天気予報によると、今週は曇り空ながら、何とか雨の影響はほとんどなさそうな雰囲気。
今週の馬券作戦
 となると馬場の荒れが小さい東京は好位・中団組が活躍した先週の傾向と大きく変わる事はないと見ている。
今週の馬券作戦
 一方京都は馬場の内側が荒れてきているので、より差し馬が活躍すると推察できる。ですから、先週残った逃げ馬が飲み込まれるシーンが多くなる雰囲気。
今週の馬券作戦
 そしてダートだが、先週の東京は12鞍あって、逃げ・先行馬が12連対。1レース単位で考えても半分は前にいる馬が絡んでいる。今週も先行馬は無視できない。
今週の馬券作戦
 一方京都のダートは引き続き差し馬警戒。JBC3鞍の結果を見てもわかる通り、差し馬が1頭3着以内に突っ込んで来ている。個人的には3連系の馬券を買うケースが多いので、差し馬に注意を払いながら買い目を組み立てたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26