2018年3回福島4日目

開催一覧
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値ではあるが開幕週と比較すると、先週は水準方向に動いた。
 土日とも良馬場発表ではあったが、金曜の雨の影響で土曜朝でも路面は濡れていて、開幕週よりも時計が掛かっていた。そして、日曜は土曜よりも乾いたが、土曜1日馬場を使った分でさらに水準方向に動いた。連対馬の脚質を見ると土曜は目立った偏りはないが、日曜は差し馬の上位進出が目についた。なお、最終週の今週はコース設定が変わって、Bコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはなく水準レベル。
 ダートも雨の影響は残っていたはずだが、こちらは脚抜きの良いコンディションにはならなかった。連対馬については、前へ行った馬がスムーズに行けば粘るが、控えていた馬が早めに動いて行って先行馬にプレッシャーをかけると、一気に差しが届いていた。


  タイム分析
 2018/11/11 (日)  芝=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
7R T2000 エバーミランダ    牝3 500万下・牝 2:00.5 -0.1 -0.3 ±0 -0.4 C C 8.82
8R T1200 ブルレジーナ    牝3 500万下 1:09.7 +0.5 --- +0.7 -0.2 D D 12.00
10R T1200 ジャカランダシティ    牡2 福島2歳 1:10.5 +1.4 --- +1.6 -0.2 E D 9.43
11R T2000 スティッフェリオ    牡4 福島記念HG3 1:58.3 -0.2 --- +0.2 -0.4 C D 8.57
12R T1800 ダノングレース    牝3 西郷特別500 1:48.7 +0.8 --- +1.2 -0.4 E C 11.75
 2018/11/11 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 アンビル    牡2 未勝利 1:10.4 +0.7 --- +0.7 ±0 D C 6.56
2R D1700 メモリーコウ    牝3 500万下・牝 1:46.8 +0.8 --- +0.8 ±0 D D 6.00
3R D1700 キクノウェスター    牡3 500万下 1:47.1 +1.1 --- +1.1 ±0 E D 9.11
6R D1700 カレンカカ    牡4 500万下 1:46.0 ±0 --- ±0 ±0 C D 6.63
9R D1150 トロピカルスパート    牝4 500万下 1:09.3 +0.8 --- +0.8 ±0 E D 13.00

福島3R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島9R 3歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
福島10R 福島2歳S タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
福島11R 福島記念 重賞
 タイムランクがC・メンバーランクはDだった。マルターズアポジーとマイスタイルが出て来てペースは速くなるだろうなと思っていたが、1000m通過57秒6ですからね、かなり速いラップで進んだ。となると差し馬差して来るシーンが多いと思うが、コレの場合結構後続の馬がなし崩しに脚を使う形になって、結局3番手につけていたスティッフェリオが抜け出して、2番手のマイスタイルが2着に粘って、好位につけていたエアアンセムが3着という結果になった。
1着 スティッフェリオ 
 スティッフェリオが重賞初制覇。以前は緩さがあったが、体がパンとしてきましたし、速い流れにも対応して丸山騎手の好騎乗もあったと思う。本当、今力をつけている1頭。
2着 マイスタイル 
 そして2着がマイスタイル、3着エアアンセム、上位人気馬が続いた。マイスタイルは本当、パターンに持ち込んだ。後続に脚を使わせてという形で、このラップで粘ったのは評価できる。この馬は常に一生懸命走るタイプ。
3着 エアアンセム 
 そして2着がマイスタイル、3着エアアンセム、上位人気馬が続いた。3着エアアンセムも追って頭が上がるシーンというのが、昔に比べればなくなりましたし、今回も最後までしぶとく伸びた。上位2頭とは2キロの斤量差もあったと思う。
福島12R 西郷特別 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
スローペースと外国人騎手活躍の関連性
 先程お話した通り、先週の京都芝はスローペースのレースが多かった。13鞍中6鞍のタイムランクがスローで、特に日曜後半の4鞍は全てスロー。
スローペースと外国人騎手活躍の関連性
 ペース補正を施しても対応できないくらいラップが遅かった。その要因を探ってみると、これら6鞍中17頭立てだったエリザベス女王杯を省けば、8頭・9頭・10頭・7頭・8頭とすべて少頭数だった。にもかかわらず、外国人騎手が乗っている馬の数は、3頭・2頭・3頭・3頭・3頭と多くて、しかも人気馬に騎乗しているケースがほとんどだった。ですから、香港を主戦場としているモレイラ騎手以外の3人はヨーロッパ出身のジョッキーで、そもそもテンからガンガン飛ばす競馬を好まない。そして、そんな競馬に日本人騎手がちょっとペースを合わせてしまうと、より流れが遅くなるのは必然かなと思う。結果、力のある馬が勝つという結果になった。先週の日曜京都はダートを含めて、外国人騎手が1Rから11Rまで11勝マークした。この事実に対して、彼らは良い馬に乗っているからというので片付けてしまうのは、いかがなものかと思う。実際、エリザベス女王杯ではスローペースを見越してハナに立って2着に粘って、クロコスミア・岩田騎手が頑張りましたし、最終レースでもそつのない捌きで外国人騎手の連勝ストップをさせて、藤岡佑介騎手がガッツポーズを見せてました。ですからね、まだ乗り方ひとつで太刀打ちできる要素は色々あると思う。ですから、まあ元乗り役みたいなこと言って申し訳ないが、日本人騎手にはホント諦めないで頑張って欲しいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26