2018年2回中山6日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス0秒2への変動、日曜がプラス0秒1だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、前半2週は水準に近いとは言え、マイナスの数値だったが、先週は土日ともにプラスの数値となった。
 先週は毎日のように雨が降っていたが、土曜の朝は重。そして芝の最初のレースである5Rの頃には稍重まで回復していた。土曜はそのまま11Rまで稍重だったが、徐々に乾いて行ったので馬場差は変動。5Rはプラス0秒5で、10Rと11Rはプラス0秒2だった。日曜はそれより少し乾いたが、稍重のままで1日を通して馬場差はプラス0秒1だった。3コーナーから4コーナーにかけての内側が徐々に傷んで来ているが、内を空けて走るというところまではまだ行っていない。まだ良馬場なら馬場差がマイナスになるコンディションだと思う。この後3回開催の1週目までAコース使用だが、芝が生長する事も考慮すると雨の影響がなければ、極端に時計が掛かるようにはならないはず。先週は極端に先行有利だったような結果になっているが、スローペースが多かった影響が大きいと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒5へと変動、日曜がマイナス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒1への変動だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、1800m・1200mともにマイナスの数値がなかった前半2週と比べ、先週は時計が出やすくなった。
 先週は毎日のように雨が降って、土曜は不良馬場でスタートした。8R以降は重馬場。馬場差は変動で、1800m以上が対象の馬場差は1800mに換算した数値で1Rから4Rまではマイナス0秒8、12Rがマイナス0秒5。1200mは3Rがマイナス0秒9、6Rがマイナス0秒7、8Rがマイナス0秒6。日曜は1日を通して稍重だったが、やはり馬場差は変動で、1800mは2Rがマイナス0秒3、4Rがマイナス0秒2、8Rがプラスマイナスゼロ。日曜の1200mは1Rがマイナス0秒4、3Rがマイナス0秒3、7Rがマイナス0秒2で12Rがマイナス0秒1だった。


  タイム分析
 2018/03/11 (日)  芝=+0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 エストスペリオル    牡3 未勝利 2:16.8 +0.8 -0.6 +0.1 +0.1 C D 5.67
6R T2000 コスモインザハート    牡3 500万下 2:02.3 +0.3 --- +0.2 +0.1 C D 8.57
9R T2000 フリージングレイン    牡4 館山特別1000 2:02.3 +1.4 -0.6 +0.7 +0.1 D D 5.54
10R T1600 ミュゼエイリアン    セ6 東風S 1:35.3 +2.0 -0.5 +1.4 +0.1 SL D 9.42
11R T1600 ハーレムライン    牝3 アネモネ 1:35.5 +1.0 --- +0.9 +0.1 E D 7.69
 2018/03/11 (日)  ダ=-0.3 → ±0 / 1200m=-0.4 → -0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アルマユディト    牝3 未勝利・牝 1:13.5 +0.6 --- +1.0 -0.4 E D 9.93
2R D1800 トーセンヴィータ    牡3 未勝利 1:55.6 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 7.21
3R D1200 シセイタケル    牡3 未勝利 1:12.5 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 8.20
4R D1800 シールート    牡3 新馬 1:58.3 +2.2 --- +2.4 -0.2 E D 9.29
7R D1200 エタニティーワルツ    牡5 500万下 1:12.3 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 6.67
8R D1800 エンパイアステート    セ5 500万下 1:54.3 +0.3 --- +0.3 ±0 C D 6.42
12R D1200 メイショウボンロク    牡7 1000万下 1:12.0 +0.7 --- +0.8 -0.1 E C 8.36

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳新馬 タイムE
 基準より2秒4遅い勝ちタイムだった。
中山10R 東風S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする
中山11R アネモネS タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 桜花賞トライアルなので触れておく。前半が35秒8、48秒0で後半が47秒5、35秒3ですからスローではあるが、ペース補正が入るほどではなくEランクになるのは仕方が無い。
1着 ハーレムライン 
 ただ、勝ったハーレムラインは桜花賞トライアルなので慎重に2番手から抜け出したという内容。もっと速いペースで先行抜け出しだった未勝利戦は、馬場差を考慮しても今回よりかなり速いタイムで走っていて、ペースが速くなれば速いタイムで走れるという事は既に示している。今回の遅いタイムは能力通りではないが、桜花賞は恐らくあまり速くないペースで、瞬発力を要求される。そういうレースには合っていないだろうという事は容易に想像できる。
中山12R 4歳上1000万下 注目
 2着だったシアーラインについて。
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
2着 シアーライン 
 4コーナーでは前が詰まっているように見えるぐらい手応えが良かったが、直線で進路、前がクリアになるまで追い出しを待っていて、結果的に仕掛けが遅れたと思う。そうは言っても後ろから差されているが、内から伸びて来て一旦は完全に2番手に上がったワイドリーザワンを差し返しているように、仕掛けが遅れた事でエンジン全開になる前にゴールを迎えてしまった。タイムは遅いが評価は難しいが、4コーナーで仕掛けて速めに抜け出してしまうという競馬ができていれば、勝っていたでしょうしその場合はもっとタイムが速かったはず。次走でスムーズなレースができれば好勝負になる。

  馬券Summary
3月・4月の3歳未勝利戦
 恐ろしく地味なテーマだが、3月・4月の3歳未勝利戦における種牡馬成績を取り上げる。
3月・4月の3歳未勝利戦
 まず2013年から2017年の5年間、3月・4月の3歳未勝利戦で産駒が20勝以上している種牡馬の一覧表をご覧下さい。この上位の方は普通のリーディングサイアーランキングと同じだが、ところどころ普通のサイアーランキングよりも上に来ている種牡馬がいる。そこで2013年から2017年の5年間の全勝利数の中で3月・4月の3歳未勝利戦の勝利数の割合が高い種牡馬を抜き出すと、トップスリーはエンパイアメーカー・サウスヴィグラス・シンボリクリスエスとなる。この3頭の種牡馬のランキングには2つ意味があり、まず、これらの種牡馬はダートの勝ち鞍が多い。そして早熟ではない産駒が多い。ダート向きの種牡馬の産駒がこの時期に多く初勝利を挙げるのは、単純にダートの3歳未勝利戦が多いからだが、早熟ではない産駒が多い事は重要。初勝利が遅いと、軽視されがちだが、成長力があって、遅い初勝利からどんどん勝ち上がって行く馬が結構いる。エンパイアメーカーに関しては、昨年の春にも晩成種牡馬という事で取り上げたが、サウスヴィグラスやシンボリクリスエスも同じタイプなので、初勝利が遅くても出世する可能性がある。ただ、サウスヴィグラスは先日残念ながら死亡してしまいましたし、シンボリクリスエスももう高齢。直接の役には立たないかもしれないが、こういう視点で種牡馬の成績成績を追うというのも効果がある。この視点からの注目は、現3歳世代が初年度産駒となるオルフェーヴルとエイシンフラッシュで、どちらも初勝利が遅い産駒が多いという気配をプンプン漂わせている。ロードカナロア産駒がガンガン勝っているのに対して、これら2頭の産駒は勝ち上がり率が今のところ高くなくて、期待外れ感もあったが、どちらも2月辺りから勝ち上がる馬が増えてきた。この初勝利の分布がこのようになる種牡馬は遅い勝ち上がりから、一気に連勝したり、高齢まで活躍する産駒を出す事が多いので、注目しましょう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26