2018年5回京都2日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、2週前つまり前の開催最終週だけは雨の影響でプラスの数値となった。
 連続開催の後半となった先週からBコースに変わった。しかも土日ともに、良馬場で速い時計の出るコンディションになった。ただ、東京ほどの高速馬場ではないのは確か。あと、東京の芝と同様、スローペースのレースが非常に多かったが、それでも好位・中団からの差し馬が数多く連対していた。逆に先行タイプは苦戦していて、それなら一掃逃げた方が案外頑張っているレースが多かった。あと今週もう1週Bコースが使用されて、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、水準寄りの開催日が多くなっている。
 雨の影響を受けた先々週と比較すると、馬場は乾いて水準寄りになった。あと脚質的には先行・差し問わず、まんべんなく連対していた印象。後方からの差し馬の連絡みは少ないが、よく見ると3着に突っ込んで来る馬が結構多かった。ですから、必ずしも差し馬に不利な状況ではない。


  タイム分析
 2018/11/04 (日)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 モノディアロゴス    牡2 未勝利 1:10.0 -0.1 -0.1 +0.4 -0.6 D D 9.79
2R T1800 メイショウクライム    牡2 未勝利 1:50.0 +1.1 -0.9 +1.1 -0.9 SL C 7.13
4R T1600 サヴォワールエメ    牝2 新馬・牝 1:35.8 -0.1 -0.2 +0.5 -0.8 D C 8.88
5R T2000 アルクス    牡2 新馬 2:04.7 +2.1 -1.2 +1.9 -1.0 SL C 4.25
6R T2000 ハイヒール    牝3 500万下 2:01.2 +0.6 -0.3 +1.3 -1.0 E C 8.83
8R T1200 イエローマリンバ    牝3 醍醐特別1000 1:08.5 -0.2 -0.1 +0.3 -0.6 D C 6.47
9R T1600 フローレスマジック    牝4 清水S1600 1:34.9 +1.6 -0.8 +1.6 -0.8 SL C 7.88
 2018/11/04 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1400 コパノマーティン    牡2 未勝利 1:26.5 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 7.86
7R D1800 タガノヴェローナ    牝4 1000万下・牝 1:53.3 +1.5 -0.8 +0.8 -0.1 D C 6.50
10R D1200 グレイスフルリープ    牡8 JBCスG1 1:10.4 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 7.70
11R D1900 ケイティブレイブ    牡5 JBCクG1 1:56.7 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 7.00
12R D1800 アンジュデジール    牝4 JBCレG1 1:50.4 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 7.00

京都2R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都3R 2歳未勝利 
4着 モズダッシュスター 解説推奨
 まずスタートでちょっと出負けして、前半の芝の部分で加速が全然つかない。その後流れに乗れずに4コーナー手前ではちょっと内々で包まれるような場面があって、その後何とか外に持ち出して、ここからラストは伸びては来ているが、やはりこの上位、上手く立ち回った馬たちと比べるとその立ち回りの差が大きかったように思う。この馬今回が実は初めての1400m戦だったので、ちょっと流れに戸惑った印象がありますから、次走1800mでも大丈夫ですし、1400mでも対応できると思いますし、次は巻き返して来ると思う。
京都5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 アルクス 勝ち馬注目
 この馬調教時計は平凡だったが、実戦に行ってより良さが出た。まだまだ伸びしろがありそうなタイプ。
京都6R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
京都9R 清水S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都10R JBCスプリント GI
 大方の予想通りマテラスカイが先手を取って4コーナー。ラップ的には33秒7という事でやっぱり流石このメンバーになるとラップも速い。こうなると今の京都、結構差しが届くが、流石マテラスカイ。これだけ飛ばしても最後バッタリと止まらずに、むしろここで一瞬突き放したかなと思ったが、ピタリその後ろにつけていたグレイスフルリープがここからジワジワと詰め寄っていく。2頭のマッチレースになった所を外からキタサンミカヅキが差を詰めるが、ちょっと及ばずという形で、最後グレイスフルリープが僅かに抜け出してゴールになった。
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。
1着 グレイスフルリープ 
 グレイスフルリープがマテラスカイを交わして優勝。元々砂をかぶったりしたらちょっとしんどいかなと思っていたが、マテラスカイの後ろでピタリと折り合って、ほんとルメールらしいソツの無い脚捌き、レースぶりで勝ち切った。時計勝負にも対応しましたし、こちらはまだ馬も若いですから、今後も活躍見込める。
2着 マテラスカイ 
 あと2着マテラスカイは最後手前を変えきれなかったが、馬自身の具合は非常に良かったと思う。パドックでも前回から14キロ絞れて落ち着いて周回できていましたし、こちらもスピードの違いで押し切る競馬をしたが、もうちょっと雨が降って馬場が締まっていれば、もう一踏ん張りできたと思うが、それでもこの馬の能力の一旦は見せたと思う。
3着 キタサンミカヅキ 
 3着キタサンミカヅキ、こちら道中ちょっともたもたしていて対応しきれないかなと思ったが、最後しっかりと伸びて来ましたから、中央の速いダートにも対応しましたし、レースぶりとしては良かったと思う。
4着 モーニン 
 あと4着モーニンはちょっと1200mはこの馬にとっては短いかなという感じで、エンジン掛かったところがゴールだったので、1400mあればもう少し際どかったと思う。
5着 レッツゴードンキ 
 5着レッツゴードンキ、砂をかぶっても平気でしたし、うまく捌いて来たと思うが、もう一伸びがなかった。ちょっと年齢を重ねて、以前より若干反応がズブくなっているなという印象を持った。
京都11R JBCクラシック GI
 先手を取ったのはサンライズソアだった。前半ちょっとゆったり入ったかなとと思ったが、途中から引っかかる馬とかがいて、ペースが落ちるところで落ちなかった。ですから、最後の直線向いてからは結構消耗戦と言うか、激しい攻防になった。ケイティブレイブはこの辺りで加速ついて、抜け出すパターンになって来るが、それにオメガパフュームが外から襲いかかって、サンライズソアは内で粘っているが、最後ノンコノユメも大外から差して来て、ゴール前は割と激しい攻防になったが、ケイティブレイブが3/4馬身ねじ伏せたという結果になった。
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。
1着 ケイティブレイブ 勝ち馬注目
 ケイティブレイブがJRAの舞台では重賞初制覇となった。どちらかと言うと地方交流のダートで成績を上げてきた馬なので、今回中央の速いダートでどうかと思われたが、難なく対応してソツの無いレース運びで勝ち切ったので、今パワーだけじゃなくスピードもついて来た印象ですから、これはしばらく良い時代がこの馬にとって続くんじゃないかなというイメージで見ている。
福永祐一騎手そうですね。久しぶりの京都のダートだったが、本当にトップコンディションでしたし、今日は自信を持って騎乗した。まぁあまり考えすぎずに、この馬のリズムを守る事を第一に、スタートしてから思ったよりも前が速くて、ちょっと置かれる形にはなったが、まぁああいう形でもGI勝っていますので、全く心配はしていなかった。ルメールが前に居たので、ちょっと早めに捕まえに行ってしまったが、その分最後ちょっと際どくなってしまったが、さっきのスプリントもジョッキールームでジョッキー仲間と見ていて、「ルメール半端ねぇ」って言ってみんなで騒いでいたので、これはちょっと誰かが止めるしかないと思ったが、もう自分が何とかストップしたいなぁという思いでもいましたし、何よりケイティブレイブとずっとコンビ組ませてもらっていて、本当に馬が完成して来て、心身共に充実していましたので、今日最高の結果を出すことができて良かった。
2着 オメガパフューム 
 そして2着が3歳馬オメガパフューム、3着にはサンライズソア、結果的に人気の3頭が上位を占めた。オメガパフュームは長く良い脚を使ってケイティブレイブを追い詰めたが、ちょっとまだ3歳馬でコーナリングがぎこちなかったりして、僅かに届かなかったが、今年の3歳のダート路線は非常にレベルが高いですし、結構ルヴァンスレーヴ辺りはこのメンバーに混じっても楽しみなぐらいレベルの高い世代だと思う。
3着 サンライズソア 
 そして2着が3歳馬オメガパフューム、3着にはサンライズソア、結果的に人気の3頭が上位を占めた。そして3着サンライズソアはシリウスSもそうだったが、速い流れの中、前へ行った中では唯一粘っているという形なので、毎回敗れはしているが、強い競馬をしていると思いますし、こちらもう少し切れ味が出てくれば、頂点まで上り詰められる存在だと思う。
4着 ノンコノユメ 
 4着ノンコノユメ、一瞬突き抜けるぐらいの勢いで伸びて来たが、残り50mぐらいで脚色が一緒になった。ただ、距離克服できる事は証明しましたし、この内容なら選択肢が広がって来たなという印象。
5着 サウンドトゥルー 
 あと5着サウンドトゥルーも内々をそつなく捌いて、ラストはノンコノユメと同じぐらいの脚は使っている。こちらも中央の軽いダートの方が、どちらかと言うと合っていると思いますし、展開さえハマれば突き抜けるシーンも想像できる。
京都12R JBCレディスクラシック GI
 最内枠のアイアンテーラーが逃げていたが、早めにアンジュデジールが先頭に立っていく。こちらはあまり道中のラップに変化がなくて、ほぼ12秒台半ばのラップが結構多かった。で、アンジュデジールがこの辺り先頭で、一旦ラビットランがここで先頭に躍り出るが、そこでアンジュデジールがもう一回食い下がる。その直後でクイーンマンボが食い下がるが、ここでちょっと脚色が鈍るところ、外からファッショニスタが差を詰めて来てというところで、最後はアンジュデジールが差し返して1着という結果になった。
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。
1着 アンジュデジール 
 アンジュデジールがJRAの舞台で重賞初制覇。具合も良かったのだろうが、乗り方も完璧だった。16番枠なのにもう1コーナーではインに潜り込みましたし、4コーナーの手応えも良かったので、ラビットランに閉められる事もなかった。ホント出来の良さと完璧な騎乗と馬の能力と全てがかみ合っての勝利だと思う。
2着 ラビットラン 
 2着ラビットランは一旦先頭に立って、見せ場は作ったが、まぁそういうガチンコ勝負を挑んで負けたので、能力的には発揮していると思いますし、悪い内容の2着ではなかった。
3着 ファッショニスタ 
 ファッショニスタはスタートでちょっと後手と言うか、出負け気味で思っていたよりも後ろの位置取りになったが、ラストの伸びは目を引きましたし、まだ準OPの身だが、今後の活躍が期待できる1頭。
4着 クイーンマンボ 
 クイーンマンボはちょっと切れ争いになって、最後脱落した。もう少しこう力のいるダートの方が合っているタイプなのかなという印象。
7着 フォンターナリーリ 
 7着フォンターナリーリ、体重は減っていたが、見た目にはそんな細く映らなかった。ただ、結構道中淀みのない流れだったので、その辺りで馬、気を遣ったのかなという印象。
10着 プリンシアコメータ 
 あと10着プリンシアコメータはレース前、ちょっとテンションが上がってゲート入りを嫌がっていた。その辺りが微妙に影響したのか、レースに行っても勝負所から後退する形になって、ちょっとまだ馬自身の若さが出たなという印象。

  馬券Summary
今週の馬券作戦
 先週終わって、もうすぐに今週の馬券作戦を考える。ばっちり当てたいと思う。
タイム分析のコーナーでも触れたが、東京のダートを除く東京芝・京都芝・京都ダートは結構差し馬が幅を利かせている。まず、芝について言えば、東京・京都とも今週は引き続きBコースが使用される。加えて天気予報によると、今週は曇り空ながら、何とか雨の影響はほとんどなさそうな雰囲気。
今週の馬券作戦
 となると馬場の荒れが小さい東京は好位・中団組が活躍した先週の傾向と大きく変わる事はないと見ている。
今週の馬券作戦
 一方京都は馬場の内側が荒れてきているので、より差し馬が活躍すると推察できる。ですから、先週残った逃げ馬が飲み込まれるシーンが多くなる雰囲気。
今週の馬券作戦
 そしてダートだが、先週の東京は12鞍あって、逃げ・先行馬が12連対。1レース単位で考えても半分は前にいる馬が絡んでいる。今週も先行馬は無視できない。
今週の馬券作戦
 一方京都のダートは引き続き差し馬警戒。JBC3鞍の結果を見てもわかる通り、差し馬が1頭3着以内に突っ込んで来ている。個人的には3連系の馬券を買うケースが多いので、差し馬に注意を払いながら買い目を組み立てたいと思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-