2018年5回阪神3日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台ではあるものの、開幕週と比較すれば先週は水準方向に動いた。
 月曜・火曜・木曜と雨が降り、土日とも両馬場だが、1週目より水分を含んでいて1週目より時計が掛かった。日曜は土曜より乾いていたが、馬場を使用した分の傷みと相殺されて馬場差は同じ。今週まではAコース使用なので、1週目のような高速馬場に戻るとは考えにくい。そしてこの開催後半の3日間はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目までは全てマイナス0秒9だが、4日目つまり先週日曜はやや水準方向に動いた。
 月曜・火曜・木曜と雨が降り、土曜の午前中は稍重だった。ただし、土曜の馬場差は1週目と同じで、含水率が高くなっても高速化しなかった。中山のダートもそうだったが、表面付近の含水率だけで時計の出方が決まるわけではない。なお、土曜の午前は良に近い稍重、午後は稍重に近い良で馬場差は一定だった。日曜は土曜より乾いて、水準方向に馬場差が動いた。この推移で来て今週がパサパサに乾いた馬場だとすると、さらに時計が掛かるようになりそう。


  タイム分析
 2018/12/08 (土)  芝=-1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 エスポワール    牝2 未勝利・牝 1:48.8 +0.3 --- +1.4 -1.1 E D 9.90
5R T1200 ファタリテ    牡2 新馬 1:10.3 -0.1 --- +0.6 -0.7 D D 9.13
9R T2000 エールヴォア    牝2 エリカ賞500 2:01.4 -0.2 -0.6 +0.4 -1.2 D C 5.25
10R T2200 シルヴァンシャー    牡3 境港特H1000 2:11.9 -1.4 --- -0.1 -1.3 C C 6.20
11R T1600 パクスアメリカーナ    牡3 リゲルS 1:33.3 +0.3 --- +1.3 -1.0 E D 7.50
 2018/12/08 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ショウブ    牡2 未勝利 1:12.7 -0.7 --- -0.1 -0.6 C C 7.40
2R D1800 メスキータ    牡2 未勝利 1:55.0 ±0 --- +0.9 -0.9 E D 8.11
3R D1400 デュープロセス    牡2 未勝利 1:25.6 -0.7 --- ±0 -0.7 C D 6.78
6R D1800 ハヤブサナンデクン    牡2 新馬 1:56.2 +0.9 --- +1.8 -0.9 E C 8.55
7R D1800 ガウラミディ    牝3 500万下・牝 1:54.8 +1.7 --- +2.6 -0.9 E D 11.40
8R D2000 シロニイ    牡4 1000万下 2:07.8 +2.2 -0.6 +2.6 -1.0 SL D 7.83
12R D1400 トップラン    牡4 500万下 1:24.6 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 8.80

阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳未勝利 注目
 勝った番組注目馬だったデュープロセスについて。
1着 デュープロセス 勝ち馬注目
 これ勝ちタイム、Cランクだが全くの楽勝で、これ以上走る必要がなかったからCランクに止まったのだと言える。土曜の阪神はとにかく頭数が少なくて、ここも最終的には11頭になったが、当初の想定メンバー(水曜)はもっと少なくて、まぁ言葉は悪いが、数合わせのようなメンバーになっていた。勝てる見込みがあるような馬は、デュープロセスを避けたその結果、デュープロセスとその他のような組み合わせになって、その結果として勝ちタイムが水準レベルに整ったというだけ。自身の新馬戦の完全タイム差がマイナス1秒1だが、これが能力の基準で500万でもすぐに好勝負になる。
1着 デュープロセス 解説推奨
 2歳新馬戦の完全タイム差、この馬自身マイナス1秒1というのは同じだけ走れば、500万で通用するというモノ。前走の新馬戦が3着に2秒3差の2着。そして今回が6馬身差の楽勝なので、まぁ昇級戦でも人気になると思うが、勝ちタイムが完全タイム差タイムズプラスマイナスゼロでは番組注目馬にはしにくいというで、個人的な推奨馬とする。500万で新馬戦を勝ったケイアイターコイズと当たる可能性があるが、あちらはキャリア1戦、こちらは新馬を負けたことでキャリア2戦になったという強みがある。
阪神4R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳上500万下・牝 タイムE
 基準より2秒6遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳上1000万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神9R エリカ賞 注目
 2着ブラヴァスについて。
2着 ブラヴァス 
 前走勝ったが、バネを感じない、こうドタドタとしている走りで切れ味がなくて、これどうなんだろうという感想を持った。今回スローペースの前残りを差して来た。あまりバネを感じさせない走りに変わりはないが、前走よりは躍動感がありましたし、ストライドは大きくなっていた。そして何より母がヴィルシーナという点に注目。活躍馬の仔だから注目という単純な話ではなくて、ヴィルシーナもその妹のヴィブロスも2歳時はちょっと鈍足感があった。ヴィルシーナはその後もキレッキレという走りにはならなかったが、それでも速い上がりに対応できるようにはなっていった。何が言いたいかと言うと、ブラヴァスは母ヴィルシーナの2歳時と似たような走りをしていて、なおかつ似たような成長しつつあるという。3歳以降の成長を期待できそう。
阪神10R 境港特別 注目
 勝ったシルヴァンシャーについて。
1着 シルヴァンシャー 勝ち馬注目
 春はスタートが遅く、そして道中はハミを取ったり取らなかったりで、なおかつ直線で馬込みに入ると萎縮した感じで動けないという幼さ丸出しのレースをしていたが、秋になって覚醒したという印象。まぁ、スタートが遅いのは相変わらずだが、春ほどではないですし、コーナーで外をマクったので馬込みが苦手という部分が解消されたのかどうかは不明だが、マクって上がって行く時の勢いと言うか、馬のやる気が張ると違っていた。直線では体を大きく使った伸び伸びとした走りを見せていて、今回は内回りだったので、コーナーでマクったが、直線の長いコースならさらに良いように思う。昇級戦となる次走も注目。
阪神11R リゲルS タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 前回は東京ダート1600mで好走した馬が、中山ダート1800mでは信頼度が低いという話をしたが、では中山ダート1800mで好走した馬が、次も中山ダート1800mに出走したらどうなるか。まぁ結論から言ってしまうと、信頼度は極めて高くて、冬の中山あるいは春の中山のように、中山開催が連続する時期には、中山ダート1800mの好走馬を次走もすんなり買える事が多い。
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 表を見ていただくと分かるが、特に2着馬、次走の勝率が高いので連軸ではなく1着固定で買いやすい。で、前回の放送と同じようにタイムランク上位の前走2着馬に関して、前走の4コーナーの位置取りで分けると、連対率は前走の位置取りに関係なく高いが、勝率は前走4コーナー4番手以下だった馬は低い。前走で先行有利とされる中山ダート1800mで差して好走しているわけだから、力はあるが、先行有利のコースで2度続けて差して好走するのも簡単ではない。ただし、東京ダート1600mで差して好走した馬に比べれば、好走確率ははるかに高い。さらに、中山ダート1800mのAランクで勝った馬について見てみると、次走ほぼ昇級戦になるが、それでいて連対率が5割もある。という事で、中山開催が連続する時には中山ダート1800mから挙がった番組注目馬が、次走も中山ダート1800mであれば信頼度はかなり高いと思っていただきたい。まぁ逆に言うと、中山ダート1800mから挙がった番組注目馬の次走が東京ダートになってしまった場合は、誠に申し訳ないが信頼度は下がってしまうと思われる。いうこと。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26