2018年2回新潟5日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3。直線1000mは土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、2000m対象の数値は全てマイナス1秒台で週毎に0秒1ずつ水準に近づいている。1000m対象の数値も安定している。
 金曜日に雨が降ったが、土日朝の含水率は1週目・2週目とほぼ同じ。ただ、芝は徐々に傷んで来て、少しだけ時計が掛かるようになった。ただ、少し時計が掛かるようになったと言っても、近年の夏の新潟としては速い時計が出る状態が続いているが、外を通っての差しでも全く不利はない。なお、この開催は12日間全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒3。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、1800mはやや時計の掛かるレベル。1200mは速めの時計が出るレベルで変わっていないが、先週は前半2週よりマイナス方向へ動いた。
 金曜日に降った雨影響もあって、土日とも朝の含水率は1週目・2週目より高めだった。その影響もあって、少しだけ速い時計が出るコンディションとなった。逃げ切り勝ちは1頭だけだが、先行馬が全て沈んでしまうケースは無くて、全体としては新潟のダートらしく前の組が優勢だった。


  タイム分析
 2018/08/11 (土)  芝=-1.3 / 直線=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 マーマレードガール    牝2 未勝利 1:09.8 -0.3 --- +0.5 -0.8 D D 5.90
5R T1800 ホウオウサーベル    牡2 新馬 1:48.4 ±0 -0.6 +0.6 -1.2 D C 6.00
6R T1000 ブショウ    牡3 未勝利 0:55.4 -0.4 --- -0.1 -0.3 C E 10.56
8R T2000 ミスティックグロウ    牡3 500万下 1:59.6 -0.4 -1.1 -0.2 -1.3 C D 7.00
9R T1800 ディメンシオン    牝4 三面川特1000 1:45.1 -0.7 -0.4 +0.1 -1.2 C C 4.40
11R T1400 アドマイヤリアル    牡5 新潟日H1600 1:20.5 -0.2 --- +0.7 -0.9 D C 6.14
12R T1600 ミカリーニョ    牝3 500万下 1:33.2 -0.7 --- +0.3 -1.0 C C 6.83
 2018/08/11 (土)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ジェイエルノブレス    牝3 未勝利・牝 1:56.0 +2.2 --- +1.9 +0.3 E D 7.00
3R D1800 レッドフレイ    牡3 未勝利 1:54.6 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 2.50
7R D1200 クリムゾンバローズ    セ5 500万下 1:12.0 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D 8.00
10R D1800 チュウワウィザード    牡3 麒麟山H1000 1:53.7 +1.7 -0.3 +1.1 +0.3 SL C 6.90

新潟2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟7R 3歳上500万下 注目
 勝ったクリムゾンバローズについて。
1着 クリムゾンバローズ 
 レースのラップは前半600mが35秒0、後半が37秒0。一応ハイペースだが、新潟ダート1200mでこの程度の前傾ラップなら前残りになるのが普通で、実際に2着から4着までは前につけていた馬。それらが急に失速した訳ではないのに、外から悠々と差し切ったのですから、好内容。この馬は1勝目がAランクの速いタイムで、続く500万も1着。あっさり1000万は通過できる戦歴だったが、その後は気性難が災いしていた。去勢したが、その去勢明け初戦の3走前も返し馬で頭を上げて、嫌々していてさらにレースでも行くだけ行ってバッタリ止まるという困った状態だったが、ようやく落ち着いて来たという印象。力を出せるようになった今なら1000万でも通用するが、気性が落ち着いた今なら距離が1400m辺りが良さそう。次走も新潟1200mだと距離不足かもしれないが、そこで仮に通用しなくても東京1400mで注目となる。
13着 シトラスクーラー 通信簿
 5番人気13着だった。前走で逃げた事でズブさ解消のカンフル剤的効果を狙った。ところが、使ってきたレースが1200m。全くレースに参加できなかった。ノーコメントとしたいぐらい。
新潟8R 3歳上500万下 注目
 勝ったミスティックグロウについて。
1着 ミスティックグロウ 勝ち馬注目
 6月のデビュー戦もなかなか衝撃的な末脚だったが、今回も余裕の差し切りだった。溜めて溜めて一気に伸びるというのではなくて、直線に入って早々と鞍上の手が動いていながら、徐々に加速して行き、残り400mから200mにかけて10秒5の地点で先頭に立っても、まだ加速しそうな手応えだった。かなり脚が長続きするはずで、切れ味だけの差し馬ではない。1000万でもすぐに通用しますし、セントライト記念や神戸新聞杯でも差は無いように思う。
1着 ミスティックグロウ 解説推奨
 遅いデビューからの2連勝だが、これがスピード任せの逃げ切りとか、切れ味だけの差し切りなら1000万が壁になりそうとも思うが、長く脚を使って突き抜けてなおかつ余裕がありますから、1000万は壁にならないと見る。今年の夏は春のクラシックに出ていない3歳馬が秋が楽しみになる勝ち方を何頭もしていて、セントライト記念や神戸新聞杯でも面白いと、何頭に言ったかわからないという状態で、ちょっと整理しきれないが、この馬もその1頭になる事は間違いないと思う。
新潟9R 三面川特別 注目
 2着だったウラヌスチャームについて。
2着 ウラヌスチャーム 番組注目馬
 残り400mを切っても前が壁のままで、進路を探してウロウロしているが、この後内にコースを見つけて突っ込んで行って、そこでまた狭くなりそうになって、冷やっとさせられたが、狭いところを一瞬にして抜けて来た。完全に脚を余したように見えるゴールではないが、そもそも仕掛けて瞬時に伸びるタイプではなくて、長続きする脚で伸びて来る馬。スムーズなら楽に突き抜けていただろうと推測できる。次走で勝つ確率はかなり高い。
新潟10R 麒麟山特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
大物種牡馬の2年目産駒
 ディープインパクトの初年度産駒、2008年生まれにはリアルインパクトやダノンシャークなど、ダービーの後高齢まで活躍した馬はいるが、ダービーまでの期間に重賞を勝ったのはダノンバラード・トーセンラー・マルセリーナの3頭だけ。それぞれダービーまでは重賞1勝ずつだった。しかし、2年目つまり2009年生まれの産駒からはダービーまでに重賞を勝った馬が9頭出ていて、その中には三冠牝馬ジェンティルドンナがいた。キングカメハメハの場合も同様で、2006年生まれの初年度産駒でダービーまでに重賞を勝ったのは、函館2歳Sのフィフスペトル1頭だけだったが、2年目の2007年生まれからはダービーまでに重賞を勝つ馬が4頭出て、その中には三冠牝馬アパパネがいた。他にも朝日杯FSを勝ったローズキングダムが出ている。
ダービーまでに活躍できるかどうかと言うのは、もちろん馬の素質も重要だが、その素質は早いうちに開花させられるかどうかという育成技術も重要で、産駒の数が多い種牡馬の場合、その産駒の育成ノウハウが2年目に確立されるのだと思われる。特にノーザンファームの生産・育成馬に関しては、その傾向が顕著。
これら2頭の種牡馬と同じ、社台スタリオンステーションにけい養されているオルフェーヴルの初年度産駒、全体の勝ち上がりが遅かったという事は前回紹介したが、それでもダービーまでに重賞を勝った馬が3頭出ている。育成ノウハウが確立されたであろう、2年目の産駒。つまり今の2歳馬は傾向が変わってくる可能性がある。現時点でオルフェーヴル産駒は晩成と決めつけない方が良いだろうと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26