2018年4回中京3日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。ここまで4日間の芝の馬場差をを確認しておくと、全てマイナス1秒台ではあるが、先々週と比較すると先週は水準方向に動いた。ただ、中山・阪神と比べると、数値の変化は小さくなっている。月曜・火曜・木曜と雨が降って、土日とも良馬場だが、1週目より水分を含んでいて、1週目より時計が掛かった。で、日曜は土曜より乾いていたが、使用した分の傷みと相殺されて、馬場差は同じだった。今開催は3週開催で今週が最終週だが、連続3週のAコースで先週より高速化することは考えにくが、極端に時計が掛かる事もなさそう。
 先週の馬場1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週と比較すると先週は水準レベルに近づいた。
 月曜・火曜・木曜と雨が降り、土日とも良馬場だったが、特に土曜の含水率は高かった。しかし土曜の馬場差は1週目とあまり変わらず、含水率は高くてもそれほど高速化しなかった。中山や阪神のダートもそうだったが、表面付近の含水率だけで時計の出方が決まる訳ではない。日曜は土曜より乾いて、水準方向に馬場差が動いた。この推移で今週はパサパサの乾いた馬鹿だと、さらに時計が掛かるようになりそう。


  タイム分析
 2018/12/08 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
7R T1600 ワイドファラオ    牡2 未勝利 1:35.2 -0.8 --- ±0 -0.8 C C 7.00
9R T2000 レッドエクシード    牡3 500万下 2:01.4 +0.4 --- +1.4 -1.0 E C 8.56
11R T2000 ギベオン    牡3 中日新聞HG3 1:59.3 +0.4 --- +1.4 -1.0 E C 8.57
12R T1400 トーセンリラ    牝3 犬山特別500 1:21.0 -0.5 --- +0.2 -0.7 C C 6.00
 2018/12/08 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ユーフォニー    牝2 未勝利・牝 1:56.0 +0.6 --- +1.2 -0.6 E D 9.13
2R D1400 フィールザファラオ    牡3 500万下 1:25.1 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 7.07
3R D1200 ファビラスヒーロー    セ5 500万下 1:13.0 +0.5 --- +0.9 -0.4 E D 7.14
6R D1800 テイエムオスカー    牡3 500万下 1:52.8 -0.8 --- -0.2 -0.6 C D 8.86
8R D1400 サンシャーロット    牝4 500万下・牝 1:25.0 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 7.31
10R D1800 エオリア    牝4 浜名湖特1000 1:53.4 +0.6 --- +1.2 -0.6 E C 7.08

中京1R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中京6R 3歳上500万下 注目
 勝ったテイエムオスカーについて。
1着 テイエムオスカー 勝ち馬注目
 4コーナー回るまでずーっと内で脚を溜めていて、直線でも内を通ったとは言え、ラスト200mだけで5馬身差をつけた。しかも一杯に最後までなっておらず、勢いがあるままでゴールした。Bランクまであと0秒2というタイムで、0秒2は余裕で詰められるという程ではないが、差して突き放した内容にはダート適性の高さを感じる。今年春、3歳500万のダートで凡走が続いて、芝に路線変更してそれからしばらく芝路線だったが、芝では切れ味が足りず、やはりダート向きだったという事。今回のレース内容やタイムからは1000万でも、ダートなら上位可能と思う。
8着 サンチェサピーク 通信簿
 1番人気サンチェサピークだった。結果もまさかだが、レース内容もまさかの失速という感じだった。長期休養明け叩いての2走目で反動があったかなという感じ。
中京7R 2歳未勝利 注目
 2着だったサラミスについて。
2着 サラミス 
 10着だった新馬戦はトモを落とすような感じので出遅れ。まぁサラキアの全弟らしいと感じたが、今回はスタートは互角。しかし一歩目の踏ん張りが効かない感じで少し置かれた。その後が、ハミを取ったり取らなかったり。そして行きたがったりフワフワしたりと若さ丸出し。さらに直線ではしばらく外、スタンドの方を見ながら走っていて、それが治まったと思ったら、今度は内に刺さりそうになり、まぁひたすら若さを出していたが、それでも2着だった。まだ体も緩いようですし、ポテンシャルは高いが、心身共に押さないというところは、姉サラキアの今年の前半とそっくり。1月生まれだが、成長余地がかなり残っていて将来が楽しみですし、次走は勝つチャンスがかなりありそう。
中京9R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中京10R 浜名湖特別 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中京11R 中日新聞杯 タイムE
 タイムランクがE・メンバーランクはCだった。マイスタイルが大外から先手を取って直線。予想通りのマイスタイルの逃げだが、1000m通過が58秒7。前半が上り坂の中京2000mでこれは速く、後半1000mは60秒6掛かって差し馬が上位を占めた。直線で一気に伸びて、残り200mより手前の地点で先頭に立ったギベオンをさらに後ろから伸びたショウナンバッハが一旦は完全に交わすが、そこから差し返してギベオンが1着となる。直線に入ってしばらくギベオンと並んでいたストロングタイタンは、一気に離されたが、後続は封じて3着に粘った。
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
1着 ギベオン 
 2頭の首位争いとなって、内のギベオンが差し返した。ギベオンは早めに先頭に立ったところで遊んでしまって、ショウナンバッハに交わされたところでエンジン再点火だった。差し返してのハナ差辛勝だが、これでも全力を出しているのかどうか、疑わしいレース内容だった。今回はEランクの遅いタイムだが、相手が強くなれば相手なりに走れそう。セントライト記念の13着は、完全に距離の壁だと私は感じたが、2000mなら大丈夫なのか、あるいは左回りなら2000mでも大丈夫なのかという所。右回りの2000mだとまだ不安があるのかなという感じ。
2着 ショウナンバッハ 
 勝ち馬に同タイムハナ差2着が12番人気ショウナンバッハ。このショウナンバッハ、夏の新潟記念3着だったのだが、その時最終追い切りがウッドチップコースで一杯に追っていた。この最終追い切りのパターンが実に久しぶりだったので、ウッドチップでビシッと追うのが脚部不安がなくて、好走できる状態だというサインだと私は思っていたが、今回は最終追い切りはウッドで馬也だった。それで好走したが、実は昨年から左回りの2000mでは凡走らしい凡走がない。まぁ続けての好走は難しい馬なので、次走はあまり期待できないと思うが、左回りの2000mでは今後も注意が必要だろう。
3着 ストロングタイタン 
 そのショウナンバッハから4馬身離れた3着がストロングタイタンだった。このストロングタイタン、前半行きたがってまして、直線では内に刺さりそうになっていたが、最後までしぶとく脚を使った。休み明け初戦かあるいは2戦目までが勝負というタイプで、リフレッシュされていた今回は走れる状態だった模様。
8着 マイスタイル 
 そして2番人気のマイスタイルは8着。敗因はペースが速かった事。で、もうマイスタイルのハナを叩くのはマルターズアポジーぐらいしかいないので、いずれどこかでマイペースの逃げに持ち込んで好走する事もあると思う。

  馬券Summary
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 前回は東京ダート1600mで好走した馬が、中山ダート1800mでは信頼度が低いという話をしたが、では中山ダート1800mで好走した馬が、次も中山ダート1800mに出走したらどうなるか。まぁ結論から言ってしまうと、信頼度は極めて高くて、冬の中山あるいは春の中山のように、中山開催が連続する時期には、中山ダート1800mの好走馬を次走もすんなり買える事が多い。
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 表を見ていただくと分かるが、特に2着馬、次走の勝率が高いので連軸ではなく1着固定で買いやすい。で、前回の放送と同じようにタイムランク上位の前走2着馬に関して、前走の4コーナーの位置取りで分けると、連対率は前走の位置取りに関係なく高いが、勝率は前走4コーナー4番手以下だった馬は低い。前走で先行有利とされる中山ダート1800mで差して好走しているわけだから、力はあるが、先行有利のコースで2度続けて差して好走するのも簡単ではない。ただし、東京ダート1600mで差して好走した馬に比べれば、好走確率ははるかに高い。さらに、中山ダート1800mのAランクで勝った馬について見てみると、次走ほぼ昇級戦になるが、それでいて連対率が5割もある。という事で、中山開催が連続する時には中山ダート1800mから挙がった番組注目馬が、次走も中山ダート1800mであれば信頼度はかなり高いと思っていただきたい。まぁ逆に言うと、中山ダート1800mから挙がった番組注目馬の次走が東京ダートになってしまった場合は、誠に申し訳ないが信頼度は下がってしまうと思われる。いうこと。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-