2018年4回京都3日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒8、そして月曜もマイナス0秒8だった。
 土曜日は良馬場でスタートしたが、朝と昼過ぎに雨が降った事で稍重に変更された。馬場差も2000m換算でマイナス1秒1でスタートして。水準方向に動いた。その後深夜に再び雨が降って、日曜はマイナス0秒8と土曜終盤と大きくは変わらない。月曜も日曜と変わらず、終日マイナス0秒8で、高速馬場と言う程ではないが、速めの時計が出るレベルだった。なお、連対馬の脚質を見ると目立った偏りはなかった。後方からの良い込みは1頭だけだが、中団の馬は多く、差しが効かない訳ではなかった。京都も例年同様、連続開催でこの開催は全てAコースが使用される。
 先週の芝の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス1秒1への変動、日曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、月曜がマイナス0秒2だった。
 土曜は雨が降って、終盤の方が時計は出やすくなった。一方、日曜は後になる程馬場は乾いて行ったので、変動の方向は反対。ただ、土曜朝よりも日曜終盤の方が同じ良馬場でも時計は掛かっていた。月曜は日曜終盤よりも乾いて、馬場差は終日マイナス0秒2で、水準に近いレベルだった。連対馬の脚質を見ると、土日については目立った偏りはなくて、特に日曜日は5鞍の内4鞍で、中団の馬が連対していた。しかし、月曜は7鞍全てで逃げ馬か先行馬が連対。乾いてくると、前の馬が粘り込む。それが目に付くようになった。


  タイム分析
 2018/10/08 (月)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ホッコーシェルビー    牡2 未勝利 1:10.7 +0.6 -0.2 +0.9 -0.5 SL C 6.10
3R T1400 レッドベレーザ    牝2 新馬 1:22.6 -0.4 -0.1 +0.1 -0.6 C C 9.00
5R T1800 クリノガウディー    牡2 新馬 1:50.0 +0.8 -0.9 +0.6 -0.7 D C 5.82
10R T1600 ソーグリッタリング    牡4 長岡京H1600 1:34.1 +0.8 -0.3 +1.1 -0.6 SL D 6.63
11R T2400 サトノダイヤモンド    牡5 京都大賞G2 2:25.4 +0.7 -0.6 +1.1 -1.0 SL C 6.60
 2018/10/08 (月)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 セロシア    牡2 未勝利 1:54.8 +0.2 --- +0.4 -0.2 D C 5.43
6R D1900 マグナレガーロ    牡3 500万下 1:58.1 -1.3 --- -1.1 -0.2 A C 4.57
7R D1200 スマートアルタイル    牡3 500万下 1:12.4 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 7.64
8R D1800 ロイヤルクルーズ    牝5 500万下・牝 1:53.2 +0.6 --- +0.8 -0.2 D D 6.00
9R D1200 タテヤマ    牡4 円山特別1000 1:11.3 ±0 --- +0.1 -0.1 C C 8.00
12R D1400 ユメノトビラ    牝4 500万下 1:24.3 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 9.31

京都2R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都3R 2歳新馬 注目
 補正が入っているものの、前半が遅いペースだった事もあって、完全タイム差はプラス。とは言え、Cランクですから時計面で低い評価ではなく、上位馬のレースぶりには触れておく。
1着 レッドベレーザ 
 勝ったレッドベレーザ、父はディープインパクト。楽な手応えで直線へ向いて、4コーナー大外から抜け出す脚が速かった。タイムランクCだが、この機動力と瞬発力があれば昇級しても楽しみ。
2着 コルデトゥリーニ 
 2着のコルデトゥリーニ、行きたがるのをなだめながらの追走で、良い意味では前向きだが、レースを使っていくとテンションの上がりやすいタイプという感じがしますから、次走も落ち着いて走れるかどうかというのは鍵。
3着 セクシーサンキュー 
 3着にはセクシーサンキューが入った。馬場入りしてから放馬したが、末脚は目立った。そのセクシーサンキュー、17番人気だった。それもそのはず。全く調教で動いていなかった。ただ、推定上がり600m最速ですから、フロックでは説明できない。実戦の芝で変わったとしか言いようがないが、こういうレアなケースではあるが、新馬戦の穴のパターンとしてはある。
6着 ゲンティアナ 
 それから1番人気のゲンティアナは6着だった。出遅れは良いとしても、行きっぷりが悪くて直線もジリジリとしか伸びていない。調教の良さが実戦と結びつかず、ちょっと気難しい面を覗かせた感じ。経験が必要かもしれない。
京都6R 3歳上500万下 タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。最内枠からマルヨシャバーリーが先手を取って直線に入って行く。しかし、1番人気のマグナレガーロが2番手に上がってグングン差を詰めていく。後続は離されて2頭の争いとなって、マグナレガーロが抜け出して1着。2着にマルヨシャバーリー、そこから5馬身離れた3着ウォーターマーズだった。さらに5馬身離された5着以下はちょっとレベル低い感じがする。
1着 マグナレガーロ 番組注目馬
 マグナレガーロが昇級2走目で勝ち上がった。マグナレガーロは3月の阪神の3歳新馬戦をタイムランクBで楽勝した馬で、一叩きしてこの相手なら能力が違ったという事。着差はわずかだが完勝と言える内容で、昇級しても通用する。
2着 マルヨシャバーリー 
 2着のマルヨシャバーリー、まさかの逃げだったがこの戦法がハマった。途中から引き離して勝負をかけたが、相手が悪かった。降級馬で力はあるが、大方で出遅れますから次走もこう上手く行くかどうかはわからない。
3着 ウォーターマーズ 
 3着以下は前2頭から離された。3着のウォーターマーズ、2着から5馬身差は決定的な着差だった。去勢明けだったが、ズブさが目立った。降級戦で力を見せたとは言え、アテにしづらいタイプ。
4着 ランドジュピター 
 4着ランドジュピターまでがCランク走破。
京都10R 長岡京S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R 京都大賞典 重賞
 タイムランクはスローのSL・メンバーランクはCだった。ウインテンダネスが離して逃げていたが、勝負所で後続が接近して来た。離し逃げだが、前半1000m通過が1分1秒2でまぁ本当にスローペースだった。このペースで上がり600m35秒1。ちょっと掛かっているかなという印象はあったが、ラスト400m11秒2-11秒8で、実質的にはその辺の本当の瞬発力勝負になってしまったのかなという感じはある。
1着 サトノダイヤモンド 
 サトノダイヤモンドが勝って昨年3月の阪神大賞典以来の勝利となった。素直にこの馬が復活した事は嬉しい。馬の行く気に任せたレースで勝てた事、これはようやくフィジカルとメンタル面がかみ合ったと見て良い。次走の期待も大きい。
2着 レッドジェノヴァ 
 2着には昇級戦のレッドジェノヴァ、3着にはアルバートが入った。2着のレッドジェノヴァ、4コーナーから直線の捌きがスムーズには行かなかったが、この相手にここまでやれれば上々だろう。マンハッタンカフェのいる母系でこの夏以降の充実ぶりは本物。いきなり大舞台も視野に入ってきた。
3着 アルバート 
 2着には昇級戦のレッドジェノヴァ、3着にはアルバートが入った。3着のアルバート、ステイヤーにしては仕上がりが早く、休み明けでも力を出せるタイプ。見せ場は作ったが、ラストは瞬発力勝負で距離適性の差が出たと見たい。
4着 シュヴァルグラン 
 その後4着が1番人気のシュヴァルグランだった。4着のシュヴァルグランはレースの形は良かったが、サトノダイヤモンドに交わされると抵抗もできなかった。このペースであの形から伸びきれなかったというのは、ちょっといただけない。
4着 シュヴァルグラン 解説危険
 1番人気で4着だった。この馬は負ける時はあっけない時があるが、それは大阪杯のように距離とペースが敗因だったり、昨年の宝塚記念のように体調が整っていなかった事が敗因であったりする訳だが、今回の4着は負け方が良くない。あまりにも不甲斐ないと言うか、え?っという感じの負け方だった。次走がジャパンカップという事になると、今年は昨年とは取り巻く環境が大きく違っている。結構相手が揃う。5歳で勝った馬で、6歳での連覇というのは、やはりかなり至難になって来たんじゃないかなという気がする。
5着 ブレスジャーニー 
 5着のブレスジャーニーは、一瞬脚を使って止まったという感じ。この馬はスタートが遅いのがネックだが、直線の短いコースで一瞬の脚を活かす形がベストで、本質的にはこの距離は長いと見ている。
6着 ウインテンダネス 
 6着のウインテンダネス、離し逃げだが実はスローペース。もうちょっと速めにした方が良かったが、これはこれで仕方ない。
8着 スマートレイアー 
 8着のスマートレイアーはちょっと引っかかった。しかし8歳牝馬で引っかかるというのは、それだけ元気が有り余っているという事で、まだまだやれるという感じはある。

  馬券Summary
タイキシャトルの血
 今週末から秋の新潟競馬が開幕する。その新潟競馬の馬券作戦の1つとして、私が今年の夏、非常に興味深く感じた事をこれから述べる。あくまでも現場で感じたインスピレーションですから、参考になれば…と紹介する事にする。それはタイキシャトルの血だが、父タイキシャトルではない。母の父、ブルードメアサイアーとしてのタイキシャトルの活躍が目を引いたこと。今年の新潟開催、障害戦を除く戦績ををご覧下さい。
タイキシャトルの血
 圧倒的に母の父として、タイキシャトルが成績が良い。特にこの夏開催が6勝、2着3回という事でこの勝率・連対率そして3着内率が非常に高い。これは結構気がついた方もおられると思うが、この特色と言うか、母の父としてのタイキシャトルが新潟で走っているという事は、やはり注意するべきだと思う。このタイキシャトルはフランスのジャックルマロワ賞を勝って、国内でGI4勝を挙げた歴史的な名マイラーで、スプリンターズSを勝って、京王杯SCをレコード勝ちしている事から、本質はスピードタイプ。ですから、平坦の新潟向きのスピードを伝えていると見る事は可能。父としての影響力は弱いという感じだが、とりわけ母の父としては影響力が強いので、この秋の新潟では夏の成績通りにブルードメアサイアーとして注目している。また、タイキシャトルの代表産駒はメイショウボーラーですから、応用編として、メイショウボーラー産駒にも狙い目がある。同産駒のブロワという馬は、新潟の芝の1200mで3勝挙げている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26