2018年4回中山7日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス1秒6への変動、日曜がマイナス1秒7だった。まずはさかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、雨の影響度合いによって時計の出方が異なっている。
 月曜から金曜夜まで5日間連続して雨が降った。特に金曜は29ミリのまとまった雨で、土曜は1日を通して稍重発表だったが、朝の段階では重に近かった。午前中には雨がパラついた時間帯もあったが、天候は概ね良好。徐々に回復して行った。土曜の馬場差は変動。2000m換算で、前半がマイナス1秒2、中盤の5Rがマイナス1秒4、後半の9R以降がマイナス1秒6と速くなって行った。日曜は良馬場発表。気温も高くてマイナス1秒7と、開幕週の良馬場時により接近した。これは1日を通した数値。脚質的な偏りは基本的にはないが、Cコース替わりで内の馬の活躍が全般的に多かったと思う。最終週の今週もCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒2からマイナス1秒9への変動、日曜がマイナス1秒2からマイナス0秒9への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス2秒0からマイナス1秒8への変動、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0への変動だった。さかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で速い時計の出るコンディションだった日が多いが、特に6日目つまり先週土曜はかなりの高速馬場だった。
 雨の影響から土曜朝は不良に近い状態の重発表でスタート。含水率はゴール前が12.9%、4コーナー12.5%で、馬場の中の方に水分が多い状態だった。表面は水が浮いている状態ではなくて、その分だけ脚抜きが良くて、最も速い時計が出やすいコンディションになっていた。馬場差は変動。1800mはマイナス2秒2から乾いて行って、後半の10Rでもマイナス1秒9。1200mもマイナス2秒0からマイナス1秒8と、この開催1番の高速馬場になっていた。日曜は土曜よりは乾いて1800m・1200mともに水準方向に動いた。差しが届かない事はないが、土日ともに前の組が強かった。


  タイム分析
 2018/09/23 (日)  芝=-1.7  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 ユナカイト    牝2 未勝利 1:35.4 -0.8 -0.2 +0.4 -1.4 D C 6.53
5R T2000 ウレキサイト    牡2 新馬 2:03.7 +0.1 -0.9 +0.9 -1.7 SL C 6.36
7R T1200 メイラヴェル    牝3 500万下 1:08.4 -0.8 --- +0.2 -1.0 C B 8.75
9R T2000 ミッキーブラック    牡2 芙蓉S 2:01.3 -0.6 -0.3 +0.8 -1.7 D D 7.50
10R T1600 シャルルマーニュ    牡3 外房特別1000 1:33.1 -1.2 -0.3 -0.1 -1.4 C C 7.64
11R T2200 レイデオロ    牡4 オールカG2 2:11.2 -1.1 -0.2 +0.6 -1.9 D B 6.70
 2018/09/23 (日)  ダ=-1.2 → -0.9 / 1200m=-1.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ペイシャリルキス    牡2 未勝利 1:11.4 -1.7 --- -0.3 -1.4 B D 8.00
3R D1800 サクラメント    牝3 未勝利 1:55.5 +0.3 --- +1.5 -1.2 E D (11.00)
4R D1200 アポロビビ    牡2 新馬 1:12.2 -1.1 --- +0.2 -1.3 C C 10.07
6R D1800 ショーカノン    牝4 500万下・牝 1:53.7 -0.3 --- +0.7 -1.0 D D 7.43
8R D1800 カフェアトラス    牡3 500万下 1:53.3 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 6.85
12R D1200 イザ    牡5 500万下 1:11.2 -0.7 --- +0.3 -1.0 D D 8.14

中山1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ペイシャリルキスが今回は先行策で勝ち上がった。
1着 ペイシャリルキス 
 1着ペイシャリルキス、3戦して6着・4着・4着だったが、前走は出遅れと4コーナーで外に張られる不利が大きかった。スタートを決めた事に加えて、返し馬から状態の良さが目立ってもいた。また、鞍上の山田騎手が成績を上げるとともに、自信を持って乗っているのも強みだったと思う。ただ、完全タイム差がBランクギリギリ。このランクで言うと500万下では三角程度の評価が妥当だと思う。
2着 ハンサムリー 
 そして1番人気ハンサムリーが2着だった。2着のハンサムリー、セーフティリードの逃げを差された訳だが、3着には大差をつけていた。低レベルの新馬戦2着からC相当へランクアップしたのは、ゴールドアリュール産駒の血統だと思う。テンションの高いタイプなので、落ち着きが加われば、さらなる進化もあると考える。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
中山5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山11R オールカマー 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはBだった。マイネルミラノが逃げていたが、2番手のアルアインが接近して4コーナーに入って行く。昨年のダービー馬と皐月賞馬が顔を揃えて、メンバーランクはBだったが、もう1頭のGI馬、ゴールドアクターが精彩を欠いていて、全体的にはC寄りといった感じ。タイムランクは低いが、マイネルミラノの逃げに翻弄される事なく、各馬がじっくりと脚を溜めて進んだ事もある。レイデオロがアルアインを交わして、グイッと出た。
1着 レイデオロ 
 レイデオロが内から抜け出して1年ぶりの勝利となった。ダービー馬がオールカマーを制したのはこれが初めて。パドックでは少しうるさかったが、馬場に先出しするなどをして落ち着かせていた。ここ2走で少し掛かったために、ルメール騎手は折り合いに専念していた。4コーナー手前から仕掛けて、アルアインの内に進路を取って差し切った。レースの上がり600m35秒3を1秒上回る推定上がり34秒3。勝ち方に不満はありませんし、ダービー馬が戻って来たと判断して良いと思う。天皇賞・秋か間隔を開けてジャパンカップかは不明だが、他の世代の強豪も出てくるので、安閑とまではいかない。そんな感じがする。
2着 アルアイン 
 2着は昨年の皐月賞馬アルアインだった。香港遠征の調教時から気難しさが出て心配されたが、パドックでは落ち着きがありましたし、北村友一騎手も枠なりに先行して、かと言って逃げ馬を深追いせずに完璧な立ち回りをしていた。ラストは底力の差と言うよりは、ベストが2000mまでで少し距離が長い分だと考える。3着馬には3馬身差、適距離ならまだまだやれる。
3着 ダンビュライト 
 3着争いは接戦だった。内のダンビュライトが先着。ダンビュライトは抜群の調教内容から仕上がりは良かったと思う。ただ、馬群の内にいて、動きたい時に若干踏み遅れた格好になってしまった。ここでレイデオロに離されたのが、痛かったと思う。瞬発力に乏しいので、この形になると厳しい。そんな感じがする。それでも夏を境に力をつけてきたエアアンセムをラストで差して3着に上がった、これは能力の高さだと思う。
中山12R 3歳上500万下 
4着 ランパク 通信簿
 1番人気同着の4着だった。理想は4コーナーで外を回す事だが、4コーナーでは固まった馬群の直後にいたという事なので、中を捌いて内に行かざるを得なかった。その分伸びが一息だった。そんな感じがあった。中1週もあると思うが、今回はスムーズさを欠いた。それが敗因だと考える。

  馬券Summary
藤田菜七子騎手について
 今年でデビュー3年目となった藤田菜七子騎手が好調。6/24の3回東京終了段階で、既に9勝を挙げていたが、夏の福島・新潟の開催で8勝を上積みした。さらに秋の中山でも9/15に自身2回目の1日2勝をマークして、9/23終了現在で、今年の勝利数を19としている。8/25には通算勝利数を35として、JRA女性騎手の最多勝記録を更新した。これも記憶に新しいところ。昨年の暮れ、ある番組で藤田騎手に触れた際、「よく乗っているんだけど、逃げか追い込みか戦法が両極端。真ん中の位置から勝てるようになれば本物」と注文をつけた事がある。
藤田菜七子騎手について
 実際今年の19勝を見ても、8鞍が逃げ切りであり、6鞍が4コーナー8番手以降からの追い込み。残る5鞍は4コーナー3番手以内からの先行流れ込みだった。好位直後、あるいは中団からの差し切りは1つもない。もちろん差し馬を思い切りの良さとか、スタートの上手さで先行させて勝った例もありますし、追い込みが多いと言うのは追えるジョッキーの証明でもある。また19勝の内1番人気は1回だけ。4番人気以降の人気薄勝利が10鞍もあり、これはもう穴メーカーとしての面目躍如。人気を集める差し馬に騎乗する機会が、逆に言えば少ないという、これも差しの少ない要因と言えるんじゃないだろうか。
 1番感心したのは夏競馬最終週9/2の新潟3R3歳未勝利クラスのレースは、残り1開催しか行われない。言わば後のないレースで、4番人気のロマンスガッサンを勝たせた。この馬にはここまでズーッと騎乗していたが、前走の3着がハイペースを3コーナー2番手。少し早仕掛けでの敗走だった。その経験を糧にして、この時は3番手に上がると溜めを作って、仕掛けのタイミングを図っていた。そしてゴールで半馬身だけ抜け出す事に成功していた。コレを見て、よく勉強しているなと思いましたし、自分が希望する真ん中の位置からの競馬もたぶんできる。そう確信した。女性騎手と言うだけで、何かと注目されるでしょうし、大変だと思うが、これからもますます腕を磨いて頑張って欲しいと思う。ちなみに個人的には380キロ台の小さな牝馬、マルーンエンブレムとのコンビが大好物です。是非このコンビでやがて大きい所を狙ってもらいたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26