2018年4回東京7日目

開催一覧
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒4だった。まずはさかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、初日の3Rを除けば全てマイナス1秒台となっている。
 週末雨は降ったが、時計の出方に大きな影響を及ぼすほどではなく、速い時計の出るコンディションだった。高速馬場だからと言って、またスローになったからと言って、必ずしも逃げ・先行馬有利に終止した訳ではなく、この点は先々週と同じで、東京らしい脚質不問の瞬発力勝負が多かったと思う。Aコースの3週目だったが、露骨なトラックバイアスは全く出現していない。なお、連続開催の東京は今週から3週、Bコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値。ただ、開催初日は雨の影響で高速馬場だったが、その後終日良馬場だった日は水準に近いレベル。
 先週は土日ともに良馬場で、ほぼ水準レベルのコンディションだった。タイムランク上位レースがなく、低調なレースが多かった事もあって、メンバーとペースによって様々な脚質の馬が台頭して、ある意味、東京コースらしいレースが多かったとは思う。とは言っても、純粋な逃げ切りが1頭しかいなかった。この点は先週の大きな特徴と言えるかもしれない。


  タイム分析
 2018/10/21 (日)  芝=-1.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 ペルソナデザイン    牡2 未勝利 2:02.2 -0.3 -0.7 +0.4 -1.4 D D 7.57
3R T1800 エフティイーリス    牝2 未勝利 1:49.7 +0.5 -1.1 +0.7 -1.3 D C 7.33
4R T1400 ロカマドール    牝2 新馬 1:23.9 +0.3 -0.6 +0.7 -1.0 D C 5.94
6R T1600 ロジスカーレット    牡3 500万下 1:33.8 -1.0 -0.3 -0.2 -1.1 C D 13.00
8R T1600 インビジブルレイズ    牡4 1000万下 1:34.1 -0.1 -0.6 +0.4 -1.1 D C 8.67
9R T1400 ウィンターリリー    牝2 くるみ賞500 1:23.7 +1.0 -0.7 +1.3 -1.0 SL D 9.17
10R T1800 ドミナートゥス    牡3 甲斐路S1600 1:48.8 +2.5 -1.2 +2.6 -1.3 SL D 4.67
 2018/10/21 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 タイセイビルダー    牡2 未勝利 1:40.6 +0.8 --- +0.9 -0.1 E D 7.88
5R D1600 トリヴォルテソーロ    牡2 新馬 1:41.3 +1.2 --- +1.3 -0.1 E C 5.77
7R D1400 クーリュ    牝4 500万下 1:25.0 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 8.63
11R D2100 ラインルーフ    牡6 ブラジルH 2:10.4 +0.7 --- +0.8 -0.1 D C 7.20
12R D1600 バレッティ    セ4 1000万下 1:37.4 +0.2 --- +0.3 -0.1 C D 8.00

東京1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京5R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
東京6R 3歳上500万下 注目
 日曜東京では唯一完全タイム差がマイナスだった。ペース補正マイナス0秒3が入っているように、緩やかな流れになって、内枠と先行馬に有利になっている。
1着 ロジスカーレット 
 勝ったロジスカーレット、内枠先行有利と言ってもそれにしても鮮やかで、久々・昇級戦・距離短縮全てに対応して、あっさり勝負を決めた。問題は出遅れ。過去にも出遅れ歴があるので、今後の改題と言えると思う。
2着 ダイイチターミナル 
 2着のダイイチターミナルは小倉2歳Sの2着馬で、私自身は芝の1400mがベストというイメージを持っていたが、今回久しぶりの芝1600mを上手に走れたという事で、今はこの距離がベストと見るべきだろうか。
3着 トウカイオルデン 
 このレースも1・2着馬からはやや離れた3着に1番人気トウカイオルデンだった。3着のトウカイオルデンは直線へ向くまでは完璧な走りだったが、そこから前が壁になってしばらく追えず終いだった。まともだっただ際どかった訳で、今回の内容から今後は距離の選択肢が1200m・1400mに加えて、1つ増えたと思う。
4着 マイネルベレーロ 
 4着のマイネルベレーロは先行流れ込み。
5着 ヴァイスジーニー 
 5着のヴァイスジーニーはもう1列前で競馬をしていれば、3着とは接戦に持ち込めたかもしれないが、この馬は今後ダートを1回使ってみても良いんじゃないかと思っている。
東京9R くるみ賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京10R 甲斐路S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
伝説の新馬戦になるのか?!
 もはや10年前となってしまうが、伝説の新馬戦と言われたレースがあった。
伝説の新馬戦になるのか?!
 2008/10/26 京都5R芝外1800mの2歳新馬戦。アンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタ、そしてちょっと忘れちゃうんですが、スリーロールスが菊花賞を秋に勝つ。実はこの時の5着エーシンビートロンという馬がいて、エニフSを勝ってダートを8勝するが、隠れたお宝もこういうレースには別路線で出てくるかもしれない。さて、今年だが、ワールドプレミア・メイショウテンゲンで決まって、非常にタイムランク・メンバーランクともにBだった訳で、ラスト400m、こちら11秒2-11秒7だった訳だが、上位4頭がちょっと後ろを引き離すような形になったが、下馬評の良い馬といういうのかな、揃ってそこそこの走りは見せてくれた。という事で、この1着から4着については、先ほどのタイム分析で触れたので、それ以下の馬をちょっと触れておきたい。
伝説の新馬戦になるのか?!
 高馬の2頭が5着・6着に負けてしまった。まず5着のディープサドラーズだが、これはちょっとやはりまだ気性が幼くて、フワフワ走っていた。という事で、今後はもうちょっと距離が伸びてゆったりとして走らせても良いかもしれないが、変わってくる可能性は高い。
それから6着のダノンテイオーだが、これはレース前のコメントに、大久保龍志調教師が「まだ気性的にも幼いし、トモに緩さも残る現状」だというような事をコメントをしていますから、長い目で見ても良いんじゃないかと思う。
伝説の新馬戦になるか、お宝レースで終わるかは微妙だが、しかしタイムランクで素晴らしい記録が出た訳ですから、これは伝説の新馬戦になるんではないかと、期待を持ちたいところ。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26