2018年2回京都7日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だった。先週は最終週ではあったが、この開催の中では時計の出やすいレベルだった。
 連続開催だった京都は1回開催3日目から全てプラスの数値だった。昨年秋、天候に恵まれない中での競馬が続いた影響が結局、この連続開催にまで影響を及ぼした。上位馬を見ると、土日8鞍で逃げ・先行馬は1頭も連対しておらず、中団・後方にいて外を回った馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、6日目以外は全てプラスの数値だった。
 この開催は稍重で行われる事が多かったが、凍結防止剤の影響が残って、乾きづらかったためで、脚抜きの良いコンディションだったのは、不良馬場だった6日目だけ。先週も土曜と日曜前半は稍重だったが、やや時計は掛かっていた。そして日曜は後半良馬場となったが、馬場差は1日を通した数値。連対馬については、差し・追い込み馬が全くダメだった訳ではないが、逃げ・先行特に逃げ馬の粘り込みが目立った。


  タイム分析
 2018/02/17 (土)  芝=+0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ロクセラーナ    牝3 未勝利 1:35.0 -0.5 --- -1.0 +0.5 A C 6.64
6R T1400 デルニエオール    牝3 500万下・牝 1:24.5 +2.3 -0.4 +1.5 +0.4 SL C 6.00
9R T1800 ユーキャンスマイル    牡3 つばき賞500 1:49.0 +1.1 --- +0.6 +0.5 D C 6.27
11R T1400 ミスパンテール    牝4 京都牝馬G3 1:23.0 +2.7 -0.5 +1.8 +0.4 SL C 7.73
 2018/02/17 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 タッチアコード    牝3 未勝利・牝 1:13.8 +0.8 --- +0.5 +0.3 D C 7.80
2R D1800 タマモシンプロン    牡3 未勝利 1:54.9 +0.6 --- +0.1 +0.5 C D 9.00
3R D1400 アカツキジョー    牡3 未勝利 1:25.0 -0.9 --- -1.3 +0.4 A D 9.00
4R D1800 チュウワウィザード    牡3 新馬 1:55.1 +0.5 -0.3 -0.3 +0.5 C D 6.69
7R D1800 ナムラヘラクレス    牡4 500万下 1:52.9 +0.3 --- -0.2 +0.5 C C 4.20
8R D1900 ビッグアイランド    牡4 1000万下 1:59.9 +1.3 --- +0.8 +0.5 D D 8.67
10R D1200 マテラスカイ    牡4 橿原SH1600 1:11.0 +0.3 --- ±0 +0.3 C C 6.85
12R D1200 アードラー    牡4 1000万下 1:12.6 +1.3 --- +1.0 +0.3 E C 7.20

京都3R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒3速い勝ちタイムだった。断然の1番人気に支持されたアカツキジョーが逃げ切った。
 逃げたアカツキジョーだが、前半外からヤマザクラに競り駆けられたが、全く馬なりのまま平均ペースを刻む。結局最後までムチを入れる事なく、最後は抑える余裕を見せて楽勝した。2着ブライトエンパイアに3馬身半。3着以下はさらに9馬身離していた。
1着 アカツキジョー 
 勝ったアカツキジョーだが、デビュー4戦目だが、前走初めてのダートで2着。この1/28京都のノーウェイが勝った未勝利戦はタイムランクBで、今回のメンバーなら一枚上の存在だった。順当な勝利で上のクラスでもいきなり通用するのではないだろうか。
2着 ブライトエンパイア 
 2着ブライトエンパイアはアカツキジョーから3馬身半離された。前走アカツキジョーと同じタイムランクBの未勝利戦で4着だった。
ちなみにそのレースで3着だったスマートアルタイルは先週日曜の京都2Rを4馬身差で勝ち上がっていますし、5着だったソウルセイバーは先週日曜小倉1Rで勝ち上がった。このレースのレベルが高いのがわかっていれば、先週だけで3回美味しかった。競馬は復習がいかに大切かと、この番組のCMのような結果だったと言えるんじゃないだろうか。
当然ブライトエンパイアは順当なら次走ほぼ勝てるだろう。注目しておきたい。
京都5R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。ロクセラーナが2走目で勝ち上がった。未勝利戦としてはかなりのハイペースとなって、1000m通過は58秒4。3コーナーからビッシリとコンパウンダーが競って伸びない内を通らされたクナルゲニアールは一杯。コンパウンダーの外からロクセラーナが一気に伸びて1着。5番手を進んだエルカラファテが差して2着に来た。
1着 ロクセラーナ 
 勝ったロクセラーナだが、新馬戦2着。ここは前が競ってくれたのにも恵まれて簡単に差し切ってしまった。勝ち方から見ても、牝馬限定戦なら上のクラスでもすぐに通用するのではないだろうか。
2着 エルカラファテ 
 2着エルカラファテだが、今回3走目。新馬戦では3コーナーで前の馬が競走中止となった影響を受けて、大きく外へ膨れる不利を受けた。それから注目していたが、前走は2000mがやや長かったようで、今回1600mで結果を出した。今後もこのくらいの距離なら面白い。
5着 クナルゲニアール 
 最も狙いたいのは5着クナルゲニアール。ハイペースで行きながら競られて、しかも京都のインで最も伸びないコースをズーッと走らされた。それで末を無くしたと。次走は大きく注目したい。
京都6R 3歳500万下・牝 タイムSL
 前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R 京都牝馬S タイムSL
 タイムランクはSL・メンバーランクはCだった。ワンスインナムーン・ソルヴェイグと内枠の上位人気馬が前めにつけて直線に入って行く。この距離の重賞で前半600m36秒1というのは遅い。ペース補正マイナス0秒5入ったが補正しきれずタイムランクSLとなった。当然4コーナーでは馬群が固まって直線は横一線の瞬発力比べになった。瞬発力上位の3頭が、3着までを占めたという結果。3頭の追い比べは迫力があった。
1着 ミスパンテール 
 1番人気のミスパンテールが外から抜け出し重賞を連勝した。なお、鞍上の横山典弘騎手はこの勝利で1995年から24年連続してJRA重賞勝利となった。
ミスパンテールはこれで3連勝。クラシック戦線は残念な結果だったが、一夏越して実力を蓄えて本当に強くなった。マイル前後が良さそうで、ヴィクトリアマイルは楽しみになったと言えると思う。
2着 デアレガーロ 
 2着デアレガーロはこの馬は短期間に強くなって来た。市川Sでは牡馬の強いところを一蹴。また、キャリアが浅いですし、この2着で牝馬重賞戦線では面白い存在になって来たと思う。
3着 エスティタート 
 3着エスティタートだが、まだ準OP馬で人気はなかったが、武豊騎手が上手く後方に構えて瞬発力を引き出した。
4着 エンジェルフェイス 
 4着エンジェルフェイス、約1年ぶりのレースを勝って驚かせたが、さらにここでも好走。この馬もキャリアは浅いですし、まだまだやれるのではないだろうか。
5着 ワンスインナムーン 
 3番人気のワンスインナムーンが5着、2番人気ソルヴェイグは11着だった。この2頭はちょっとペースを落としすぎて、瞬発力優位の馬にやられてしまった感じがある。もう少し行った方が持ち味が出るんじゃなかっただろうか。
11着 ソルヴェイグ 
 3番人気のワンスインナムーンが5着、2番人気ソルヴェイグは11着だった。この2頭はちょっとペースを落としすぎて、瞬発力優位の馬にやられてしまった感じがある。もう少し行った方が持ち味が出るんじゃなかっただろうか。
ソルヴェイグは大敗してしまったが、馬体重10キロ増が堪えたのかもしれない。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
前走・中京芝出走馬の狙いを検証する
 2回前の放送のこの馬券Summaryで、前走2017年4回中京もしくは今年1回中京の芝を使って、「4コーナー5番手以内で9着以内だった馬」が次走芝のレースを使って来た時が狙いではないかという仮説を立てた。その結果、先ほど小倉のタイム分析で挙げた、大牟田特別のように1・2着馬が該当馬で、馬連の穴馬券が出るなど、なかなか結果出ている。しかし、よくよく検証して見ると、実は10着以下の馬でも馬券に結構絡んでいる。また、前走10着以下ですから、これが穴になる。例を挙げる。2/10小倉初日7R4歳以上500万下の芝1200m。前走中京芝1400mで逃げて17着だったタケデンサンダーが今度は9番人気で逃げて2着。1番人気シエルブランとの馬連は5,390円ついた。そして代替開催の13日9R巌流島特別では、前走中京芝で前へ行って10着だったハルクが勝ち、同じく12着だったトーセンアルバータが3着と。1着・3着のワイドでも4,170円ついている。この他この2週間の小倉芝コースにおいて、前走中京芝で4コーナー5番手以内・9着以内だが、4勝2着5回3着1回。単勝回収率109%、複勝回収率68%。単勝は100%行ったがもう一つ。前走中京芝で4コーナー5番手以内・10着以下、これがなんと2勝2着2回3着3回。単勝回収率は147%、複勝回収率が205%という結果が出た。10着以下なので、みんな人気がない。それでこんなに来ますから。明らかに前走着順が悪かった馬の方が良いですから、従ってこの後2週の小倉芝コースでは、「前走中京芝で4コーナー5番手以内でも着順は限定せずに、全て狙う」事にしたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26