2018年2回阪神6日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒6だった。さかのぼって、8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、この開催2週目だけがマイナス1秒台となっている。
 金曜日におよそ19ミリの雨が降って、土曜は稍重発表からスタート。途中から良馬場に回復したが、先々週の高速馬場から一転して水準より少し速い程度のコンディションとなった。その土曜は11Rの頃に若干の雨が降ったが、馬場差は1日を通した数値。日曜は乾きが進んで、土曜よりも速くはなったが、先々週と比べると掛かっている。土曜は前めにつけた組が優勢だったが、日曜は内・外からの差し・追い込みも決まっていた。最終週の今週も引き続きBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒3からマイナス1秒9への変動、日曜がマイナス1秒7からマイナス1秒1への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方が異なり、先週はかなりの高速馬場となった。
 雨の影響で土曜の午前中はところどころ水が浮いて、不良に近い重だった。馬場差は一気に高速化した前開催3週目も雨の影響から高速馬場だったが、それでもマイナス1秒台からスタートしていて、それを上回る速い馬場になった事になる。土曜は乾いて行って変動だが、水の引きにも限界があって、大きな幅でプラス方向に進んだ訳ではない。日曜はマイナス1秒7からスタート。途中から稍重発表に回復したが、12R時でもまだマイナス1秒1と高速レベルだった。差しも決まってはいたが、全般的には前有利だった。


  タイム分析
 2018/04/08 (日)  芝=-0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 ロードゴラッソ    牡3 未勝利 1:48.3 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 9.93
7R T1600 バティスティーニ    牡5 500万下 1:33.9 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C 8.40
9R T2000 オールフォーラヴ    牝3 忘れな草 2:00.5 ±0 --- +0.6 -0.6 D D 6.15
10R T1400 ヤマカツグレース    牝4 大阪―H1600 1:21.1 +0.1 --- +0.5 -0.4 D C 8.38
11R T1600 アーモンドアイ    牝3 桜花賞G1 1:33.1 -0.8 --- -0.3 -0.5 C B 6.71
 2018/04/08 (日)  ダ=-1.7 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 サンマルリトリート    牝3 未勝利・牝 1:54.1 -0.5 --- +1.2 -1.7 E D 9.08
2R D1200 メイショウテツワン    牡3 未勝利 1:12.3 -1.0 --- +0.1 -1.1 C D 6.93
3R D1800 アドバンスマルス    牡3 未勝利 1:54.6 ±0 --- +1.7 -1.7 E E 7.25
5R D1800 マイネルオスカル    牡3 500万下 1:52.3 -1.4 --- +0.2 -1.6 C D 7.90
6R D1400 アシャカリアン    牡4 500万下 1:23.5 -1.4 --- -0.2 -1.2 C D 9.13
8R D1400 ヴェンジェンス    牡5 天王寺特1000 1:22.6 -1.6 --- -0.6 -1.0 B C 6.25
12R D1800 ストロングバローズ    牡5 梅田S1600 1:51.2 -0.3 --- +0.8 -1.1 D C 6.23

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 天王寺特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ヴェンジェンスが今回は1番人気に応えた。
1着 ヴェンジェンス 
 アスタースウィングは前半600m33秒3、超ハイペースで飛ばした。これが高レベルの要因だが、離れた位置とは言っても2番手。雁行から抜け出して3馬身半差。垣根なしに強かったと思う。近走は詰めの甘い競馬が続いていたが、こうした脚抜きの良い馬場の適性が高かったという事。加えて状態も上がっていたんだと思う。ただし、昇級初戦は乾いた馬場のケースもあって、あくまでもメンバー1つだと考えている。
2着 キタサンガンバ 
 2着のキタサンガンバ、0秒6差の完全タイム差はプラスマイナスゼロ。前走恵那特別が1番人気で8着。その前の東京戦2着もタイムランクはEという事で、状態に疑問も持っていたが、今回は好位直後からしっかりと伸びて来た。体調は戻ったと見て良いだろう。現級上位の評価に変わりは無い。
3着 ダブルコーク 
 3着のダブルコーク、馬体が戻って休養明けでも1番の状態に映りましたし、展開もハマった印象があった。前に届く勢いで差し込んで来て、ラストで甘くなったのは時計が速かったからだと思う。ただ、左回りの東京ダートが得意なタイプ。この上がり調子ならチャンスも近いと思われる。
阪神9R 忘れな草賞 注目
1着 オールフォーラヴ 
 まず1着オールフォーラヴ、番組注目馬だった。サヤカチャンが1000m通過58秒9で飛ばすハイペースを、離されていたとは言っても、4コーナー好位から早めに仕掛けて抜け出して来た。勝ちに行って勝った点は評価するが、2着のリュヌルージュにハナ差まで詰め寄られた点と、1800mの前走2着(これは繰り上がりだが)、これがタイムランクA相当に対して、2000mの今回はオープン対象の数値ではあるが、Dランク。賞金を得て、オークス直行の可能性は大だと思う。母がマイラーのレディアルバローザ、長距離は疑問が残る。
4着 ソシアルクラブ 
 4着のソシアルクラブ、ブエナビスタの子供は上のコロナシオンもそうだが、馬体が非力。新馬は勝ってもクラスが上がると苦しくなる。この馬も阪神JF8着、クイーンC7着と壁にぶつかっていたが、強い相手に揉まれていただけあって、ここではハナ・半馬身・クビ差の4着と巻き返して来た。背伸びしないで自己条件を使えば勝てるはず。
阪神11R 桜花賞 GI
 スタート、外のプリモシーンそれからアーモンドアイも遅れた。一方1番人気ラッキーライラックは良いスタートだった。コーディエライトがハナを切り、ツヅミモンが外め2番手。ラッキーライラックは包まれるのを嫌ってか3番手に押し上げた。アーモンドアイは道中後方2番手。馬のリズムを第1に考えて乗っていると。そんな印象があった。1000m通過58秒7。速めの平均ペース。直線はまずラッキーライラックが抜け出すが、その外から矢のように飛んできたのがアーモンドアイ。並ぶ間もなく交わして、突き抜けて圧巻の強さ。好位からしぶとく伸びたリリーノーブルがラッキーライラックに迫って3着に上がった。
 今年から桜花賞の5着までにオークスの優先出走権が与えられる。
 タイムランクがC・メンバーランクはBだった。1分33秒1はレースレコードだが、この日の馬場差を踏まえると、完全タイム差はマイナス0秒3。ランク的にはCになる。
1着 アーモンドアイ 勝ち馬注目
 シンザン記念以来の実戦だったアーモンドアイがレースレコードで勝った。ロードカナロア産駒としてJRAのGI這う制覇。シンザン記念以来だったが、適度の落ち着きがあって好気配だった。相手関係と、速い時計への対応だけが課題だったが、終わってみれば馬の末脚の次元が違った。上がり600m推定33秒2はレース上がりを1秒2も上回って、唯一の33秒台。初対戦のラッキーライラックに0秒3の差をつけたのですから、血統から来る距離不安が多少あったとしても、オークスも安泰に思えてきますし、万が一NHKマイルCだとしたら、牡馬相手でも勝てるんじゃないだろうか。
クリストフ・ルメール騎手ありがとうございます。アーモンドアイはチャンピオンホースだと思う。今日は素晴らしかった。直線で1人だった。自分で走った。僕はパッセンジャーだった。何もしなかった。彼女のポテンシャルが凄く高い。直線で何も見ていない。まっすぐだけ行きたかった。でも、アーモンドアイの反応が素晴らしかったので、すぐ勝てると思った。跳びが大きく、最後は長い脚で加速を上げて行って、最後の加速はとても速い。もちろん、次走は楽しみ。三冠も狙えると思う。オークスにも出走できるので、大きなレースを勝つことができると思う。

  2番人気1着だった。レース内容も強さも想像通りで、感動した!
2着 ラッキーライラック 
 2着ラッキーライラックは6キロ絞れて、本番仕様の仕上がりだった。内枠もそつなくこなして、自分の力を出し切っていると思う。リリーノーブルとの差が詰まったのは、緩みのない流れを先に抜け出した分もあると思う。勝ち馬との決め手の差は歴然だが、自在性ではむしろ上回っていると思う。オークスではこれを活かしたい。
石橋脩騎手ゲートは上手に出てくれました。ゴチャつくのは避けたかったので、ある程度の位置で流れに乗りました。直線もうまく前が開き、満を持して追い出したんですが、勝ち馬に一瞬にして交わされました。今日に関しては勝ち馬が強かったけれど、この馬も速い時計で走ってくれてます。能力があるのは間違いないし、今後も楽しみ。
3着 リリーノーブル 
 3着リリーノーブル。チューリップ賞と体重は変わりなくても、熱心に調教を積んで上積みがあって、完璧に折り合えてラッキーライラックとの差は半馬身まで詰まった。持久力のあるルーラーシップ産駒。東京2400mを味方にできる可能性もあると思う。
4着 トーセンブレス 
 4着がトーセンブレス・5着がマウレアだった。4着から9着までが同タイム。4着トーセンブレスは、勝ち時計が速すぎた印象があった。
5着 マウレア 
 4着がトーセンブレス・5着がマウレアだった。直線で伸びを欠いた5着マウレアは、結果的にクイーンカップで賞金加算ができないで、チューリップ賞を使わざるを得なかった。1走多かったツケが出た。そんな気がする。
10着 プリモシーン 
 10着プリモシーン、出遅れて後方から直線はインを狙ったが、密集していて今度は中に目標を変えた。ところがまたここが詰まってしまって、最後まで満足に追えなかった。その割には終いは来ている。能力は高いので、オークスの穴中の穴としてチェックしておきたいと考えている。
阪神12R 梅田S 注目
 3着のワイルドカード。
3着 ワイルドカード 
 1000m通過が1分丁度。緩みのない流れで、4コーナー先頭から0秒3差4着のテルペリオン、この馬は強い競馬をしているが、このテルペリオンを好位からマークしていて抜け出したこの馬も同様。上位2頭は、道中後方寄りと中団だった。爪に不安があって、休み休みで3戦3勝だった実績に初めて土がついた訳だが、内容は昇級戦にしては負けて強し。順調に次を使えるかが鍵になるが、厳しい流れを体験した事で、よほど間隔が開かない限りは勝ち負けになると思う。

  馬券Summary
ディープインパクトよりハービンジャー
 先々週日曜のGI大阪杯は1番人気スワーヴリチャードが完勝。一方人気を分けた2番人気アルアインは3着、3番人気サトノダイヤモンドは7着だった。こらら2頭はディープインパクト産駒のクラシックホース。アルアインは皐月賞とほぼ同じポジションを競馬をしながら、皐月賞ほど弾けず。また、サトノダイヤモンドは内枠が仇になった面はあっても、直線の伸びも一息だった。
ディープインパクトよりハービンジャー
ディープインパクト産駒で牡馬のクラシックホースは他にディープブリランテ、キズナ、ディーマジェスティ、マカヒキがいるが、これらも故障や早期引退を考慮するとしても4歳以降にGIを勝っていない。ディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に成長する傾向がある。だからこそクラシックに強いが、同時にこの時期に激走してしまうと、古馬になってからの成長力に欠ける、そんな気がしている。大阪杯でアルアインを交わして2着に上がったのはペルシアンナイト。これはハービンジャーの産駒だった。さらに先々週土曜日のダービー郷CTは、
ディープインパクトよりハービンジャー
1番人気のディープインパクト産駒グレーターロンドンが5着に敗れて、ハービンジャー産駒のヒーズインラブが差し切り勝ち。もう1頭のハービンジャー産駒テオドールも4着に入っていた。グレーターロンドンについて触れれば、昨年秋の天皇賞9着以前と以降とでは落差が大きくて、成長力不足を感じてしまう。古馬になって陰りの出たディープインパクト産駒なら、ハービンジャー産駒を積極的に狙っていくべきではないだろうか。5歳にして1600万・GIIIを連勝のヒーズインラブ、同じく5歳にして1000万・1600万下の美浦Sを連勝して、オープン入りを決めたサーブルオールなど、本質的に奥手のタイプが多いが、今年の3歳にはブラストワンピースという大物が出現した。ダービーの段階でもディープインパクト産駒にストップをかける可能性がある。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26