2018年5回中山3日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、開幕週と比較すれば先週は水準方向に動いた。
 火曜と木曜日に雨が降って、金曜の昼はまだ稍重だった。芝については土曜の朝時点で良馬場になったが、しっとりとしたコンディションで、1週目より時計が掛かった。日曜は土曜より乾いて少しだけマイナス方向に動いたが、ずっとAコースを使用するこの開催中に開幕週のような馬場差に戻ることは考えにくい。ただし、エアレーション整備をている芝なので、踏み固められて開催後半に速い時計が出るようになるということもありますから、このまま徐々に時計がかかるようになると決めつけない方が良いかと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはないものの、1800mは開幕週よりも先週の方がいくらか時計が掛かった。1200mは3日目までは同じ馬場差で、速い時計の出るレベル。
 土曜の朝が稍重だったように、含水率は1週目より高かったが、土曜の時計の出方は1週目とほぼ同じだった。まぁ馬場の表面に近いところの含水率だけで、時計の出方が決まる訳ではないということ。土曜の朝は良に近い稍重。そして土曜の後半は稍重に近い良だったので、土曜の馬場差は一定。日曜は土曜よりは乾いて、土曜より時計が掛かるようになった。秋、9月に高速化してから、特に中山のダート1800mで以前ほど大型馬の好走が目立たないようになっていたが、もう先週は500キロを超える馬の好走が多くて、真冬の中山のダートっぽくなって来た。と言っても、昨年の冬と比べるとまだ時計は速い。


  タイム分析
 2018/12/08 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ウインレフィナード    牡2 未勝利 1:36.0 -0.1 -0.4 +0.3 -0.8 C C 10.93
4R T1800 メッシーナ    牝2 未勝利・牝 1:49.1 -0.9 --- ±0 -0.9 C C 9.19
5R T1600 スカイシアター    牝2 新馬・牝 1:37.0 +0.6 -0.2 +1.2 -0.8 E C 9.00
9R T2000 クレッシェンドラヴ    牡4 霞ヶ浦特1000 2:00.8 -0.1 -0.4 +0.5 -1.0 D C 6.25
12R T1600 クイーングラス    牝3 500万下 1:34.3 -0.6 -0.3 -0.1 -0.8 C C 8.71
 2018/12/08 (土)  ダ=-0.9 / 1200m=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ダウンタウンプリマ    牝2 未勝利 1:12.0 -1.0 --- ±0 -1.0 C C 9.08
2R D1800 ロジギムレット    牡2 未勝利 1:57.2 +1.1 --- +2.0 -0.9 E C 7.58
6R D1200 ベイオブコトル    牡2 新馬 1:12.4 -0.8 --- +0.2 -1.0 C C 8.67
7R D1800 ヴァイトブリック    牡2 500万下 1:54.6 -0.4 --- +0.5 -0.9 D C 8.54
8R D1800 クリノライメイ    牡4 1000万下 1:54.4 +1.2 -0.5 +1.6 -0.9 SL C 7.18
10R D1200 クイーンズテソーロ    牝3 アクアラ1600 1:10.2 -0.5 --- +0.5 -1.0 D D 9.07
11R D1800 テーオーエナジー    牡3 師走SH 1:50.9 -0.9 --- ±0 -0.9 C C 7.15

中山2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。4着だったアルママについて触れておく。
4着 アルママ 
 結局直線で内に急に逃避して、平地調教再審査になってしまうが、4コーナーを回る時に既に顔が何か変な方に向いていて、前兆はあった。それでも、直線半ばでは楽勝体制で、今回初ダートだったが、ダート適性の高さは見せた。レース経験を積むにつれて、ちょっと悪さをするようになるオルフェーヴル産駒らしさが出てしまった事は心配だが、ダートの未勝利戦ならいずれ勝てるだけの能力はある。
中山4R 2歳未勝利・牝 注目
 2着だったギフトオブアートについて。
1着 メッシーナ 通信簿
 1番人気1着だった。順当勝ちだが、期待ほどのパフォーマンスではない感じ。この血統、体質が弱いので、本格化は先になりそうが、将来性はあると思う。
2着 ギフトオブアート 番組注目馬
 まず今回のレース内容だが、1000m通過1分0秒9だから平均ペースの逃げだが、最初の200mを除くと最も遅かった地点が12秒3で、まぁ息が入っていないはずだが、ずっと手応えは楽だった。この点に基本的な能力の高さを感じる。そしてこの馬にとっては逃げたことが重要で、これまでの3戦は全てスタートが悪く、前走は直線でも反応しなかった。どうも前進気勢に欠ける馬だが、そういう馬が好スタートから逃げたことが収穫だと思う。平均ペースでぴったり折り合っていたので、逃げた事でひっかかり癖がつく恐れもまずありませんから次走は有望だと思う。
中山5R 2歳新馬・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中山7R 2歳500万下 注目
 11着だったダンサーバローズについて。
11着 ダンサーバローズ 
 まずスタートで躓く。そこから立て直すために気合いをつけたら、スイッチが入ってしまって、抑えが効かなくなって1000m通過が62秒0だった。で、もうその後3コーナーでは、もう手応えが怪しくなって、直線ではもう追っていなかった。何と言うか、3コーナーを過ぎる辺りでもう勢いがなくなっていましたから、仕方ない。で、1勝目が完全タイム差マイナス1秒3のAランクで、昇級初戦が2着。11着になるような馬ではなくて、次走巻き返しを期待できるが、何かと難しいところがあるオルフェーヴル産駒。スタート直後からステッキまで入れて、ハイペースの逃げになったことで引っかかり癖がつく恐れもあるかと思う。結局次走どうすれば良いの?と聞かれそうだが、本命にはしにくいが無印にはできないという事。
中山8R 3歳上1000万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山9R 霞ヶ浦特別 
4着 フリージングレイン 通信簿
 1番人気4着だった。内枠からインを巧みに立ち回ったのが、前走の2着。今回は外めの枠を引いてシメシメ。1番人気になってシメシメ。結果もその通りになった。正攻法で勝負するには、もう少し距離が欲しいところ。

  馬券Summary
コースが替わらなければ信頼度抜群
 前回は東京ダート1600mで好走した馬が、中山ダート1800mでは信頼度が低いという話をしたが、では中山ダート1800mで好走した馬が、次も中山ダート1800mに出走したらどうなるか。まぁ結論から言ってしまうと、信頼度は極めて高くて、冬の中山あるいは春の中山のように、中山開催が連続する時期には、中山ダート1800mの好走馬を次走もすんなり買える事が多い。
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 表を見ていただくと分かるが、特に2着馬、次走の勝率が高いので連軸ではなく1着固定で買いやすい。で、前回の放送と同じようにタイムランク上位の前走2着馬に関して、前走の4コーナーの位置取りで分けると、連対率は前走の位置取りに関係なく高いが、勝率は前走4コーナー4番手以下だった馬は低い。前走で先行有利とされる中山ダート1800mで差して好走しているわけだから、力はあるが、先行有利のコースで2度続けて差して好走するのも簡単ではない。ただし、東京ダート1600mで差して好走した馬に比べれば、好走確率ははるかに高い。さらに、中山ダート1800mのAランクで勝った馬について見てみると、次走ほぼ昇級戦になるが、それでいて連対率が5割もある。という事で、中山開催が連続する時には中山ダート1800mから挙がった番組注目馬が、次走も中山ダート1800mであれば信頼度はかなり高いと思っていただきたい。まぁ逆に言うと、中山ダート1800mから挙がった番組注目馬の次走が東京ダートになってしまった場合は、誠に申し訳ないが信頼度は下がってしまうと思われる。いうこと。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-