2018年5回阪神4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台ではあるものの、開幕週と比較すれば先週は水準方向に動いた。
 月曜・火曜・木曜と雨が降り、土日とも両馬場だが、1週目より水分を含んでいて1週目より時計が掛かった。日曜は土曜より乾いていたが、馬場を使用した分の傷みと相殺されて馬場差は同じ。今週まではAコース使用なので、1週目のような高速馬場に戻るとは考えにくい。そしてこの開催後半の3日間はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目までは全てマイナス0秒9だが、4日目つまり先週日曜はやや水準方向に動いた。
 月曜・火曜・木曜と雨が降り、土曜の午前中は稍重だった。ただし、土曜の馬場差は1週目と同じで、含水率が高くなっても高速化しなかった。中山のダートもそうだったが、表面付近の含水率だけで時計の出方が決まるわけではない。なお、土曜の午前は良に近い稍重、午後は稍重に近い良で馬場差は一定だった。日曜は土曜より乾いて、水準方向に馬場差が動いた。この推移で来て今週がパサパサに乾いた馬場だとすると、さらに時計が掛かるようになりそう。


  タイム分析
 2018/12/09 (日)  芝=-1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 イメル    牡2 未勝利 1:10.1 -0.1 --- +0.6 -0.7 D C 8.56
4R T2000 タンタラス    牝2 未勝利 2:02.4 -0.1 -0.3 +0.8 -1.2 D C 4.33
5R T1800 ティグラーシャ    牝2 新馬 1:48.8 ±0 -0.6 +0.5 -1.1 D C 7.63
8R T1600 ラセット    牡3 1000万下 1:35.6 +1.6 -0.9 +1.7 -1.0 SL D 6.88
9R T2400 シュペルミエール    牡5 オリオH1600 2:26.1 +0.4 -1.0 +0.8 -1.4 D C 7.86
11R T1600 ダノンファンタジー    牝2 阪神ジュG1 1:34.1 -0.3 --- +0.7 -1.0 D C 4.41
 2018/12/09 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ヤマニンブルーベル    牝2 未勝利・牝 1:14.1 +0.7 --- +1.1 -0.4 E D 9.18
2R D1800 ロフティネス    牡2 未勝利 1:55.3 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D 6.64
6R D1200 ヴァニラアイス    牝2 500万下 1:11.9 -0.8 --- -0.4 -0.4 B C 7.09
7R D1800 マリオ    牡3 500万下 1:53.9 +0.8 --- +1.4 -0.6 E D 6.29
10R D1800 テルペリオン    牡4 堺S1600 1:52.7 +1.2 --- +1.8 -0.6 E C 6.67
12R D1200 メイショウコゴミ    牝3 高砂特別1000 1:11.1 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D 7.44

阪神1R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 2歳500万下 タイムB
 このレースの勝ちタイムは、当開催2歳500万下の基準タイムより0秒8速く、1200m対象の馬場差がマイナス0秒4になることを踏まえても、 -0.8-(-0.4)=-0.4 で基準より0秒4速い勝ちタイムだった。オリオンパッチが先手を取って直線に入って行く。追いかけていた先行勢は伸びを欠き、変わって外からヴァニラアイスが上がって来る。そしてヴァニラアイスがオリオンパッチに並んで、交わして半馬身差で1着。2着オリオンパッチから5馬身離れて、テイエムノサッタが3着だった。
1着 ヴァニラアイス 
 ヴァニラアイスが自己条件で2勝目を挙げた。ヴァニラアイスは初めてのダートだったが、好位から鮮やかに差し切った。芝では一本調子のスピード型というレースをしていたが、芝のような切れ味を要求されないダートなら差しに回っても良い模様。このあと2勝馬が出走できるダート1200mがしばらくないという点が鍵で、1400mは長いような気がする。
2着 オリオンパッチ 番組注目馬
 2着のオリオンパッチは軽快な逃げ。まぁ徐々に距離を短くしてきてもハナを切れるスピードは魅力で、次走も有力。
3着 テイエムノサッタ 
 3着以下は上位2頭から離された。3着のテイエムノサッタは九州産限定ではない、芝の前走では惨敗していましたが、パイロ産駒らしいダート適性を見せた。ただ、2着から5馬身差なので、次走の着順は組み合わせ次第となりそう。
7着 スマートドレイク 
 3番人気のスマートドレイクは7着。レース前の調教師のコメントが、「先行した方が良さそう」だったが、何とダッシュが付かず後方からになってしまった。次走ですんなり先行で行けるようだと、一変があるのではないかと思う。
11着 ルメッサージュ 
 下がってくるポンペイワームを避けようとして、外に誘導された11着ルメッサージュ。これ4コーナーで外側の手綱を引かれたことによって、何か走りおかしくなって、そこで前からかなり離れてしまった。この2頭は何事もなければ、どうなっていたのかというのはわからないが、参考外として良い。
12着 ポンペイワーム 
 そして1番人気のポンペイワームだが、大差のシンガリ負け。3コーナー手前で脚が接触してバランスを崩してズルズル下がって、ジョッキーが故障だと思ってしまったというアクシデントがあった。この2頭は何事もなければ、どうなっていたのかというのはわからないが、参考外として良い。
阪神7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳上1000万下 タイムSL
 前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神10R 堺S タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
4着 ファッショニスタ 解説危険
 JBCレディスクラシック3着が根拠になって人気になった今回こそが危険な人気馬だと思うが、JBCレディスクラシックで出負けして、後ろから伸びてきたことが仇になっている。そこまでの経緯は、デビューから10戦全て1400mで出遅れて後方からになった栗東Sで初めて凡走。今年秋初の1800mでいきなり2着と好走したが、まぁ1800mだと楽に先行できるというのが主な要因。それがJBCレディスクラシックで差して3着に来たために、今回は最初から下げて溜める競馬をして、そして伸びなかった。これで次走先行すると好走しそな悪寒はするが、次はもう1回溜めて伸びない方に賭ける。
阪神11R 阪神JF GI
 まずスタートだが、人気のクロノジェネシスらが遅れた。ダノンファンタジーも後方から。2番人気のクロノジェネシスがスタートでアオった感じで、出遅れた。で、最後方。1番人気のダノンファンタジーは普通に出ているが、もう最初から前へ行く気はありませんよと下げた。レースのペースは前半が34秒8、47秒0。後半は47秒1の35秒0という平均ペースで、差し馬向きでもないが、馬群が固まっていて先頭から最後方まであまり4コーナーで離れていなかった。直線で一番外に出した人気の2頭が併せ馬のまま一緒に伸びてきて、この後長く競り合いが続くが、最後までダノンファンタジーが譲らず1着。2頭の内にいたビーチサンバは、最初加速力でちょっとを劣った格好だったが、そこからしぶとく伸びて3着に入った。なお、今年のJRAG1レースを見ると、阪神JFでディープインパクト産駒は5勝目となったが、1番人気での勝利というのはこのダノンファンタジーが初めて。
 タイムランクがD・メンバーランクがCだった。今年を含めて過去10回のジュベナイルフィリーズのタイムランクは全部CかDかスローのSLで、A・Bがない。で、その中にアパパネとかもいますから、要するにこの世代の強い牝馬だいたいココに出ているので、相対的には上位というだけで、来年も大体主役になれるが、今年は問題は強い牝馬が1頭朝日杯に出走する。
1着 ダノンファンタジー 
 ダノンファンタジーが勝って重賞2勝目、ファンタジーSの勝ち馬が阪神ジュベナイルフィリーズを制したのは、2002年のピースオブワールド以来16年ぶりとなった。ダノンファンタジーは瞬発力だけでズバッと差し切ったという内容ではなくて、長い競り合いを制した点に価値を感じる。勝ちっぷりは文句なし。あとは来年の事になるが、2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒が、その後G1を勝った事が無いというジンクスめいたデータを打ち破れるかどうかだと思う。騎乗したC.デムーロだが、JRAのG1 3勝目となった。
C.デムーロ騎手とても嬉しく思う。とても良い馬で、凄く良いレースをしてくれた。すごくリラックスしていて、凄く最後のコーナーで2番人気の馬がやって来て、その中でもしっかりと外側から伸ばして、しっかりと良い脚を使ってくれた。すごい、ジャパンめっちゃ大好き。今日はありがとうございます。めっちゃ嬉しい。ありがとうございます。
2着 クロノジェネシス 
 そして2着がクロノジェネシス、3着にビーチサンバと続いた。2着のクロノジェネシスは、直線に入ったところでのダノンファンタジーとの差は最後まで詰められなかった。着差以上に敗北感のある2着だとは思うが、スタートでアオって最後方になったのが誤算のはず。それでも2着というのが能力の高さを示している。
3着 ビーチサンバ 
 そして2着がクロノジェネシス、3着にビーチサンバと続いた。そして3着のビーチサンバは上位2頭に直線でサッと離されたが、そこからしぶとかった。アルテミスSはペースが速かったが、その中で早めに先頭に立って粘っていて、持続力がある。
4着 シェーングランツ 
 4着シェーングランツ。4着シェーングランツは、アルテミスSの関係で言うと、ビーチサンバに逆転を許した形だが、そのアルテミスSできついレースをしたのは、ビーチサンバの方だったということじゃないかと思う。

  馬券Summary
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 前回は東京ダート1600mで好走した馬が、中山ダート1800mでは信頼度が低いという話をしたが、では中山ダート1800mで好走した馬が、次も中山ダート1800mに出走したらどうなるか。まぁ結論から言ってしまうと、信頼度は極めて高くて、冬の中山あるいは春の中山のように、中山開催が連続する時期には、中山ダート1800mの好走馬を次走もすんなり買える事が多い。
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 表を見ていただくと分かるが、特に2着馬、次走の勝率が高いので連軸ではなく1着固定で買いやすい。で、前回の放送と同じようにタイムランク上位の前走2着馬に関して、前走の4コーナーの位置取りで分けると、連対率は前走の位置取りに関係なく高いが、勝率は前走4コーナー4番手以下だった馬は低い。前走で先行有利とされる中山ダート1800mで差して好走しているわけだから、力はあるが、先行有利のコースで2度続けて差して好走するのも簡単ではない。ただし、東京ダート1600mで差して好走した馬に比べれば、好走確率ははるかに高い。さらに、中山ダート1800mのAランクで勝った馬について見てみると、次走ほぼ昇級戦になるが、それでいて連対率が5割もある。という事で、中山開催が連続する時には中山ダート1800mから挙がった番組注目馬が、次走も中山ダート1800mであれば信頼度はかなり高いと思っていただきたい。まぁ逆に言うと、中山ダート1800mから挙がった番組注目馬の次走が東京ダートになってしまった場合は、誠に申し訳ないが信頼度は下がってしまうと思われる。いうこと。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-