2018年2回新潟11日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2からプラス0秒1への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒5への変動。直線1000mは土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒台だった開催9日目までと比べれば、10日目以降は雨の影響で時計が掛かった。
 8/24(金)から先週の金曜日まで毎日雨が降った。さらに土曜のレース中にも小雨が降って、土曜の馬場差は変動となった。後半ほど時計が掛かっていて、9R以降は今開催で初めてプラスの馬場差になったが、雨が止んだ9R以降の馬場差は一定だった。日曜は徐々に乾いて後半ほど速い時計が出るようになったが、特に後半は内を避けるようになっていて、7R以降は乾いていってはいるが、芝の傷みが進んで結果的に同じ馬場差となっている。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒5からマイナス0秒2への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒5からマイナス1秒3への変動、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒8への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、まず1800mは9日目まではプラスの数値だったが、9日目以降は雨の影響でマイナスの数値になった。一方1200mは全てマイナスゾーン。1800m・1200mともに先週土曜が最も時計の出るコンディションだった。
 24日の金曜日から先週の金曜日まで毎日雨が降った。さらに土曜のレース中にも小雨が降ったが、土曜の1800mは変動の馬場差ではなかった。まず1Rで1800mが行われて、そこからしばらく乾く方向になった後に、小雨が降ったので1Rと6Rが同じ。さらに、そこからの雨の量が多くないので、6Rと8Rも同じだった。土曜の1200mは3Rと12Rで12Rの方が乾いて、時計が掛かるようになった。日曜は1800mも1200mも後半ほど乾いて、時計が掛かるようになったが、土日を通じて速い時計が出やすい状態が続いていた。


  タイム分析
 2018/09/01 (土)  芝=-0.2 → +0.1 / 直線=+0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 マイネルエキサイト    牡2 未勝利 2:04.2 +1.8 -0.6 +1.4 -0.2 SL D 9.20
4R T1600 リリーバレロ    牝3 未勝利 1:35.7 +1.1 -0.5 +0.8 -0.2 D D 7.78
5R T1400 ドゴール    牡2 新馬 1:22.8 -0.4 --- -0.3 -0.1 B C 8.76
7R T1000 ボナデア    牝3 未勝利 0:56.4 +0.6 --- +0.4 +0.2 D D 8.80
9R T2000 ニシノアモーレ    牝4 糸魚川特500 1:59.5 -0.5 --- -0.6 +0.1 B C 6.44
10R T1800 ランガディア    牡4 弥彦特別1000 1:46.6 +0.8 --- +0.7 +0.1 D C 4.91
11R T1600 キョウワゼノビア    牝5 長岡S1600 1:34.3 +1.6 -0.6 +0.9 +0.1 SL B 6.82
 2018/09/01 (土)  ダ=-0.8 / 1200m=-1.5 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 グリューネリヒト    牡2 未勝利 1:54.8 -0.2 --- +0.6 -0.8 D D 9.50
3R D1200 トモジャスティス    牡3 未勝利 1:11.6 -1.0 --- +0.5 -1.5 D D 7.60
6R D1800 ダンスメーカー    牡3 未勝利 1:52.6 -1.2 --- -0.4 -0.8 B D 7.33
8R D1800 サラーブ    牝3 500万下・牝 1:52.3 -0.5 --- +0.3 -0.8 C D 6.53
12R D1200 オーロリンチェ    牝3 500万下 1:11.2 -0.7 --- +0.6 -1.3 D C 6.67

新潟2R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ドゴールが2馬身半差をつけて勝った。
1着 ドゴール 
 ドゴールはスタートこそ遅いが、仕掛けるとすぐにスピードに乗って、好位に取り付く。直線でもぽっかり空いた内をそのまま抜けて来て、恵まれた感じもあるが、力強い走りで力のいる馬場は合っていたという印象。軽い芝での、切れ味勝負でどうなのかという課題は残る。
2着 レッドパラス 
 2着のレッドパラスは好スタートから2番手に控え、直線でもしっかり脚を使っている。こちらもパワータイプに見えるので、勝ち馬と同様に軽い芝での切れ味勝負でどうなるかが鍵となる。
3着 シャンデフレーズ 
 3着のシャンデフレーズは小さな体で、恐らく力のいる馬場は得意ではない。スピードを活かせる馬場なら期待できそう。
新潟6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダンスメーカーが6馬身差をつけて勝った。
1着 ダンスメーカー 
 ダンスメーカーは好スタートを切った事で、楽に好位につけ直線で力強く抜け出して突き放した。ギリギリのBランクではあるが、余力もあってタイム短縮は可能。何より好スタートを切れた事が収穫で、スタートが安定すれば、500万でもいずれは通用しそう。
2着 アサクサギルト 
 2着のアサクサギルトはDランクに相当するタイムだが、まだキャリア2戦。また次の中山のダート1800mの所謂スーパー未勝利戦、ここは強力な組み合わせになりにくいので、上位候補になる。中山で直線勝負をして勝てるかどうかは微妙だが、ある程度の位置につけられれば勝機もありそう。
3着 キャプチュード 
 3着のキャプチュードは先行した馬の中では最も粘った。もう状態面の上積みは望めそうもないが、次走も先行力を活かせれば上位可能だと思う。
6着 レヴァンテ 
 1番人気のレヴァンテは6着。前が楽ではない展開だったにしても、直線では完全にバテていて、内容は良くない。
新潟9R 糸魚川特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ニシノアモーレが降級4走目で勝ち上がった。
1着 ニシノアモーレ 
 ニシノアモーレは2年前の新潟の新馬戦でコンデュイット産駒とは思えないような切れ味を見せていたが、コンデュイット産駒らしくこの日の渋った馬場は有利に働いたはず。また、外回り2000mとしてはペースが速く、ラスト200mで多くの馬の脚が上がってしまったが、そこからしぶとく伸びた辺りもコンデュイット産駒らしかった。馬場もペースもこの馬向きになったので、全く同じシチュエーションにならないと、1000万ですぐに通用するとは思えない。
2着 ヒシヴィクトリー 
 2着のヒシヴィクトリー3着のアンネリースは速い流れを前で追いかけていたので、最後は脚が上がったが、バッタリとは止まらず踏ん張った。ただ、どちらもヴィクトワールピサ産駒で、速い上がりの勝負は歓迎ではなく、苦しくなったとは言え、このレースは好走条件が揃っていた。次も同じように好走できるとは限らない。
3着 アンネリース 
 2着のヒシヴィクトリー3着のアンネリースは速い流れを前で追いかけていたので、最後は脚が上がったが、バッタリとは止まらず踏ん張った。ただ、どちらもヴィクトワールピサ産駒で、速い上がりの勝負は歓迎ではなく、苦しくなったとは言え、このレースは好走条件が揃っていた。次も同じように好走できるとは限らない。
新潟11R 長岡S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。6着のレッドオルガについて触れておく。
6着 レッドオルガ 番組注目馬
 今正にその瞬間だが、直線でズーッと前が壁になっていて、この後やむを得ず狭いところに突っ込もうとしたところ、ルグランパントルと接触した。そこから立て直して伸びてはいるが、元々瞬間的な加速力に優れている方ではないので、残り200mで立て直して追い出しているようでは、どうにもならなかった。左回りにこだわっているので、次走は秋の東京になると思われるが、普通のレースができれば、巻き返し必至だと思う。
新潟12R 3歳上500万下 注目
 5着だったコウユーホクトについて。
1着 オーロリンチェ 通信簿
 1番人気1着だった。スタートが速くてマイペースで運べた事で楽勝だった。最後に詰め寄られているが、余力はあったはずですぐに1000万で通用するタイプでは無いが、いずれは通用すると思う。
5着 コウユーホクト 
 500万に昇級後は前に行けていなかったが、今回はスタートこそ早くなかったが、スーッと上がって行った。行きっぷりが良すぎて実は3コーナー手前で前に詰まってしまって手綱を引いて、少しポジションが下がってしまうというちぐはぐなレースになるが、この後直線で内から伸びかける。最終的に直線で後ろから3頭に差されてしまうが、3コーナー手前辺りで前に詰まってしまう程の行きっぷりを見せた事自体が、今回は収穫となる。今回に関しては、前が詰まった原因が大体内枠だが、その最内枠が徒になったという面もあって、スムーズに先行できればもっと走れると見た。

  馬券Summary
ダービーの着差で秋を占う
 夏競馬が先週で終わり、秋競馬が始まる。3歳馬ではとりあえずダービー馬の動向が注目されるが、ダービーでどれだけ差を付けたかで秋の成績を占えるので、それを紹介する。
ダービーの着差で秋を占う
 1988年から2017年までの日本ダービー馬を2着とのタイム差が大きい順に並べたもの。まず1枚目は0秒2以上の差。特に0秒3以上の差を付けて勝った馬、上の9頭だが、こちら故障で秋のGIに出走できなかった馬も少なくないが、無事に秋を迎えられれば、ほぼレジェンド級。牝馬のウオッカを除いて、3歳限定戦でも古馬相手のGIでも凡走したことがない。0秒2差になるとちょっと微妙になって来るが、菊花賞の成績はイマイチでも天皇賞やジャパンカップでは好走している。続いて2枚目
ダービーの着差で秋を占う
 こちら0秒1差以下。先にタイム差なしだった下の5頭を見ると、秋は全く期待できない事がわかる。そして最後に0秒1差。今年のワグネリアンはここに入るが、昨年レイデオロがジャパンカップで2着と好走するまで、この組は秋のGIで2着以内に入った事なかった。昨年も今年も差がつきにくい超スローペースだったので、ワグネリアンもレイデオロぐらいの活躍をするかもしれないが、イマイチの成績で終わる可能性もかなりあるという事。今回はダービーでの着差・タイム差を取り上げたが、強い馬はその気がなくても千切ってしまうという格言があり、他のレースでも着差は重要。我々はよく僅差で勝った馬に対して、着差以上の強さという表現を用いるが、それよりも現実に千切って勝った馬の方が強い事が圧倒的に多い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26