2018年5回阪神9日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 28日9日目の馬場差2000m対象の数値はマイナス0秒1だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、3週目まではマイナス1秒台だが、水準方向に近づいてはいた。4週目は雨の影響でプラスの数値になり、最終日はマイナスとは言え水準レベルだった。
 4週目が2日とも稍重で芝の傷みが進み、良馬場になっても3週目までのような速い時計が出るコンディションには戻らなかった。7日目は内だけが良い状態で、前残りが続き、全体的に痛みが進んだ8日目は差しが決まるようになり、そして最終日も差し馬の好走が多かった。ただ、最終日に関してはスローペースのレースが少なかったという要因もある。なお、午前中に粉雪が舞った時間帯があったが、文字通り舞ったという感じで馬場状態に変化はなかった。
 28日9日目の馬場差1800m対象の数値はマイナス0秒3だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、4週目だけはマイナス2秒8で極めて速い時計の出る馬場になっている。
 日曜日から木曜日まで降雨量0という記録だが、その記録に残らないような細かい雨が降った日があって、なおかつ気温が低いので乾かず、木曜の夕方までは稍重だった。そして金曜は良馬場になったが、含水率は高め。しかし良馬場でもマイナス1秒近い馬場差だった、開催前半のようにはならず、この開催で最も時計が掛かる日になった。なお、午前中に粉雪が舞っていたが、こちらも舞ったという感じで馬場状態に変化はなかった。


  タイム分析
 2018/12/28 (金)  芝=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 メイショウテンゲン    牡2 未勝利 1:48.0 -0.5 --- -0.4 -0.1 B B 5.53
5R T2000 フェアリーポルカ    牝2 新馬 2:04.5 +1.7 -0.8 +1.0 -0.1 SL C 8.50
6R T1800 サトノルークス    牡2 500万下 1:47.4 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 3.83
8R T1600 ヴァイザー    牡3 500万下 1:35.1 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 7.38
10R T1800 シンギュラリティ    牡4 フォーチ1000 1:46.9 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 5.09
12R T1400 フィアーノロマーノ    牡4 ファイH1600 1:21.4 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C 7.00
 2018/12/28 (金)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ショウナンパンサー    セ2 未勝利 1:55.8 +0.8 --- +1.1 -0.3 E D 7.67
2R D1400 ストレルカ    牡2 未勝利 1:25.7 -0.6 --- -0.4 -0.2 B C 7.13
4R D1800 マッスルビーチ    牡2 新馬 1:56.7 +1.4 -1.1 +0.6 -0.3 D C 5.70
7R D1800 クルスデルスール    牡3 500万下 1:53.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 D D 7.38
9R D1400 クリノフラッシュ    牝3 春待月賞1000 1:24.8 +0.6 --- +0.8 -0.2 E D 6.29
11R D1800 ロードアルペジオ    牡5 ベテルギ 1:52.5 +1.6 --- +1.9 -0.3 E D 8.29

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。3ヶ月半ぶりのストレルカが前走12着から一変。
1着 ストレルカ 
 このストレルカはスタート直後から、もうジョッキーがガンガン仕掛けて先手を奪って、そのまま逃げ切った。デビュー戦がスタート直後に両サイドから挟まれて後ろからになってしまい、2戦目は促しても行けず、大差のシンガリ負けでタイムオーバーだったが、レース内容が一変した。デビュー戦で3番人気に推されていたように、調教は動く馬なので精神面が成長したことで能力を発揮できたという結果だろう。まだ砂を被ったりした時に不安は残るが、今回のようなレースができれば、500万でも上位可能だと思う。
2着 メイショウヤシャ 
 そして2着のメイショウヤシャは出遅れていない上に、スタート直後からジョッキーが押しているんだが、下がって最後方になってしまった。まぁそれでも直線で猛然と追い込んでいる。芝の部分でダッシュがつかなかったという風に、このレースだけ見ると取れるが、実はスタート地点がダートだった前走もスタートからもうジョッキーが押しているのに、行けなかった。スタート地点が芝でもダートでもダッシュが鈍くて先行できないので、連続2着だが、次走は勝てると言い難い。
3着 デュアラブル 
 3着のデュアラブルは離されはしたが、2着だった前走も含めて安定したレース内容。いずれ順番が回って来そう。
5着 トーキョーサバク 
 その他では5着のトーキョーサバク。1800mの新馬戦で11着だった時に、まぁ恐らく距離が長いと言ったが、1400mで前進した。直線で伸びていたが、途中から勢いが鈍っていた。1400mでもまだ長いような印象で、次走1200mに出走してきたら連下には狙いたい。
阪神3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。メイショウテンゲンが4走目で勝ち上がった。
1着 メイショウテンゲン 
 このメイショウテンゲンが直線でどんどん外にヨレて行きながら、差し切った。ジョッキーによると、ソラを使って遊んでいたということだが、エイシンヒカリのアイルランドトロフィーみたいだった。出遅れて直線で遊びながらこのタイムで勝つわけですし、新馬戦の時のこの馬の完全タイム差がマイナス0秒6だったことからも、能力が高いことは分かるが、未勝利戦で足踏みした理由はこの気性の若さ。能力そのものは、上のクラスでも通用するが、まともに走るかどうかちょっとやってみないとわからないところがある。しかし、精神面が成長すれば、かなりの活躍を見込める。
2着 アンクルテイオウ 番組注目馬
 勝ち馬の挙動が何かと派手すぎて、この2着アンクルテイオウが霞んでしまったが、こちらもよく伸びている。流れ自体が差し馬向きだったこともあるが、超スローペースだった前走も伸びて2着だったように、安定している。次走も好勝負になる。
3着 モズハチキン 
 そして3着のモズハチキン、こちらはやや速めのペースで逃げましたし、差し馬に不利がない馬場だった事を考えると、上々の粘り。次走も位候補となる。
阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神6R 2歳500万下 注目
 勝ったサトノルークスについて。
1着 サトノルークス 
 ジョッキーが必至に追って追ってギリギリ勝ったようにしか見えないレースで、実際にそうだと思うが、ジョッキーが言うようにまだポテンシャルを出し切れていないので、こういう勝ち方になってしまっているだけだと思う。と言うのも、この馬の姉、全姉がタッチングスピーチで、全兄がムーヴザワールド。タッチングスピーチの1勝目は2歳の12月、2勝目は3歳の8月で、その直後にローズSを勝った。ムーヴザワールドは2歳の9月に新馬戦を勝って、その後連続で重賞3着と好走したが、結局500万を勝ったのは3歳の11月だった。そして続く1000万も連勝。つまり本格化するのは、3歳秋以降という血統で、サトノルークスもまだ体つきも走り方も幼い。それでもう2勝している訳ですから、潜在能力はかなり高いと思う。3歳春に活躍できるかどうかは別として、将来性は豊かだと思う。
9着 グランデストラーダ 
 7番人気9着だった。1番人気の新馬勝ちだけに、ある程度人気になると見て危険としたが、メンバーが揃って人気にならなかった。内容は予想通りだったが、10キロ増でもまだ非力な印象。牝馬限定戦に出走して来ても、現状では厳しそう。
阪神7R 3歳上500万下 注目
 2着のエルティグレについて。
2着 エルティグレ 
 3コーナーからジョッキーが仕掛けているが、なかなか前に進まず。しかし、直線で左手前に変わると一気に伸びた。ちなみに左回りのダートというのは一度だけ経験があり、未勝利戦で2着だったが、その時は4コーナーつまり左手前の時は抜群の手応えだったのに、直線で右手前に変わると、その4コーナーでの手応えほど伸びず前を捕まえなかった。要するに、左手前が得意で、右手前が苦手。じゃあこういう馬をどこで狙えば良いの?と聞かれても困るが、この馬のレースを見る時は、この点に注目すると良いと思う。成長して右手前でもスムーズに走れるようになると、一気に開花する可能性があるので、右手前でも手応え良く上がって行ったとか、右手前で伸びたという時を見逃さないようにしたい。
阪神9R 春待月賞 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神11R ベテルギウスS タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
2歳12月のディープインパクト産駒
 昨年の10月のこのコーナー、ここで2歳時に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥ることが多いというデータを紹介した。特に2歳12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は、翌年春に悲惨なことになって来たという話をした。その昨年、12月にダノンプレミアムが朝日杯FSを勝って、さすがの私もこの馬が翌年不信に陥るとは思わなかったが、弥生賞は勝った。ただ、皐月賞を回避する事になって、ダービーは6着だった。これで2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は、3歳の1月から6月にかけて14戦1勝。つまり、ダノンプレミアムが弥生賞を勝って、1つ壁を破った訳だが、3歳の春のG1では6回走って1着・2着がなくて、3着が1度あるだけ。
 で、今年の阪神JFのダノンファンタジーの勝ちっぷりを見ていて、来年春に不振に陥るとは考えにくいが、このような傾向があるということは改めて認識しておきたい。
そして一方、この2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒、こちらは3歳時に重賞でトータル5勝2着11回。この該当する7頭中5頭に重賞1・2着がある。サトノダイヤモンドも2歳の12月には重賞には使わず、芝2000mの500万下を勝っていた。阪神6Rの芝1800mの500万下を勝ったサトノルークスは、ムーヴザワールドの全弟だが、このムーヴザワールドは2歳時に東京スポーツ杯2歳ステークス3着、そして年が明けて共同通信杯3着だったんが、その後の500万で8頭立ての7着に沈んでしまって、クラシック出走はならなかった。ディープインパクト産駒の傾向からすると、ムーヴザワールドの使い方よりもサトノルークスの使い方が正解となる可能性がある。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26