2018年3回中京5日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、1週目はマイナス2秒0、マイナス1秒9だったのに対し、2週目は一転してプラスの数値だった。しかし先週はマイナス1秒台で、開幕週ほどではないものの、高速馬場に戻った。
 開催3週目となったが、雨の影響がなかった事、そして先週からBコースに変わった事で、開幕週に近いレベルの高速馬場になった。連対馬の脚質については、目立った偏りはない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒8だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、ここまで全てマイナス1秒を超えており、特に2週目は雨の影響もあってかなりの高速馬場だった。
 1週目と3週目は乾いた良馬場ではあったが、それでもかなり速い時計の出る馬場だった。連対馬については、前へ行った馬が優勢。18頭の連対馬の内、逃げ・先行馬が10頭、一方中団が2頭で後方はゼロ。逃げ・先行馬が連対しなかったのは、土日それぞれ1鞍だけとなった。


  タイム分析
 2018/07/14 (土)  芝=-1.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 ローゼンクリーガー    牝2 新馬・牝 1:21.6 -1.5 --- -0.2 -1.3 C D 4.45
7R T1600 ブレイニーラン    牡3 未勝利 1:34.0 -1.6 --- -0.2 -1.4 C C 6.73
8R T2000 シースプラッシュ    牡3 500万下 1:59.3 -1.7 --- +0.1 -1.8 C C 7.90
9R T1200 スマートシャヒーン    牡4 マカオジ500 1:08.1 -1.0 --- +0.1 -1.1 C C 8.70
11R T2000 エンジニア    牡5 マレーシ1600 2:00.7 +1.1 -1.1 +1.8 -1.8 SL D 6.25
 2018/07/14 (土)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 デイジーブリランテ    牝3 未勝利・牝 1:53.1 -1.7 --- +0.1 -1.8 C D 7.64
3R D1200 ヘーザ    牝3 未勝利 1:12.0 -1.3 --- -0.1 -1.2 C C 6.73
6R D1800 イベリア    牡3 未勝利 1:54.0 -0.8 --- +1.0 -1.8 E D 8.50
10R D1900 アイアンテーラー    牝4 インデH1000 1:57.7 -2.0 --- -0.1 -1.9 C C 6.38
12R D1400 ニホンピロタイド    牡3 500万下 1:23.0 -2.1 --- -0.7 -1.4 B C 4.56

中京5R 2歳新馬・牝 注目
 ローゼンクリーガーが好タイムで逃げ切った。前半から平均的に速い流れ。Bコース替わりで逃げ馬が大活躍したこの日の中京芝だったが、後続に何もさせない逃げ切りは見事だった。
 3着以下は離されており、狙いが立たない。
1着 ローゼンクリーガー 
 ローゼンクリーガーは兄・姉に勝ち馬がなく、近親にオープン勝ちのジョヴァンニがいる程度の血統。しかし、調教ではかなり後方から追い掛けて古馬に先着するなど、注目されていた。ただ、展開面のプラスがあったのは事実で、上のクラスでも即通用するかは微妙。次走1回は見てみたいと思う。
2着 ルチアーナミノル 
 2着ルチアーナミノルは2勝してダートで活躍したデモニオ、父ネオユニヴァースだが、これの半弟。父がルーラーシップに変わって芝適性もありそう。3着以下を3馬身以上突き放していますし、次走勝てるんじゃないだろうか。
中京6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京11R マレーシアカップ タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。レースは淡々と進んで、1000m通過1分3秒2のスロー。ペース補正が1秒1ついたが、補正しきれずタイムランクSLとなった。6頭立てで、実績的に劣る2頭を外すと実質4頭立てだった。しかし1番人気がダート4戦3勝とは言え、初芝のサトノティターンと。これを嫌えるかどうかがポイントのレースになった。結果はこのクラスで実績のあるエンジニア・メイズオブオナーの一騎討ちとなって、外のエンジニアがクビ差でメイズオブオナーを競り落とした。
1着 エンジニア 
 エンジニアは前々走このクラスで3着があって、初の中京ではあったが、同じ左回りの東京で3勝の実績がある。メンバー的にも順当勝ちだろう。
2着 メイズオブオナー 
 2着メイズオブオナーは2走前にこのクラスを勝っており、重賞で3回敗れている以外は4連勝中だった。次走このクラスなら当然勝ち負けだろう。
3着 スズカルパン 
 3着はスローで逃げたスズカルパンがよく粘り、大外から差して来たサトノティターンを抑えて入った。スズカルパンは9歳で年齢が嫌われてか、離れた4番人気だったが、2走前このクラスで2着。単騎逃げならこのメンバーで3着ぐらいの実力はあった。
4着 サトノティターン 
 それから1番人気サトノティターンは4着。これはもう初めての芝に気を遣った事に尽きるだろう。能力はかなりありそうですから、慣れてくれば芝でも走るのではないだろうか。
中京12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。メイショウラケーテが外枠から先手を取り、セイウンデルレイがそれをマークする。その後離れた3番手にニホンピロタイド。直線に入ってメイショウラケーテがセイウンデルレイを突き放して先頭をキープしていたが、ニホンピロタイドが迫って交わして1着。メイショウラケーテ2着、マッカートニー3着だった。
 逃げたメイショウラケーテにセイウンデルレイが競りかけたために、前半600m33秒8と、かなりの速いラップになってしまった。それでもメイショウラケーテは4コーナーで後続を離しにかかって、直線残り300mでは勝ち切ったかと思われた。しかし流石に後半600mは37秒5と掛かってしまい、ニホンピロタイドに差し切られてしまった。
 3着以下は離されており、狙いは立たない。
1着 ニホンピロタイド 
 ニホンピロタイドが今年の1月、芝での新馬戦以来の勝利となった。勝ったニホンピロタイドは休み明けからダートを使い始めて3戦目での勝利。前走は重馬場のせいか行きっぷりが鈍ったが、今回は3番手を進んで、前が離れても諦めずに最後に差した。上のクラスですぐに通用は難しいかもしれないが、クラス慣れすればいずれ勝てるのではないだろうか。
2着 メイショウラケーテ 番組注目馬
 2着メイショウラケーテは強い競馬を見せた。前半あれだけ競られなければ、上がりがここまで掛かることはなかっただろう。競った馬も大敗していますし、今後このクラスでこの馬に競って行く馬は居そうもない。次走はまず確実に勝てるのではないだろうか。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
 前回は2歳未勝利戦・芝短距離を研究したが、今回はダート中距離。1600mから1800mで狙える条件を考えてみた。なお、データの対象範囲だが、夏があんまりないので、2017年6月から12月まで。2歳のダートの未勝利戦で1600mから1800m。
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
まず1つ目だが、前走4コーナーで3番手以内。これは複勝回収率が120%と高くなっている。前走前へ行った馬は軸としたい。
それから2番目エンパイアメーカー産駒だが、これは凄い。4勝2着5回3着5回。これ全部トップだが、複勝率が53.8%。回収率も単勝が188%、複勝が117%ですから是非狙いたい。
それから3つ目、前走2着馬。これはまぁ当たり前の事だが、これはやっぱりダートは勝率、前走2着馬強い。勝率が31.8%・連対率51.5%・複勝率は65.2%。人気馬ばっかりだが、単勝回収率も92%と、その人気の中では高めだと思う。
それから4つ目、中4週から8週。勝率1位の9.5%、単勝回収率は269%。いずれも1位。間隔を開けた馬に要注意という事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26