2018年2回新潟3日目

開催一覧
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4。直線1000mは土日ともにマイナス0秒3だった。まずここまで4日間の馬場差を確認すると、開幕週がマイナス1秒5、先週がマイナス1秒4と安定している。
 この開催1週目は近年の夏の新潟芝としては異例の高速馬場だった。さらに先週月曜日に芝を刈っているが、そこから日にちが経って芝が伸びていますから、そういう事もあって1週目より高速化する事はなかった。むしろ少しだけ時計が掛かるようになっているが、高速馬場である事は変わらない。この開催は6週全てAコースを使用するが、雨の影響を直接受けなければ馬場差マイナス1秒以上の速い時計が出るコンディションが続きそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800mは全てプラス0秒4。1200mは全てマイナス0秒3。
 土曜日まで全く雨が降らなかったが、土日ともに朝の含水率は1週目とほぼ同じだった。仮にほったらかしなら、1週目より乾いてしまうはずだが、馬場管理のために水をまいているので、このようになる。含水率が同じなら、時計の出方が同じになるとは限らないが、先週の新潟ダートは1週目と時計の出方が全く同じだった。日曜の午前中に少し雨が降ったが、時計の出方に影響が出るほどではなかった。先週は1800mで先行馬があまり強くないとか、超ハイペースになったなどの理由で差しがよく決まっていたが、差し有利の馬場とは言えないと思う。


  タイム分析
 2018/08/04 (土)  芝=-1.4 / 直線=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ミディオーサ    牝2 未勝利 1:35.1 -0.2 -0.3 +0.6 -1.1 D C 7.43
2R T1000 クロムウェル    牡2 未勝利 0:56.6 +0.4 --- +0.7 -0.3 D D 8.44
5R T1600 サムシングジャスト    牝2 新馬 1:36.6 +1.0 -1.1 +1.0 -1.1 SL C 6.36
6R T2200 ウインスラーヴァ    牡3 未勝利 2:13.0 -1.4 -0.4 -0.3 -1.5 C C 6.30
8R T1400 アウィルアウェイ    牝2 ダリア賞 1:21.6 -0.4 -0.3 +0.3 -1.0 D D 4.50
9R T1800 ロシュフォール    牡3 500万下 1:46.0 -0.5 -0.9 -0.1 -1.3 C D 6.19
10R T2000 グロンディオーズ    牡3 信濃川H1000 1:58.3 -1.0 -0.9 -0.5 -1.4 B C 8.33
 2018/08/04 (土)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 カグヤヒメ    牝3 未勝利 1:54.9 +1.1 --- +0.7 +0.4 D D 8.71
7R D1200 テトラクォーク    牝3 未勝利・牝 1:12.9 +0.3 --- +0.6 -0.3 D C 7.00
11R D1200 オールドベイリー    牡4 越後SH1600 1:10.9 +0.2 --- +0.5 -0.3 D D 7.57
12R D1800 ゴライアス    牡3 500万下 1:53.6 +0.8 --- +0.4 +0.4 D D 9.08

新潟1R 2歳未勝利 
1着 ミディオーサ 通信簿
 1番人気1着だった。中間スクミ(筋肉痛のヒドいやつ)になっていたが、今回の組み合わせなら負けられないという相手関係だった。勝ち方はパッと見、強そうだったが、タイムと上がりには物足りなさが残った。
2着 ベルクワイア 解説危険
 まずデビュー戦がスローペースを先行していながら、ビックリする程伸びず今回は控えて仕掛けを遅らせたが、やはりジリジリとしか伸びなかった。それでも2回続けて結果として2着だが、少なくとも勝ち切るイメージは全くわかない。ジリっぽくなってしまっているのは、距離が長いからという可能性もあるが、スカーレットレディの一族ですから、本質的にはダート向きだと思う。次走でダートに使ってくると圧勝する可能性まであるが、芝で連続2着の馬をダートには使ってこないと思う。
新潟5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟9R 3歳上500万下 注目
 勝ったロシュフォールについて。
1着 ロシュフォール 勝ち馬注目
 4コーナー15番手からの追い込み。っと言っても新潟外回りなので、4コーナーで何番手だったのかは意味は無いが、追って追って追いまくってやっと届いたという追い込みではなくて、ちょっと仕掛けたら楽に突き抜けてしまったという圧勝だった。結局はノーステッキで全くの楽勝。ストライドが大きく、そんなに速くは見えないが、実は速いという大物感のある走りで、底の見えない強さを感じる。この後昇級して1000万下はもちろん好勝負になるでしょうし、その先、つまり菊花賞路線でも面白い存在になりそう。
新潟10R 信濃川特別 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。グロンディオーズが勝って4戦3勝。
1着 グロンディオーズ 勝ち馬注目
 グロンディオーズは先頭に立ってもまだ追い出しを待っているぐらい余裕があって、軽く仕掛けると一気に突き放した。これで4戦3勝となったが、負けた1戦も中山の超スローペースで脚を余したような内容だった。広いコースで力を出した場合は負け知らずで、今回も余裕の勝利。菊花賞が見えてきたような気がする。
1着 グロンディオーズ 解説推奨
 全くの楽勝だった訳だが、1000万を楽勝できるようなら、菊花賞トライアルでも足りるだろうという見立て。また、皐月賞とダービーの上位馬が菊花賞路線で必ずしも有力とは言えない年なので、次走が菊花賞トライアルであっても狙えると見た。ストライドが大きいので、3着に敗れた中山内回りのスローなどというレースだと危ない面はあるが、神戸新聞杯なら阪神外回り。セントライト記念でも中山ではあっても外回り。どちらにしても力を出せる舞台のはずなので、それなら好勝負になる。
2着 メルヴィンカズマ 
 2着のメルヴィンカズマは2番手で上手く流れに乗ったが、相手が悪かった。3歳の3月に阪神1800mを1分46秒2で走るなど、能力の一旦は早くから見せていたが、ようやく軌道に乗ってきた。
3着 グレートウォリアー 
 3着グレートウォリアーはよく伸びているが、スタートが悪かったのが最後まで響いてしまった。それでもデビュー当時のジリっぽさは完全に抜けていますし、距離はもっとあった方が良いはず。菊花賞トライアルや菊花賞でも侮れないと思う。
4着 レーヴドリーブ 
 4着レーヴドリーブは前半に行きたがっていた事が影響したにしても、直線で伸びを欠いた。メルヴィンカズマとの比較では、展開負けという部分もあるが、グロンディオーズとグレートウォリアーには完全な力負けだと思う。そうは言っても、牝馬限定戦など少しレベルが下がる組み合わせなら有力ではある。

  馬券Summary
オルフェーヴル産駒の1勝目
 3月にこのコーナーで3歳の3月・4月に勝ち上がる馬が多い種牡馬を取り上げて、オルフェーヴル産駒にもその気配があると述べたが、どうなったのか?という検証をする。
オルフェーヴル産駒の1勝目
まず表をご覧いただくが、この表は現3歳世代の新馬戦・未勝利戦に限ったモノ。やはり3月に多く勝っていて、4月は2着が多いがあまり勝てなかったが、5月・6月の勝率が高い。1勝目が遅い種牡馬の産駒というのは、1勝目が遅くても勝ち上がれば続けて好走する事が多い。3月に5戦目で勝ち上がったレーヴドリーブは続く500万も連勝した。6月に3戦目で勝ち上がったダノンフォワードは、次の500万はハイペースの逃げで4着だったが、昇級2戦目にアッサリ勝った。この手の晩成タイプの産駒が多い種牡馬の場合、産駒の1勝目が遅いからと言って、昇級後に軽視すべきではないというのが、馬券作戦の1つになる。だがしかし、オルフェーヴル産駒のこの勝ち上がりが遅いという傾向が、今後も続くかどうかは今のところ不明ではある。と言うのも、社台スタリオンステーションだが、社台グループの大物種牡馬と言うのは、2年目の産駒でガラッと傾向が変わる事がある。恐らく種牡馬別の育成手法が確立されるんだと思うが、この件は来週取り上げる予定。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26