2018年4回中京5日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開催が進むにつれて時計が掛かっていた。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響で土曜は稍重に近い馬場状態。日曜もあまり乾かず、馬場が傷んだ分土曜より時計が掛かるようになった。1200mでスローペースとなった土曜11Rを除くと、後ろからの差し馬が多く好走しているが、内を通ると伸びないという事ではなかったはず。内を通って伸びて来る馬もいた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒7からマイナス0秒4の間で推移していた。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響で、土曜は稍重。日曜は乾いて良馬場だが、日曜も表面は乾いているものの、中の方は水分が多く土曜と時計の出方は変わらなかった。同じ週の稍重と良で時計の出方が全く同じだったということが注意点となる。


  タイム分析
 2018/12/15 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
6R T1600 トロイメント    牝2 未勝利・牝 1:34.7 -1.3 --- -0.6 -0.7 B C 8.80
9R T1400 メモリーコロネット    牝3 500万下 1:21.4 -0.1 --- +0.5 -0.6 D C 7.00
11R T1200 グランドボヌール    牡4 中京日経1000 1:08.4 -0.3 -0.2 ±0 -0.5 C D 9.72
12R T2000 レッドレオン    牡3 栄特別500 2:02.1 +1.1 -0.5 +1.5 -0.9 SL B 5.31
 2018/12/15 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 オールミラージュ    牡2 未勝利 1:26.9 +0.4 --- +0.8 -0.4 E D 9.71
2R D1800 カリーニョミノル    牝4 500万下・牝 1:53.9 +0.3 --- +0.8 -0.5 D D 8.47
3R D1200 メイショウラケーテ    牡4 500万下・若 1:12.5 ±0 --- +0.3 -0.3 D D 4.67
5R D1800 グトルフォス    牡2 新馬 1:56.5 +0.8 --- +1.3 -0.5 E C 7.42
7R D1400 クリムズンフラッグ    牡3 500万下 1:25.1 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 8.86
8R D1800 スズカフューラー    牡4 500万下 1:53.7 +0.1 --- +0.6 -0.5 D C 6.57
10R D1400 オーヴァルエース    牡2 寒椿賞500 1:25.6 -0.1 --- +0.3 -0.4 D B 6.54

中京1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
2着 シンゼンマックス 通信簿
 1番人気2着だった。馬群の中での競馬。危うい雰囲気だったが、メンバー的に恵まれたこともあり、何とか2着に。次も信頼まではどうか。
中京3R 3歳上500万下 注目
 3着だったリュウシンベガスについて
3着 リュウシンベガス 
 スタートで出遅れて後ろからになったが、直線での伸びは目立った。それも内に刺さりそうになるのを、右手綱を外へ引いて修正しながらその合間に右打ちを入れるという、まぁ窮屈な追い方になりながらで、ゴール地点でもまだ脚は残ってるように見えた。中央再転入初戦の前走は、芝からスタートの中京ダート1400m。やはり出遅れてさらに芝でダッシュがつかず、かなり押して追い上げたが、末脚が残っていなかった。スタートから全てダートの今回は出遅れたものの、その後の追走は楽で、なおかつ1400mよりも1200mに適正がある模様。まだ人気にはならないはずなので、次走もダートスタートの1200mなら買い目には入れておきたい。
中京5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中京6R 2歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。トロイメントは中京芝1600mでは2着・3着・1着と全て馬券圏内に入っている。
1着 トロイメント 
 スタート直後からしばらくカーブが続く、中京芝1600mは前半が遅くなるのは普通だが、このレースは前半が35秒1-46秒9。そして後半が47秒8-35秒8。このコースでは珍しい前傾ラップになった。差し馬向きのペースで、トロイメントが差し切って圧勝した。母の父がダンチヒ系で、父はダイワメジャー。速い流れに強いのは納得で、ハイペースで展開が向いたから勝ったというよりも、ハイペースに対する適性が高いんだと思う。昇級後もスローの瞬発力勝負に対応できるかどうかが鍵になるが、クラスが上がってペースが速くなるのであれば、それは歓迎だと思う。
2着 トロハ 
 2着以下は4馬身以上離された。2着トロハは4コーナーで早くもステッキが入っていたんですがしっかり伸びた。まぁ最後にジリっぽくなったのは、ワークフォース産駒らしいが早めに脚を使っていても、止まりはしないというところもワークフォース産駒らしい。本当はもっと長い距離でなおかつ、ペースが速くなるのが理想のはずで、そうすれば勝ち切れると思う。
3着 ドナブライドル 
 3着のドナブライドルは直線でジョッキーが手前を変えさせようとしてもなかなか変わらずもたもたしていたが、手前を変えてからは伸びた。不器用な感じはするが、キャリアが浅い。これからスムーズに手前を変えられるようになれば、チャンスが来ると思う。
12着 ハナイロコマチ 
 そして1番人気のハナイロコマチは12着だった。ハイペースの先行だったので仕方ないが、2歳のこの冬に12キロも体重が減っていたのは気になる。立て直しが必要かもしれない。
中京10R 寒椿賞 
11着 ブルスクーロ 通信簿
 3番人気11着だった。今回はダートに参戦。単純に合わなかった感じ。芝なら見直せる。
中京11R 中京日経賞 注目
 8着だったアクセラレートについて。
8着 アクセラレート 
 今回が初めての1200mだったのですが、前半600m 34秒6、後半600m33秒8という超スローペースになってしまった。まぁ結果は当然のように行った行ったの先行決着。この展開で4コーナー最後方から届くはずがないが、最後は猛然と伸びていた。1200mではそもそも距離不足でしょうし、さらに今回超スローペースだったので脚を余している。1400mでもハイペースにならなければ届かない馬ではあるが、脚があることは改めて示した。人気にはならないタイプなので1400mでハイペースになると予想できる組み合わせなら、買っておきたい。
中京12R 栄特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
 8/12の札幌5Rの2歳新馬戦で5番人気のブラックタイド産駒ポベーダテソーロが2着となって、このレースはBランクだった。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
私はブラックタイド産駒はあまり人気がなくても、新馬戦で好走することが多いが、新馬戦2着の次走は連対率30%を切っているので、その傾向は頭に入れておきたいと言った。で、そのポベーダテソーロは次走5頭立ての3番人気で4着だった。同じ週に新潟の新馬戦で2着だったブラックタイド産駒のマイネルエキサイトは、次走3番人気で勝ったので、まぁ引き分けという感じだが、ブラックタイド産駒は新馬戦は走るが、新馬戦で好走したら次が危なっかしいというのは本当か?という検証を行う。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
まずブラックタイド産駒の新馬戦の成績から。連対率11.3%が高いかと言うと微妙だが、実は5回しか1番人気になっていないことを考えれば好成績だと言える。そして2016年生まれ、つまり今の2歳世代は連対率が18.5%に上っている。2016年生まれが種付けされた2015年というのは、キタサンブラックが3歳の年で、種付け頭数が増えて繁殖牝馬の質も上がっているためだと思われる。で、ノーザンファームの生産馬・育成馬はというのは、もう血統が何であれ、新馬戦の好走確率がものすごく高いので、このノーザンファーム生産馬に限ったデータをおまけのようなモノだが、この現2歳世代からノーザンファーム生産馬が増加して、その馬たちが新馬戦を勝ちまくって、2歳世代全体の成績を押し上げていることがわかる。ちなみ、先週ブラックタイド産駒が新馬戦に4頭出走して、全て4着以下だったのだが、全てノーザンファームの生産馬ではなかった。
 ここからが本題の新馬戦で好走したブラックタイド産駒の次走だが、まぁ分かりやすく新馬戦に2着馬の次走を調べた。勝率は全体と比べて大きくは変わらないが、連対率は明らかに低い。以上をまとめると、ブラックタイド産駒は人気があまりなくても、新馬戦を好走する事が多いので、積極的に買うべきだが、新馬戦で2着や3着になった場合、次走の信頼度はあまり高くないので取り扱いに注意ということになる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26