2018年2回新潟1日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5。直線1000mは土日ともにマイナス0秒4だった。
 新潟の馬場開設に入る前に先週からJRAのホームページで朝の含水率が発表される事になった事に触れておく。これがレース毎に発表される訳ではないので、例えば先週日曜の小倉のような状況になると、その発表された含水率がそのままストレートに何かの役に立つという事はないが、土曜と日曜の馬場差が違うのかどうか、それを判断する材料の1つになるとは思う。そして先週の新潟芝の含水率、あくまでも朝一の含水率だが、これが土曜のゴール前が11.9%、4コーナーが13.9%。そして日曜の朝もゴール前が11.9%、4コーナーが13.9%と全く同じだった。他の条件にも特に違いはないので、土日の馬場差は同じで、2000m対象がマイナス1秒5。直線1000mがマイナス0秒4だった。夏の新潟1週目としては2012年以降で最も速い時計が出るコンディションだった。開催前のエアレーション作業とシャタリング作業によって、1週目でもそれほど高速馬場ではなく、しかし開催が進んでも直線雨の影響を受けなければ、馬場差があまり変わらないというのが、近年の夏の新潟の芝の傾向だったが、果たしてこのままこのマイナス1秒を超える馬場差が続くのかどうかは、2週目以降の注目点の1つとなる。今年も夏の新潟は6週全てAコースで行われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。
 朝の含水率は土曜がゴール前が2.3%、4コーナーが1.9%。日曜はゴール前2.8%で4コーナー1.7%。かなり乾いていたが、その割には極端に時計が掛かるコンディションではなかった。勝ち馬に関しては大半が4コーナーで前に取り付いていた馬。これは新潟のダートらしい決着が多かった。


  タイム分析
 2018/07/28 (土)  芝=-1.5 / 直線=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 ナーゲルリング    牝2 未勝利・牝 1:22.8 -0.2 -0.2 +0.7 -1.1 D C 8.17
4R T1200 セイウンアカマイ    牝3 未勝利 1:09.0 -0.6 --- +0.3 -0.9 D C 7.64
5R T1400 グレイシア    牝2 新馬 1:21.6 -1.6 --- -0.5 -1.1 B C 9.46
7R T1800 ウェストブルック    牡3 未勝利 1:46.5 -0.8 -0.8 -0.2 -1.4 C D 6.90
9R T1000 ジュリーハーツ    牝3 閃光特別500 0:54.9 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 9.47
10R T1600 ヴゼットジョリー    牝4 月岡温泉1000 1:33.3 ±0 -0.9 +0.3 -1.2 C C 7.80
11R T2000 グローリーヴェイズ    牡3 佐渡SH1600 1:56.6 -2.0 --- -0.5 -1.5 B C 8.80
 2018/07/28 (土)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 ニシノフルバンク    牡2 未勝利 1:13.6 +0.4 --- +0.7 -0.3 D C 6.40
3R D1800 リンガスビンゴ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +1.2 -0.6 +0.2 +0.4 C C 7.50
6R D1800 ケイツーリラ    牝3 未勝利 1:54.8 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D 7.20
8R D1200 クイーンズテソーロ    牝3 500万下・牝 1:11.6 -0.3 --- ±0 -0.3 C C 6.93
12R D1200 モルゲンロート    牡5 500万下 1:11.1 -0.8 --- -0.5 -0.3 B C 7.71

新潟2R 2歳未勝利 注目
 4着のアンジェリーブル。
4着 アンジェリーブル 
 新馬戦に引き続いて今回もダッシュ一息だったが、ゲートを出た一歩目でトモが下に沈んでしまって、ダッシュがつかないというのは新馬戦と全く同じだった。つまり、まだトモに力がついていないという事だが、2着だった新馬戦、そして今回と直線ではしっかり伸びている。という事がわかったところで、次走の扱いは難しいが、今のままだと前半にまた置かれてしまうので、連下級という扱いだが、この先スタートダッシュがつくようになったら、それは本格化したという兆しなので、それは見逃さないようにしたい。
新潟5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。グレイシアが後続に6馬身以上の差をつけて逃げ切った。600m通過34秒2だが、スタートから最初の直線が長い新潟1400mでは、これは超ハイペースでは無い。
1着 グレイシア 勝ち馬注目
 それでも全体のタイムが速くなるラップではあるが、勝ったグレイシアはほとんど持ったままの楽勝。追えばかなりのタイム短縮が望めますし、距離も少なくとも1600mまでは全く問題ないだろう。
2着 グリーンティー 
 2着のグリーンティーは一気に突き放されてしまったが、止まってはいない。普通の組み合わせの未勝利戦なら上位候補となる。
3着 ミチビキ 
 3着ミチビキはスタートが遅く、さらに押しても押してもなかなかスピードに乗れなかったが、後方から短い直線で一気に伸びて来た。新潟なら外周りの1800m辺りが合いそうですし、勝つだけの能力はあると思う。
4着 ミトロジー 
 1番人気で4着のミトロジーは伸びを欠いた。レース前に喉にちょっと弱さがあるというコメントが出ていたので、その点が気になる。
新潟11R 佐渡S タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。3ヶ月ぶりの実戦だった3歳馬グローリーヴェイズが2勝目を上げた。前半1000mが57秒7と新潟外周りとは思えない程のハイペースになった事が好タイムになった要因の1つ。
1着 グローリーヴェイズ 勝ち馬注目
 この勝ったグローリーヴェイズは、1000m通過の時点で先頭からおよそ1秒差あった。つまり、この馬は前半58秒7ぐらい、そして後半を57秒9ぐらいで走っていて、非常に優秀な内容。また、3歳夏に中距離の1600万下を勝った馬は大体秋には、重賞で活躍するので、秋が楽しみになる。
2着 ベアインマインド 
 その後2着から5着までを牝馬が占めた。2着のベアインマインドはスローペースに強いという成績で、スローだろうと思って本命にしたらハイペースになってしまったが、この速いペースを3番手で追い掛けての好走。2年ぶりの新潟だったが、新潟ならハイペースでも大丈夫という事かもしれない。とてもまぐれとは思えない内容なので、次走も新潟なら注目。
3着 アッフィラート 
 3着のアッフィラートはジワジワとしぶとく伸びて来た。2000mでは勝っていないが、直線の長いコースの2000mは合うという走りだった。
4着 サンティール 
 4着のサンティール唯一の降級4歳馬だが、1600万下での連対は全て牝馬限定戦で、1600万下を勝った時はEランクの遅いタイム。降級4歳馬であっても、信用ならないという戦歴だったので、これはちょっと今回に関しては妥当な結果だろうと思う。
新潟12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。モルゲンロートは好走しながらなかなか勝てなかったが、降級10走目で勝った。
1着 モルゲンロート 
 モルゲンロートはこれまで1200mに出た時だが、1200mでは忙しいというレース内容が多かったが、今回は楽について行けて、4コーナーから直線入り口にかけて1番外へ出す余裕があった。キャリア豊富な5歳馬で、急激に強くなる、今更という風にも思わないが、同じようなレースができれば1000万下でも上位に来れるかもしれない。
2着 ヤマイチジャスティ 
 勝ち馬から2馬身半以上離された。2着のヤマイチジャスティは安定して上位には来るが、とても勝ち切る余裕には見えないレースが続いているので、次走も連下級という紹介になる。
3着 シセイタケル 
 3着のシセイタケルは出遅れたが、差し馬向きの流れで、直線でも進路が前が開けていた。毎回のように出遅れるので、次走も信用ならないが、ダートの1200mがベストであるという事は確かの模様。

  馬券Summary
札幌のモレイラ
 J.モレイラ騎手が先週から短期免許で騎乗して、土日で7勝2着2回3着2回4着以下6回。特に土曜日はほとんど何でも来ちゃうという状態だったが、得意とか不得意はある模様。これまでも日本では札幌での騎乗が多くて、今年も主に札幌で乗るはずなので、先週までの札幌のコース別の成績を出すと、このようになっている。
札幌のモレイラ
連対率50%を超えるのがダート1700m・ダート2400m、そして芝1500m・芝1800m・芝2600m。距離が長い方が成績が良いとも取れるが、私はコーナーが多いコースが得意なのだと推測する。勝つときのレース運びを見ると、4コーナーの手前からスーッと上がって来て、直線入り口で先頭というパターンが多い。直線入り口で先頭というのが勝ちパターンなのは当たり前と言えば当たり前だが、これはいつも最初から先行している訳ではなくて、コーナーで上がって来る事が多い。コーナーでロス無く馬に負担をかけずに加速するのが上手いので、コーナーが多いコースで成績が良いのだと思う。ただし、コーナーが4つあるコース形態でも、芝の2000mはあまり良くない。っと言っても普通の基準ならすごい連対率だが、芝2000mはスタートから最初のコーナーまでが長くて、全体に占めるコーナーの割合が多くない。得意箇所が少ないという事、それが原因じゃないかと思う。今週以降もまぁモレイラさんが乗っているというだけの理由で、全て人気になりそうだが、信頼度が極めて高いコースと、信頼度が普通になるコースがあるという事は知っておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26