2018年5回阪神7日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナス1秒台だったが、先週は一転してプラスの数値になった。
 先週からBコースに移ったが、仮柵移動よりも雨で稍重になった影響の方がかなり大きくて、1週前と比べると一気に時計が掛かるようになった。とは言え、時計の出方はまだ水準に近いが、力のいる馬場だったという印象。土曜はまだ内の芝の状態が良く、外を通った差し馬は力のいる馬場で切れ味を発揮できず、前残りが頻発したが、全体が傷んで土曜よりさらに時計が掛かるようになった日曜は前に行った馬の失速具合が土曜より激しく、結果的に差し馬の好走が多くなった。なお、土日ともに雨が降っているんが、馬場差は1日を通した数値。で、次の開催まで中4日しかないので、28日は仮に良馬場でも3週目までのようなマイナス1秒クラスの馬場差にはならないと予想する。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス2秒8だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが先週だけはマイナス2秒8で、3週目までとはかなりコンディションが異なった。
 雨の影響で土日とも稍重だったが、馬場差がなんとマイナス2秒8。極限に近い高速馬場だった。稍重程度の含水率ながら、超高速馬場というのは最も走りやすいんだと思われ、重や不良の高速馬場の時以上に前残り傾向だったが、それでも所謂行った行ったの決着はそう多くはなかった。なお、土日ともに雨は降っているが、馬場差は1日を通した数値。


  タイム分析
 2018/12/22 (土)  芝=+0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ブランノワール    牝2 未勝利・牝 1:36.6 +0.8 -0.7 ±0 +0.1 C C 6.13
4R T1400 ランスオブプラーナ    牡2 未勝利 1:23.0 -0.1 --- -0.2 +0.1 C C 8.36
5R T1800 グラディーヴァ    牝2 新馬 1:49.9 +1.1 -0.8 +0.2 +0.1 C C 9.00
7R T2600 ナムラマル    牡4 500万下 2:41.1 +1.5 -0.3 +1.1 +0.1 E D 6.20
9R T2400 パリンジェネシス    牡4 江坂特別1000 2:29.7 +3.3 -0.7 +2.5 +0.1 SL C 3.30
11R T1400 ダイアナヘイロー    牝5 阪神カッG2 1:21.1 +0.6 --- +0.5 +0.1 D C 8.15
 2018/12/22 (土)  ダ=-2.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ペイシャクレア    牝2 未勝利 1:25.0 -1.3 --- +0.9 -2.2 E C 9.00
2R D1800 ハギノオムイデアル    牡2 未勝利 1:52.9 -2.1 -0.3 +0.4 -2.8 D D 6.73
6R D1400 メイショウウズマサ    牡2 新馬 1:24.4 -2.1 --- +0.1 -2.2 C C 7.50
8R D2000 サマーサプライズ    牡4 500万下 2:02.7 -3.8 --- -0.7 -3.1 B C 7.06
10R D1800 オルナ    牡6 摩耶SH1600 1:48.5 -3.0 --- -0.2 -2.8 C D 7.81
12R D1200 プレシャスルージュ    セ6 1000万下 1:09.0 -2.7 --- -0.8 -1.9 A D 9.00

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。4着のセデックカズマと5着のエスシーバスターについて触れておく。
4着 セデックカズマ 
 まず4着のセデックカズマ、直線で内にいたら進路がなくて、外に出して伸びたものの完全に仕掛け遅れだった。この2頭には明確な範囲があり、特にセデックカズマは前走Cランクのレースで2着と能力の裏付けもある。ということで、次走で巻き返す可能性はかなりある。
5着 エスシーバスター 
 そして5着のエスシーバスターだが、直線でしばらく前が壁になっていて、そこから狭いインの方に突っ込んで行くが、バテて下がって来たアルバリズムと接触してブレーキ。そこで切り抜けて、立て直して最後も切り抜けて来たが、最後はもう追っていなかった。Eランクのレースではあるが、この2頭には明確な範囲がある。
阪神4R 2歳未勝利 注目
 2着だった番組注目馬のエクレアスピードついて。
2着 エクレアスピード 
 なんか上にジャンプするようなスタートで、まさかの出遅れ。不本位な位置取りになってしまったが、まぁ外に出した差し馬がほとんど来れなかった土曜日の阪神芝でしっかり伸びて来た。内回りでレースの上がりが12秒1-12秒0-12秒1ですから、差しやすい流れでもなかった。ということで、これはもう能力の高さだけで2着に来たというレース。次走はスタートが正常なら先行すると思うが、このような形になっても走れたのは収穫。距離は1400mまでだと思うが、どうせ次走も1400mでしょうし、逃げにこだわらなくても良くなったのは、強みになる。
2着 エクレアスピード 解説推奨
 完全タイム差マイナス1秒0だった前走は逃げていたので、前走と同じだけ走ることが期待できない状況に、出遅れてなってしまって頭を抱えたが、地力で2着に来てくれた。出遅れ癖がある馬ではないので、次走は正常なスタートを期待できますし、京都内回り1400mなら条件も悪くないので、勝つ確率は高いと思う。再び番組注目馬にして良いレベルだと思うが、今回のタイムが高レベルではないので、こちらに回した。
阪神7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。サマーサプライズが先手を取って直線に入って行く。その後2番手にアールスターが粘っていたが、内を突いてイベリアが伸びて来る。そしてイベリアがアールスターを交わし、2番手に上がって前を追って来るが、先頭のサマーサプライは抜かせなかった。
1着 サマーサプライズ 勝ち馬注目
 サマーサプライズが今回は逃げ切った。超高速馬場なので、1000m通過59秒8でも超ハイペースではないが、逃げ切ったサマーサプライズは豊富なスタミナを誇示するような勝ちっぷりだった。最後に並びかけてイベリアを突き放している。ダート1900m以上では実に安定しており、1900m以上なら1000万でも上位可能。
2着 イベリア 番組注目馬
 そして2着のイベリアは、ゲート練習の効果もあって、好スタート。差せそうな勢いで差せなかったが、これは勝ち馬が強すぎただけだろう。連続2着だが、大幅にタイム短縮。チークピーシーズの効果なのか、気を抜いたりするところもなかった。次走も有力。
3着 アールスター 
 そして3着のアールスターは初ダートだった。ロードカナロア産駒にダート2000mのイメージは全くないが、母の全姉がキョウトシチー。アーモンドアイもそうだが、母の影響が強く出たロードカナロア産駒は距離をこなす。で、母方の影響でダート適性も高いという事。
4着 ナムラキヌ 
 そして4着のナムラキヌは直線に入ったところで、真横に移動するように外へ出して、そこで一旦スピードが鈍ったが、体勢を立て直してよく伸びた。人気薄だったが内容は良く、ダートの長めの距離に適性があるので、次走もダート1900mなどなら侮れない。
阪神9R 江坂特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R 阪神カップ 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。スタートでムーンクエイク・サトノアレスらが遅れた。一方、ダイアナヘイローが内枠から先手を取った。ダイアナヘイローが好スタートを切って逃げ、前半34秒8から46秒2。そして後半が46秒3の34秒9という、まぁ見事な平均ペースで逃げ切った。2番手追走のミスターメロディがそのまま2着。前が止まらないと言うより、外に出した差し馬が伸びあぐねているという直線の風景だったが、最初から内ラチ添いを走って、直線でも最内を伸びて来たスターオブペルシャが3着に入った。1番人気のジュールポレールは直線で内の方に切れ込んで来てから伸びたが、まぁ内回りでは5着までだった。
1着 ダイアナヘイロー 
 ダイアナヘイローが逃げ切って、重賞3勝目。ダイアナヘイローはハンデが55.5キロだった1週前のタンザナイトステークスを回避して、定量戦のここへ出走した。とは言え、55キロ以上では重賞でこれまで2着以内に来たことがなかったが、上手く平均ペースに持ち込めたこともあって、55キロを克服した。京阪杯のでの3着も含め、もう斤量は死角ではなくなった模様。
2着 ミスターメロディ 
 勝ち馬に半馬身差でミスターメロディが2着、内から追い上げたスターオブペルシャが3着だった。2着ミスターメロディは先行有利の展開と内有利の馬場で流れ込んだというそういう印象だが、ダートで2勝しているだけあって、力の要る馬場では強い。時計の速い良馬場への対応が今後の課題となる。
3着 スターオブペルシャ 
 勝ち馬に半馬身差でミスターメロディが2着、内から追い上げたスターオブペルシャが3着だった。そして3着のスターオブペルシャは全く距離損のないコース取りで、直線でも内がぽっかり空いていた。ラッキーな面はあったが、1400mでは安定している。
5着 ジュールポレール 
 1番人気で5着のジュールポレールは互角のスタートだったが、前半から追っつけ通しで、それでいてどんどん位置が下がった。もう根本的に1400mは忙しい。3番人気で6着のケイアイノーテックも同じようなレース内容で、1600mが得意なディープインパクト産駒というのは、短距離だとこうなるケースが多い。
6着 ケイアイノーテック 
 1番人気で5着のジュールポレールは互角のスタートだったが、前半から追っつけ通しで、それでいてどんどん位置が下がった。もう根本的に1400mは忙しい。3番人気で6着のケイアイノーテックも同じようなレース内容で、1600mが得意なディープインパクト産駒というのは、短距離だとこうなるケースが多い。
14着 ムーンクエイク 
 そして14着のムーンクエイクは大きく出遅れ、一気に追い上げたら抑えが効かなくなってしばらく口を割っていて、前半でかなりエネルギーを消耗した。そして4コーナーでは馬群の中を通って追い上げようとして、アクセルを踏んだりブレーキをかけたりの繰り返し。これでは直線で脚が残っていないのは当然で、参考外と言えるちぐはぐなレースだった。
阪神12R 3歳上1000万下 タイムA
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。1番人気のヤサシサが外枠から逃げたが、直線に入って勢いがなくなる。変わって2番手にいたプレシャスルージュが先頭に立ち、後続との差を広げて1着。3馬身差でカズマペッピーノが2着。その内でオンリーワンスターが3着だった。
1着 プレシャスルージュ 
 プレシャスルージュが今回はブリンカー初装着だった。プレシャスルージュは芝1600mからダート1200mへの大幅な条件変更。更に初のブリンカーで一変した。ダート1200mで1000万下を勝ったことがある馬なので、まぁ能力を発揮すればこのぐらい走って不思議ではありませんし、同じだけ走れば1600万でも好勝負になるが、今回色々とショックを与えて一変しただけに、次も同じだけ走れるかとなると、うーんと考え込んでしまう。
2着 カズマペッピーノ 
 そして2着のカズマペッピーノは勝ち馬には離されたが、2着争いになってからがしぶとかった。1400mでは長くて逆に1000mではスピード負けすることも多いが、1200mでは安定しており、次走も1200mなら好勝負。
3着 オンリーワンスター 
 そして3着のオンリーワンスターは1000万では苦戦が多かったが、差す形が身についてきたと見るべきだろう。ただ今回、内枠から内を通って全くロスがなかったので、次走はまだ半信半疑。
10着 ヤサシサ 
 一方、1番人気のヤサシサは10着だった。ヤサシサは勝ち馬にマークされて厳しくなったのは確だが、まぁそれにしても止まりすぎ。中山で好走してから中2週というのが堪えたのではないかと推測する。これまでですね中2週で好走したこともあるが、間隔を開けた時の好走の方が多い。

  馬券Summary
ノヴェリスト再び
 今年8月にノヴェリスト産駒の傾向を取り上げた。初年度産駒である現3歳世代の1勝目の月別成績が11月0勝、12月1勝、1月0勝、2月0勝となっており、寒い時期が苦手としたが、初年度産駒の1勝目に絞った傾向にすぎないので、本当に寒い時期が苦手なのかを追跡調査した。
ノヴェリスト再び
先週終了時点での何ら条件をつけてない、ノヴェリスト産駒の月別成績は11月から12月にかけて一気に落ち込んでいる。昨年の11月は未勝利だったんですが、今年の11月は3勝していて、もしかして寒い時期が苦手ということはないのかと若干不安になったが、12月になって昨年同様の落ち込みを見せている。年が明けて1月・2月も不振が続きそうだと思う。
ノヴェリスト再び
また、ノヴェリスト産駒はダートが得意ではなくて、ただでさえ寒い時期が苦手なのに、そこにダートのレースが増えるので、ますます成績が低下するとした。その後も相変わらずダートでは不振で、ダートでは203戦して8勝2着14回。連対率10.8%あるが、ダートの次に芝に出走すると35回やって2勝2着4回で連対率が17.1%。ダートから芝に変わった時が、一つの狙い所となる。最後にちょっとある馬だが、9月に札幌の未勝利戦はAランクで圧勝したノヴェリスト産駒のライデンシャフト。10月の重賞アルテミスステークスでハイペースの逃げながら、0秒9差だったが、12月の500万では2秒5も負けてしまった。この大敗の原因が、もう冬が苦手なノヴェリストに由来するものだとすると、春に暖かくなった頃に復活することがありそう。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-