2018年4回阪神5日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週は阪神も3日間開催で、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、月曜がマイナス1秒6だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどはマイナスの数値だが、4日目までは全て変動で、雨の影響を受けている。そして5日目はマイナス1秒6で、この開催前半では最も速い時計の出るレベルだった。
 金曜に11.5ミリの雨が降った。土曜朝は稍重発表。昼過ぎに良に回復した。ただ、先々週の雨も下の部分には残っていて、それなりに時計は掛かっている。土曜は変動で、マイナス0秒5からスタートして、12R時にマイナス0秒9まで持ち直した格好だった。日曜以降は乾いて速くなって行く推移。それでも日曜朝の含水率は、ゴール前が10.5%、4コーナー12%としっとりめで、終日良馬場発表でも徐々に高速化して行く変動だった。月曜はマイナス1秒6。秋開催、良馬場の水準に到達している。この月曜の馬場差だけが1日を通した数値。脚質的には平等で、内・外の隔たりもない。今週からの後半2週はBコース使用となる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動、月曜がマイナス0秒2だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、1週目よりは2週目の方が水準方向に動いている。特に1週目は脚抜きが良く、高速馬場で5日目は水準に近いレベルだった。
 金曜の雨で土曜は重発表。11R時は稍重だった。馬場差はもちろんマイナスだが、先々週の超高速ダートとは勝手が違って、マイナス1秒1から始まって中盤から後半にかけて、マイナス0秒台に時計を要してきた。芝同様に日曜・月曜と乾きが進んで行く経緯。終日稍重発表の日曜でも、馬場差は変動でマイナス0秒6から始まり中盤でマイナス0秒4だった。良馬場発表の月曜はマイナス0秒2。水準近くまで時計が掛かって行っている。脚質的な偏りはなくて、追い込んで勝った例も5鞍あった。


  タイム分析
 2018/09/17 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 カセドラルベル    牝2 未勝利 2:00.8 -1.8 --- -0.2 -1.6 C D 3.13
4R T1800 エールグリーツ    牝3 未勝利 1:46.7 -1.1 --- +0.3 -1.4 C B 7.67
5R T1400 ニホンピロヘンソン    牡2 新馬 1:21.9 -1.5 --- -0.4 -1.1 B C 5.18
7R T1600 エイシンルカーノ    牡4 500万下 1:33.9 -0.7 --- +0.6 -1.3 D C 8.88
9R T2400 メイショウカミシマ    牡4 甲武特別500 2:28.1 +1.0 -1.1 +1.8 -1.9 SL C 5.25
11R T1400 ツーエムマイスター    牡6 仲秋SH1600 1:20.3 -0.7 -0.1 +0.3 -1.1 D C 6.09
 2018/09/17 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 アロゴ    牝2 未勝利・牝 1:26.9 +0.5 --- +0.7 -0.2 D C 7.22
3R D1200 ノボリソング    牝3 未勝利 1:13.0 ±0 --- +0.1 -0.1 C C (6.00)
6R D1800 クリソベリル    牡2 新馬 1:55.3 -0.3 --- -0.1 -0.2 C C 8.45
8R D1800 スズカスマート    牝4 500万下・牝 1:54.4 +1.3 --- +1.5 -0.2 E D 8.33
10R D1800 ホーリーブレイズ    牡4 吹田特別1000 1:52.8 +0.5 --- +0.7 -0.2 D D 5.80
12R D1200 スターカットダイヤ    牡4 500万下 1:11.8 -0.5 --- -0.4 -0.1 B C 6.93

阪神3R 3歳未勝利 
9着 メイショウキョウジ 通信簿
 1番人気9着だった。初ダートでダッシュが鈍く、無理矢理押してハナを切ったが、流石にもたなかった。芝で見直したいが…。
阪神5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。まずはスタート、スタートで3番のクオンタムシフトらが遅れた。一方メイショウオニテが内枠からハナに立って行くが、2番手でマークしていた1番人気のレッドルゼルが並んで行く。その外ニホンピロヘンソンが上がって来て、レッドルゼルを交わして1着となった。そしてクオンタムシフトが追い込んで行き、2番手に上がっての入線となった。
1着 ニホンピロヘンソン 
 この世代のルーラーシップ産駒で芝1400mの新馬戦を制したのはニホンピロヘンソンが初めて。1着ニホンピロヘンソン、前が飛ばす中、離れた4番手の内で折り合いがついて、直線はしっかりと伸びて0秒2差。完勝だった。坂路のみの調教で人気薄だったが、スッキリとした馬体で、馬体に軽さが感じられましたし、稽古よりも実戦に行って良いタイプだと思う。ルーラーシップ産駒で、祖母ニホンピロクリアの系統。これは少し古いが、裾の尾は悪くない。1600mに伸びても対応できると思う。
2着 クオンタムシフト 
 2着のクオンタムシフト、出遅れて後方から。ハイペースに乗じての差し込みで、タイムランクはCになるがマンハッタンカフェの近親で、長く脚を使えそうなタイプ。距離はもっと伸びて良いでしょうし、勝つのに時間は掛からないと思う。
3着 レッドルゼル 
 そのクオンタムシフトから2馬身離された3着が1番人気のレッドルゼルだった。3着レッドルゼル、前半600m34秒0、後半36秒3のハイペース。2番手を少し気負って進んだ分、終いの粘りを欠いた。レースぶりからは1200mでも良いでしょうが、母の全4勝や半姉フィルムフランセの2勝がダートなので、そちらの選択肢もある。スピード上位は証明できたので、どこを使うか。それだと思う。
9着 メイショウオニテ 
 あと9着のメイショウオニテ。ハイペースの逃げと言っても、失速するのが早すぎた気もするが、Forest Wildcatの肌に父がキンシャサノキセキの血統。ダート短距離で一変する可能性も秘めている。
阪神8R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 甲武特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
5着 シェルブルック 通信簿
 3番人気5着だった。超スローペースで上がり34秒台前半が必要になると厳しい。もう少し早めに動いて欲しかったと思うが、北海道の洋芝とは勝手が違った模様。
阪神12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。スターカットダイヤが降級3走目で勝ち上がった。
1着 スターカットダイヤ 
 1着スターカットダイヤ、中京1200mで3着。小倉1000mで2着。月1回を守って大事に使われていて、今回は前半600m35秒0とハナを奪ってペースダウンできた。元々3歳の早い時期に2勝目を上げた実績馬で、このクラスでは格上だが、堅実な反面、近走は粘り不足の印象もあった。Bランクだが、1000万に入るとメンバーと同型馬の存在に注意したいと考える。
2着 スマートアルタイル 
 その後スマートアルタイルがアタマ差の2着だった。2着スマートアルタイルは直線1本で後方から追い込んで来た。アタマ差で同タイム。前走でシンガリ負けの後、立て直した効果があった。レース上がりを1秒1も上回る鬼脚で、流れが落ち着いていただけに、評価できる内容。スタートさえ出れば次走は首位候補だと考える。
3着 エッシャー 
 3着のエッシャー、この馬までがBランク。前走がゲートで暴れて外枠発走。今回は再試験明けで、スタートは決めたが、勝ち馬に内から主張されて控えながらもラストまでしぶとかった。それでも理想は行ききる事には変わりは無くて、逃げる事ができれば、チャンスもあるだろう。

  馬券Summary
今年の京都新聞杯組
 今年の京都新聞杯はタイムランクがB、メンバーランクがC。完全タイム差はマイナス0秒7であと0秒2速ければAランクだった。賞金加算に成功した1着ステイフーリッシュと2着アドマイヤアルバは日本ダービーに駒を進めて10着と9着。敗れはしたが、高レベルで激走した後の反動があったとも考えられる。ここで注目したいのは、その他の上位組が次走でことごとく勝っている点。
今年の京都新聞杯組
 まず3着シャルドネゴールドは3回中京で1000万下を完勝。1600万に上がって先週土曜中山のレインボーSは2着だったが、スローペースで脚を余していた。
4着のグローリーヴェイズ、新潟の1600万下をBランクで快勝。無事なら菊花賞に直行の予定。
5着メイショウテッコンは3歳オープンの白百合Sを逃げ切った後、福島のG3ラジオNIKKEI賞も制した。
6着のユーキャンスマイル、新潟の1000万下をAランクで勝っている。
さらに17着のシンガリ負けを期したタニノフランケルまでもが、小倉の1000万下をBランクで楽勝した。
こうして見ると京都新聞杯組のレベルの高さに驚く。なお、月曜のセントライト記念にタニノフランケルを含めて3頭が出走して、全て着外だったが、これらは京都新聞杯でも着外で、今回人気もなかった。5着メイショウテッコンが既に重賞を勝った事に加えて、それぞれのレース内容に余裕があり、またランクも高かった事から取り上げた馬たちがオープンでも活躍できるのは確かだと思う。これらを今後につなげると共に、上位組ではステイフーリッシュ・アドマイヤアルバ・メイショウテッコンが今週の神戸新聞杯に登録がある。神戸新聞杯にはダービー1着馬・2着馬も登録があって、出走してくればさらにレベルは高くなるが、京都新聞杯組は1角崩しの穴馬として狙っていく価値はありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26