2018年1回東京7日目

開催一覧
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前半2週は水準レベルだったが、後半2週の馬場差は全てマイナス0秒4だった。
 後半2週は全て良馬場発表で、前半2週よりは時計が出やすくなった。ただ、高速馬場と言う程ではなかった。また、最終週については上位馬の脚質に大きな偏りはなかった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6だった。さかのぼって、8日間の馬場差を確認しておくと、前半2週はマイナス1秒0前後で推移していたが、後半2週はプラスの数値となった。
 ダートは前半2週不良か重馬場で、脚抜きの良いコンディションだったが、後半2週は良馬場で、乾いたコンディションになって、やや時計が掛かっていた。連対馬については、大きな偏りはなかったが、緩みのないペースになれば、差し・追い込み馬が台頭していた。


  タイム分析
 2018/02/17 (土)  芝=-0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 バールドバイ    牡3 未勝利 1:48.2 -0.7 -0.4 -0.7 -0.4 B C 7.64
6R T1600 ハーレムライン    牝3 500万下 1:34.6 -0.6 -0.2 -0.5 -0.3 B B 7.00
9R T2000 ギベオン    牡3 フリージ500 2:01.5 +0.2 -0.8 -0.2 -0.4 C C 4.70
11R T3400 フェイムゲーム    セ8 ダイヤモHG3 3:31.6 +1.5 -0.5 +1.7 -0.7 SL D 8.09
12R T1400 リライアブルエース    牡5 1000万下 1:23.0 +1.3 -0.9 +0.7 -0.3 D C 6.38
 2018/02/17 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1300 ロジヒューズ    牝3 未勝利・牝 1:21.0 +1.5 --- +1.1 +0.4 E D 7.06
2R D1400 アラスカノオーロラ    牡3 新馬 1:27.8 +1.4 --- +1.0 +0.4 E D 9.80
3R D1600 スパイスマジック    牡3 未勝利 1:39.3 -0.2 --- -0.7 +0.5 B B 5.86
7R D1400 サクレディーヴァ    牝5 500万下・牝 1:25.0 +0.1 --- -0.3 +0.4 B D 6.77
8R D1600 ピックミータッチ    セ5 500万下 1:38.7 +0.7 --- +0.2 +0.5 C D 7.86
10R D1600 クライスマイル    牡7 白嶺S1600 1:38.2 +1.8 --- +1.3 +0.5 E D 8.38

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。スパイスマジックがダートに転じて2走目で勝った。
1着 スパイスマジック 
 スパイスマジックが2番手から直線先頭に立ったが、外から伸びて来た2頭に一旦交わされる。それでももって差し返して勝つという味のあるレースを見せた。3ヶ月ぶりの休み明けだったが、休み前は初ダートでラムセスバローズの4着。7番人気だったが、ここで通用する素養はあったという事だろう。血統的にはフィリーズレビューを勝ったカラクレナイのいとこに当たる。父が同じローエングリンで、配合はよく似ている。スパイスマジック自身も、今後芝で走る可能性はあるだろう。なお、上のクラスですぐ通用するかはちょっと微妙。特にダートの500万下は激戦区でメンバー次第となるのではないだろうか。
2着 トーホウフライト 
 次走狙うとすると2・3着の2頭。
3着 クリムズンフラッグ 番組注目馬
 次走狙うとすると2・3着の2頭。特に3着クリムズンフラッグは8枠15番から終始外を通らされたのが、最後に堪えた印象。勝ち味に遅い馬ではあるが、次走はそろそろ勝てると思う。
東京5R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより0秒7速く、1800m対象の馬場差がマイナス0秒4だった事を踏まえると、 -0.7-(-0.4)=-0.3 となる。しかしペース補正が0秒4入るため -0.3-0.4=-0.7 で基準より0秒7速い勝ちタイムだった。バールドバイが3走目で勝ち上がった。
1着 バールドバイ 
 バールドバイは好スタートを控えて4・5番手。直線はインに入れて馬群を切り裂くように差し切った。最後は抑える余裕を見せて危なげないレースだった。日本に居るDubawi産駒には短距離馬が多いが、この馬は中距離をこなしていますし、瞬発力もある。これまでの2戦は京成杯4着のライトカラカゼ、ゆりかもめ賞圧勝のブラストワンピースに負けたもので、相手にも恵まれなかった印象がある。上のクラスでもかなりやれるのではないだろうか。
2着 アストラサンタン 
 2着アストラサンタンはレース毎に着差を詰めており、今回は相手が悪かった。次走はそろそろ順番が来るだろう。
3着 ダノンポピー 
 3着ダノンポピーは半年ぶりの実戦を1度使って良くなってきた。上がり最速の脚を使って、あまり伸びない大外から伸びていましたし、次走楽しめる存在ではないだろうか。
東京6R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ハーレムラインが芝1600mで未勝利・500万と連勝。
1着 ハーレムライン 
 ハーレムラインは6戦目。徐々に着順を上げて来たが、今回昇級初戦と相手もメンバーランクBで揃っていて、ここでどうかなと思ったが、ところが2番手から直線先頭に立つと全く問題にしなかった。マンハッタンカフェ産駒で牝馬と言うと、フィリーズレビューを勝った後のエリザベス女王杯の覇者クイーンズリング、それからきらさぎ賞まで3連勝してオークス2着したルージュバックの名が浮かぶ。この馬は先行力があり、レースセンスが良いですから、クラシック戦線でも十分勝負になる器ではないだろうか。
3着 ファストライフ 
 スローで前残りになったが、1頭だけ後方から突っ込んで来たのが3着ファストライフ。上がり最速の脚を使っており、馬群をものともしなかった。次走以降まずは1つ勝って、父スーパーホーネットの名を高めて欲しい。
東京7R 4歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。サクレディーヴァが7ヶ月ぶりの実戦を制した。
 2着ヒルダ以下は3馬身半以上離されてしまった。積極的に狙う材料はないと言わざるを得ない。
1着 サクレディーヴァ 
 サクレディーヴァが2・3番手を進んで抜け出した。前半からこのクラスにしては、速いペースで進んだが全く手応えが楽。直線では大きく引き離してしまった。このクラスは既に昨年3月に勝っていて、6月から7月の降級馬相手のレースでも3着を2回している馬。当時よりはかなり相手が楽になっている今の500万下なら、能力が一枚上だったという事だろう。なお、その前回の勝利は2ヶ月半ぶりで、その次の昇級戦で10着と大敗している。上のクラスで通用するにはクラス慣れが必要だと言えるんじゃないだろうか。
東京9R フリージア賞 注目
 タイムランクCだが、完全タイム差はマイナス0秒2でBに近かった。
1着 ギベオン 勝ち馬注目
 勝ったギベオンだが、新馬戦・今回と2戦2勝。ゲート内でチャカついて出遅れたが、後方からになって道中また掛かるところも見せたが、一旦落ち着くとゆったりと構えて無駄な動きはしなかった。直線は外に出して1頭だけ上がり600m33秒台をマークして差し切り。非常に強いレースだった。新馬戦は2番手でも行きたがっていたが、今回は少し大人になって折り合いがついたのが収穫。新馬でモノ見をしていていましたし、今回も抜け出してからちょっとソラを使っているように見えたが、まだ本気で走っている感じではない。クラシック候補の1頭に挙げても良いと思う。どういうローテーションを取るか、今から楽しみ。
2着 マイネルファンロン 
 2着マイネルファンロン・3着ブレステイキングの2頭は次走にでも勝てると思う。
3着 ブレステイキング 
 2着マイネルファンロン・3着ブレステイキングの2頭は次走にでも勝てると思う。特に3着のブレステイキングは1番を引いて包まれるのを嫌って仕方が無く前へ行ったように見えた。前走のようにじっくり行かせた方が持ち味が出るのではないだろうか。
東京10R 白嶺S タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
9着 イーグルフェザー 通信簿
 2番人気9着だった。ダートの追い込み馬というのは大体そうだが、2走続けて走るような馬ではない。ハマるかどうかはやっぱり展開次第ですので、前走走った馬ほど人気になりますから、消してみたいと。そういう訳で狙い通り。
東京11R ダイヤモンドS タイムSL
 タイムランクはSL・メンバーランクはDだった。前半はグランアルマダが後続を離して逃げていたが、後半後続が差を詰めて行く。1000m通過1分2秒4、2000m通過2分5秒1。ペース補正がマイナス0秒5入ったが、補正しきれずレベルSLとなった。距離を考えるとグランアルマダのペース、超スローではなかったが、3コーナー過ぎに早めに来られて前にいる組は全て厳しくなってしまった。最後は外を通った追い込み馬たちの競馬になって、それでこのフェイムゲーム。強い。この距離では盤石のような気がする。
 前半・中盤が遅く補正しきれず、スローの扱いとする。
1着 フェイムゲーム 
 フェイムゲームが楽々外から抜け出してダイヤモンドS3勝目。この距離だと58.5キロでも関係ない。セン馬ですし、脚元さえ丈夫ならまだまだ長距離界はこの馬の天下が続くんじゃないだろうか。今後ハンデ戦だと59キロ以上背負わされそうなのが、どうかという所。
2着 リッジマン 
 2着リッジマン、長距離は本当によく走る。これでオープン入りした。今後どこまでやるか注目したい。
3着 ソールインパクト 
 ソールインパクトは初めて3000m以上使ったが、むしろ合っている印象。さらに楽しみが増えたと言えると思う。
4着 リッチーリッチー 
 4着リッチーリッチーはまだ準OP馬だが、これだけやれたのは収穫。長距離ならオープンでも狙えると思う。
5着 プレストウィック 
 5着プレストウィックは軽ハンデ馬にやられた印象だが、よく走っている。次走以降も長距離なら面白いと思う。

  馬券Summary
前走・中京芝出走馬の狙いを検証する
 2回前の放送のこの馬券Summaryで、前走2017年4回中京もしくは今年1回中京の芝を使って、「4コーナー5番手以内で9着以内だった馬」が次走芝のレースを使って来た時が狙いではないかという仮説を立てた。その結果、先ほど小倉のタイム分析で挙げた、大牟田特別のように1・2着馬が該当馬で、馬連の穴馬券が出るなど、なかなか結果出ている。しかし、よくよく検証して見ると、実は10着以下の馬でも馬券に結構絡んでいる。また、前走10着以下ですから、これが穴になる。例を挙げる。2/10小倉初日7R4歳以上500万下の芝1200m。前走中京芝1400mで逃げて17着だったタケデンサンダーが今度は9番人気で逃げて2着。1番人気シエルブランとの馬連は5,390円ついた。そして代替開催の13日9R巌流島特別では、前走中京芝で前へ行って10着だったハルクが勝ち、同じく12着だったトーセンアルバータが3着と。1着・3着のワイドでも4,170円ついている。この他この2週間の小倉芝コースにおいて、前走中京芝で4コーナー5番手以内・9着以内だが、4勝2着5回3着1回。単勝回収率109%、複勝回収率68%。単勝は100%行ったがもう一つ。前走中京芝で4コーナー5番手以内・10着以下、これがなんと2勝2着2回3着3回。単勝回収率は147%、複勝回収率が205%という結果が出た。10着以下なので、みんな人気がない。それでこんなに来ますから。明らかに前走着順が悪かった馬の方が良いですから、従ってこの後2週の小倉芝コースでは、「前走中京芝で4コーナー5番手以内でも着順は限定せずに、全て狙う」事にしたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26