2018年2回小倉3日目

開催一覧
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた2日目後半以外は全てマイナス1秒4で、変わりはない。
 2日目に雨の中でレースが行われたので、多少馬場が傷んでいるが、芝の葉っぱの部分がちぎれただけで、根や茎はまだしっかりしているため、先週の時計の出方は初日と同じだった。野芝は根や茎が地面の上を這っているので、夏の小倉や新潟のような野芝オンリーの馬場というのは、根や茎がしっかりしていれば、良馬場で時計が掛かるようにはなりにくい。速い時計が出る馬場状態ではあるが、極端な前残り傾向にはなっていない。馬の能力や展開次第で、前残りになったり差しが決まったりしており、非常に公平な馬場だと感じる。今週、そして来週とAコースが使用され、後半の2週だけBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、雨の影響を受けた2日目後半以外は、水準よりやや速めの時計が出るレベルだった。
 土日とも良馬場だったが、1週目の良馬場の時よりも少し速い時計が出るようになっていた。土日朝の含水率は1週目より少し高かったが、それだけでは0秒2も馬場差が動くレベルではなく、2日目に水が浮く状態になった事で、馬場がリセットされたという面がある。小回りコースのダートらしく、勝ち馬の大半が4コーナーで3番手以内につけていた。


  タイム分析
 2018/08/04 (土)  芝=-1.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 テイエムノサッタ    牝2 未勝利・九 1:09.1 -0.5 --- +0.3 -0.8 D E 3.78
2R T1800 ヤマニンマヒア    牡2 未勝利 1:46.9 -1.8 --- -0.5 -1.3 B C 6.00
4R T1800 センティフォリア    牝3 未勝利・牝 1:46.7 -1.2 -0.3 -0.2 -1.3 C D 8.08
5R T1200 ミヤジシルフィード    牡2 新馬 1:09.2 -0.6 --- +0.2 -0.8 C D 7.11
7R T1200 プリズマティコ    牝3 未勝利 1:08.4 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 9.07
8R T1800 エイシンデジタル    牡3 500万下 1:46.7 -0.4 -0.4 +0.5 -1.3 D D 8.83
9R T2000 センテリュオ    牝3 都井岬特500 1:57.6 -2.3 --- -0.9 -1.4 A C 7.70
11R T1200 エントリーチケット    牝4 九州スポ1000 1:07.7 -0.4 --- +0.4 -0.8 D C 10.56
 2018/08/04 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1700 サンライズローリエ    牡3 未勝利 1:45.2 -1.1 --- -0.8 -0.3 B D 7.27
6R D1700 メイショウハニー    牝3 未勝利・牝 1:47.1 +0.8 --- +1.1 -0.3 E D 8.00
10R D1700 スズカフリオーソ    牡4 指宿特別500 1:44.4 -0.8 --- -0.5 -0.3 B C 7.10
12R D1000 ミスズマンボ    牝5 500万下 0:58.7 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 6.89

小倉2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ヤマニンマヒアがレコードで勝ち上がった。
1着 ヤマニンマヒア 
 デビュー戦で出遅れたヤマニンマヒアは、今回もスタートは速くなかったが、デビュー戦の出遅れよりはマシだった。また、少頭数の外枠だった事も幸いして1コーナーでは3番手につけられた。そして4コーナーで先頭に立って、そのまま押し切り。2着馬に食い下がられたが、内にもたれたりして目一杯には追っておらず、余力はあった。
2着 ミヤケ 
 2着のミヤケは勝ち馬をマークする位置から4コーナーでも着いて行ったが、その時点で手応えや行きっぷりがまるで違った。その割には相手が目一杯追っていないにしても、ゴールまで離されずに食い下がっており、タイムも速い。組み合わせ次第では勝つチャンスはある。
3着 ウインアミーリア 
 ウインアミーリアは2着から7馬身差の3着。近くに馬が居るとダメなのか、内枠からのスタートでダッシュがつかず、最後方になったが、直線で外からよく伸びた。多頭数や内枠に課題はありそうだが、脚は見せている。
小倉3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。サンライズローリエが初めて先手を取る競馬で初勝利。
1着 サンライズローリエ 勝ち馬注目
 サンライズローリエは以前はスタートが悪くて凡走が続いていたが、前走は好スタートから好位につけて3着。そして今回は好スタートから逃げ切った。着順や完全タイム差だけ見ると、今回で一変したようだが、ゲート練習の効果でスタートが良くなり、スタートが良くなった事で小回りコースの1700mで逃げる事ができて、大幅にパフォーマンスが上がったという事だろう。完全タイム差マイナス0秒8と言うのは、Aランクに近い優秀なモノで、次も小倉1700mなら500万でも上位可能。
2着 グーテンターク 
 グーテンタークは連続の2着だが、7馬身差と4馬身差。どちらもBランクのレースなので、着差が大きくても次走は危険とまでは言えないが、次走は有力とも言えない。次走の予想にあたって私はまずグーテンタークに勝てる馬はどれかというのを考えるところから始める。
小倉6R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
小倉9R 都井岬特別 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。スタートだが、センテリュオ・ブライトムーンらが遅めのスタートだった。一方先手を取ったのはドロウアカードで、4コーナーで2番手のオスカールビーが並んで行く。その外1番人気のノーブルカリナンが交わして行くが、直線で外へ出されたセンテリュオが伸びて抜け出し、1着となった。そして2着がノーブルカリナン、3着がオスカールビーという結果になった。
1着 センテリュオ 
 センテリュオが3ヶ月ぶりの実戦を勝って4戦2勝2着2回と連を外していない。今回センテリュオに死角があるとすれば、小回りコースでペースが速くなった場合かと思っていたが、まずスタートが遅く後方から。4コーナーでは膨らまずキレイに回ったが、直線に入ってもなかなかエンジンが掛からなかった。しかし、残り200mを切ると爆発的な伸びで一気の差し切り。勝ってはいるが、脚を余しているような内容で、とりあえず1000万では好勝負になるでしょうし、ローズSでも楽しみはある。
2着 ノーブルカリナン 
 2着のノーブルカリナンは一旦先頭に立ったところで気を抜いたのか、フワフワとした走りになった。以前からこういう面があって今回のタイムは言うまでもなく優秀だが、次走は勝てるとは言い切れない気性をしている。
3着 オスカールビー 
 3着のオスカールビーは小回りコースで先行したとは言え、上々の粘り。上位2頭とは、素質の差がありそうだが、レースは上手い。
4着 ブライトムーン 
 4着ブライトムーンはかなり後ろから追い込んで来たが、まぁいつもこういうレースなので、馬券を買う上では抑えという評価に止まる。
小倉10R 指宿特別 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 スズカフリオーソ 
 スズカフリオーソは以前は気を抜く事が多かったが、ブリンカー着用後は1着・2着・1着。今回は1番人気のメイショウラケーテをマークして、危なげはなかった。1000万でも通用するタイムと内容ですし、半年休んだ後の2走目なので、まだ疲れは出ないはず。夏の小倉のうちにもう1勝があるかもしれない。
2着 メイショウラケーテ 
 そして番組注目馬メイショウラケーテが2着。1400mの前走がハイペースの逃げで、そこから距離が伸びてなだめながらの2番手追走だった。それでも4コーナーでの手応えは良かったが、手応えほどは伸びなかった辺り、1700mは長い模様。次走がまた1700mでももちろん上位候補だが、あくまでも上位候補の一角。間隔を開けて1400mに出てくるようなら、かなり有力だと言える。
3着 フォースライン 
 3着フォースラインは長く脚を使って伸びて来た。ただ、いつもこんな感じのレース内容なので、小倉だと勝ち切るには展開の助けが必要になる。

  馬券Summary
オルフェーヴル産駒の1勝目
 3月にこのコーナーで3歳の3月・4月に勝ち上がる馬が多い種牡馬を取り上げて、オルフェーヴル産駒にもその気配があると述べたが、どうなったのか?という検証をする。
オルフェーヴル産駒の1勝目
まず表をご覧いただくが、この表は現3歳世代の新馬戦・未勝利戦に限ったモノ。やはり3月に多く勝っていて、4月は2着が多いがあまり勝てなかったが、5月・6月の勝率が高い。1勝目が遅い種牡馬の産駒というのは、1勝目が遅くても勝ち上がれば続けて好走する事が多い。3月に5戦目で勝ち上がったレーヴドリーブは続く500万も連勝した。6月に3戦目で勝ち上がったダノンフォワードは、次の500万はハイペースの逃げで4着だったが、昇級2戦目にアッサリ勝った。この手の晩成タイプの産駒が多い種牡馬の場合、産駒の1勝目が遅いからと言って、昇級後に軽視すべきではないというのが、馬券作戦の1つになる。だがしかし、オルフェーヴル産駒のこの勝ち上がりが遅いという傾向が、今後も続くかどうかは今のところ不明ではある。と言うのも、社台スタリオンステーションだが、社台グループの大物種牡馬と言うのは、2年目の産駒でガラッと傾向が変わる事がある。恐らく種牡馬別の育成手法が確立されるんだと思うが、この件は来週取り上げる予定。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26