2018年1回函館3日目

開催一覧
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒6かマイナス1秒5でほとんど変わりが無い。
 週半ば、土曜の夜にも雨は降ったが、その影響はほとんどなくて、速い時計の出るコンディションで安定している。勝ち馬の脚質については、目立った偏りはないが、連対馬という事では差し馬が優勢だった。なお、今週で1回開催は終わるが、来週まではこのままAコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒2かマイナス0秒1でほとんど変わりは無い。
 水準に近いレベルで、時計の出方はほとんど同じ。差し馬がダメという事はないが、前めにつけた馬、内を回った馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/06/23 (土)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 センショウユウト    牡3 未勝利 1:09.4 -0.5 --- +0.4 -0.9 D D 8.92
3R T1800 ブライテストリング    牝3 未勝利・牝 1:47.3 -2.1 --- -0.7 -1.4 B C 6.31
4R T2600 コマノジャスパ    牡3 未勝利 2:40.3 -2.2 -0.3 -0.5 -2.0 B D 5.79
5R T1200 トーセンオパール    牝2 新馬・牝 1:10.3 -0.4 --- +0.5 -0.9 D C 5.70
7R T1200 サラデコラシオン    牝4 500万下・牝 1:08.9 -0.5 --- +0.4 -0.9 D D 10.13
9R T2000 ジェシー    牡3 湯川特別500 2:00.0 -1.2 --- +0.3 -1.5 C C 7.50
12R T1200 ラブローレル    牝6 長万部特500 1:09.1 -0.3 --- +0.6 -0.9 D C 7.47
 2018/06/23 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 マースゴールド    牡3 未勝利 1:47.6 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 7.29
6R D1000 ラブミーリッキー    牝2 新馬 1:01.0 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 7.63
8R D1700 レコンキスタ    牡4 500万下 1:46.0 -0.4 --- -0.3 -0.1 C D 5.80
10R D1000 クリノレオノール    牝4 500万下 0:59.3 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 5.55
11R D1700 リーゼントロック    牡7 大沼S 1:44.4 +0.2 --- +0.3 -0.1 C D 9.27

函館3R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。まずはスタートだが、ややバラけた形でブライテストリング・ブライティアサンバらが遅れた。ハナに立ったのはブライトロージーだったが、4コーナー手前でサクラユニヴァースが並んで行き、先頭を伺う。しかし、その外からブライテストリングが上がって来て、抜け出して差を広げて1着。その後アドマイヤクィーンがサクラユニヴァースを交わして2着に上がったが、前までは差があった。
1着 ブライテストリング 
 ブライテストリングが初めての芝中距離で一変。ブライテストリング、一気に馬群を飲み込んで抜け出した脚は速かった。前半1000m59秒4の平均ペースで、ラスト400mが12秒0-11秒9の加速ラップは非常に優秀。半姉、この馬は3週前のマーメイドSで3着したミエノサクシード。勝ち方・タイム・血統から昇級しても楽しみ。
2着 アドマイヤクィーン 
 2着以下は3馬身半以上離された。2着アドマイヤクィーン、内枠からインコースで上手く脚が溜まった。センスの良さが光ったが、今回は休み明けでまだ4戦のキャリアですから、相手次第でチャンスがあるだろう。
3着 サクラユニヴァース 番組注目馬
 3着のサクラユニヴァースは先行馬には厳しい流れでしたから、勝ち馬に千切られたとは言え、中身の濃い3着と評価して良いと思う。小回り向きの機動力がありますから、この北海道シリーズで勝ち上がれると思う。
4着 カシノデジール 
 4着のカシノデジール、5着のブライティアサンバの2頭は後方からの追い込み。漁夫の利があったと見るべきだろう。
5着 ブライティアサンバ 
 4着のカシノデジール、5着のブライティアサンバの2頭は後方からの追い込み。漁夫の利があったと見るべきだろう。
8着 ブライトロージー 
 むしろ逃げて8着のブライトロージー、3番人気に支持されたこの馬の巻き返しに注意が必要。
函館4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。コマノジャスパが前走からさらに距離延長で初勝利を挙げた。
1着 コマノジャスパ 勝ち馬注目
 強かった。スムーズなレースができれば、こんなに強いのかと思わせる程だった。4コーナーの手応えで勝負あった。父はノヴェリストで、長距離芝への適性と洋芝への適性を感じさせる内容で、ラスト400mが11秒8-11秒8と全く減速していない。昇級しても面白いと思う。
2着 フラッグサルート 
 2着のフラッグサルートは課題のスタートはクリアした。距離延長も問題なかった。ただ、今回はつまり単に相手が悪かった、そう見るべきだと思う。
3着 アンクルスター 
 3着のアンクルスターは岩田騎手らしい4コーナー最内の進路取りで、Cランク相当で走破している。
8着 スズカノロッソ 
 一方2番人気のスズカノロッソは伸びを欠いて8着だった。東京の長丁場を使った後、中1週の臨戦が私はちょっと嫌だったが、レース間隔を開けて体調が整えば十分巻き返せると思う。
函館6R 2歳新馬 注目
1着 ラブミーリッキー 
 1番人気のラブミーリッキー、調教通り下馬評通りに1着。全く危なげの無い逃げ切り勝ちだった。父はサウスヴィグラスだが、跳びは大きいので距離はもっと伸びた方が良さそう。兄・姉にこれと言った活躍馬はいないが、ヴァーミリアンのいる牝系ですから、次走以降に注目してみたいと思う。
2着 スマートスリロス 
 2着スマートスリロスは出遅れましたし、道中は口向きの悪さを見せていた。それでもレースの形にはなっていた。3着には3馬身半差ですから、次走もダートならかなり有力だと思う。
3着 エルピド 
 3着のエルピドは完全タイム差はプラス1秒5と平凡だが、攻め馬より実戦向きという印象は受けた。

  馬券Summary
函館開幕週芝1200mの渋滞
 まず最初に先々週行われた函館スプリントSの直線の攻防をご覧下さい。インコースの馬によく注意して見ていてください。9着のダイアナヘイロー、12着のノボバカラ、14着のジューヌエコールの進路、これが塞がってしまった。こうした光景は今の競馬では日常茶飯事で、この手の不利を受けた馬、もちろん自業自得というケースも多いが、そうした馬を次走以降に狙うという手法は、極めて有効。今の時代ではこれはオーソドックスな狙いだが、復習という意味を兼ねて、注目してください。函館も2週目に入ると、案外芝の1200mもバラけて、外差しも決まり始めたが、やはりこの開幕週、インの渋滞は多かったように思う。そこでちょっとリストを作成してみた。
函館開幕週芝1200mの渋滞
 1日目8R10着バーミーブリーズ・12着ウインヒストリオン・14着ニシノアスカ
 1日目12R10着ロイヤルメジャー・13着ウィズ・15着ショウナンアヴィド
 2日目11R9着ダイアナヘイロー・12着ノボバカラ・14着ジューヌエコール
この辺が直線でちょっと前が塞がっている。この中で初日11Rで10着だったロイヤルメジャーは先週連闘で使って3着に巻き返している。こうしたケースは、他の馬でも十分あり得る訳で、リストに載っている馬はチェックして欲しいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26