2018年1回福島2日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒8だった。
 昨年の開催は高速寄りの馬場差からスタート。徐々に時計を要して行ったが、それでもマイナスの範囲内だった。ところが、今年は開幕週から遅い時計の決着が目に付いた。寒い日が多くて、芝の生育がイマイチだったと、そんな印象がある。馬場差は土日を通した数値。福島らしい逃げ切りは1例もなくて、好位でも外めを上がってくる馬が多かったと思う。なお、1回福島は6日間開催で、今週までAコース。最終週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒8だった。
 金曜に1.5ミリの雨が降ったが、土日ともに良馬場発表。昨年の秋開催の良馬場時は、ほぼ標準のコンディションだったが、今開催は芝同様に時計を要していた。1150m・1700mともに差しが決まりやすくなっているのも、時計と上がりが掛かっているからだと思われる。


  タイム分析
 2018/04/08 (日)  芝=+0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ディアサルファー    牝3 未勝利 1:11.0 +1.2 --- +0.7 +0.5 D D 7.67
5R T2000 マルーンエンブレム    牝3 未勝利・牝 2:03.4 +1.6 --- +0.8 +0.8 D D 8.33
7R T1800 デクレアラー    牡3 未勝利 1:49.9 +1.0 --- +0.3 +0.7 C C 8.29
9R T1200 スパイチャクラ    牝5 500万下・牝 1:09.7 +0.5 --- ±0 +0.5 C D 7.92
10R T2000 ヤマニンリュウセイ    牡5 浄土平特500 2:01.5 +0.9 --- +0.1 +0.8 C D 7.81
12R T1200 トーセンアルバータ    牝5 喜多方特500 1:10.5 +1.3 --- +0.8 +0.5 E D 11.60
 2018/04/08 (日)  ダ=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 クリムズンフラッグ    牡3 未勝利 1:48.9 +1.6 --- +0.8 +0.8 D D 6.62
3R D1700 メイショウタカトラ    牡4 500万下 1:47.0 +1.0 --- +0.2 +0.8 C D 7.17
6R D1150 サンライズカナロア    牡3 未勝利 1:10.7 +1.4 --- +0.9 +0.5 E D 8.42
8R D1150 ブレーヴブラッド    牡6 500万下・若 1:09.9 +1.4 --- +0.9 +0.5 E D 8.00
11R D1700 ローレルリーベ    牡4 米沢特H1000 1:45.7 +0.5 --- -0.3 +0.8 C D 9.23

福島1R 3歳未勝利 注目
 1着となったクリムズンフラッグ、番組注目馬だった。
1着 クリムズンフラッグ 
 相手に恵まれての順当勝ちだが、4コーナーでインの3番手を引っ張りきり、何馬身離すかという手応えで抜け出したが、差して来た2着のヒラボクプレミアムにクビ差。一旦は交わした形の3着スマートフレイにも迫られていた。タイムランクもあと一歩で低レベル。距離が長いのかもしれないが、これまでも堅実な反面、勝負に行くと淡泊な面があった。昇級後は様子見から始めた方が良いと思う。
福島3R 4歳上500万下 注目
 勝ったメイショウタカトラ。
1着 メイショウタカトラ 
 ハナを切って緩みのない流れに持ち込むと、次第に他馬との手応えが違って行った。直線はほとんど追うところがなくて、2度ほど鞍上が後ろを振り返る余裕さえあった。大楽勝だったと思う。完全タイム差のプラス0秒2は追っていればマイナスの数値だった可能性もあると思われる。中央場所の1800mでも好走している馬だが、ローカルの1700mがピッタリの感触がある。昇級してもこの条件なら一応の注意が必要。
福島6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
福島8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
福島12R 喜多方特別 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ディープインパクトよりハービンジャー
 先々週日曜のGI大阪杯は1番人気スワーヴリチャードが完勝。一方人気を分けた2番人気アルアインは3着、3番人気サトノダイヤモンドは7着だった。こらら2頭はディープインパクト産駒のクラシックホース。アルアインは皐月賞とほぼ同じポジションを競馬をしながら、皐月賞ほど弾けず。また、サトノダイヤモンドは内枠が仇になった面はあっても、直線の伸びも一息だった。
ディープインパクトよりハービンジャー
ディープインパクト産駒で牡馬のクラシックホースは他にディープブリランテ、キズナ、ディーマジェスティ、マカヒキがいるが、これらも故障や早期引退を考慮するとしても4歳以降にGIを勝っていない。ディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に成長する傾向がある。だからこそクラシックに強いが、同時にこの時期に激走してしまうと、古馬になってからの成長力に欠ける、そんな気がしている。大阪杯でアルアインを交わして2着に上がったのはペルシアンナイト。これはハービンジャーの産駒だった。さらに先々週土曜日のダービー郷CTは、
ディープインパクトよりハービンジャー
1番人気のディープインパクト産駒グレーターロンドンが5着に敗れて、ハービンジャー産駒のヒーズインラブが差し切り勝ち。もう1頭のハービンジャー産駒テオドールも4着に入っていた。グレーターロンドンについて触れれば、昨年秋の天皇賞9着以前と以降とでは落差が大きくて、成長力不足を感じてしまう。古馬になって陰りの出たディープインパクト産駒なら、ハービンジャー産駒を積極的に狙っていくべきではないだろうか。5歳にして1600万・GIIIを連勝のヒーズインラブ、同じく5歳にして1000万・1600万下の美浦Sを連勝して、オープン入りを決めたサーブルオールなど、本質的に奥手のタイプが多いが、今年の3歳にはブラストワンピースという大物が出現した。ダービーの段階でもディープインパクト産駒にストップをかける可能性がある。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26