2018年5回阪神2日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒8だった。
 9月の開催は完全な良馬場がほとんどなかったが、雨がほとんど降らなかった先週は完全な良馬場で、9月よりも速い時計が出た。そして先週は、逃げ・先行馬の好走が目立つが、これは馬場の影響ではなくて、メンバーやレース展開によるものだと思う。この開催は前半6日がAコース、そして後半3日間はBコースが使用されるが、ずっと良馬場だった昨年は、最も速かった日がマイナス1秒4、最も掛かった日がマイナス0秒9で、あまり変化しなかった。今年も雨の影響を直接受けなければ、馬場差は大きくは変化しないはずで、するとずっとマイナス1秒以上になる可能性がかなりある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。
 雨はほとんど降らず乾いた状態だったが、馬場差はマイナス0秒9で速いタイムが出た。ただ、昨年も1週目は良馬場で馬場差マイナス0秒9だったが、その後は気温が下がるにつれて、良馬場でも時計が掛かるようになって行った。今年もそうなる確率は高いと思う。で、先週の勝ち馬の多くは先行馬だったが、東京以外のダートというのはこれが普通で、特に先行有利だった訳でもない。


  タイム分析
 2018/12/02 (日)  芝=-1.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 アーデンフォレスト    牡2 未勝利 1:34.6 -1.2 -0.3 -0.1 -1.4 C D 9.17
5R T2000 ヒンドゥタイムズ    牡2 新馬 2:02.7 -0.1 -0.7 +1.0 -1.8 SL C 9.00
8R T1800 トゥザフロンティア    牡3 500万下 1:46.7 -0.4 -0.7 +0.5 -1.6 D C 8.22
9R T1400 ジュランビル    牝2 万両賞500 1:21.2 -1.2 --- +0.1 -1.3 C C 5.63
11R T1800 カフェブリッツ    牡5 逆瀬川H1600 1:45.8 +0.1 -0.6 +1.1 -1.6 E D 7.80
12R T1200 ミトノレインボー    牝3 1000万下 1:08.8 -0.1 --- +1.0 -1.1 E D 8.81
 2018/12/02 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 タニノマイカ    牝2 未勝利・牝 1:54.8 -0.2 --- +0.7 -0.9 D C 7.73
2R D1400 オースミヌーベル    牡2 未勝利 1:26.2 -0.1 --- +0.6 -0.7 D D 8.42
6R D1400 ペプチドオリバー    牡2 新馬 1:27.2 +0.7 --- +1.4 -0.7 E C 8.63
7R D1200 カズマペッピーノ    牡4 500万下 1:11.8 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D 9.00
10R D1800 キクノルア    牡4 姫路特別1000 1:50.7 -1.6 --- -0.7 -0.9 B C 7.27

阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。4着のメイショウハートと12着のヘビーアタックについて触れておく。
4着 メイショウハート 
 まずメイショウハートは、直線でしばらく前が壁になっていて、追い出しが遅れた。進路ができてから200mぐらいはあったが、ダートで持ったままの体勢からいきなり追い出しても、そうそう鋭く伸びるものではない。スムーズなら前進必至だと思う。
12着 ヘビーアタック 
 そしてメイショウハートのさらに内にいたヘビーアタックは完全なイン詰まりで、全く追えないまま、最後は手綱を引いてズルズル下がってしまった。仮にスムーズだったらどのくらいの着順になっていたのか、想像するのは非常に難しいが、この着順は全くの参考外だと言える。で、調教は動いていたので、スムーズならもっと走れると思う。
阪神10R 姫路特別 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。休み明けの降級馬キクノルアが勝った。
1着 キクノルア 
 キクノルアは正攻法の2番手から抜け出して快勝。春には1600万下で10着だったが、当時は先行策を取れなかったためでもある。1600万下でも先行策を取れれば上位可能だと思う。
2着 スーパーライナー 
 2着のスーパーライナーは長い間短期路線にいたが、1800mに戻して徐々に着順を上げてきた。3歳春までは1800mで好走していただけあって、この距離が合う模様。短距離指向になった理由というのが、1800mでは手応え伸びず、勝ち切れなかったからだが、今は手応え通りに伸びるようにはなっている。
3着 テイエムグッドマン 
 3着のテイエムグッドマンは1400mでは溜めて差す競馬をしていたが、1800mの今回は好位を取りに行った。直線でジリジリとしか伸びなかったのは、距離が長いのか、あるいは位置を取りに行ったためなのか、その両方なのかもしれないが、最後まで諦めずに伸びていたのは収穫だと思う。
5着 テンザワールド 
 そして1番人気のテンザワールドが5着馬。手応えは良かったのに、伸びなかった。京都で2着の直後に阪神でこういうレースをしてくれちゃいますと、これ坂かと思ってしまうが、実は阪神や中京でも好走したことがあって、坂が直接の原因ではないと思う。ということでまぁ、敗因はよくわからないが、いずれにしても京都の方が得意なのは確かなので、京都に変わった時に特に注目したい。
阪神11R 逆瀬川S タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 3歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
8着 マリエラ 
 この馬、4コーナーからゴールまでズーッと前が詰まっていたが、凄い手応えで、ロクに追えていないのに最後は伸びていた。今回が初めての芝1200mだったが、手応えや最後の伸びからすると、適性が高そう。このレース自体がEランクなので、これで次は狙えるとまでは大声では言えないが、1000万下では全く好走していない、芝未勝利馬ですから、次走も間違いなく人気は無い。という事で、2着や3着候補として買い目に入れておく価値はあると思う。

  馬券Summary
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 秋に東京が2開催連続で行われて、冬は中山が先週から連続2開催行われるが、12月の中山には当然のことながら、前走が秋の東京だった馬が多く出走して来る。まぁコース替わりでどうなのかという判断が必要になる場面が多くなるが、近い条件なのに全く性質が違うコースの代表例として、東京ダート1600mと中山ダート1800mを取り上げる。具体的には東京ダート1600mで好走した馬が中山ダート1800mでどうなるんだろうかという事。
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 この表、わかりにくいかもしれないが、前走が東京ダート1600mのタイムランクがAランク・Bランクだった馬が、中山ダート1800mに出走してきた時の成績。集計期間は2013年の頭から今年の4回中山まで。パッと目に付くのが前走2着馬の成績があまり良くないことで、東京ダート1600mを好タイムレースで2着に来た馬が、次走が中山ダート1800mだと連対率50%を切ってしまう。その前走2着馬の詳細を見てみると、東京ダート1600mで差して好走していた馬が、中山ダート1800mに出て来ると危なっかしいということが分かると思います。東京ダート1600mはJRAのダートのコースでは、最も差しが決まるコースなので、あそこで差して好走していても、先行寄りの中山ダート1800mでは信頼度が低いというのは、まぁデータを持ってくるまでもなくわかるが、データにもハッキリ出ているということ。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-