2018年5回東京7日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒8だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒8からマイナス1秒5の間で推移しており、速い時計の出るコンディションで安定している。
 連続開催の最終週になっても速い時計の出る馬場で、開催の途中で雨の影響を受けた時もあったが、その時も高速馬場だった。先週は土日とも乾いた良馬場で、やはり時計はかなり出やすかった。あと芝での13鞍中、中団からの差し馬が14連対。半数以上を占めた。差し有利の傾向に思えるが、一方で後方からの追い込み馬は1頭も連に絡まなかった。これは大きな特徴だと思う。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス方向に動いた2週目を除けば水準レベルの数値だった。
 開催2週目は雨の影響で時計が出やすくなったが、他の週は全て良馬場で、水準かそれに近い数値だった。脚質的には9鞍中、8鞍で中団からの差し馬が連対した。中には、中団からの差し馬同士で決着するレースもあった。先週の東京ダートはベース補正を施したレースが実は1つもなかった。その影響もあったのか、差し馬が幅を利かせていた。


  タイム分析
 2018/11/24 (土)  芝=-1.8  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 レッドベルディエス    牝2 未勝利 1:35.5 -0.6 -0.4 +0.4 -1.4 D C 8.40
3R T1800 インテンスライト    牡2 未勝利 1:49.6 +0.4 -1.1 +0.9 -1.6 SL C 9.44
5R T1600 グレイスアン    牝2 新馬 1:36.7 +0.3 -0.7 +1.0 -1.4 SL C 10.18
7R T2400 パルクデラモール    牝3 500万下 2:26.0 -0.9 -0.8 +0.5 -2.2 D C 6.73
11R T1600 グァンチャーレ    牡6 キャピタ 1:32.6 -0.6 -0.8 ±0 -1.4 C D 7.92
12R T1400 キャナルストリート    牝4 1000万下・牝 1:20.7 -1.0 --- +0.3 -1.3 D D 7.50
 2018/11/24 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ヘニッヒ    牡2 未勝利 1:27.3 +0.9 --- +1.0 -0.1 E C 8.79
6R D1600 オーヴァルエース    牡2 新馬 1:38.9 -1.2 --- -1.1 -0.1 A C 9.40
8R D1600 フォギーナイト    牡4 1000万下 1:37.3 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 8.60
9R D1600 メイクハッピー    牝2 カトレア500 1:38.3 -0.6 --- -0.5 -0.1 B C 6.38
10R D1400 エレクトロポップ    牡5 銀嶺SH1600 1:24.5 +1.0 --- +1.1 -0.1 E C 6.62

東京1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
東京2R 2歳未勝利 注目
 タイムランクはDだが、ペースベース補正が入ってるように、ペースが緩やかだったことも影響した。
1着 レッドベルディエス 勝ち馬注目
 番組注目馬のレッドベルディエスが1着だったが、後方で末脚を温存して、もう4コーナーでの手応えも抜群だった。そして直線半ば、手前をスッと変えると一気に伸びて抜け出した。ステッキは残り200mの地点で2発入れられただけ。それで2着馬に2馬身半もの差をつけて、正に完勝と言える内容だった。折り合い面がスムーズで、切れる脚も持っていて、加えてレースのラスト400mが加速ラップだった点も評価できる。この内容なら昇級しても当然有力。
2着 サピアウォーフ 
 2着以下はやや離された。2着サピアウォーフはスッとハナに立ってマイペースで運んで、勝ち馬に交わされた後もしぶとく粘った。以前よりゲートが上手になっている。これなら次走、仮に中山に使ったとしても対応できそう。むしろ中山の方が合ってるかなという印象もある。
3着 レコルダーレ 
 そして3着レコルダーレはサピアウォーフの後ろにつけて、最後までバッタリと止まることなく粘った。2走目と距離延長でレースぶりが良くなった。この馬の場合も器用さがあるので、中山に使ってもこなせると思う。
4着 グレルグリーン 
 そして4着グレルグリーンはスタートが一息で、流れに乗れなかった。ラストはよく伸びているだけに、次走もあくまでゲートが鍵になってくる。
東京3R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京6R 2歳新馬 タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。オーヴァルエースの圧勝だった。
1着 オーヴァルエース 勝ち馬注目
 オーヴァルエースは前半の芝部分の行きっぷりは決して悪くはなかったが、ダートコースに入ると砂をかぶった影響か、反応が悪くなって4コーナーまでずっと追っつけ通しだった。それでも外に持ち出すと、加速して残り300m地点で先頭に立つと、そのまま2着以下を9馬身以上離した。今回はマイルの距離で勝ったが、多少ズブさがある点を考えれば、距離は伸びた方がむしろ良さそう。いずれにしろ勝ちっぷりは良かった。昇級しても勝ち負けにななる。
2着 クロスパール 
 2着以下は離された。2着クロスパールはテンションが高くて、スタートで後手を踏んだが、長く良い脚を使って追い上げた。ただ、走破時計そのものは平凡ですから、気性面も含めて次走信頼まではどうかと思う。
3着 ユキノヴェルデ 
 3着ユキノヴェルデは好位につけて、強い勝ち馬に突き放されたが、しぶとく粘った。大型馬でまだ重かっただけに、次走上積みが見込める。
4着 エスシーバスター 
 そして4着以下はユキノヴェルデからさらに3馬身以上離されている。次走も厳しいと思う。
東京9R カトレア賞 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。メイクハッピーが東京ダート1600mで2戦2勝。
1着 メイクハッピー 勝ち馬注目
 メイクハッピーは好スタートを決めたが、行きたい馬に活かせて自身は好位の外に待機した。その後も終始良い手応えで運んで、直線半ばでステッキが1発入ると、即座に反応してあっさり抜け出した。初戦は実はAランクの時計で、10馬身差の勝利。今回の2戦目は昇級戦でもBランクで快勝だった。結構、レース映像を見てても軸がしっかりして走れ、いかにも体幹が強そうなので、現状欠点らしい欠点が見当たらない。次走は相手も強くなりそうだが、勝ち負けにはなる。
2着 キンゲン 
 2着キンゲン馬群の中で少し追い出しを待たされたが、バラけてからは、しっかりと伸びた。しぶとく脚を使うタイプだけに、今回の1600mよりデビュー戦で使った1800mの方が良さそう。
3着 ヨハン 
 3着ヨハンは3番手につけて、一旦は先頭に立つ場面を作った。こちらは敗れはしたが、見せ場たっぷりだった。次走も楽しみ。
4着 ロマンティコ 
 そして4着ロマンティコは実は追い出しを待たされる場面があった。詳しくは後ほどのコーナーで触れる。
4着 ロマンティコ 解説推奨
 道中は馬群の中でリズム良く運んでいたが、4コーナー回るとご覧のようにスペースがなくて、追うに追えない場面が長く続いた。それでも何とか外でスペースを見つけようとして、ここからジワジワとカニ歩きみたいな形で、外に持ち出す。ただ、持ち出してゴール前よく伸びて来たが、もうその間に勝敗は決していた感じ。この馬、デビューから3戦は前めにつける競馬だったが、今回は中団に控えて、しかも馬込みの中でも怯まずに競馬ができた点は収穫だった。ですから、次走ロス無く運べば勝負になると見て、今回狙い馬に選んだ。
東京10R 銀嶺S タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
10月21日 京都5R 2歳新馬戦
 これ前開催の3週目を終えた時点で吉岡さん、このコーナーで評判馬の揃っていた10月21日 京都5R2歳新馬戦を熱く熱く取り上げていた。それを受け継ぐのも我々の仕事から、今回はその後の結果について触れたいと思う。このレース、タイムランク・メンバーランクともにBで、確かに質の高い1戦だった。この新馬戦出走馬が、その後どんな戦績だったかを検証しておきたいと思う。
10月21日 京都5R 2歳新馬戦
 ご覧の通り、ワールドプレミアが先週の京都2歳ステークスで3着だった。2着だったメイショウテンゲンが次走未勝利戦で2着ということで、強調できるのは4着タガノディアマンテ。東京に使って1着だった。7着シックザールも実は次走3着に来ていて、ダノングリスターは次8着に負けたが、続くダート戦で2着という結果。そしてに10着のジューンアイリス、10着なのに次走3着だった。まぁまぁ「伝説の新馬戦」とまでは呼ばないまでも、まぁまぁ活躍しているなと。アンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタ・スリーロールスが出走していた伝説の新馬戦というのは、京都の菊花賞の日のレースだったが、そこに及ばないまでも非常に活躍してたということなんですよね。あとまだ空欄のある、3着エスポワール。これアドミラブルの妹で、元々注目度の高かった馬。この周りの馬の成績を見てると、恐らく次出てくれば勝てるんじゃないかなという読み。5着ディープサドラーズ、これは藤原英昭厩舎の馬でディープインパクト産駒、セレクトセールで1億5千万以上した馬。6着のダノンテイオー、大久保龍志厩舎の管理馬、ディープインパクト産駒で、これはセレクトセールで1億9千万以上している。8着クルージーン、これもエリンコートの子供という良血馬。ですから、3歳の段階で伝説の新馬戦にならない可能性は結構あるとは思うが、いざ古馬になって、来年の今頃とか見た時にみんな活躍してるやんて言うケースは十分考えられるレースなので、今後もここの出走馬には注目していきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26