2018年2回小倉3日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だったが、初日は雨が降り続いて時計が掛かって行った。
 土曜ダートが終日稍重だったように、雨の影響が残っていたはずだが、芝については高速馬場ではないものの、やや時計の出やすいレベルだった。土日15鞍の内12鞍で中団・後方からの差し・追い込み馬が連対した。特に土曜7鞍全て連対。ただし、前へ行って内を立ち回った馬も粘っていて、外差しばかりという訳ではなかった。なお、今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、初日は時計の掛かるコンディションでスタートしたが、雨が降り続いて時計が出やすくなり、2日目以降は水準レベルだった。
 土曜日そして日曜前半は稍重だったが、脚抜きの良いコンディションではなかった。ただ時計が掛かっている訳でもない。なお、日曜は午後から良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬については、大きな偏りはないものの、緩みのないペースになると差し馬が浮上していた。


  タイム分析
 2018/02/17 (土)  芝=-0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 オスカールビー    牝3 未勝利・牝 2:00.7 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 7.00
4R T1200 ティーカラット    牡3 未勝利 1:09.2 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 8.63
5R T1800 ロードダヴィンチ    牡3 未勝利 1:48.9 +0.6 --- +1.1 -0.5 E C 8.60
7R T2600 プリンスオブペスカ    牡4 500万下 2:41.3 +1.5 -0.7 +1.5 -0.7 SL C 5.20
9R T2000 アグネスリバティ    牡5 500万下 1:59.4 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 9.77
10R T1200 ラブカンプー    牝3 かささぎ500 1:09.0 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 9.59
12R T1200 ピナクルズ    セ5 大牟田特500 1:08.8 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 9.88
 2018/02/17 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 モンサンロジェ    牝3 未勝利 0:59.3 +0.1 --- +0.1 ±0 C E 8.50
2R D1700 キタサンヴィクター    牡3 未勝利 1:45.6 -1.2 --- -1.2 ±0 A D 7.21
6R D1700 トリプライト    牝5 500万下・牝 1:45.4 +0.2 --- +0.2 ±0 C D 7.75
8R D1700 ヒルノサルバドール    牡5 500万下 1:45.2 ±0 --- ±0 ±0 C D 8.00
11R D1700 クレマンダルザス    セ5 和布刈特1000 1:44.3 -0.1 --- -0.1 ±0 C C 7.58

小倉2R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒2速い勝ちタイムだった。キタサンヴィクターが初めてのダートで一変した。キタサンヴィクターが2番手で進んで、3コーナー過ぎに先頭に出るとそのまま強い競馬で押し切った。
 2着以下は離されていて、狙い馬にはできない。しかし、2着から4着は相手次第でいずれ勝ち上がれるだろう。
1着 キタサンヴィクター 勝ち馬注目
 勝ったキタサンヴィクターだが、キタサンブラックの近親に当たる。特に近親にダートで活躍している馬はいないが、芝で7戦して5着止まりでダートに活路を求めて初戦で結果を出した。スンナリ前で運ぶ展開が良かったとは言えるだろうが、完全タイム差マイナス1秒2は非常に優秀なタイム。2着以下は2馬身半離したが、1番人気から3番人気に推された2着から4着馬は5着以下を7馬身以上離している。相手関係に恵まれたという事も言えそうにない。3歳500万下はレベルが高いですから、すぐにどうかは何とも言えないが、いずれ上のクラスでもやれるんではないだろうか。
小倉5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 4歳上500万下・牝 
6着 ジャーマンアイリス 通信簿
 1番人気6着だった。休み明けの影響なのかダッシュが鈍くて1コーナーまでに脚を使いましたし、ペースアップが速くて先行馬が総崩れした。6着とは言え、先行した馬の中では最も好走していますので、少しでも展開が向けば巻き返せるのではないでしょうか。
小倉7R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれず、スローの扱いとする。
小倉11R 和布刈特別 注目
4着 ゼンノワスレガタミ 解説推奨
 4着に敗れた1番人気ゼンノワスレガタミがちょっと力を出し切れなかったと思われるので、ここで取り上げる。比較的速めのペースで差し馬に有利展開となって、勝ったクレマンダルザスは直線外から一気に抜け出した。2着レッドアトゥは馬場の真ん中から。3着アンナペレンナはインから来ている。問題は4着のゼンノワスレガタミだが、4コーナー手前まで持ったままで楽な手応え。あとは抜け出すだけという感じだったが、前が壁で全く空かなかった。仕方がなく、外へ持ち出そうとしてレッドアトゥにブロックされる形になり、進路がないまま残り100mぐらいまで行ってしまった。今回完全な基準外で、今回の4着で少しでも人気がなくなるようなら、積極的に狙いたい。

 先ほど話したばかりだが、勝負所から全く進路がなくなってレースになっていない。直線残り200m辺りでブロックされて進路がなくなったという感じ。それでもう一回外に出して、もう一回伸びようとするが、流石にちょっとここまで不利があると4着が精一杯というレースになってしまった。次走大きく狙いたい。 
小倉12R 大牟田特別 注目
 タイムランク・メンバーランクともにDだったが、このレースは典型的な前走中京芝の狙い馬に当てはまる。このレース、前走中京芝で4コーナー5番手以内9着以内という馬が2頭いたが、勝った8番人気ピナクルズと2着した3番人気タイセイブレーク。本当にこの2頭だった。なので、この法則のみに注目すれば、馬連7,290円1点で獲れた。さらに3着マイネルパッセ、前走中京芝で4コーナー5番手以内だが、10着以下(12着だった)という馬だった。詳しくは馬券Summaryで解説するが、前走中京芝で前めにつけて大敗した馬が、結構穴を出している。これに着目すれば3連複万馬券とか3連単10万馬券とか獲れたんじゃないだろうか。中京芝で前へ行って敗れた馬が、小倉で変身すると。何度もこの番組で言ってきた事だが、この小倉開催前半の内に典型的な穴馬券が出たのはありがたい。まだ小倉、2週ありますので、前走中京組は少なくなるかもしれないが、まだまだ狙ってみたいと思う。

  馬券Summary
前走・中京芝出走馬の狙いを検証する
 2回前の放送のこの馬券Summaryで、前走2017年4回中京もしくは今年1回中京の芝を使って、「4コーナー5番手以内で9着以内だった馬」が次走芝のレースを使って来た時が狙いではないかという仮説を立てた。その結果、先ほど小倉のタイム分析で挙げた、大牟田特別のように1・2着馬が該当馬で、馬連の穴馬券が出るなど、なかなか結果出ている。しかし、よくよく検証して見ると、実は10着以下の馬でも馬券に結構絡んでいる。また、前走10着以下ですから、これが穴になる。例を挙げる。2/10小倉初日7R4歳以上500万下の芝1200m。前走中京芝1400mで逃げて17着だったタケデンサンダーが今度は9番人気で逃げて2着。1番人気シエルブランとの馬連は5,390円ついた。そして代替開催の13日9R巌流島特別では、前走中京芝で前へ行って10着だったハルクが勝ち、同じく12着だったトーセンアルバータが3着と。1着・3着のワイドでも4,170円ついている。この他この2週間の小倉芝コースにおいて、前走中京芝で4コーナー5番手以内・9着以内だが、4勝2着5回3着1回。単勝回収率109%、複勝回収率68%。単勝は100%行ったがもう一つ。前走中京芝で4コーナー5番手以内・10着以下、これがなんと2勝2着2回3着3回。単勝回収率は147%、複勝回収率が205%という結果が出た。10着以下なので、みんな人気がない。それでこんなに来ますから。明らかに前走着順が悪かった馬の方が良いですから、従ってこの後2週の小倉芝コースでは、「前走中京芝で4コーナー5番手以内でも着順は限定せずに、全て狙う」事にしたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26