2018年4回京都1日目

開催一覧
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒8、そして月曜もマイナス0秒8だった。
 土曜日は良馬場でスタートしたが、朝と昼過ぎに雨が降った事で稍重に変更された。馬場差も2000m換算でマイナス1秒1でスタートして。水準方向に動いた。その後深夜に再び雨が降って、日曜はマイナス0秒8と土曜終盤と大きくは変わらない。月曜も日曜と変わらず、終日マイナス0秒8で、高速馬場と言う程ではないが、速めの時計が出るレベルだった。なお、連対馬の脚質を見ると目立った偏りはなかった。後方からの良い込みは1頭だけだが、中団の馬は多く、差しが効かない訳ではなかった。京都も例年同様、連続開催でこの開催は全てAコースが使用される。
 先週の芝の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス1秒1への変動、日曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、月曜がマイナス0秒2だった。
 土曜は雨が降って、終盤の方が時計は出やすくなった。一方、日曜は後になる程馬場は乾いて行ったので、変動の方向は反対。ただ、土曜朝よりも日曜終盤の方が同じ良馬場でも時計は掛かっていた。月曜は日曜終盤よりも乾いて、馬場差は終日マイナス0秒2で、水準に近いレベルだった。連対馬の脚質を見ると、土日については目立った偏りはなくて、特に日曜日は5鞍の内4鞍で、中団の馬が連対していた。しかし、月曜は7鞍全てで逃げ馬か先行馬が連対。乾いてくると、前の馬が粘り込む。それが目に付くようになった。


  タイム分析
 2018/10/06 (土)  芝=-1.1 → -0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 メイショウオニテ    牡2 未勝利 1:22.3 -0.5 --- +0.3 -0.8 D C 5.78
3R T1800 クオンタムシフト    牡2 未勝利 1:49.7 +0.8 -0.8 +0.9 -0.9 SL C 5.40
5R T1600 ランブリングアレー    牝2 新馬・牝 1:37.3 +1.4 -0.8 +1.4 -0.8 SL C 6.10
8R T2000 エーティーラッセン    牡4 500万下 2:01.5 +0.9 -0.4 +1.2 -0.7 SL D 9.22
10R T1400 カイザーバル    牝5 久多特別1000 1:21.6 +0.3 -0.2 +0.6 -0.5 D C 4.11
 2018/10/06 (土)  ダ=-0.6 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 スマートセラヴィー    牡2 未勝利 1:13.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 D D 5.43
4R D1400 スマートモリガン    牝2 新馬 1:26.2 ±0 --- +0.6 -0.6 D C 7.20
6R D1800 エイコーン    牡3 500万下 1:51.5 -1.1 --- -0.3 -0.8 C D 6.67
7R D1400 メリッサーニ    牝3 500万下・牝 1:24.2 -0.3 --- +0.3 -0.6 D C 5.38
9R D1800 テイエムジョウネツ    牝6 北國新聞1000 1:52.5 +0.7 --- +1.8 -1.1 E D 6.25
11R D1800 アイアンテーラー    牝4 平城京S1600 1:50.4 -0.6 --- +0.5 -1.1 D C 4.40
12R D1200 デンコウケンジャ    牡3 500万下 1:11.2 -0.7 -0.2 -0.2 -0.7 C C 4.67

京都3R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都5R 2歳新馬・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。前半800mが後半よりも3秒3も遅かった超スローペース。ただ、スローだからと言って先行有利になった訳ではなく、上がり600m推定33秒台を使った3頭が1着・2着・4着で、これら3頭はいずれも出遅れていた。上位4頭はハイレベルと評価している。
1着 ランブリングアレー 
 勝ったランブリングアレー、父はディープインパクト。母のブルーミングアレーはアパパネと同期で、フローラS3着。秋の天皇賞を勝ったスピルバーグの半姉になる。良血に違わぬ瞬発力を披露した。まだ荒削りだが、今後に注目したい。
3着 クロスペンデュラム 
 その後3着が2番人気クロスペンデュラム、4着が1番人気サトノアクシスと上位人気馬が続いた。3着のクロスペンデュラムは普通なら勝っているレース。センスの良さが目を引いた。母がザレマで、兄や姉の走りを思い起こすと、ワンペースの先行馬のタイプのイメージだが、すぐに勝てるレベルだろう。
4着 サトノアクシス 
 その後3着が2番人気クロスペンデュラム、4着が1番人気サトノアクシスと上位人気馬が続いた。4着のサトノアクシス、セレクトセール高額取引馬のディープインパクト産駒で1番人気だった。伸び伸びと走れた訳ではないが、一瞬伸びかかって止まってしまった。京都なら外回り向き、もっと距離があった方が良いように思う。
京都6R 3歳上500万下 注目
 タイムランクはCだったが、完全タイム差はマイナス0秒3。あと0秒1速ければBランクだった。
1着 エイコーン 勝ち馬注目
 勝ったエイコーン、プレッシャーをかけられて早めに動かされたレースで、5馬身差の圧勝ですから強かった。この馬の凄いところはデビュー戦から36キロも馬体が成長している事。昇級しても即通用すると思う。
2着 カレンカカ 
 2着以下は5馬身以上離された。2着カレンカカだが、土曜京都11R3歳以上1600万下の平城京Sを勝ったアイアンテーラーと接戦歴があった。ですから、500万下では力上位という事で、次走もかなり有力。
3着 オンワードハンター 
 3着のオンワードハンター、大方いつも出遅れる追い込み一手の馬ですから、今回走ったからと言って常に安定して走れるタイプではない。着順は鵜呑みにしてはダメ。
5着 アドマイヤキング 
 そして3番人気のアドマイヤキングは5着だった。今回喉の手術明けの一戦で、引っかかったのは仕方のない結果。ここ2戦のレースぶりを見ると、距離を縮めた方が良いような気がする。
京都8R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都9R 北國新聞杯 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
タイキシャトルの血
 今週末から秋の新潟競馬が開幕する。その新潟競馬の馬券作戦の1つとして、私が今年の夏、非常に興味深く感じた事をこれから述べる。あくまでも現場で感じたインスピレーションですから、参考になれば…と紹介する事にする。それはタイキシャトルの血だが、父タイキシャトルではない。母の父、ブルードメアサイアーとしてのタイキシャトルの活躍が目を引いたこと。今年の新潟開催、障害戦を除く戦績ををご覧下さい。
タイキシャトルの血
 圧倒的に母の父として、タイキシャトルが成績が良い。特にこの夏開催が6勝、2着3回という事でこの勝率・連対率そして3着内率が非常に高い。これは結構気がついた方もおられると思うが、この特色と言うか、母の父としてのタイキシャトルが新潟で走っているという事は、やはり注意するべきだと思う。このタイキシャトルはフランスのジャックルマロワ賞を勝って、国内でGI4勝を挙げた歴史的な名マイラーで、スプリンターズSを勝って、京王杯SCをレコード勝ちしている事から、本質はスピードタイプ。ですから、平坦の新潟向きのスピードを伝えていると見る事は可能。父としての影響力は弱いという感じだが、とりわけ母の父としては影響力が強いので、この秋の新潟では夏の成績通りにブルードメアサイアーとして注目している。また、タイキシャトルの代表産駒はメイショウボーラーですから、応用編として、メイショウボーラー産駒にも狙い目がある。同産駒のブロワという馬は、新潟の芝の1200mで3勝挙げている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26