2018年4回阪神3日目

開催一覧
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週は阪神も3日間開催で、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、月曜がマイナス1秒6だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどはマイナスの数値だが、4日目までは全て変動で、雨の影響を受けている。そして5日目はマイナス1秒6で、この開催前半では最も速い時計の出るレベルだった。
 金曜に11.5ミリの雨が降った。土曜朝は稍重発表。昼過ぎに良に回復した。ただ、先々週の雨も下の部分には残っていて、それなりに時計は掛かっている。土曜は変動で、マイナス0秒5からスタートして、12R時にマイナス0秒9まで持ち直した格好だった。日曜以降は乾いて速くなって行く推移。それでも日曜朝の含水率は、ゴール前が10.5%、4コーナー12%としっとりめで、終日良馬場発表でも徐々に高速化して行く変動だった。月曜はマイナス1秒6。秋開催、良馬場の水準に到達している。この月曜の馬場差だけが1日を通した数値。脚質的には平等で、内・外の隔たりもない。今週からの後半2週はBコース使用となる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動、月曜がマイナス0秒2だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、1週目よりは2週目の方が水準方向に動いている。特に1週目は脚抜きが良く、高速馬場で5日目は水準に近いレベルだった。
 金曜の雨で土曜は重発表。11R時は稍重だった。馬場差はもちろんマイナスだが、先々週の超高速ダートとは勝手が違って、マイナス1秒1から始まって中盤から後半にかけて、マイナス0秒台に時計を要してきた。芝同様に日曜・月曜と乾きが進んで行く経緯。終日稍重発表の日曜でも、馬場差は変動でマイナス0秒6から始まり中盤でマイナス0秒4だった。良馬場発表の月曜はマイナス0秒2。水準近くまで時計が掛かって行っている。脚質的な偏りはなくて、追い込んで勝った例も5鞍あった。


  タイム分析
 2018/09/15 (土)  芝=-0.5 → -0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ブリングイットオン    牝2 未勝利 1:10.6 +0.3 -0.2 +0.4 -0.3 D C 9.56
5R T1600 ビーチサンバ    牝2 新馬・牝 1:36.8 +0.6 -1.0 +0.1 -0.5 C C 7.90
9R T1800 カテドラル    牡2 野路菊S 1:48.1 +0.8 -1.1 +0.4 -0.7 D C 6.25
10R T1400 レッドルドラ    牡4 瀬戸内海1000 1:20.9 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 7.91
12R T1800 アシュリン    牝3 500万下 1:47.2 +0.1 -0.8 +0.1 -0.8 C D 6.14
 2018/09/15 (土)  ダ=-1.1 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ウインバルドル    牡2 未勝利 1:13.1 -0.4 --- +0.3 -0.7 D D 7.70
3R D1800 アスールダリア    牝3 未勝利・牝 1:53.7 -0.4 --- +0.7 -1.1 D D (11.00)
4R D1400 クーファウェヌス    牝3 未勝利 1:26.1 +0.4 --- +1.3 -0.9 E D --
6R D1800 ヴァルディノート    牡3 500万下 1:52.1 -1.0 --- ±0 -1.0 C C 6.00
7R D1400 ブルーミン    牝4 500万下・牝 1:23.9 -1.0 --- -0.3 -0.7 B D 7.20
11R D1800 チュウワウィザード    牡3 オークラ1600 1:50.7 -0.8 --- ±0 -0.8 C C 5.30

阪神4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳上500万下 
1着 ヴァルディノート 通信簿
 2番人気1着だった。重馬場を意識して先行争いが激しくなり、直線で馬群に突っ込んで行っても進路があった。いろいろハマりすぎたとは思うが、私の負けです。
阪神7R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒3速い速い勝ちタイムだった。ブルーミンが先手を取って、直線に入っても先頭をキープしている。2番手にいたメイショウフレイヤは一杯となって、内ラチ添いからライディングハイが上がって行く。しかしブルーミンには余力があって、リードをさらに広げての逃げ切り勝ち。その後は9馬身と大きな差が開いてライディングハイが2着。外からメリッサーニが追い上げて3着だった。
1着 ブルーミン 
 ブルーミンがダートに戻って一変した。1着ブルーミン、近況は悪かったが、唯一の降級馬でもあった。行ききると強くて、芝の前走も含めてここ2走でハイペースを踏んだのも、今回の行き脚の良さにつながった。もちろん1400mで前半600m35秒2とペースダウンできたのも勝因だが、自身の上がり36秒4によって、ギリギリBランクまで引き上げた事と、実績の薄かった右回りで勝った事は収穫。得意の左回りでハナを切れば、牝馬限定の1000万下でも注意が必要。
3着 メリッサーニ 
 2着以下は9馬身以上離されたが、3着メリッサーニは内枠で位置取りが悪くて包まれ気味だった。ラストの伸びは目立っていた。休養明けでもあったので、次は前進必至と思う。
11着 ハウリング 
 あと1番人気で11着のハウリングは出負けから追い上げて、折り合いを欠いていた。今回スムーズに運べなかった事が大きかったと思う。
阪神9R 野路菊S 
3着 モンテアーサー 解説危険
 小倉の新馬を圧勝したヴェロックスが断然人気の野路菊S。3番人気がこの馬だった。人気同様4コーナーでは上位人気3頭の争いに絞られましたし、好発をスッと下げて内の好位。ルメール騎手もそつなく乗っていた。ただし、ついて行けたのも残り200mまで。ステッキが入り、ラストは完全に脚が上がって、前2頭には3馬身切って捨てられた。札幌の新馬を勝った時から、少し人気先行のにおいが漂っていたが、まだ調教の動きも物足りませんし、成長途上の感が強い。オープンで3着。自己条件で人気になるようなら疑ってかかりたいと思う。もちろん、オープン特別でも評価は同じ。
阪神11R オークランドレーシングクラブT 注目
 勝ったチュウワウィザードについて。
1着 チュウワウィザード 
 新潟の1000万下麒麟山特別、そしてこのレースと連勝。負担重量が54キロと3歳馬の重量の恩恵があったが、狭い最内を突いてクビ差の前走と良い、外を回って同じくクビ差の今回と良い、ギリギリのところを差し切る勝負強さが備わって来た。オープンに入ると、ペースが上がってズブさがネックになる恐れもあるが、いずれは通用してくるでしょうし、現状でも1900m以上の長めの距離なら狙う余地もある。血統も馬格も違うが、アポロケンタッキーのようなタイプに育つ、そんな感じがする。
2着 ダンツゴウユウ 
 あと2着のダンツゴウユウ、昇級とは言っても元々1600万好走もある馬。ただ、これまでと打って変わって先行して2番手から連勝中のアイアンテーラーを失速させて粘り込んだのには驚いた。少頭数の内枠も功を奏したのだろうが、急速に力をつけている可能性がある。
4着 アイアンテーラー 
 3着以下は少し離された。4着アイアンテーラー、1000m通過1分1秒5は速くもありませんし、引っかかって逃げている感じもしなかった。これが昇級戦と言えば簡単だが、前走ではチュウワウィザードを0秒2差3着に退けているだけに、納得がいかない。プラス12キロの馬体が太かったのかもしれないが、それもどうかなという感じもする。あくまで、これが昇級戦という事だろう。
4着 アイアンテーラー 通信簿
 2番人気4着だった。自分のペースで逃げたが前走レコードと言ってもタイムランクCで、軽ハンデ。今回もハンデ戦で55キロだったが、このクラスではそう簡単い行かない。むしろ4着は健闘したと言えるのではないか。
阪神12R 3歳上500万下 注目
 勝ったアシュリンについて。
1着 アシュリン 
 ペース補正が入ってタイムランクはCだった。これで5戦2勝2着2回。唯一の着外は2戦目のフリージア賞でギベオンの6着ですから、ほとんど底が割れていない。今回は外枠ながら、スローの好位に収まって、ソツの無いレースができていたが、鞍上の意のままに動けるのも、センスと能力がなせる技。ほとんどノーステッキで、ゴール前は流してもいた。上でも即通用。ゆくゆくは牝馬限定の重賞で活躍できる馬だと思う。

  馬券Summary
今年の京都新聞杯組
 今年の京都新聞杯はタイムランクがB、メンバーランクがC。完全タイム差はマイナス0秒7であと0秒2速ければAランクだった。賞金加算に成功した1着ステイフーリッシュと2着アドマイヤアルバは日本ダービーに駒を進めて10着と9着。敗れはしたが、高レベルで激走した後の反動があったとも考えられる。ここで注目したいのは、その他の上位組が次走でことごとく勝っている点。
今年の京都新聞杯組
 まず3着シャルドネゴールドは3回中京で1000万下を完勝。1600万に上がって先週土曜中山のレインボーSは2着だったが、スローペースで脚を余していた。
4着のグローリーヴェイズ、新潟の1600万下をBランクで快勝。無事なら菊花賞に直行の予定。
5着メイショウテッコンは3歳オープンの白百合Sを逃げ切った後、福島のG3ラジオNIKKEI賞も制した。
6着のユーキャンスマイル、新潟の1000万下をAランクで勝っている。
さらに17着のシンガリ負けを期したタニノフランケルまでもが、小倉の1000万下をBランクで楽勝した。
こうして見ると京都新聞杯組のレベルの高さに驚く。なお、月曜のセントライト記念にタニノフランケルを含めて3頭が出走して、全て着外だったが、これらは京都新聞杯でも着外で、今回人気もなかった。5着メイショウテッコンが既に重賞を勝った事に加えて、それぞれのレース内容に余裕があり、またランクも高かった事から取り上げた馬たちがオープンでも活躍できるのは確かだと思う。これらを今後につなげると共に、上位組ではステイフーリッシュ・アドマイヤアルバ・メイショウテッコンが今週の神戸新聞杯に登録がある。神戸新聞杯にはダービー1着馬・2着馬も登録があって、出走してくればさらにレベルは高くなるが、京都新聞杯組は1角崩しの穴馬として狙っていく価値はありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26