2018年2回東京8日目

開催一覧
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒9からマイナス1秒2への変動だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、先週日曜終盤は水準方向に近づいた。
 まず土曜日だが、コースが替わって最初の開催日という事もあって、週半ばの雨の影響を感じさせず速い時計の出る馬場だった。前半3週よりもさらに時計は出やすくなっていた。ただ、日曜は後半雨の影響を受けて、時計が掛かって行った。とは言え、マイナス1秒台は維持されていた。上位馬の脚質を見ると、中団・後方の差し馬が連対しなかったのは1鞍だけで、コースがAコースからBコースに変わっても差し有利の状況は続いている。そして今週もう1週、Bコースが使用されてダービーウィークの最終週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1からマイナス0秒7への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルで推移していたが、先週日曜はマイナス方向に動いて行った。
 先週は土曜時点でマイナス0秒3の馬場差と、3週目までと比べればいくらか時計が出やすくなっていた。と言うのも、稍重でスタートしたように、雨の影響が残っていたため。そして日曜は朝時点では土曜より乾いて、水準レベルだったが、後半は雨が降って時計が出やすくなった。連対馬を見ると、好位の馬が13鞍で、11連対と幅を利かせていた。先々週と同様、好位差しが有利な状況が続いている。


  タイム分析
 2018/05/13 (日)  芝=-1.9 → -1.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 レッドラフェスタ    牝3 未勝利 2:02.2 +0.3 -0.8 +1.4 -1.9 SL D 7.80
5R T1400 フレッチア    牡3 500万下 1:20.6 -1.7 --- -0.4 -1.3 B D 7.80
7R T1400 マサノヒロイン    牝5 500万下 1:21.3 -0.9 -0.2 +0.2 -1.3 C D 6.93
8R T1600 アドマイヤリアル    牡5 1000万下 1:34.4 +0.2 -0.8 +0.8 -1.4 D C 6.88
9R T2000 ルネイション    牝5 テレ玉杯1000 2:01.8 +1.7 -1.0 +2.2 -1.5 SL D 5.60
11R T1600 ジュールポレール    牝5 ヴィクトG1 1:32.3 -0.5 -0.3 +0.2 -1.0 C C 5.40
 2018/05/13 (日)  ダ=-0.1 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 エアコンヴィーナ    牝3 未勝利・牝 1:26.8 +0.8 --- +0.9 -0.1 E D 8.69
2R D1600 ノーザンクリス    牡3 未勝利 1:39.7 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 9.00
4R D1600 ジェイケイマッチョ    牡3 未勝利 1:39.1 -0.1 --- ±0 -0.1 C D 7.45
6R D1400 エングローサー    牡3 500万下 1:24.9 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 8.13
10R D1600 グリム    牡3 青竜S 1:36.9 -0.2 --- +0.2 -0.4 C C 8.10
12R D1400 ワンダーリーデル    牡5 BSイレ1600 1:23.4 -0.1 --- +0.5 -0.6 D D 6.70

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 レッドラフェスタ 
 1番人気1着だった。前走2着がレースの上がり600mを1秒3上回る鬼脚なら、今回は1秒8上回る推定32秒7。高速馬場とは言え、未勝利では次元の違う決め手だった。順調に行けば秋には大きな舞台で、大物食いの予感。後は馬体の維持ができれば…だと思う。
東京5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。フレッチアが未勝利クラス・500万下を連勝。
1着 フレッチア 
 フレッチアは道中引っかかる面を見せていたが、内々でなんとかなだめて、直線に向くと空いたスペースを突いてしっかりと伸びた。この馬2走前はタイムランクAのレースで3着。そして前走の未勝利戦はタイムランクBで勝って、そして今回もBの時計で1着ですから、常に高速決着に対応している点は評価できるが、まだ折り合い面に課題を抱えているのは確か。次走も有力馬の1頭ではあるが、上位候補とまではしなかった。
2着 オメガラヴィサン 
 2着オメガラヴィサンは早めに抜け出して、周囲に馬がいなくなった影響か、残り100m辺りからもう一伸びを欠いた。併せる形なら、もっと接戦になっていたと思う。いずれにしろ、次走も有力。
3着 プリュス 
 3着プリュスは勝ち馬の後ろを突いて伸びて来た。確かに伸び負けしたが、レース内容は良くなっていますし、次走も圏内。
4着 ニシノジャガーズ 
 あと4着ニシノジャガーズは出遅れて外を回る形になった。上位馬と比べると、通ったコースの差は大きいですし、その上位3頭とは大きな力差はないと思う。次走も東京1400m戦出走なら有力。
東京9R テレ玉杯 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京10R 青竜S 注目
 タイムランク・メンバーランクともにCだが、上位3頭には見所があった事に加えて、6/17に行われるユニコーンSにもつながるレースでもあるので、ここで取り上げておきたいと思う。
 4着以下は現時点では上位3頭とかなり力差を感じさせる内容だった。
1着 グリム 
 勝ったグリムは好位でレースを運んで、残り400mの地点ではスマハマより手応えは悪かった。ただ、そこからしぶとく粘って、最後は接戦を制した。未勝利戦をBランクのタイムで勝って、今回も難敵相手に勝利しましたからね、ユニコーンSに出走して来ても有力馬の1頭だと思うが、レースぶりからさらに距離が伸びても十分対応できると思う。
2着 スマハマ 
 2着スマハマは一旦抜け出しそうな勢いだったが、そこからもう一伸びを欠いた。今回はスタートがあまり良くなかった点が影響していると思う。次走発馬さえ決めれば、逆転は十分にある。
3着 オメガパフューム 
 3着オメガパフュームは内に刺さりながら伸びて来た。この馬もやはり出遅れた事が大きい。スタートを決めれば巻き返しは可能。
東京11R ヴィクトリアマイル GI
 カワキタエンカが先頭に立って、4コーナーに入っているが、ペースはさほど速くなかった。前半の半マイルが46秒8で後半が45秒5ですから、割と遅めのラップで推移して、直線は内・外分かれて追い比べになったが、最初は半ばまではちょっと内の4頭辺りが競り合うような形になったが、この辺りから一気に体制が入れ替わるような形で、外を通った馬たちが伸びて来る。まず最初レッドアヴァンセがこの辺り先頭に立つが、それをジュールポレールが追い掛けてくる形になって、さらにその外からリスグラシューも伸びて来るが、わずかに最後ジュールポレールが抜け出してゴールインという決着決着になった。
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。
1着 ジュールポレール 
 昨年のこのレースは3着だったジュールポレールが勝ってGI初制覇となった。昨年のこの時期と比べると毛づやとかも良かったですし、調教の動きも格段に上向いていましたから、馬の成長がそのままレースに結びついた印象ががある。ジョッキーもホント上手く誘導した。個人的にはトレセンデビューが私と幸騎手は同期なので…。向こうは同期感はないと思うが、個人的には同期が勝って非常にうれしいなと思う。
幸英明騎手外から豊さんの馬が来ていて、勝ったかどうかわからなかった。確信したのは向正面行ってJRAの方が「勝ってます」という事を伝えていただいたので、それでやっとわかった。スタートしてもうちょっと前に行く予定だったので、思ってるよりは1列ぐらい後ろになったかなと思う。できれば中に入って競馬したいと思っていたので、ちょっと理想とは違ったが、最後は馬を信じてという感じでした。結構前もしぶとかったですし、前を交わしたと思ったら外から良い脚で1頭来ていたので、最後は必至だった。4コーナー回った時は、後ろの馬を気にしてという感じだったが、ラスト200mになってからは、前を気にしてという感じで意識していた。
2着 リスグラシュー 
 2着がリスグラシュー、3着がレッドアヴァンセだった。リスグラシューもこの稍重の馬場の中上がり32秒9を使って追い上げたが、わずかに届かなかった。通ったコースの差も若干あると思いますし、外枠が最終的には着差に影響したのかなと思う。
武豊騎手あそこまでいったら勝ちたかったね。いいレースはできたけど、外枠の分、ポジションが難しかったかな。できればクリストフの位置が欲しかったよ。勝った馬とは枠の差が大きかったように思う。
3着 レッドアヴァンセ 
 2着がリスグラシュー、3着がレッドアヴァンセだった。3着レッドアヴァンセは一旦抜け出して、これは勝ったかと思ったところで一気に来られた。ただ、馬自身は折り合いも非常について良い競馬をしたと思う。力を発揮しての3着。
4着 アエロリット 
 4着アエロリットだが、ちょっと行きっぷりが良すぎて早め先頭に立ってしまった。東京の長い直線で、ああなると厳しい。もう少し折り合って運べれば、きわどかったと思う。
5着 ミスパンテール 
 5着ミスパンテールはスタートで出遅れて、その後道中行きたがる素振りを見せていた。それでも最後諦めずに伸びていますし、5着に敗れたが強い内容だったと思う。
5着 ミスパンテール 通信簿
 4番人気5着だった。パドックはテンションが高かったが、返し馬は落ち着きがあり、状態は良かったと思う。道中は勝ち馬とほぼ同じ列の内め。走っているが、日曜の馬場にしては勝ち時計が速かったのが、これまでとの違いだった。人気を着順が下回ってホッとした。
6着 レッツゴードンキ 
 そしてレッツゴードンキ、6着。私の本命だったが、道中はキレイに折り合いついていたが、追ってからもう一伸びがなかった。簡単に言うなら、距離かなという気がする。こなせるかと思ったが、ちょっと見込みが甘かったかなと思う。
8着 アドマイヤリード 
 8着アドマイヤリードだが、こちらは去年と同じ稍重だったが、パンとこう弾ける感じがなかった。馬場を気にしたのかなと、ちょっと上滑りするような馬場だったと思うので、その辺りが影響した印象が強い。

  馬券Summary
ここまで悪くなると…
 これは私の馬券の調子ではなく、先週の日曜の京都の芝コースの事。私が朝、京都競馬場へ向かう時は、ポツポツしか降っていなくて傘がいらなかったが、競馬場に着いた頃から雨脚が強くなって、その後はズッと降り続いて一気に馬場が悪くなった。結局9R以降の馬場差は設定不能となるぐらい降った。そしてその9Rを勝ったのがグローブシアターという馬。実はこの馬、エピファネイアの半弟で、兄は2013年不良馬場の菊花賞を制している。思わずあの時の光景を思い出した。恐らく血統的に道悪がかなり上手なんだと思う。
 そして続く10Rを制したのは先ほどのタイム分析で取り上げたワンダープチュック。これも先ほど言った通りこれで道悪は3戦3勝になった。これは蹄に水かきがついているんじゃないかなと思うぐらい道悪が上手。一方道悪が苦手な馬たちも多く見受けられた。
道悪で力を出せなかった馬
 リストにしたが、9Rではインヴィクタ。10Rでは先ほど取り上げたインビジブルレイズ・レオナルド。さらに12Rはスペードクイーン・ユアスイスイ辺りがホント全くと言って良いほど力を発揮できなかったですから、これらの馬は次走巻き返し可能だと思いますし、名前を覚えておいた方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26