2018年4回阪神6日目

開催一覧
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス1秒0への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒6への変動だった。さかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、2日目終盤を除けば全てマイナスの数値で、基本的には速い時計の出るコンディションだが、雨の影響を受け、5日目を除けば全て馬場差が変動となっている。
 木曜から土曜早朝までに合計42ミリの雨。土曜は重馬場でスタートして、後半に稍重に変更された。乾いて速くなって行く変動ではあったが、中山ほどは速くはなくて、2000m換算の数値で土曜はマイナス0秒6から始まって12R時がマイナス1秒0。良馬場の日曜は朝の段階からしっとり感は残っていたが、土曜よりは速くて、マイナス1秒3からスタートして後半にマイナス1秒6の変動だった。脚質的には差し・追い込みが決まっていて、Bコース替わりでも中山ほど内の組に偏ってはいない。今週の最終週もBコース使用になる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒8からマイナス2秒2への変動、日曜がマイナス1秒6からマイナス0秒9への変動だった。さかのぼって7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で雨の影響で脚抜きの良いコンディションの日が多くなっている。特に2日目・6日目は高速馬場で、一方5日目は水準に近いレベルだった。
 雨の影響から土曜は不良発表だった。メインの11Rに重になった。1週目の高速馬場をも上回る超高速から始まって、変動で乾いて行った後半の11Rでもマイナス2秒台だった。日曜は終日稍重。土曜よりは乾いて、マイナス1秒6からスタートして最終の12R時にマイナス0秒9になった。中山同様に前で捌く組が強かったが、その中でも好位グループの活躍が目立っていた。


  タイム分析
 2018/09/22 (土)  芝=-0.6 → -1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 ディープダイバー    牡2 未勝利 1:22.1 -1.1 --- -0.7 -0.4 B C 5.10
3R T2000 アドマイヤユラナス    牡2 未勝利 2:03.3 +0.7 -0.3 +1.0 -0.6 E D 7.60
5R T1600 ヴァンドギャルド    牡2 新馬 1:36.8 +0.6 -0.6 +0.6 -0.6 D C 5.75
9R T1400 イッツクール    牡2 ききょう 1:22.2 +0.1 --- +0.7 -0.6 D D 5.67
10R T1800 メサルティム    牝3 夕月特別1000 1:46.5 +0.1 -0.5 +0.4 -0.8 D C 5.33
12R T2000 ダンサール    牝3 500万下 2:01.1 +0.2 -0.7 +0.5 -1.0 D D 8.00
 2018/09/22 (土)  ダ=-2.8 → -2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 メイショウソテツ    牡2 未勝利 1:52.3 -3.0 --- -0.2 -2.8 C D 4.45
4R D1200 リュニヴェール    牝3 未勝利 1:12.0 -1.0 --- +0.7 -1.7 D C (6.50)
6R D1800 ダノンテアトロ    牡3 未勝利 1:52.5 -1.6 --- +0.9 -2.5 E C (2.00)
7R D1400 グローリーグローリ    牡3 500万下 1:22.8 -2.1 --- -0.2 -1.9 C D 7.82
8R D2000 タガノボンバー    セ3 500万下 2:03.4 -3.1 --- -0.5 -2.6 B C 4.17
11R D1400 ヴェンジェンス    牡5 大阪スポ1600 1:21.6 -1.9 --- -0.2 -1.7 C C 6.18

阪神2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ディープダイバーが4走目で初勝利を挙げた。
1着 ディープダイバー 
 1着ディープダイバー、1600mで2着・2着。1400mで3着と来て今回が4戦目。同じ距離でも中京の前走は流れが速くて、伸びがジリジリだけだったが、今回は前後半600mがどちらも35秒4。均一したペースで、十分に脚が溜まっていて、切れ味が全開した。あと0秒1速ければAランク。ブラックタイドの牡馬で、馬体的な大物感はなくても500万下の1400mなら期待できると思う。
2着 ヘヴンリーウインド 
 2着以下は3馬身半以上離された。2着のヘヴンリーウインド、小倉1200mの新馬戦4着から距離が伸びてしぶとさが生きた。勝ち馬と0秒6差でCランク相当。小柄な牝馬の10キロ増は好感が持てるが、まだ相手次第の範囲ではある。
3着 アールグランツ 
 3着のアールグランツ、こちらも小倉1200mの新馬戦で2着に入り、今回は距離延長だった。延長した分、少しジリっぽくなった印象がある。1200mの方が切れる脚が使えるかもわからない。
阪神3R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。タガノボンバーがダート2000mで連勝した。
1着 タガノボンバー 
 1着タガノボンバー、休養前にも阪神ダート2000mを差し切った事がある。この時は稍重でDランクだった。馬場状態の違いはあるが、同じ条件で時計を4秒7も短縮した。しかもスタートの芝の地点で出遅れていて、展開がハマったとは言っても、相当なスタミナと切れ味を秘めている。母の4勝もJRAで勝ち鞍を上げた兄弟馬2頭の7勝も全てダート。1800m以下では、平均以下の流れになると心配も残るが、不利な状況になっても印は回しておきたい。そんな必要がある。
2着 キタサンヴィクター 
 2馬身以上離された。2着キタサンヴィクター、3歳限定戦ではテーオーエナジーなど強敵を相手にしていた。フロックではなくて、後手を踏んだ前走と違って流れに乗れたのが良かったと思う。ただ、アテにもできないタイプ。
3着 マンハッタンロック 
 3着のマンハッタンロック、前走2着も小倉の1700mは忙しかった印象がある。距離延長が功を奏しての3着。展開利があって、ソツなく中を捌いて2着馬を交わせなかった。これはもうジリ脚の典型と言った感じ。
7着 サマーサプライズ 
 あと7着のサマーサプライズ、休養前に減少した馬体が戻っていた。前半1000m1分0秒6。後半1分3秒8のハイペースを逃げて失速したが、2番手を進んだ1番人気のアポロテネシーは抜かせなかった。次はガラリと変わってきそうな感じがする。

  馬券Summary
藤田菜七子騎手について
 今年でデビュー3年目となった藤田菜七子騎手が好調。6/24の3回東京終了段階で、既に9勝を挙げていたが、夏の福島・新潟の開催で8勝を上積みした。さらに秋の中山でも9/15に自身2回目の1日2勝をマークして、9/23終了現在で、今年の勝利数を19としている。8/25には通算勝利数を35として、JRA女性騎手の最多勝記録を更新した。これも記憶に新しいところ。昨年の暮れ、ある番組で藤田騎手に触れた際、「よく乗っているんだけど、逃げか追い込みか戦法が両極端。真ん中の位置から勝てるようになれば本物」と注文をつけた事がある。
藤田菜七子騎手について
 実際今年の19勝を見ても、8鞍が逃げ切りであり、6鞍が4コーナー8番手以降からの追い込み。残る5鞍は4コーナー3番手以内からの先行流れ込みだった。好位直後、あるいは中団からの差し切りは1つもない。もちろん差し馬を思い切りの良さとか、スタートの上手さで先行させて勝った例もありますし、追い込みが多いと言うのは追えるジョッキーの証明でもある。また19勝の内1番人気は1回だけ。4番人気以降の人気薄勝利が10鞍もあり、これはもう穴メーカーとしての面目躍如。人気を集める差し馬に騎乗する機会が、逆に言えば少ないという、これも差しの少ない要因と言えるんじゃないだろうか。
 1番感心したのは夏競馬最終週9/2の新潟3R3歳未勝利クラスのレースは、残り1開催しか行われない。言わば後のないレースで、4番人気のロマンスガッサンを勝たせた。この馬にはここまでズーッと騎乗していたが、前走の3着がハイペースを3コーナー2番手。少し早仕掛けでの敗走だった。その経験を糧にして、この時は3番手に上がると溜めを作って、仕掛けのタイミングを図っていた。そしてゴールで半馬身だけ抜け出す事に成功していた。コレを見て、よく勉強しているなと思いましたし、自分が希望する真ん中の位置からの競馬もたぶんできる。そう確信した。女性騎手と言うだけで、何かと注目されるでしょうし、大変だと思うが、これからもますます腕を磨いて頑張って欲しいと思う。ちなみに個人的には380キロ台の小さな牝馬、マルーンエンブレムとのコンビが大好物です。是非このコンビでやがて大きい所を狙ってもらいたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26