2018年1回札幌4日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒7、先週がマイナス1秒6で安定している。
 土日朝の含水率は1週目よりほんの少しだけ高かったが、1週目より少し時計が掛かるようになったのは、その含水率の影響ではなく、開催進行により芝が少し傷んだためだろう。なお、先週程度の含水率では時計の出方に直接の影響はないが、洋芝は野芝のように地面を這うようには根を張らず、茎が地面と垂直に伸びるので、地面が見えている部分が野芝に比べて多い。そのため、地面がぬかるんでいる場合の時計の掛かり方が、野芝より極端ですし、芝がはがれてくると土の露出面積が増えるので、雨が降った場合の影響が野芝と比べると遙かに大きい。小回りコースの高速馬場ではあるが、徹底的に前有利という結果にはなっていないのは1週目と同じだった。今週までAコースが使用され、来週の2回札幌からCコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がプラスマイナスゼロ、先週はマイナスゾーンだった。
 朝の含水率は1週目とほとんど同じだったが、1週目より少し速い時計が出るようになった。クッション砂圧の調整をしているので、その影響かもしれないが、いずれにしても朝の含水率だけが時計の出方を決める要素ではないという事。小回りコースのダートで、しかも馬場に何か偏りがある訳ではないので、先週も全体としては先行有利と、当然の結果になっていた。


  タイム分析
 2018/08/05 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1500 ハクサンタイヨウ    牡2 未勝利 1:32.7 +1.9 -1.1 +2.0 -1.2 SL C (3.50)
4R T2000 マイキャラット    牝3 未勝利・牝 2:01.7 -1.3 --- +0.3 -1.6 C C 7.91
5R T1800 モンテアーサー    牡2 新馬 1:52.0 +0.9 -1.0 +1.3 -1.4 SL C 4.60
8R T1200 ショウナンアエラ    牡4 500万下 1:08.9 -0.9 --- +0.1 -1.0 C C 5.33
9R T2600 ゼーゲン    牡3 500万下 2:40.8 -1.7 -0.6 -0.2 -2.1 C C 5.33
11R T1200 クリーンファンキー    牝5 UHB賞H 1:08.3 -0.4 --- +0.6 -1.0 D D 10.80
12R T1800 ミッキーチャーム    牝3 藻岩山H1000 1:46.5 -2.0 --- -0.6 -1.4 B C 9.14
 2018/08/05 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 スキュータム    牡3 未勝利 0:59.7 +0.1 -0.2 ±0 -0.1 C D 8.00
3R D1700 グラウベン    牡3 未勝利 1:47.5 +0.7 --- +0.9 -0.2 E D 8.00
6R D2400 イルフォーコン    牡5 500万下 2:34.2 -0.3 --- ±0 -0.3 C D 6.60
7R D1700 コンプリートベスト    牝4 500万下・牝 1:45.3 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C 7.43
10R D1700 セイカエドミザカ    牡5 大倉山特1000 1:45.5 +0.6 --- +0.8 -0.2 D C 8.00

札幌1R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
札幌3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
札幌5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。勝ったモンテアーサーについて触れておく。
1着 モンテアーサー 勝ち馬注目
 ゲートの中でキョロキョロしていて、出遅れてそのまま後方追走となった。4コーナースパートの私が言うところのモレイラスペシャルでもそれでも鋭く反応せず、さらに勢いがつきかけたところで外に膨らんだが、直線では力強く伸びた。シンボリクリスエス産駒の牡馬らしく、スパッと切れる感じではないが、パワフルな走りで素質は高いはず。既に函館の芝1800mの新馬をAランクで勝った馬が2頭いるが、それらが相手でも札幌2歳Sで好勝負になるはず。
札幌10R 大倉山特別 注目
 7着だったスペリオルシチーについて。
7着 スペリオルシチー 
 3コーナー過ぎから内から進出しようとしたが、前が詰まって完全にブレーキ。しばらく引っ張ったままになってしまった。一旦ゴーサインを出してからの急ブレーキなので、ロスが大きく、直線で再度追ってもなかなか加速できなかったが、最後はジワジワと伸びていた。そもそも出ムチを入れても先行できなかった事が、不運の始まりで出ムチを入れても先行できないような馬ではないはずなので、状態面に不安を感じるが、中1週が影響したのかもしれない。だとすると、次もまた間隔を詰めると嫌な予感がするが、優先出走権がなくて間隔を詰められない事が吉と出そう。
札幌12R 藻岩山特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ミッキーチャームが逃げ切って芝1800mで3連勝。
1着 ミッキーチャーム 勝ち馬注目
 1000m通過58秒6で逃げたミッキーチャームが4コーナーで後続を引きつけ、直線で突き放すという芸術的な逃げ切りを見せた。ハイランドピークが1月に初茜賞を横山典弘騎手で逃げ切った時を思い出すが、やはり横山典弘騎手の逃げというのは絶品。ただし、騎手が上手いだけではなく、そういう乗り方に対応できる馬の能力やセンスももちろん高い。今年の夏は1000万で強い勝ち方をする3歳馬が多くて、菊花賞や秋華賞路線の新星が毎週のように出てくるが、この馬はタイムの裏付けもレース内容の良さもローズSや紫苑Sで期待できるだけのモノがある。
2着 ファストアプローチ 
 2着のファストアプローチは4コーナーで前に追いついて、そこから突き放されるという厳しい展開になったが、2着は守った。ヨーロッパ血統であり、実際に札幌2歳S着ですから、洋芝は合っている。次走も札幌なら上位候補となる。

  馬券Summary
オルフェーヴル産駒の1勝目
 3月にこのコーナーで3歳の3月・4月に勝ち上がる馬が多い種牡馬を取り上げて、オルフェーヴル産駒にもその気配があると述べたが、どうなったのか?という検証をする。
オルフェーヴル産駒の1勝目
まず表をご覧いただくが、この表は現3歳世代の新馬戦・未勝利戦に限ったモノ。やはり3月に多く勝っていて、4月は2着が多いがあまり勝てなかったが、5月・6月の勝率が高い。1勝目が遅い種牡馬の産駒というのは、1勝目が遅くても勝ち上がれば続けて好走する事が多い。3月に5戦目で勝ち上がったレーヴドリーブは続く500万も連勝した。6月に3戦目で勝ち上がったダノンフォワードは、次の500万はハイペースの逃げで4着だったが、昇級2戦目にアッサリ勝った。この手の晩成タイプの産駒が多い種牡馬の場合、産駒の1勝目が遅いからと言って、昇級後に軽視すべきではないというのが、馬券作戦の1つになる。だがしかし、オルフェーヴル産駒のこの勝ち上がりが遅いという傾向が、今後も続くかどうかは今のところ不明ではある。と言うのも、社台スタリオンステーションだが、社台グループの大物種牡馬と言うのは、2年目の産駒でガラッと傾向が変わる事がある。恐らく種牡馬別の育成手法が確立されるんだと思うが、この件は来週取り上げる予定。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26