2018年2回福島7日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方が異なる。開幕週は高速馬場でスタートしたが、2週目は雨の影響でプラスゾーン。3週目はマイナスゾーンとなり、先週は再びプラスの数値となった。
 先週は雨が降らなかったのに、3週目と比べると急に時計が掛かった。良馬場でもプラスゾーンだった点には注意したい。連対馬を見ると差し・追い込み馬が目立ち、マクリを含めると中団・後方の馬が連対していないのは土日それぞれ1鞍だけと。言い換えると、特に日曜だが、逃げ・先行馬は大苦戦という日だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、5日目まではマイナスの数値だった6日目からプラスの数値になり、先週は土曜・日曜と時計が掛かって行った。
 重馬場だった2週目は脚抜きが良く、時計が出やすかったとして、同じ良馬場でも1週目よりも6日目以降の方が時計が掛かっている点は、この開催のダートで注意すべき事。連対馬については、開催3週目のように逃げ・先行有利ではなく、好位勢が活躍していた。


  タイム分析
 2018/07/21 (土)  芝=+0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 ボスジラ    牡2 新馬 2:04.6 +1.8 -0.3 +1.1 +0.4 SL C 6.00
6R T1200 ルメッサージュ    牝2 新馬 1:13.8 +3.4 -0.3 +2.9 +0.2 E D 9.08
8R T2600 ホクセンジョウオー    牝3 500万下 2:49.0 +8.3 -1.6 +6.2 +0.5 SL D 8.25
10R T1800 レッドイグニス    セ5 いわき特1000 1:48.3 +1.1 -0.2 +0.5 +0.4 D D 8.67
11R T1200 ナムラアッパー    牡7 白河特H1000 1:09.1 +0.3 --- +0.1 +0.2 C D 8.00
 2018/07/21 (土)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 ジャンティエス    牝3 未勝利・牝 1:47.3 +0.2 --- ±0 +0.2 C D 6.91
3R D1700 アカリダイヤモンド    牡3 未勝利 1:47.5 +0.4 --- +0.2 +0.2 C C 7.54
7R D1150 タイセイアピール    牝3 未勝利 1:09.8 +0.6 --- +0.5 +0.1 D D 8.42
9R D1700 プライムコード    牡4 三陸特別500 1:45.6 -0.4 --- -0.6 +0.2 B C 5.29
12R D1150 ウサギノダンス    牡3 500万下 1:08.7 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C 6.50

福島5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過1分3秒6のスロー。普通こういうスローでは上がり600mまたは800mの競馬になる事が多いが、このレースは残り1000mから速くなって、上がり1000mのスタミナが問われるレースになった。上がりタイムもそれほど速くはないが、上がり1000mが平均的に速く、厳しい競馬だった。このレースには価値があると考えた方が良いと思う。
1着 ボスジラ 勝ち馬注目
 勝ったボスジラはその厳しいレースで3番手の外を追走し、4コーナー手前で先頭に並びかける積極的なレースをした。一旦は後続を引き離していますし、普通ならそのまま楽勝というパターンだったが、2着したコルクがもうしぶとく着いてきたので、直線でもう一度追わなければならなかった。
 1着ボスジラだが、全兄に菊花賞3着のポポカテペトル、スプリングSの勝ち馬マウントロブソンがいるお馴染みの血統。この血統は圧倒的な瞬発力がある訳ではないが、スタミナに富み、平均ペースに強い。また、重馬場も得意。この馬の将来も非常に楽しみ。
2着 コルク 
 2着は8番人気のコルクが入った。半姉にマーガレットS2着のオジョーノキセキがいるが、この馬は父がナカヤマフェスタに変わって、距離も保ちそう。次走以降楽しみ。
3着 ゲインスプレマシー 
 それから3着ゲインスプレマシー、2着に4馬身差と離されてしまったが、ダートの一流馬ヴァーミリアン・サカラート・ソリタリーキングなどの半弟。芝でもそこそこは行くと思うが、将来的にはダートでも楽しめるのではないだろうか。
福島6R 2歳新馬 タイムE
 基準より2秒9遅い勝ちタイムだった。TOPIXでも上がった様に、芝1200mとしては2歳新馬戦だった事を踏まえてもかなりのスローだった。ただ、それでいて上がりも時計を要しており、SLランクではなくEランクになる。
福島8R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。こちらはもうレースの質や個々の評価云々についてではなく、TOPIXでも上がったように、いくら長距離とは言え相当に遅いペースだったという事を改めて強調しておきたい。そもそも評価の対象外にすべきようなレースだったと思う。
福島9R 三陸特別 タイムB
 このレースの勝ちタイムは古馬500万下の基準タイムより0秒4速く、1700m対象の馬場差がプラス0秒2だった事を踏まえると -0.4-(+0.2)=-0.6 で基準より0秒6速い勝ちタイムとなる。プライムコードが距離延長、初めての1700mでJRAでの初勝利を挙げた。前に行く馬が比較的多く、先行争いが厳しくなるかと思われたが、ウインドオブホープが先手を主張するとロジペルレスト以下が抑えたため、単騎逃げで意外に速くならなかった。そして最内を3番人気プライムコードが突いて、スンナリ抜けて勝った。
1着 プライムコード 
 プライムコードだが、デビュー後4戦して勝てず、昨秋に南関東へ移籍。7戦して3勝し、今年5月に中央へ戻って来た。東京で2戦して勝てなかったが、2戦目の前走は見せ場十分だった。福島に変わって、きっちり勝ち切った。使われる毎にペースに順応しており、前へ行ける先行力は魅力。上のクラスでもすぐには無理でも、いずれ勝ち負けしてくるのではないだろうか。
2着 ウインドオブホープ 
 ウインドオブホープが粘って2着だった。ウインドオブホープは無理してでも先手を主張したのが功を奏した。前に行って粘るのが持ち味で、追い掛ける形だともう一つですかね。今後も逃げられそうなレースでは注意が必要だろう。
4着 ロジペルレスト 
 4着ロジペルレストは逆に先手を譲ったのが裏面に出た格好。2着馬が粘りを見せたため交わせずに失速と。どうやら先手の方が伸び伸びと走れそう。
福島10R いわき特別 
4着 ヤマニンリュウセイ 通信簿
 3番人気4着だった。8頭立てで相手もそれほど強くなかったので、「うわ、これはやばい」と思っていたが、運良く(?)4着になってくれた。結果オーライという事で、よろしくお願いします。
福島12R 3歳上500万下 注目
 ダート短距離には珍しくサンタアズライトがものすごい大逃げを打った。150m通過からの600m33秒3というハイラップですから、4コーナーでも後続を6・7馬身離していて、これは決まるかなと思われたが、流石に最後はバッタリと来てしまって、5着になってしまった。ただ、スリルにあふれた最終レースで、すごい楽しませてもらった陣営には感謝したい。
1着 ウサギノダンス 
 勝ったウサギノダンスは初勝を挙げるのに11戦かかったが、勝ち上がると2戦目で2着、3戦目に勝った。2走前、つまり500万下への昇級戦10着は東京1400mで、ここまで中山・福島のダート1200m以下では連を外していない。上のクラスですぐに勝ち上がるのは難しいかもしれないが、条件さえ整えば好走できるだろう。
2着 アーバンイェーガー 
 2着アーバンイェーガーは1番人気。ウサギノダンスとともにサンタアズライトを追い、ウサギノダンスに並びかけたところがゴールだった。この馬は上のクラスで3着・3着のあと降級して、3着・3着・2着と。このクラスでは流石にそろそろ順番が来るだろう。

  馬券Summary
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
 北海道シリーズのダートの話だが、昇級戦の馬とか前走オープンで勝った馬が活躍している。やっぱり同じコースで走る事が多い、それから滞在競馬で好調な馬が調子を持続しやすいという事が影響しているんじゃないかと思われる。そこで、札幌ダートの狙い方、今週から始まりますので前走函館か札幌で1着だった馬を狙ってみたいと。この方式で昨年の札幌競馬を全部調べてみた。
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
結果30頭が出走して、4勝2着4回3着4回4着以下18回。勝率も連対率も良くて、複勝率なんか40%ある。単勝回収率も203%、複勝回収率89%となかなかの結果を残していますので、これ、ほとんど全部昇級戦な訳ですから、こんなに好成績なのはちょっとビックリだと思うので、是非試していただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26