2018年2回東京2日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。
 昨年の開幕週と比較してもさらに時計の出やすい馬場になっていた。初日は逃げ・先行馬タイプの連対もあったが、日曜は前に行った馬の連対はゼロで、好位・中団・後方からの差し馬がまんべんなく活躍した。トータル的には差し馬が有利な状況だった。2回東京は6週の開催で、3週目まではこのままAコースが使われて、4週目・5週目はBコース。ダービーウィークの最終週だけがCコース使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 同じ良馬場でも1回開催後半よりも時計は少し出やすくなっていた。未勝利戦では逃げ馬が活躍していたが、クラスが上がると差し馬も台頭していた。ですから、能力差で着順が決まりやすい下級条件は前残りで、それ以外は差しも決まるイメージ。


  タイム分析
 2018/04/22 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ラカージェ    牡3 未勝利 1:33.8 -1.9 --- -0.6 -1.3 B D 10.07
4R T1400 ニシノジャガーズ    牡3 未勝利 1:22.2 -0.8 -0.6 -0.3 -1.1 B D 9.59
5R T2400 ゼーゲン    牡3 未勝利 2:27.4 -0.9 -0.8 +0.2 -1.9 C D 6.18
7R T2000 ハギノアレス    牡4 500万下 2:00.7 -0.1 -0.8 +0.7 -1.6 D B 5.58
9R T1800 コーカス    牡4 石和特別1000 1:48.4 +1.4 -1.1 +1.7 -1.4 SL C 7.29
11R T2000 サトノワルキューレ    牝3 フローラG2 1:59.5 -0.4 -0.6 +0.6 -1.6 D C 5.57
 2018/04/22 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 レユシット    牝3 未勝利・牝 1:39.8 +0.6 --- +0.6 ±0 D D 8.92
2R D1400 デュアルマンデート    牡3 未勝利 1:26.3 +0.3 --- +0.3 ±0 D D 6.73
6R D1600 トキノパイレーツ    牡3 500万下 1:38.0 -0.2 --- -0.2 ±0 C C 4.90
8R D1600 フィビュラ    牝5 500万下・牝 1:38.9 +0.9 --- +0.9 ±0 E D 10.18
10R D1400 メイショウボンロク    牡7 鎌倉SH1600 1:24.6 +1.1 --- +1.1 ±0 E D 8.15
12R D1600 フォーカード    牡4 1000万下 1:37.1 -0.1 --- -0.1 ±0 C D 7.83

東京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ラカージェが休み明け2走目で勝ち上がった。
1着 ラカージェ 勝ち馬注目
 ラカージェはご覧のように発馬がちょっと一息で後方からの競馬になった。しかも4コーナーでもかなり前とは離された位置取りだったが、直線に向くと馬群を縫うように一気に伸びて差し切った。瞬発力は非凡で、ここなら力は上だった。母はエリザベス女王杯を勝ったリトルアマポーラで、血統面とか将来性も含め、楽しみな1頭。
2着 ブラックキングダム 
 2着ブラックキングダムは内々をロス無く立ち回って、一旦は先頭を伺うシーンを作った。今回は勝った馬が強かっただけで、自身は休み明けにも関わらず、よく走っている。走破時計も速いですし、次走も引き続き有力。
3着 ミッキーボニータ 
 3着ミッキーボニータは馬群の中で脚を溜めて、4コーナーではスッと前が開いた。結果上位2頭には伸び負けしたが、内容は悪くないですし、現状マイルの距離も合う。次走も引き続き圏内。
9着 ホッコーエレノア 
 2番人気のホッコーエレノア、9着だった。注文通りハナには立ったが、他馬に絡まれてホント息を入れられる場面がなかった。現状逃げ一辺倒の脚質では厳しいかなと思う。
東京4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。3ヶ月半ぶりだったニシノジャガーズが初勝利を挙げた。
1着 ニシノジャガーズ 
 ニシノジャガーズは中団のインを追走して、残り400m辺りで上手く外に持ち出せた。その後はしっかりと伸びて差し切った。上がり600mの推定タイムは33秒0で、1頭だけ伸びが違っていた。ここ2戦は中山の1600mに使われて来たが、今回のレースを見ているとベストは1400mで、しかも広い東京が合っている。適した条件に出走してくれば昇級しても要注意。
2着 バルトフォンテン 
 2着バルトフォンテンは手応え良く4コーナーを回って、追い出しもギリギリまで我慢したが、周囲に居た馬には競り勝った。ニシノジャガーズには並ぶまもなく差されたが、力は示した。距離は1400mでもマイルでも大丈夫ですし、次走も勝ち負けになる。
3着 ユウキャン 
 3着ユウキャンは先行して、内めを上手く立ち回った。展開にやや恵まれた印象はあるが、前走のダート戦よりは格段にレースぶりが良くなっていますし、次走も警戒は必要。
13着 ランプフィーバー 
 2番人気13着ランプフィーバーは、好位につけたが早々に失速してしまった。今回は経験馬相手に初めての競馬で、長い目で見ていきたい。
東京8R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京9R 石和特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京10R 鎌倉S タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京11R フローラS 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。スタートはややバラついて、サトノワルキューレは後方からとなった。スタートのタイミングが合わず、後ろになった。ラップ的にはまぁまぁちょっと遅めの感じで流れて行って、直線行くと前に行った馬の方がある程度有利な感じで、ノームコアがしぶとく粘る。それにパイオニアバイオが並びかけて、この2頭で決まりそうな雰囲気もあったが、外からサトノワルキューレが一完歩毎に差を詰めて、ゴール寸前で抜け出して1着。内々捌いて来たサラキアも良く伸びたが、4着までが精一杯だった。
1着 サトノワルキューレ 
 サトノワルキューレが外から差し切って重賞初制覇。出遅れて、大外回して実質直線だけの競馬で差し切り。見ててもわかる通り、フットワークが大きくて、馬群を器用に捌けるタイプではないと思う。ですから、長く良い脚を使うスタミナ型なので、そういう特性を今回活かした騎乗だった。オークスで人気になりそうなアーモンドアイがホント瞬発力勝負に強いタイプですから、長く良い脚を使うこの馬との対決が非常に楽しみ。
2着 パイオニアバイオ 
 2着にパイオニアバイオで、ここまで2頭がオークスへの優先出走権を得た。パイオニアバイオはプラス12キロだったが、これは成長分で太め感はなかった。前々で流れに乗って、ほんと踏ん張った。この馬未勝利戦勝った時のタイムランクがDで、ちょっと私も軽視していたが、ここに来て力をつけているのは間違いないですし、折り合い面考えれば距離伸びても問題ない。
3着 ノームコア 
 パイオニアバイオにクビ差3着だったのがノームコア、4着がサラキアだった。ノームコアは最初少し行きたがったが、すぐに折り合いついて、最後競り負けはしたが、力は発揮した。オークスで勝ち負けするにはもう一押し欲しいかなという印象はある。
4着 サラキア 
 パイオニアバイオにクビ差3着だったのがノームコア、4着がサラキアだった。あと、勿体なかったのが4着サラキア。長距離輸送でも体重維持して、後方から馬群をスペース見つけながら伸びて来る感じになった。ですから、何の不利もなく走った2・3着馬よりかは強い競馬をしている。ちょっと権利取れなかったのは残念だった。
14着 オハナ 
 3番人気で14着に敗れたオハナ。これは好位のインをそつなく立ち回って、上手な競馬をしていたが、直線向くと内に刺さってほとんど進んで行かなかった。キャリアの浅さが出たのかなという競馬だった。

  馬券Summary
今の東京芝に合っている騎手
 これは横山典弘騎手のこと。先週は実は2勝で2着2回3着1回と活躍した。中でも芝のレースの活躍が目立っていて、それぞれのレースを振り返ると、インからの差しで結果を残している事がわかる。
 まずは土曜5R、サクラレイメイ。スタートがちょっと悪くて、軽く寄られたのでさらに後ろのポジションになったが、その後はずーっとインを上手く立ち回る。直線も前が開くのを待って、ずーっとインにこだわって、結果この後最内からしっかりとしたフォームで抜け出して来て、ちょっと楽勝かなと思えるような内容だった。これは鮮やかな勝ちっぷりだった。

 続いて土曜6Rのミッキーバード。これも同じくスタートは早くなかった。まるで前のレースのVTRを見ているかのような感じだった。それでもその後ずーっとインをそつなく立ち回って、また不思議とインがキレイに開いてくるんですよね。これも最内から鮮やかに抜け出して、このまま1着という結果になった。

 最後が日曜の3R。ブラックキングダムという馬だが、これはスタートを決めて、その後はインをそつなく立ち回って、結果2着に敗れたが、一旦は先頭に立ちましたし、見せ場は十分だった。ですから、今の東京芝については、差しは決まるが流石に外一気では厳しいので、内をロスなく立ち回って、満を持して追い出すパターンがベスト。たぶん、今週くらいまで同じ傾向が続くと思うので、引き続き横山典弘騎手の手綱さばきには注目。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26