2018年2回阪神7日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がプラス0秒3からプラスマイナスゼロへの変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナスの数値が続いて3日目・4日目そして先週土曜はマイナス1秒台だったが、日曜は春の連続開催で初めてマイナスゾーンではなかった。
 木曜におよそ1.5ミリの雨が降ったが、回復して土曜は良馬場発表。水準よりもかなり速い時計の出るコンディションで、2週目のコース替わり時に近い状態に戻った。その土曜は10Rと11R時に雨がパラついたが、馬場差は1日を通した数値。そして土曜夜から、本格的に降り出した雨は日曜朝9時の段階で、39ミリを計測。その後も3Rの時点まで降り続いた。そのため、日曜の馬場差は変動で、土曜と一転して時計を要して行った。プラス0秒3からスタート、いくらか乾いて水準レベルになった。連対脚質は多岐に及んでいた。傾向の特定はできない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス2秒6からマイナス1秒7への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響次第で週によってあるいは土日でも時計の出方が異なる。その中で5日目・6日目、そして8日目は速い時計の出るコンディションだった。
 土曜は良馬場。雨の影響を受けない良馬場だった2週目に近い標準の馬場差だった。後半の雨は影響なくて、数値は終日対象。ただ、土曜夜からの雨で日曜はガラリ一変して高速化した。馬場差は変動で、マイナス2秒6からスタートして徐々に乾いて行ったが、12R時でもマイナス1秒7だった。脚質に偏りはなくて、高速化した日曜でも差しは決まっていた。


  タイム分析
 2018/04/14 (土)  芝=-1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 アドラータ    牝3 未勝利・牝 2:01.8 -0.4 -0.7 ±0 -1.1 C D 7.75
5R T2200 スヴァルナ    牡3 未勝利 2:12.9 -2.7 -0.3 -1.8 -1.2 A C 7.29
6R T1200 トゥラヴェスーラ    牡3 500万下 1:08.7 -0.8 --- -0.1 -0.7 C C 7.00
9R T1800 マテンロウゴースト    牡5 蓬莱峡特1000 1:46.2 -0.4 -0.6 ±0 -1.0 C C 5.29
11R T1600 タワーオブロンドン    牡3 アーリンG3 1:33.4 -0.8 --- +0.1 -0.9 C C 5.69
 2018/04/14 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ダンツカホウ    牝3 未勝利・牝 1:55.3 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 7.36
2R D1400 メイショウアキツ    牡3 未勝利 1:26.2 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 6.67
3R D1800 タガノバルバドス    牡3 未勝利 1:55.3 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 7.00
7R D1800 メイショウカマクラ    牡5 500万下 1:53.2 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 6.08
8R D1400 サンキュー    牡5 500万下 1:24.9 ±0 --- ±0 ±0 C C 7.07
10R D1200 オウケンビリーヴ    牝5 陽春SH1600 1:10.9 -0.2 --- -0.2 ±0 C C 6.58
12R D2000 オースミラナキラ    牡6 1000万下 2:06.0 +0.4 --- +0.4 ±0 D C 5.00

阪神5R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒8も速い勝ちタイムだった。1枠からセイウンフォーカスがハナに立って、4コーナーにさしかかる。しかし早めに2番手へ上がったスヴァルナが並んで、直線では先頭に立って行った。その後メイケイゴールドが伸びて来るが、スヴァルナがアタマ差凌いで1着となった。やや離れた3着争いも接戦となり、セイウンフォーカスが先着した。
1着 スヴァルナ 勝ち馬注目
 スヴァルナが今回は1番人気に応えて勝った。その1着スヴァルナ、完全タイム差のマイナス1秒8はウルトラ高レベルの域に入る。6戦して2着3回3着2回。成績的には順当勝ちだが、M.デムーロ騎手が積極的な騎乗をして、この馬の隠れていた能力を引き出した、そんな印象がある。中団・後方から1000m標識手前で動いて2番手に上がり、これによってペースが上がったのが、好時計勝ちの要因。これまではスローで溜めて差し届かなかったレースが多かったが、一変して来た。天皇賞・秋を勝ったスピルバーグ、マイルCS馬トーセンラーの甥にあたる。父がステイゴールド、500万下はもとより、オープンでもやれるだけの素質があると思う。
2着 メイケイゴールド 番組注目馬
 スヴァルナにアタマ差まで迫ったのがメイケイゴールドだった。2着メイケイゴールド、4ヶ月ぶりだったが、10キロ減と絞れていた。内を巧みに乗られていたが、アタマ差で勝ち馬と同タイム。ランクの高さから次走は確勝級だと思う。愛知杯・中山牝馬Sを勝ったフーラブライドの半弟で、この馬もステイゴールド産駒。
3着 セイウンフォーカス 
 3着のセイウンフォーカス、勝ち馬にマクって来られてペースを上げながらもしぶとかった。0秒4差のこの馬でも楽なAランク相当。展開にもよるだろうが2・3戦のうちに勝てるのではないだろうか。
4着 ニッポンテイオー 
 4着ニッポンテイオー、5着スワーヴアラミスに2馬身差をつけて3着馬にはクビ差だった。直線の伸びはこれまでにないモノだった。間隔を明けてリフレッシュした効果だと思う。母の1歳下の妹にNHKマイルCを勝ったピンクカメオ、中距離でチャンスも近いと思う。
阪神6R 3歳500万下 注目
 勝ったトゥラヴェスーラ。
1着 トゥラヴェスーラ 
 1600mで新馬勝ちの後、行きたがり癖が出ていたのが、前走は1200mに距離を短縮して2着。ただ、出遅れて後方から進んで、直線でごぼう抜きにする味な競馬だった。今回はスタートを普通に切れた事もあって、好位置で折り合って4コーナーで外へ。直線は楽々と前を交わして内から伸びて来た2着バーニングペスカには2馬身半差。強かったと思う。ランクはCでも、余力からは時計は詰まると思いますし、大分競馬がわかってきた印象がある。ドリームジャーニーの牡馬、母がスプリンターズSを勝ったアストンマーチャンの全妹にあたる血統で、スプリンターとして大成可能な素質が魅力。
阪神10R 陽春S 
2着 スマートレイチェル 解説危険
 前走なにわSで逃げて2着した2番人気のジープルメリアが出負けして、行けずに最終的には競走中止。またラズールリッキーも3番手に控えて勝った1番人気のオウケンビリーヴは差しタイプ。こんな状況で内枠からスタートの上手い武豊騎手が逃げて、マイペースに持ち込んだのが好走の要因。52キロの軽ハンデも見方した。最高に上手く行った形なので、次走もこの形になるとは考えづらいですし、控えるとジリっぽくもなる。よって危険馬に扱う。
阪神11R アーリントンC 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。スタートだが、スタートはあまり揃わなかった。ハナに立ったのはラブカンプーだった。ペースとしてはまずまず流れた方、1000m通過58秒7。今年からNHKマイルCのトライアルになった。メンバーランクのCは先週のNZTと同じだが、あちらはDに近いCに対して、こちらはB寄りになる。直線は一旦インディチャンプが完全に抜け出すが、外から2頭目がタワーオブロンドン。一気に内の馬を抜き去って行く。その外から追い込んで来たのはレッドヴェイロン。結局この2頭が前と接近して行く。タワーオブロンドンが抜け出して、2着は内から抜け出したパクスアメリカーナが上がった。
1着 タワーオブロンドン 勝ち馬注目
 1番人気のタワーオブロンドンが勝って重賞は2勝目となった。坂路での力強い動きから、仕上がりは上々だった。中団より後方から外を回って豪快に差し切った。朝日杯FS3着時と比較しても、馬体が締まって決め手の鋭さを増している。京王杯2歳SをBランクで楽勝した東京コースで、GI・NHKマイルC獲りはかなり有力だと思う。
2着 パクスアメリカーナ 
 2着がパクスアメリカーナ、3着争いでは外のレッドヴェイロンが先着し、ここまで3頭がNHKマイルCの優先出走権を獲得した。2着パクスアメリカーナ、内枠からインディチャンプの1列後方。直線は前が開くのを待って差し込んで来た。中から外の枠だったらもっとレースがしやすかった、そんな感触はある。収穫は1分33秒台の速い決着でも好勝負になった事。本番が道悪にでもなれば、逆転の目も出てくるだろう。
3着 レッドヴェイロン 
 2着がパクスアメリカーナ、3着争いでは外のレッドヴェイロンが先着し、ここまで3頭がNHKマイルCの優先出走権を獲得した。3着レッドヴェイロン、前走Aランク勝ちの未勝利勝ちは伊達ではなかった。出遅れて後方から長い脚を使っている。前でも裁ける馬だが、大舞台は東京コース。次も末脚勝負で良いと思う。
4着 インディチャンプ 
 4着のインディチャンプ、好位の内で折り合えていましたし、直線瞬時に外に出して抜け出した騎乗も悪くなかったと思う。最低でも3着は欲しかっただけに、賞金加算に失敗した毎日杯3着といい、今回もツキが無かった事になるが、良い脚が一瞬なのも暴露してしまった。NHKマイルCに仮に出走できたとしても、直線が長すぎる、そんな気がする。

  馬券Summary
オークス・日本ダービーの前哨戦で注目したい馬
 桜花賞・皐月賞が終了して今週から東京に舞台を移してオークス・日本ダービーの前哨戦が続く。そこで今回の馬券Summaryは、その前哨戦に出走すると予想され、本番を目指す有力馬を牝馬・牡馬に分けて2頭ずつ挙げてみたいと考えている。
 まず3/10阪神芝2400mゆきやなぎ賞を勝ったディープインパクト産駒のサトノワルキューレ。前半は最後方に位置、残り1000mからロングスパートをかけて、一旦エタリオウを行かせておいて、直線で差し切るという味な勝ち方だった。補正込みだが、タイムランクもBだった。牡馬の強いところを負かした点と、ステイヤーらしい勝ち方が魅力に映る。栗東角居厩舎所属、今週のフローラSをM.デムーロ騎手で予定している。
 牝馬からもう一頭、美浦古賀慎明厩舎所属のミュージアムヒル。デビューから6戦して2勝2着4回と連対率10割を誇る。アネモネS2着のレッドレグナントや桜花賞5着のマウレアなどに負けているので、勝負付けは済んでいると見られがちだが、1600m以下で脚を余す敗戦も多かった。同じ1600mでも3/10、中京のフローラルウォーク賞は余裕の差し切りだった。当時2着のアドマイヤアルバも、次走で勝ち上がっている。地味でも相手なりに走れるタイプ、こちらはスイートピーSを予定している。

 1頭目は美浦藤沢和雄厩舎のオブセッション。昨年暮12/2、阪神1800mのシクラメン賞で2勝目を挙げた。1分45秒6は2歳レコードで、タイムランクも文句なしのAだった。エンジンが掛かったのがラストの200m手前、そこから4馬身差つけた豪快な末脚はまだ記憶に新しい。この後弥生賞に出走して、4コーナーで待避所の方向へ逃げてしまう、悪癖を出して惨敗した。気性的に若さは残るが、その分伸びしろも大きくて、大きな馬体と大きなストライドは断然東京向き。予定されている青葉賞を足がかりにして、大きく飛躍してきそうな予感がする。
 牡馬2頭目は栗東友道康夫厩舎所属のスーパーフェザー。オブセッションと同じディープインパクト産駒。2016年のセレクトセールで2億6000万円の高値で取引された。デビュー4戦目となった3/31、阪神芝2400mのアザレア賞は操縦性が向上、距離が2400mに伸びて追走にも余裕が出た。上がり600m推定33秒6で2着に2馬身半差の楽勝だった。いかにも東京2400mが向いていそうな感じがある。こちらも青葉賞を予定。ペースが上がり、時計が速くなってどうかをしっかりとチェックしておきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26