2018年3回中京6日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、1週目はマイナス2秒0、マイナス1秒9だったのに対し、2週目は一転してプラスの数値だった。しかし先週はマイナス1秒台で、開幕週ほどではないものの、高速馬場に戻った。
 開催3週目となったが、雨の影響がなかった事、そして先週からBコースに変わった事で、開幕週に近いレベルの高速馬場になった。連対馬の脚質については、目立った偏りはない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒8だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、ここまで全てマイナス1秒を超えており、特に2週目は雨の影響もあってかなりの高速馬場だった。
 1週目と3週目は乾いた良馬場ではあったが、それでもかなり速い時計の出る馬場だった。連対馬については、前へ行った馬が優勢。18頭の連対馬の内、逃げ・先行馬が10頭、一方中団が2頭で後方はゼロ。逃げ・先行馬が連対しなかったのは、土日それぞれ1鞍だけとなった。


  タイム分析
 2018/07/15 (日)  芝=-1.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 プールヴィル    牝2 未勝利 1:22.0 -0.9 --- +0.3 -1.2 D C 4.89
4R T2000 アドマイヤデジタル    牡3 未勝利 2:01.6 -0.4 -0.5 +0.8 -1.7 D D 9.63
5R T1600 エルモンストロ    牡2 新馬 1:34.9 -1.7 --- -0.3 -1.4 C C 4.11
6R T1200 ファンタジスト    牡2 新馬 1:09.6 -0.7 -0.1 +0.2 -1.0 C D 5.58
8R T2000 レオコックブルー    牝3 500万下・牝 1:59.8 -1.2 --- +0.5 -1.7 D D 4.90
9R T1400 スイーズドリームス    牡4 タイラン500 1:20.8 -0.7 --- +0.5 -1.2 D D 8.25
10R T2000 シャルドネゴールド    牡3 シンガポ1000 2:00.1 -0.2 -0.5 +1.0 -1.7 SL C 5.00
12R T1200 キーナンバー    牡5 フィリピ1000 1:08.1 -0.6 --- +0.4 -1.0 D C 6.67
 2018/07/15 (日)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1400 ナイスドゥ    牝3 未勝利・牝 1:24.5 -1.6 --- -0.2 -1.4 C C 6.20
3R D1900 フローリン    牡3 未勝利 1:59.5 -2.3 --- -0.4 -1.9 B C 5.88
7R D1800 インティ    牡4 500万下 1:51.3 -2.3 --- -0.5 -1.8 B B 7.93
11R D1800 ラインルーフ    牡6 名鉄杯 1:49.1 -2.3 --- -0.5 -1.8 B C 6.36

中京2R 3歳未勝利・牝 
9着 ファニーバニー 通信簿
 前走が昨年12/9で、半年以上のブランクがあるため評価の対象外とさせていただく。
中京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。番組注目馬フローリンが逃げ切った。
1着 フローリン 勝ち馬注目
 フローリンが単勝1.8倍の断然人気に応えて圧勝した。ハナに立ってからはしばらく競りかけられて、ラップが速くなったが、落ち着いてからは楽だった。もう3コーナーから馬なりで後続を離して行って、直線も持ったままで離して行った。追ったのは残り200mから150mほどだった。それで7馬身差ですから、勝ちタイムも優秀で、これなら上のクラスでも即通用するだろう。
1着 フローリン 通信簿
 1番人気1着だった。これはもう上のクラスでも即通用だろう。問題があるとすると、ハナに立ちやすい1900mで頭角を現して来たので、もう少し短い距離を使った時にどうか。まぁそれでも500万下なら問題ないと思う。
2着 グーテンターク 
 フローリンを追い掛けた馬たちが苦しくなってしまって、2着・3着は中団追走の馬が入った。この2着・3着馬は次走人気になるようなら、疑ってかかりたい。
3着 ヒロノタイリク 
 フローリンを追い掛けた馬たちが苦しくなってしまって、2着・3着は中団追走の馬が入った。この2着・3着馬は次走人気になるようなら、疑ってかかりたい。
7着 マーナガルム 
 次走狙うとすれば、終始馬群の中で揉まれて力を出せなかった感のある7着マーナガルムだろうか。
中京7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。1番人気のインティが4馬身差をつけての圧勝だった。
1着 インティ 
 10ヶ月半ぶりの実績で体重14キロ増のインティだが、1番人気に応えて快勝した。久々で馬体も明らかに余裕のある感じではあったが、圧勝で2連勝中で、降級初戦のインティ、能力はここでは違っていたと言えるだろう。レースは4コーナーでスズカフリオーソが先頭に立とうとするタイミングで、インティが一緒に上がって来た。直線ではほぼ馬なりで楽に先頭に立って、残り200mから追い出されると一気に突き放した。
勝ったインティまだまだ強くなりそう。上のクラスも恐らく問題にならないだろう。今後は順調に使えるかどうかの勝負。
2着 スズカフリオーソ 
 2着スズカフリオーソは0秒7離されてしまったが、この馬も6ヶ月ぶりの降級初戦。今回は相手が悪かっただけで、次走はもっとやれるだろう。ほぼ勝てるのではないだろうか。
3着 ハクサンペリー 
 3着ハクサンペリーはこれが3戦目。3ヶ月ぶりでもあり、まだまだ良化の余地はあると思う。
中京10R シンガポールターフクラブ賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京11R 名鉄杯 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ラインルーフが後続に8馬身以上の差をつけての圧勝だった。前半1000m59秒3の速いペースでコパノチャーリーが引っ張って、直線は2番手ラインルーフとともに後続を引き離して行った。残り200mでラインルーフが交わすと、もう8馬身差。おいでおいで。2着はコパノチャーリーが粘って、3着にジワジワ伸びて来たローズプリンスダムが入った。
1着 ラインルーフ 
 勝ったラインルーフだが、ここ2戦芝を使っていたが、やはり主戦場はダートだろう。速いペースを先行して押し切るというのは、この馬の得意なパターンだが、それにしても今回強かった。4歳春から5歳時にかけて順調に使えずに大敗を繰り返した時期もあったが、順調な今ならあんな事は無い。初のオープン勝ちで獲得賞金増えましたし、今後はダート重賞を使えるチャンスも増えるだろう。是非ダート重賞で見てみたいと思う。
2着 コパノチャーリー 
 2着コパノチャーリーは思い切った逃げで、この馬の潜在能力を引き出した。この馬は中途半端に前へつけるよりは、単騎逃げがベスト。今回のように後続に脚を使わせて、粘りきるようなハイペースも合っている。このレースがきっかけとなるだろうか。
3着 ローズプリンスダム 
 3着ローズプリンスダムは前走久々の好走できっかけを掴んだ印象。重賞では難しくてもオープンならこのくらいはやれる馬。次走以降も積極的に狙いたいと思う。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
 前回は2歳未勝利戦・芝短距離を研究したが、今回はダート中距離。1600mから1800mで狙える条件を考えてみた。なお、データの対象範囲だが、夏があんまりないので、2017年6月から12月まで。2歳のダートの未勝利戦で1600mから1800m。
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
まず1つ目だが、前走4コーナーで3番手以内。これは複勝回収率が120%と高くなっている。前走前へ行った馬は軸としたい。
それから2番目エンパイアメーカー産駒だが、これは凄い。4勝2着5回3着5回。これ全部トップだが、複勝率が53.8%。回収率も単勝が188%、複勝が117%ですから是非狙いたい。
それから3つ目、前走2着馬。これはまぁ当たり前の事だが、これはやっぱりダートは勝率、前走2着馬強い。勝率が31.8%・連対率51.5%・複勝率は65.2%。人気馬ばっかりだが、単勝回収率も92%と、その人気の中では高めだと思う。
それから4つ目、中4週から8週。勝率1位の9.5%、単勝回収率は269%。いずれも1位。間隔を開けた馬に要注意という事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26