2018年3回新潟5日目

開催一覧
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス1秒0からプラス1秒4への変動。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒9だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナスの数値だったが、最終週の先週はプラスゾーンとなった。直線1000mも先週は時計が掛かった。
 同じAコース使用で最終週、しかも土日とも雨が降って時計の掛かる馬場となった。ただ、土曜は芝で最初のレースの5Rまでが雨、それ以降は雨が止んでいて終日同じ馬場差。日曜は断続的に雨が降って、土曜よりも時計が掛かっていった。連対馬のほとんどは外を回った中団・追い込み馬だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス1秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス1秒7からマイナス2秒0への変動だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に最終日である先週日曜は高速化した。
 土曜時点で雨の影響があって、特に1200mは速めの時計が出るレベルだった。さらに日曜は、断続的に雨が降って、1800m・1200mともにかなり速い時計の出る馬場になった。日曜の中でも1200mは2R・5R・7R・9Rと行われた時刻によって開きがあって、馬場コンディションが変わって行きましたから馬場差も変動。後になる程さらに時計が出やすくなった。連対馬の脚質については、特に日曜は逃げ・先行が優勢だった。


  タイム分析
 2018/10/27 (土)  芝=+0.6 / 直線=+0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 キラープレゼンス    牝2 未勝利 1:49.3 +1.3 -0.5 +0.3 +0.5 C D 7.40
8R T1400 ケワロス    牝3 500万下・牝 1:22.4 +0.7 --- +0.3 +0.4 D D 7.75
10R T2200 トーセンアイトーン    牡3 岩船特別500 2:15.9 +2.5 --- +1.8 +0.7 E C 6.90
11R T1800 ミスティックグロウ    牡3 魚沼特別1000 1:47.6 +1.8 -0.5 +0.8 +0.5 D C 6.18
12R T1000 アンインジュリー    牝3 飛翔特別500 0:56.8 +1.5 --- +0.9 +0.6 E C 7.80
 2018/10/27 (土)  ダ=-0.6 / 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ニシノイタダキ    牡2 未勝利 1:58.2 +3.4 --- +4.0 -0.6 E D 10.27
3R D1200 サリーバランセ    牝2 未勝利・牝 1:12.5 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C 9.25
6R D2500 ユイノシンドバッド    牡3 500万下 2:43.2 +2.4 -0.6 +2.6 -0.8 SL D 7.00
7R D1800 ブルヴェルソン    牡3 500万下・若 1:55.3 +2.5 -1.0 +2.1 -0.6 SL D 8.70
9R D1200 メイショウヒボタン    牝4 500万下 1:11.2 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 9.30

新潟3R 2歳未勝利・牝 注目
1着 サリーバランセ 
 勝ったサリーバランセ、父はヘニーヒューズ。前走の新馬戦は10/8東京3日目の4Rで3着でタイム分析でも取り上げた。推測した通り叩き良化型で、ラスト200m手前で抜け出して3馬身差の完勝だった。タイムランクはCで水準レベルだが、タイム以上の評価が必要。なお、サリーバランセが3着だった新馬戦で2着だったカナシバリは今週の東京開催に出走を予定している。好走する可能性はかなり高いと思われるので、要チェック。また、サリーバランセの母の父はタイキシャトルで、新潟ではタイキシャトルの血を持つ馬が狙えると、3回前の馬券Summaryで触れた。なお、この開催3週間で母の父がタイキシャトルである馬は、平地トータルで15回走って2勝3着1回。馬券圏内に入った3頭に1番人気馬はいなかった。
新潟6R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟7R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟10R 岩船特別 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
新潟11R 魚沼特別 注目
1着 ミスティックグロウ 
 勝ったミスティックグロウ、今年6月の東京デビュー以来で、これで3戦3勝とした。2連勝ともにワンサイドゲームで、今回は流石に辛勝だったが、それでも内容的には強く、強い反面でこう何か危なっかさを感じさせるレースぶりというのは、いかにもオルフェーヴル産駒らしい。今後の動向に注目。
1着 ミスティックグロウ 通信簿
 1番人気1着だった。パドックでうるさく、レースでもリズムの悪い走りだったが、それでも勝ち切るところが能力の高さ。ギリギリの勝利に見えるが、能力だけなら上のクラスでも通用する。課題は気性面だろう。
2着 ゴールドギア 
 2着のゴールドギア、3着レノヴァールについては後ほど触れる。
2着 ゴールドギア 解説危険
 2番人気で2着だった。相手がミスティックグロウですから、これは分が悪かった。ただ、私はこの馬の本質は一瞬の切れ味と見ている。この手のタイプは先々週の富士Sで2着したワントゥワンもそうだが、平坦で瞬発力勝負になると新潟では凄い脚を使う反面、直線の長い他場ですと、脚の使いどころが非常に難しい。また、この馬は距離とコースを問わない万能型ですから、レースの選択肢が広すぎるというのが逆に足かせになると考える。次走直線が短くて、ペースが速くなりやすそうな中山の芝1600mなら本命を打てるが、たぶんそうはならないと思うので、危険な人気馬とした。
3着 レノヴァール 
 2着のゴールドギア、3着レノヴァールについては後ほど触れる。
3着 レノヴァール 解説推奨
 元根は今年のスプリングS5着馬。1着がステルヴィオ、2着がエポカドーロだった訳で3着のマイネルファンロンは現1600万下。今回は5月の京都新聞杯以来の休み明けで、久しぶりの実戦ちょっと気負っていましたし、直線も内へもたれていた。奥手のハーツクライ産駒ですし、3歳の春まではポテンシャルの高さだけで走っていたという事で、叩いた次走はまず勝ち負けになりますし、その後の動向にも注目したい馬。
4着 テーオービクトリー 
 4着のテーオービクトリー、一段の入線で0秒2差の4着。1600万下で連対歴のある格上で、今回が休み明け2戦目だった。先着3頭の3歳馬が強かったが、まだ良化の余地がありますから、次走以降に注意。
6着 ウインイクシード 
 6着のウインイクシード、3番人気だった。そもそも瞬発力勝負の新潟は不向きで、小回り向きのタイプ。この後の福島競馬か中山競馬でチャンスがあると思う。
新潟12R 飛翔特別 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 先週で3回新潟開催が終了。新潟は今年の全日程を終えた。秋の新潟開催でちょっと振り返っておきたい事がある。まず表の部分をご覧ください。
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 これは昨年2017年の3回新潟競馬で6頭いるが、タイムランクBで勝った馬。なお、タイムランクAで勝った馬はいなくて、この6頭はたまたまと言うべきか、全て古馬500万下だったが、その後の活躍が目を引いた。言うまでもなく出世頭は目黒記念を勝ったウインテンダネスだが、マジカルスペルも戦績、これ特筆できると思う。という事で、一見地味な印象はあるが、3回新潟開催のタイムランク上位馬は今年も改めてチェックすべきだと考えた。
 という事で、今度は下の部分をご覧下さい。今年の新潟の高レベル勝ち馬。たまたま偶然と言うか、何と言うか2歳未勝利戦で記録されて、昨年とは実に対照的な結果が出ているが、注意が必要だと思う。ちょっと地味でもローカル開催というだけで、人気がついてこない事が多いので、馬券的には馬券になりますからちょっと注目してください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26