2018年2回新潟7日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がはマイナス1秒1。直線1000mは土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を見ると、全てマイナス1秒台だが、週単位では徐々に水準方向に近づいている。また、直線1000mは開幕週がマイナス0秒4、2週目以降は全てマイナス0秒3で安定している。
 木曜日にまとまった量の雨が降って、その影響が残って土曜は稍重でスタートしたが4R以降は良馬場。新潟の芝は少々湿っていてもレースの最中に雨が降っていなければ、極端に時計が掛かる事はなく、稍重から良へと変化しているが馬場差は変動でもなかった。日曜は土曜よりは乾いて、馬場差はマイナス方向へ戻った。残り2週もAコースが使用されるが、芝の傷みはそれほど進んでおらず、良馬場ならマイナス1秒程度の馬場差が維持されそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはないが、1800mは前半2週、全てプラス0秒4。3週目・4週目は少し水準寄りになった。一方1200mは全てマイナスの数値で、3週目・4週目はさらに少しマイナス方向に動いた。
 木曜日にまとまった量の雨が降り、その影響で土曜は稍重だった。1800m・1200mともにこの開催で最も速い時計が出る状態になったが、時計の出方は開催を通じて安定はしている。良馬場の日曜日は1週前と同じ馬場差に戻った。日曜日は全て逃げ切り勝ちで、土曜の勝ち馬も全て4コーナー3番手以内。っと言っても前が残りやすい馬場状態だった訳ではなく、新潟のダートはよほどのハイペースにならなければ、馬場状態を問わず前残りになる。


  タイム分析
 2018/08/18 (土)  芝=-1.0 / 直線=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ミチビキ    牝2 未勝利・牝 1:36.6 +1.3 -0.7 +1.4 -0.8 SL C 7.17
4R T2000 エバーミランダ    牝3 未勝利 2:02.9 +1.4 -0.8 +1.6 -1.0 SL C 8.60
5R T2000 ロジャーバローズ    牡2 新馬 2:02.5 -0.2 -0.4 +0.4 -1.0 D C 6.00
7R T1000 グラスレガシー    牝3 未勝利・牝 0:55.3 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D 5.75
9R T2400 ショウナンラーゼン    牡3 出雲崎特500 2:27.2 +0.7 -0.9 +1.0 -1.2 SL D 4.71
11R T2200 ポポカテペトル    牡4 日本海S1600 2:14.0 +2.0 -1.0 +2.1 -1.1 SL B (15.00)
12R T1400 キャナルストリート 牝4 500万下 1:21.7 ±0 --- +0.7 -0.7 D C 15.00
エスターテ 牝3
 2018/08/18 (土)  ダ=+0.2 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 マイネルバトゥータ    牡2 未勝利 1:13.0 -0.2 --- +0.3 -0.5 D D 7.14
3R D1800 アポロプリンセス    牝3 未勝利・牝 1:54.2 +0.4 --- +0.2 +0.2 C D 6.20
6R D1200 カシマフウリン    牝3 未勝利 1:13.0 +0.4 --- +0.9 -0.5 E D 9.14
8R D1200 シャインヴィットゥ    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.8 -0.5 E C 7.57
10R D1200 ストロベリームーン    牝4 岩室温泉1000 1:10.9 -0.4 --- +0.1 -0.5 C B 6.25

新潟1R 2歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟3R 3歳未勝利・牝 注目
 勝ったアポロプリンセスについて。
1着 アポロプリンセス 
 1000m通過62秒1を2番手で追走し、3コーナーで手応えは良くないように見えたが、そこから仕掛けて前に並んで行き、直線でぶっちぎった。ペースが速かったので、ラスト13秒1-13秒1-13秒4だが、独走になりながら急に失速はしていない点に注目。そして前走との比較がポイントで、前走は1000m通過65秒0を2番手・3番手辺りで追走し、ラストが12秒1-12秒7と速い上がりになり、そして後ろからも差されて3着だった。スローペースの先行だと伸び負けして後ろからも差されるが、ハイペースの先行だと急には失速せず圧勝できるという事は、瞬間的なスピードはイマイチでもスタミナが豊富という事。ダートの長い距離、例えば中山ダート2400mなら持ち味を発揮できそうで、そういう条件なら500万でも通用しそう。
新潟4R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟8R 3歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。4着だったアーバンイェーガーについて。
4着 アーバンイェーガー 
 まずスタートでトモを落とすような感じで、大きく出遅れて後方になった。で、レースは前半が35秒1、後半が37秒1という新潟のダート1200mではほぼ前残りになるラップで、実際に逃げた2着馬を2番手からシャインヴィットゥが差し、3着も3番手追走の馬という結果だった。こういう展開で後方から4コーナーで外をマクって、直線で伸びて4着なら能力の高さを見せたと言える。元々差し馬ですし、元々ダート1200m向きというタイプでは無く、得意の東京なら勝機もあると思う。
新潟9R 出雲崎特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟11R 日本海S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟12R 3歳上500万下 注目
 8着だったレッドイリーゼについて。
8着 レッドイリーゼ 
 直線に入ってしばらく前が壁になっていて、仕掛けが遅れてしまい、進路が出来た時にはゴールまでの距離が無く、さらに多くの馬がもう前に行ってしまっていたので、ほとんど追わず、最後は流していた。脚を余したと言うよりも、ほとんどレースをしないまま終わってしまったという印象だが、そもそも内回りの1400mが合うとも思えない。新潟なら外回りの1600m、1400mであれば東京。そういう舞台で見直したい。ちなみに、6月に東京1400mで凡走しているが、この時は急激な馬場悪化が堪えたもので、参考外。
9着 グランドピルエット 通信簿
 2番人気9着だった。2週前の芝1400mの出走が叶わず、出走が伸びた事で体調が一息だった模様。前走のラップからこんなはずではない。次走改めて期待する。申し訳ありませんでした。

  馬券Summary
夏血統ノヴェリスト
 現3歳世代が初年度産駒のノヴェリストだが、2回前の放送で取り上げたオルフェーヴルと同じように、初年度産駒の新馬・未勝利戦の成績を月ごとに出してみると
夏血統ノヴェリスト
11月未勝利、12月1勝、1月・2月が未勝利と来て、3月に2勝、そして4月に5勝。この部分だけを見ると晩成タイプが多いように見えるが、恐らくそうではなくて、寒い時期が苦手という事だと思う。2歳6月から9月までの新馬戦では、芝に限らると4勝2着6回で、連対率は38.5%。晩成タイプが多い種牡馬の成績ではない。ここでさりげなく芝に限ればと言ったが、目立つ特徴としてダートが合わない馬が多いという事がある。軽い芝でスパッと切れる産駒が多くないので、ダートに使いたくなるようだが、この表の集計期間では全てのクラスを通じてダートではわずか6勝。その6勝は全て1番人気から3番人気の上位人気で、しかも1番人気の時の連対率が30.8%しかない。寒い時期が苦手と思われる上に、冬は下級条件のレースの多くがダートなので、1月から2月の勝ち上がりがゼロというのは、当然とも言える結果だと思う。芝なら2歳の初期から走るが、冬は不振なので、ダート、特に冬のダートでは軽視して、温かくなって来たら注目。また、ダートで凡走していても芝で一変する産駒がいるので、これも狙い目となる。一例として8/5の新潟4R芝1600mを勝ったアビームはダート12着の直後に芝で2着。その後にダート13着でその直後に芝で1着という、ノヴェリスト産駒のサンプルのような成績になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26