2018年2回京都5日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 京都は通常と同じく土曜・日曜の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8からプラス2秒3への変動。日曜が設定不能だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で、特に先週は土曜午後からはかなり時計が掛かって行った。
 土曜午前の時点で馬場差はプラス0秒8だった。そこから雨が降り続いて行って、後になるほど時計が掛かって行った。土曜夜も雨が降って、日曜は一層時計が掛かった。そもそも年明けの京都芝はコンディションが良くなかった上、連続開催の6週目。雨の影響を強く受けて、かなり時計が掛かった。連対馬については、土日9鞍で逃げ・先行馬は2頭だけ。土曜日は中団・後方、日曜は好位の馬が目立った。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒2へと変動、日曜がマイナス1秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜前半までは時計の掛かるコンディションだったが、その後水準に近づいた。そして日曜は脚抜きの良いコンディションとなり、年明けの京都ダートでは初めてマイナス1秒台となった。
 土曜の序盤は今開催前半と同じく、時計の掛かるコンディションだったが、昼前から雨が降り続いて時計が出やすくなった。さらなる雨で、日曜は前半2週とは一転して速い時計の出るコンディションとなった。連対馬については、差しが不発という事では無かったが、前めにつけた馬の粘り込みが目に付いた。そして連対馬28頭のうち、4コーナー2番手以内の馬が15頭と半数を超えていた。


  タイム分析
 2018/02/10 (土)  芝=+0.8 → +2.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 パンコミード    牡3 未勝利 1:49.0 +0.3 -0.6 -1.0 +0.7 A C 7.80
9R T1600 パクスアメリカーナ    牡3 こぶし賞500 1:35.7 +0.9 --- -0.3 +1.2 C C 4.08
10R T2400 ムーヴザワールド    牡4 琵琶湖特1000 2:30.1 +4.0 -0.2 +1.5 +2.3 E C 5.20
11R T1600 サトノアーサー    牡4 洛陽S 1:36.2 +3.3 --- +1.5 +1.8 E C 6.50
 2018/02/10 (土)  ダ=+0.9 → +0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 エテルニテ    牝3 未勝利・牝 1:55.1 +0.8 --- -0.1 +0.9 C D 11.18
2R D1800 ストーミーバローズ    牡3 未勝利 1:54.5 +0.2 --- -0.7 +0.9 B D 6.83
3R D1400 グランロックハート    牡3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- -0.4 +0.7 B D 9.00
6R D1400 ロンリーハート    牝3 新馬 1:27.9 +1.8 --- +1.2 +0.6 E D 9.93
7R D1800 ワタシノロザリオ    牝4 500万下・牝 1:53.6 +1.0 --- +0.3 +0.7 C C 6.58
8R D1400 アテンフェスタ    牡5 500万下 1:25.7 +1.2 --- +0.7 +0.5 D D 9.50
12R D1800 ロードアルペジオ    牡5 1000万下 1:52.4 +0.6 --- +0.4 +0.2 D C 7.56

京都2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ストーミーバローズが初めてのダートで勝ち上がった。
1着 ストーミーバローズ 
 ストーミーバローズはスタートで少し遅れて後方からになったが、慌てず8番手を追走。向正面で動いて4番手まで上がると、3・4コーナーは距離ロスを考えてか無理をせず、直線で外に出すと前の馬たちをねじ伏せた。今回初めてのダートだったが、全く問題なかった。2着に2馬身半差で、圧勝と言える勝ち方。これならダート路線でも面白いかもしれないが、芝でもここまで2着が2回ある。いずれ芝に戻って活躍する可能性もあるんじゃないだろうか。
2着 アルドーレ 
 なお、2着以降離されたが、2着アルドーレは完全タイム差がマイナス0秒3で、Bに近いCランク。アルドーレは逃げるレースに活路を見出した格好。比較的厳しいペースでもバテておらず、この馬は次走以降も注目できると思う。
京都3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。グランロックハートが今回は先手を取って逃げ切った。
1着 グランロックハート 
 スタートして2番人気の2番ウインヒストリオンが行く気を見せたが、勝ったグランロックハートは1番枠を活かして、内から並びかけて、結局ウインヒストリオンに競り勝ってしまった。これが4戦目だが、今回は強気に行ったのが、功を奏した印象。前走で1200mを使われて、先行力が出たのが良かったのかもしれない。父は新種牡馬で現3歳世代のダートリーディングを独走するヘニーヒューズ。実はヘニーヒューズ産駒がダート戦で逃げると24戦10勝2着7回。勝率41.7%、連対率70.8%。単勝回収率も199%、複勝回収率167%の高さ。ですから、逃げそうならヘニーヒューズ。逃げるかどうかが難しいが、これは覚えておいて良いかもしれない。
2着 ビッグデータ 
 2着ビッグデータはCランク相当だが、これで4戦全て3着以内。先行力がないので、勝ちきるのが難しい印象だが、流石にそろそろ勝てるだろう。逆に言うと前に行ける強い馬がいたら、その馬から2着付けの馬単を買うとか、そういう手もあるかもしれない。
京都5R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。1番人気のパンコミードが逃げ切った。
1着 パンコミード 
 パンコミードは天皇賞秋・宝塚記念の勝ち馬ラブリーデイの全弟。新馬戦で追い込み届かず僅差の4着だったが、メンバー中トップの上がりタイムをマークしていた。今回1番人気でスタートは普通だったが、行きたがってしまい、抑えるよりは…という感じで向正面で2番手から先頭へ。直線は余力十分で、2番人気レッドヴェイロンを寄せ付けずに快勝した。タイムは優秀で、これなら上のクラスでも通用するだろう。今回掛かってしまったので、次走ハナに立てなかった時にどういうレースができるかが課題となるが、これだけのタイムが出せるならあまり問題ないかもしれない。
2着 レッドヴェイロン 
 2着レッドヴェイロンは母エリモピクシーという良血。リディル・クラレント・レッドアリオン・サトノルパンと兄4頭全て重賞を勝っている。牝馬が3頭続いた後、8番目の仔が牡馬に出たレッドヴェイロン。この馬の将来にももちろん期待がかかるが、現時点では4戦して2着3回。流石に次は勝てるだろうが、勝ち味に遅いところをどう解消するかが鍵になりそう。
京都6R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
京都10R 琵琶湖特別 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
降りしきる雨によって内めがかなり悪くなってしまって、直線は前に行った馬が全て失速した事がタイムにも影響したと思う。少なくとも上位3着までは次走以降期待できるんじゃないかと思う。
1着 ムーヴザワールド 
 勝ったムーヴザワールドだが、1番人気に応えて連勝。準OPへ昇級した。元々東スポ杯2歳Sと共同通信杯で3着。このメンバーでは明らかに格上。7ヶ月ぶりを使ってここ2戦もようやく能力を出し切れるようになって来た。上のクラスもすぐ勝つ力はあるんじゃないだろうか。
2着 サトノリュウガ 
 2着に3番人気サトノリュウガ、3着に2番人気ショパンと上位人気馬が続いた。2着サトノリュウガは曾祖母がエアグルーヴという良血。昨年1月に2勝目を挙げてオープン入りしてから、昨年の春はスランプに陥っていたが、5ヶ月半ぶりを使った後、ここ2走2着と調子を上げてきた。今回は相手が悪かった印象があるが、4コーナーで前が狭くなりながら直線馬場の悪い内めに突っ込んで2着した脚は目立った。次走はそろそろ勝てるんではないだろうか。
3着 ショパン 
 母がエアグルーヴの3着ショパン。今回が2ヶ月半ぶりの実戦だったが、相変わらず勝ち味に遅く今回も3着だった。ただ、自分の力だけは見せてくれた。1回使って次走は期待できるのではないだろうか。相変わらず、ただ何かにやられる可能性は考えるべきかもしれない。
京都11R 洛陽S タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
東京ダート1600m以上の検証
 「まりなるトリオトライフェクタ」で1回東京ダート1600m以上は前走から中9週以上の休み明けを狙った方が良いよというアドバイスをさせてもらったが、この条件、実際に良く好走している。去年が良かったので、これを挙げたが今年も本当に良い。初日から4日目まで、新馬戦・未勝利戦を除く東京ダートマイル以上は7鞍行われたが、そのうち5鞍で「前走から中9週以上の馬」が勝って、2着3回3着3回。単勝回収率146%、複勝回収率は84%だった。その内容も4日目のダート2100m金蹄Sを8番人気クラシックメタルが1着。3日目12Rの1600mでは5番人気トレンドラインが勝って、7番人気ディアコンチェルトが2着、3番人気ジェイケイライアンが3着。2日目6Rの2100mは5番人気キングリオ、7番人気グランドバローズで決まるなど、穴馬券がかなり出ている。他、人気ではあったが初日8Rを勝ったネイビーブルーも休み明けだった。
今挙げた中の多くは、昨年秋の東京以来だった。東京ダート1600mや2100mというのは、やっぱり適性があるかないかが大きいと思われる。合わない中山を年末年始で使って疲れた馬よりも、東京を求めて休んでいた馬の方が好走する確率は高いのかなと。これは今後も覚えておいた方が良いのかと思う。今週もだが、次回以降の東京でも使えるセオリーではないかと思っている。是非使って下さい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26